短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★3/19(月)◆コンビニの「おにぎり」が腐敗しない理由もこれでお分かりでしょうなあ。このPH調整剤の正体とは…

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

  〜月曜日だけは、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです〜

    2018年03月19日(月)号
      No.3085

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。

 

 

     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
      → http://www.facebook.com/yamada.inochi

 

 

            ▼本日の目次▼
  〜月曜日だけは、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです〜


【1】人生には少しのお金と歌と夢、それにでっかい健康
   があれば、それでいい!……連載:780回:

   その飲料水の名前とは……今日、下記に掲載してい
   る商品です。そう、「カルピスソーダ」。まあ、そ
   の日のように、少し暖かくなると、こういう飲みも
   のが飲みたくなるのでしょうなあ、「普通の人」な
   らば……(笑)。

【2】本日ご案内する山田の「電子書籍」は、これっ!:

   ■「社会の裏側!」第64巻

    コンビニの「おにぎり」が腐敗しないわけ。PH
    調整剤の正体とは!


 ●●毎回、メルマガの最後部に、山田の作品をズラリ掲
   載しています。ご希望作品は、各ブログからどうぞ。

 

 

 


______________________________

【1】
         人生には少しのお金と歌と夢、
     それにでっかい健康があれば、それでいい!

            連載:780回
______________________________

      (この欄は、毎週「月曜」に連載)

(前回の記事は下記の同じ箇所をご覧下さい。その続きとなります)
  → http://archives.mag2.com/0000141214/20180312050000000.html

 


★タイトル:

その飲料水の名前とは……今日、下記に掲載している商品です。そ
う、「カルピスソーダ」。まあ、その日のように、少し暖かくなると、
こういう飲みものが飲みたくなるのでしょうなあ、「普通の人」な
らば……(笑)。

 


この時期。

いくら桜の花たちが、両手を後ろにして、枝の梢(こずえ)で、花
咲く瞬間を「いまか、いまか!」とスタンバイしていようとも、外
に出掛けるときは、まだまだ油断できません。

お、少し暖かくなったかなあ……と思いながら、先日も、いつも首
に巻いているマフラーを、つい家に置いてきたら、さあ大変。

夜の帰り道の、まあ、寒いのなんの。
真冬とは違って、いまごろは薄着にしていますので、体に応(こ
た)えます。

それに、北風が口を鋭(するど)く尖らせて、容赦なく、ぼくの歩
く前から、息を吹き付けてきます。

眼を細めて体を丸くしても、もう、前に進めません。

まるで、今日、ぼくがマフラーを忘れてきたのを、ちゃんと玄関で
見ていたかのように……(笑)。

本当に意地悪なんですよね(まあ、自分の体は何があろうとも、●
●が守るしかないわけですから、忘れてきたぼくのほうが悪いので
しょうが……)。(●●は、下記の設問をご覧下さい)

