短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★3/12(月)◆抗菌石鹸は使ってはいけない! それは当然だけど、今回の事件をきっかけに、「抗菌生活」の是非を…

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

  〜月曜日だけは、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです〜

    2018年03月12日(月)号
      No.3079

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。

 

 

  ▼3月の「読者の会」(お茶飲み会)のご案内(最終)▼

~可憐(かれん)な梅が咲いています。ぼくは野梅系(やばいけい)
 が好き。あなたも梅の香りに誘われて、「博々亭」にいかが?~

 ・参加日時 :3/17(土)、13:30~15:00
 ・参加場所 :東京・恵比寿(JR・地下鉄駅から数分です)。
 ・参加費用 :無料です(ご自分のお茶代だけご負担下さい)。
・参加条件 :本誌の読者に限ります。
 ・参加方法 :下記の専用フォームからお願いします。

     カフェの予約をしますので、何名参加かなどの
     情報を早めにお願いします。今回も、事務局か
     らの「ミニ取材」をご覧いただけます。

     参加希望のかたは、下記のフォームでそのつど
     ご連絡下さい。後日、「招待状」をお送りします
     ので、それをご覧になってから、お願いします。
     お茶をお飲みになっているだけで結構です(笑)。

       「博々亭(ひろびろてい)」専用ページ
       → http://yamadainochi.com/yama-o.html

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。

 

 

     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
      → http://www.facebook.com/yamada.inochi

 

 

            ▼本日の目次▼
  〜月曜日だけは、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです〜


【1】人生には少しのお金と歌と夢、それにでっかい健康
   があれば、それでいい!……連載:779回:

   前回もここに掲載しましたように、「異性化糖」を
   使っている飲料水の面々(めんめん)。こうした飲
   料水などの顔をつくづく眺めますと、もうこれを使
   っていないものの名前を例に挙げたほうが、早いか
   もしれないほど……

【2】本日ご案内する山田の「電子書籍」は、これっ!:

   ■「社会の裏側!」第63巻

    抗菌石鹸は使ってはいけない! それは当然だけど、今回
    の事件をきっかけに、「抗菌生活」の是非を考えようよ!


 ●●毎回、メルマガの最後部に、山田の作品をズラリ掲
   載しています。ご希望作品は、各ブログからどうぞ。

 

 

 


______________________________

【1】
         人生には少しのお金と歌と夢、
     それにでっかい健康があれば、それでいい!

            連載:779回
______________________________

      (この欄は、毎週「月曜」に連載)

(前回の記事は下記の同じ箇所をご覧下さい。その続きとなります)
  → http://archives.mag2.com/0000141214/20180305050000000.html

 


★タイトル:

前回もここに掲載しましたように、「異性化糖」を使っている飲料
水の面々(めんめん)。こうした飲料水などの顔をつくづく眺めま
すと、もうこれを使っていないものの名前を例に挙げたほうが、早
いかもしれないほど……

 

しかし、改めて、いまの日本の「衝撃的な食事情」を考えてしまい
ますなあ。

え?
なぜかって?

だって、そうじゃありませんか。

前回もここに掲載しましたように、「異性化糖」を使っている飲料
水の面々(めんめん)。

こうした飲料水などの顔をつくづく眺めますと、もうこれを使って
いないものの名前を例に挙げたほうが、早いかもしれないほど。

そう思いませんか。

これだけぼくが、空を向いて叫んでいるのに……(笑)。

それなのに、糖尿病を進めたり、健康を破壊する怖れのある「異性
化糖」が、日本の食分野では、さらにどんどん使われている。

これはもう、優秀な日本人(えっと、例外の人もいるかもしれませ
んが。笑)……の体を、少しずつ壊(こわ)してやろうという誰か
の隠れた企(たくら)みかもしれないな、とさえ思ってしまいます
よね。

              ★★★

まあ、ここでは、メルマガですので、それぞれの写真を載せるわけ
にはいきません(その方法がないわけではないのですが)。

ただ、実際の活字の本には、それぞれの商品の写真をすべて掲載し
ておきました。

これらは、その本の出版社の編集部が、ぼくの指定したものすべて
を全部購入し、それを一つずつ写してくれたのです。
いやあ、大変な手間だったと思いますよ(ぼくではできません)。

