短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★3/13(火)◆読者への返事:この本に、「人生を楽しむには、人間的な力量がいる」……という部分がありました…

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

    2018年03月13日(火)号
      No.3080

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行

  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。

 

 

     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi

 

 

             ▼目次▼


【1】読者への「おとぼけ返信」(毎週、火曜日に掲載):

   ■No.1547

    昨年末、仕事を辞めたので、ゆっくり(メルマガ
    「暮しの赤信号」を)読めるようになりました……

   (M.Kさん、山口県周南市、女性、81歳、無職)

【2】先週の「金曜日」に案内した作品(本日が案内最終
   日です!):

   ★コンビニの「おにぎり」や「パン」に、PH調
    整剤が多用される理由!
     (「即実践”マニュアル」第22話)


 ●●毎回、メルマガの最後部に、山田の作品をズラリ掲
   載しています。ご希望作品は、各ブログからどうぞ。

 

 

 


______________________________

【1】
         ▼読者への「おとぼけ返信」▼

    この欄は、毎週火曜日に掲載します。お楽しみに!
______________________________


注:個人のお名前はイニシャルにし、個人情報などは割愛し
  ました。

    誤字脱字の訂正や、分かりにくい文章はいくつかに
    分けたり、短縮したりしています。
    ただ、送り仮名や漢字、文体などは基本的にそのま
    まですので、全体での統一はわざとしておりません。

    そのため、読者の体温をそのままお楽しみ下さい。
    年齢やご職業などは連絡を受けた当時のものです。

        【イニシャルは、姓と名の順です】
          (例)美空ひばり→M.H

 

 …………………………………………………………………………
 ■No.1547

 昨年末、仕事を辞めたので、ゆっくり(メルマガ「暮しの赤信
 号」を)読めるようになりました……

 …………………………………………………………………………
   (M.Kさん、山口県周南市、女性、81歳、無職)

 

日本の食生活の実情をおしえていただいています。

昨年末、仕事を辞めたので、ゆっくり(メルマガ「暮しの赤信号」
を)読めるようになりました。

なかなか実行できないことも多かったのですが、これからは時間が
あるのでいろいろ実践してみようと思います。


        ■山田からのお返事■

 

Mさん、こんにちは。
山田博士です。

お仕事を辞められたとか。

それは、長い間、お疲れ様でした。

このメルマガも、ずいぶん長くお読みになっていらっしゃっている
ようですが、きっと、お仕事の合間に時間を取って読んで下さって
いたのでしょうね。

本当に、嬉しく思っています。

ぜひ、今後は、Mさんも述べておられるように、ぼくの思いが10
0%載った「完全版」を、たっぷりと、しかも何度も何度もご覧下
さって、お楽しみいただければと思います。

このメルマガは、スルメのようだと、よく言われます。

噛めば噛むほど、なんとなく美味(おい)しい……(笑)。

              ★★★

ぼくたちに与えられた人生は、残念ながら限られています。

その意味では、いま、生まれたばかりの真っ赤な顔をした赤ちゃん
も、ぼくたち大人も、みな同じ「世代」なんですね。

そう、ぼくたちは、「愛する仲間たち」なんです。

年齢の差なんて、どこにもありません。

たとえ、お互いの年齢が少しぐらい離れていても、わずか「100
歳ほど」じゃありませんか。

こんな差など、1000年前に生きていた平安時代の人たちから見
れば、ぼくたちは、みんな同年齢に見えることでしょう。

そう、そこの赤ちゃんも、あそこの100歳人も、みな「同時代人」。

だからぼくは、子どもも若い人も、たとえ年齢が異なっていようと、
同じように丁寧(ていねい)に扱います。
尊敬します。
だって、同時代人なんですから。

              ★★★

そうそう、Mさんのご年齢を伺(うかが)い、以前に読んだ本を思
い出しました。

ぼくの母は、Mさんよりもっと上で、つい先日、94歳になったば
かりです。
すごく、元気。

じつは、今年の誕生日にも本を贈ったのですが、昨年の「母の日」
に、本を数冊プレゼントしたことがありました。

そのうちの1冊のタイトルが、『103歳になってわかったこと』
(篠田桃紅著。幻冬社文庫)……というものだったんです。

もしご関心があれば……(省略)。

 

   ~「短縮版」では、毎回、ここは省略しております~

 

 

 


______________________________

【2】
        ▼先週案内した作品の再案内です!▼

    ~ひょっとして、ご覧になっていないかたのために~

______________________________

 

       先週の「金曜日」にご案内した作品
           ↓  ↓  ↓

=======================

      ★コンビニの「おにぎり」や「パン」に、
        PH調整剤が多用される理由!★

~最近は、合成保存料の替わりにこの物質が使われているが、学習
 能力を落としたり、その凄い中身があなたの未来を食べている~

   ~「いのち運転“即実践”マニュアル」第22話~

=======================

       第22話→ https://goo.gl/G6Rk8d


              ★目次★

【はじめに】 

業者の言葉。「だってねえ、あなた。コンビニチェーンからの要求
がもの凄(すご)いんですよ。だから、コンビニのサンドイッチに
添加するそのPH調整剤の量は、ほかより多めにしているんです」……

【第1章】

最近は、コンビニで販売されている食べものの中にも、「保存料や
合成着色料未使用」というものが増えました。良かったわ……と、
お思いでしょう? ところがじつは……

【第2章】

なぜ、こうした「リン酸塩」などを使うのかと言えば、食べものが
弱酸性に傾くと、腐敗を抑えられるからなんです。企業たちは、お、
しめた……と思ったのでしょうね。ところがこの「リン酸塩」、あ
なたの人生をこうして壊(こわ)すことになります。そこで、「お
にぎり」や「サンドイッチ」を実名で少し挙げてみましょうか……

【第3章】

さらに、この「PH調整剤」が使われている食べものを、もう少し
商品名でリストしておきます。こんなものに、いま盛んに使われて
いるんですね。以前はこんなもの、ほんの少しの食べものにしか使
われていませんでしたが、「健康志向」とやらで、なにやら目立た
ない物質が受けているようですぞ(笑)。なんともはやですが……

【第4章】

あるコンビニのオーナーが、やはり自分の店で販売されているもの
は「自分で食べて研究しなくてはならぬ」と、思ったそうなんです。
立派ですよね。ところがある日、突然……

【あとがき】

       第22話→ https://goo.gl/G6Rk8d

 

 

               ★
               ★
               ★

 

───────────────────────────────

 ●●●山田の作品集●●●

───────────────────────────────

 単行本以外のPDF版や音声版を、毎回、この場でご案内します
ご希望作品があれば、下記の中にある「専用ブログ」からどうぞ。

      作品集の専用頁→ https://goo.gl/qdYqR2

 

 

───────────────────────────────

●●●本誌の「完全版」をご希望のかたへ●●●
      ~下記のフォームから、ご連絡下さい~

───────────────────────────────

    世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮し
    の赤信号」。3大特典。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります!

3.アマゾンで、「社会の裏側!」などの電子本の新刊を発行する
  たび、それらを社会より早く、「無料でプレゼント」します。
  「PDF版」に変更してお送りします!

入会ご希望のかたは、下記まで連絡下さい。半年ごとの一斉課金と
なりますので、途中入会の場合は、その月により価格は異なります。
1か月分は540円。入会当月は無料でプレゼント。自動返信で、
当月現在の金額をお知らせします。どうぞ「完全版」をお楽しみに!
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
http://yamadainochi.com/

事務局への連絡は、どんなことでも下記のフォームからどうぞ。
          → http://goo.gl/t12Yx
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。