              ★★★

そんな季節ではあるのですが、つい先日、突然、暖かくなった日が
ありました。

だからなのか、すれ違った父親連れの小さな男の子の右手に、ペッ
トボトルが握られていたんですね。
嬉しそうな顔をして……。

ペットボトルの中味がどうのこうのの前に、その男の子の顔を見
て、つい、ぼくの顔もほころびました。

人というのは、誰かが笑顔になっていれば、その光景を見ている自
分も、つい笑顔になるものなんです。

そうか。

きっと、突然暖かくなったし、あの子にねだられて、父親も甘いか
ら、いやいやだろけど買い与えたのだろうなあ。

……そう思いながら、すれ違いざまに、ふっとその父親の手を見ま
すと、なんのことはない。
そこにも、坊やと同じペットボトルが……(笑)。

その父親も、この温かさで、つい、いつも飲んでいるその飲料を求
めてしまったのでしょうね。
そして、ついでにその坊やにも……。

その飲料水の名前とは……今日、下記に掲載している商品です。

そう、「カルピスソーダ」。

まあ、その日のように、少し暖かくなると、こういう飲みものが飲
みたくなるのでしょうなあ、「普通の人」ならば……(笑)。

              ★★★

「普通の人」は、そのようにして、ぼくなど飲んだこともない、そ
のような飲料水を、ふだん体に入れているのでしょうね。

そう言えば、ぼくも、実家にいた(昔々の)子どものころは、よく
それと近い飲みものを飲んだ記憶はあります。

「青と白」の水玉模様が、たしかその飲料水の包装紙でしたっけ。

暑い夏には、中庭を眺めながら、親子で、よく飲んだものです。

そのころは、そのような飲料水に、まさか砂糖が原液の50%も含
まれているなんて、知るよしもありません。

ましてや、現在は、白砂糖どころじゃない「異性化糖」が、こうし
た飲料水に「平気で」使われている……。

子どものときからこんなものを体に入れる習慣があるとすれば、未
来の体はたまったものじゃありませんよね。

白砂糖より、血糖値を急激に上げるこの「異性化糖」。

まままま、今回も、その「異性化糖」が使われている商品名を少し
実名で挙げておきましたので、どうぞご覧下さい。

まず、えっと……。


              ★ ★ ★


↓ 本文。前回より続く(下記は、ぼくの著書の一部分です)。

 


     「異性化糖」が含まれる市販食品の一例(5)
           (前回の続きです) 

         〜市販食品「実名リスト」〜


◆「ファンタ オレンジ」

【メーカー】日本コカ・コーラ
【種類】  炭酸飲料
【原材料名】果糖ぶどう糖液糖、オレンジエキス、香料、酸味料、
ビタミンC、カロチン色素、甘味料(ステビア


◆「ファンタ グレープ」

【メーカー】日本コカ・コーラ
【種類】  炭酸飲料
【原材料名】果糖ぶどう糖液糖、グレープエキス、香料、着色料
(カラメル、アントシアニン)、酸味料、保存料(安息香酸Na)、
甘味料(ステビア)、ビタミンB6


◆「カルピスソーダ

【メーカー】カルピス
【種類】  炭酸飲料
【原材料名】糖類(果糖、ぶどう糖液糖、砂糖)、脱脂粉乳、乳酸
菌飲料、香料、酸味料、安定剤(大豆多糖類)、甘味料(アスパル
テーム・L−フェニルアラニン化合物、アセスルファムカリウム


◆「スライス 練馬べったら」

【メーカー】ヤマサン食品
【種類】  べったら漬け(薄切り)
【原材料名】大根(国産)、漬け原材料(砂糖、果糖、ぶどう糖液糖、
食塩、米、米麹、醸造酢、本みりん、酒精)、調味料(アミノ酸等)、
酸味料、甘味料(ステビア、アセスルファムK)、酸化防止剤(V.C)、
保存料(ソルビン酸K)、塩化Ca、メタリン酸Na、ミョウバン
増粘多糖類


(次回のこの欄に続く)


             ▼設問です▼


設問→ 上記の文章を読み、下記の●●にあてはまるものを、選択
    語句から選んでみよ。ただし2文字とは限らない。

 「本当に意地悪なんですよね(まあ、自分の体は何があろうと
  も、●●が守るしかないわけですから、忘れてきたぼくのほう
  が悪いのでしょうが……)」

       【選択語句→ ポチ、自分、他人】

     ■答え■

 下記のとおりです。でも、先に答えを見てはいけません。
 本文を再度ご覧になり、十分想像してから答えをご覧下さい。
 きっとその繰り返しが、あなたの明日を輝かせることになると思
 っています。

            答え→ 自分

上記の文章は、ぼくの著書『その食品はホンモノですか?』(三
 才ブックス)を元にして、毎回、そのときどきに新しい事実を述
 べて行きます。すでにこの本をお持ちのかたも、どうぞお楽し
 みに!】

 

 

 


______________________________

【2】
   ★本日ご案内する、山田の「電子書籍」は、これっ!★
    (パソコンでも、簡単に読むことができます)

〜いずれも短文です。そのため、「いまの時代」をサクッと知ること
  が可能です。楽しい文体ですので、ご家族でご覧下さい〜
______________________________

           1冊、約585円

   各巻合計で3冊以上ご希望の場合は、下記からお申し
   込み下さい。より安価に、「PDF版」にしてお送りい
   たします。1冊は千円ですが、3冊以上で電子本より
   安価になり、10冊以上では1冊が400円となります。
   「PDF版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/GPFu2B

 

  ===============
        ★「社会の裏側!」第64巻★
  ===============

コンビニの「おにぎり」が腐敗しないわけ。PH調整剤の正体とは!