ただこのメルマガでは、文字で、そのあたりをお伝えしています。
ぜひ、ご想像下さい。

と言うより、これらの商品は、いままでどこかで皆さんも見ている
はずですし、ひょっとしたら、いまこの文章を読んでいらっしゃる
ときに、目の前に置いてあるかも……(ダメですよ! 笑)。

下記でご紹介した商品も、それぞれよく飲まれているものばかりです。

子どもさんなど、いつも手にしているのじゃありませんか。

今回も、ぜひ参考になさって下さい。

ささささ、それじゃ下記を……。


              ★ ★ ★


↓ 本文。前回より続く(下記は、ぼくの著書の一部分です)。

 


     「異性化糖」が含まれる市販食品の一例(4)
           (前回の続きです) 

         〜市販食品「実名リスト」〜


◆「アクエリアス

【メーカー】日本コカ・コーラ
【種類】  清涼飲料水
【原材料名】糖類(高果糖液糖、果糖)、はちみつ、塩化Na、ロ
ーヤルゼリー、海藻エキス、クエン酸、香料、クエン酸Na、アル
ギニン、塩化K、塩化Mg、乳酸Ca、酸化防止剤(ビタミンC)、
甘味料(スクラロース)、イソロイシン、バリン、ロイシン


◆「●●スエット」(●●は、下記の設問をご覧下さい)

【メーカー】大塚製薬
【種類】  清涼飲料水
【原材料名】砂糖、果糖ぶどう糖液糖、果汁、食塩、酸味料、香料、
塩化K、乳酸Ca、調味料(アミノ酸)、塩化Mg、酸化防止剤(ビ
タミンC)


◆「キリン ラブズ スポーツ」

【メーカー】キリンビバレッジ
【種類】  清涼飲料水
【原材料名】果糖ぶどう糖液糖、食塩、シトルリンクエン酸、香料、
クエン酸Na、乳酸Ca、アルギニン、ピロリン酸鉄、グルコン酸
Ca、塩化K、塩化Mg、甘味料(アスファムK、スクラロース


◆「ウイダー in ゼリー エネルギーイン」

【メーカー】森永製菓
【種類】  清涼飲料水ゼリー飲料
【原材料名】マルトデキストリン、果糖ぶどう糖液糖、マスカット
果汁、ゲル化剤(増粘多糖類)、乳酸Ca、クエン酸、V.C、クエ
ン酸Na、香料、塩化K、乳化剤、パントテン酸Ca、ナイアシン
V.E、V.B1、V.B2、V.B6、V.A、葉酸、V.D、V.B12


(次回のこの欄に続く)


             ▼設問です▼


設問→ 上記の文章を読み、下記の●●にあてはまるものを、選択
    語句から選んでみよ。ただし2文字とは限らない。

           「『●●スエット』」

      【選択語句→ プカリ、ポカリ、パカリ】

     ■答え■

 下記のとおりです。でも、先に答えを見てはいけません。
 本文を再度ご覧になり、十分想像してから答えをご覧下さい。
 きっとその繰り返しが、あなたの明日を輝かせることになると思
 っています。

           答え→ ポカリ

上記の文章は、ぼくの著書『その食品はホンモノですか?』(三
 才ブックス)を元にして、毎回、そのときどきに新しい事実を述
 べて行きます。すでにこの本をお持ちのかたも、どうぞお楽し
 みに!】

 

 

 


______________________________

【2】
   ★本日ご案内する、山田の「電子書籍」は、これっ!★
    (パソコンでも、簡単に読むことができます)

〜いずれも短文です。そのため、「いまの時代」をサクッと知ること
  が可能です。楽しい文体ですので、ご家族でご覧下さい〜
______________________________

           1冊、約585円

   各巻合計で3冊以上ご希望の場合は、下記からお申し
   込み下さい。より安価に、「PDF版」にしてお送りい
   たします。1冊は千円ですが、3冊以上で電子本より
   安価になり、10冊以上では1冊が400円となります。
   「PDF版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/GPFu2B

 

  ===============
        ★「社会の裏側!」第63巻★
  ===============

  抗菌石鹸は使ってはいけない! それは当然だけど、今回の
  事件をきっかけに、「抗菌生活」の是非を考えようよ!

 ~抗菌剤「トリクロサン」は、抗生物質の耐性菌を作ったり、
  「環ホル」の可能性が指摘されていますが、もっと大切なこと
  とは~

            山田博士・著

       案内ブログ→ https://goo.gl/A9oRjH


             【概要】

この抗菌剤の「トリクロサン」は、本当に多くの商品に使われてお
ります。

きっと、アメリカからのこの情報が流れてきたとき、企業たちは真
っ青(さお)になったことでしょうね(笑)。

だって、これをすべて撤去するとなると、莫大な損失が発生するこ
とが目に見えていますから。
そのため、なんと「1年という猶予期間」を政府に申し出たのでし
ょう。

そしてその間に、これら抗菌石鹸や抗菌歯磨き粉などをすべて販売
してしまえばいい……ということなのでしょうね。

いったい、日本の政府の面々は、どちらを向いて仕事をしているのか。
企業なのか消費者なのか。

まあ、本書をご覧になるぐらいの皆さんですから、そのあたりのご
事情はとっくに頭にに入れておられることとは思いますが、でも、
本書で、そのあたりも、ぜひ「楽しく」ご覧ください。

今回の、この「トリクロサン」。

これに関する「黒船」はアメリカから突然やってきました。
2016年の9月2日のことです。

FDA(米食品医薬品局)は、その日、抗菌作用のある「トリクロ
サン」など19種類の殺菌剤を含む抗菌石鹸やボディーソープなど
を販売禁止にすると……発表したんです。

通常の石鹸に比べて殺菌効果があるという根拠がなく、長期使用の
安全性も検証されていないということなんですね。

ただ、それだけでなく、これの使用を続けていると、「環ホル」(環
境ホルモン)作用が出たり、抗生物質が効かなくなるという大問題
が潜んでいたのです。

今回、ぼくは本書の中で、この「トリクロサン」などの問題はもち
ろん追及はしておりますが、もっとほかのところにも視点を移して
ほしいなと述べております。

本書では、この「トリクロサン」を使っている商品名をすべて実名
で公開はしていますが、でも、問題は、そんなところにあるのでは
ない。
いまの「抗菌生活」を、今後、どうするのか。
そのあたりを、今回の事件で見直したいと、思っております。

と言うより、そうしなくては、子どもたちが今度ドンドン倒れるの
を防ぐことができないのじゃないか……と、痛感しています。
ちょうどいい機会じゃありませんか。

ぜひ、本書を注意深くご覧いただければと思っています。

(以下、省略します。詳しい概略や目次などは、「専用ブログ」を
 ご覧下さい。それだけでも、内容が想像できると思いますよ)

       案内ブログ→ https://goo.gl/A9oRjH

 

 

               ★
               ★
               ★

 

───────────────────────────────

 ●●●山田の作品集●●●
~ご希望のものがあれば、下記のそれぞれの各専用頁からどうぞ~

───────────────────────────────

 単行本以外のPDF版や音声版を、毎回、この場でご案内します

      作品集の専用頁→ https://goo.gl/qdYqR2

 

 

───────────────────────────────

●●●本誌の「完全版」をご希望のかたへ●●●
      ~下記のフォームから、ご連絡下さい~

───────────────────────────────

    世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮し
    の赤信号」。3大特典。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります!

3.アマゾンで、「社会の裏側!」などの電子本の新刊を発行する
  たび、それらを社会より早く、「無料でプレゼント」します。
  「PDF版」に変更してお送りします!

入会ご希望のかたは、下記まで連絡下さい。半年ごとの一斉課金と
なりますので、途中入会の場合は、その月により価格は異なります。
1か月分は540円。入会当月は無料でプレゼント。自動返信で、
当月現在の金額をお知らせします。どうぞ「完全版」をお楽しみに!
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
http://yamadainochi.com/

事務局への連絡は、どんなことでも下記のフォームからどうぞ。
          → http://goo.gl/t12Yx
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。