  ~どおりで、強烈な「合成保存料」が使われなくなったはず。
   その問題点と、添加「おにぎり」や「サンド」の実名を
   お教えしよう~

            山田博士・著

       案内ブログ→ https://goo.gl/Z8DU5o


             【概要】

いつの社会でも、いつかは、そのときの「常識」が壊(こわ)れる
ときがあります。

いままでのぼくたちの「常識」では、企業が食べものを大量生産し
て遠路運ぶためには、保存料というものが、必須添加物じゃなかっ
たでしょうか。
違いますか。

これがなければ、大量生産できないため、安くならない。
それじゃ、儲からない。

だから、はたしてこれらの保存料を使わずに済む方法が、あるのか
どうか。

きっと彼らは毎日頭を突き合わせて、会議を開いたことでしょう。
保存料を使わずに、食べものを保存させる方法……。
そのことが、その企業の存亡にかかっていたわけですからね。

そして……悪戦苦闘の上……見つけ出したものが……(笑)。

そのため、食べものを扱う多くの企業たちは、これにワッと飛びつ
いたわけです。

保存料なんて固い言葉は記載する必要もありませんし、消費者たち
はきっと喜んで購入してくれる。
なにしろ、「霧に包まれたような言葉」だけでいいのですから。

ところで、このPH。
これは、「ペーハー」と読みます。

ただ、ぼくは昔からこうしてドイツ語読みなんですが、日本のJI
S(日本工業規格)では、「ピーエッチ」と読んでいるようです。

だから、まあ、お好きなほうでどうぞ。
ぼくは「ペーハー」と読みながら、この原稿を書いております。

Pとはポテンシャル、Hとは水素のこと。

これからもお分かりのように、これは水素イオン濃度指数のことで、
その物質が酸性なのか、アルカリ性なのかの度合いを示す物理量を
表しているわけですね。

つまり、PH7が中性、それ以下が酸性、それ以上がアルカリ……
というわけ。
たとえて言えば、PH3は酸性、PH9は……アルカリというぐあい。

そして、この「PH調整剤」が問題なのは、じつは、この中に、何
が含まれていても、食品表示では一括表記が認められているため、
「PH調整剤」という文言(もんごん)だけでいいということ。

つまり、企業側がどのような食品添加物をこの中に使おうと、この
「PH調整剤」という文言を書けばOK。
長くなりますので、あとは省略します。

お役に立てば幸いです。


(以下、省略します。詳しい概略や目次などは、「専用ブログ」を
 ご覧下さい。それだけでも、内容が想像できると思いますよ)

       案内ブログ→ https://goo.gl/Z8DU5o

 

 

               ★
               ★
               ★

 

───────────────────────────────

 ●●●山田の作品集●●●
~ご希望のものがあれば、下記のそれぞれの各専用頁からどうぞ~

───────────────────────────────

 単行本以外のPDF版や音声版を、毎回、この場でご案内します

      作品集の専用頁→ https://goo.gl/qdYqR2

 

 

───────────────────────────────

●●●本誌の「完全版」をご希望のかたへ●●●
      ~下記のフォームから、ご連絡下さい~

───────────────────────────────

    世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮し
    の赤信号」。3大特典。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります!

3.アマゾンで、「社会の裏側!」などの電子本の新刊を発行する
  たび、それらを社会より早く、「無料でプレゼント」します。
  「PDF版」に変更してお送りします!

入会ご希望のかたは、下記まで連絡下さい。半年ごとの一斉課金と
なりますので、途中入会の場合は、その月により価格は異なります。
1か月分は540円。入会当月は無料でプレゼント。自動返信で、
当月現在の金額をお知らせします。どうぞ「完全版」をお楽しみに!
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
http://yamadainochi.com/

事務局への連絡は、どんなことでも下記のフォームからどうぞ。
          → http://goo.gl/t12Yx
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。