短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★3/31(土)◆ぼくは、本気で思います。東電の幹部たちはみんな彼のように「山伏姿で」東北の被災地を回ってほしい

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

    2018年03月31日(土)号
      No.3096

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。

 

 

     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
      → http://www.facebook.com/yamada.inochi

 

 

             ▼目次▼

【1】先日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べた、
   山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワンシ
   ョット。

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」:

   ★もぞもぞの、冒頭部分……

    ぼくは、本気で思います。

    東電の幹部たちはみんな、増田さんように、「山
    伏姿で」、東北の被災地を回ってほしい。
    そして、真剣に、原発後の方向性を語ってほしい。

    間違っても、外国に原発を輸出するなんて、言わ
    ないでほしい。

    でも、現実を見ますと、このフクシマの事態が起
    こったことを、もうみんな、忘れてしまったかの
    ような動きが、日本では起こっているんですね。

    たとえば、日立製作所が……(省略)。


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集(毎週、木金土に掲載! ぜひどうぞ):

   ★『100歳人に習った、首の運動だけで簡単に
    できる頭を惚(ぼ)けさせないこの方法!』
    (即実践・第7話)


 ●●毎回、メルマガの最後部に、山田の作品をズラリ掲
   載しています。ご希望作品は、各ブログからどうぞ。

 

 

 


______________________________

【1】
           ★下記の文章は、
 
    先日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べた、
 山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワンショットです。

       それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」も……。
 
______________________________


        今週3/28(水)号のタイトル
 
               ★
               ★
               ★
 
          「早く帰っておいで……」

 ~あの日、津波にさらわれ、いまだに行方が分からない娘に、
  船の上から海に呼びかける母。そして、いま山伏姿で行脚を
  続ける元・東電副所長。東日本大震災原発と人の心と……~
 
 
     (下記は、本文の中の、ほんの一部分です)


              (前略)

そして、2017年。
一つの、運命的な出会いがありました。

それは、この東日本大震災で、次女と妻、そして父親を亡くして白
馬(はくば)村(長野県)に避難してきた男性と知り合ったのです。

彼に、土下座した増田さんに……男性はこう言ったそうです。

「あなたの思う謝罪を成し遂げて下さい」……と。

その言葉で、増田さんは改めて行脚の継続をさらに決意したと言い
ます。

2017年7月には、約5日間をかけて、福島、宮城、岩手、青森
県を巡り、鎮魂の祈りをささげました。

いやあ、すごい行動力ですよね。
口先だけの謝罪ではなく、自分の足で歩いて、実際に行動で示して
いる。

しかも、こうした行脚の費用は「浄財」であるべきだとの思いか
ら、貯金を使うことはせず、「シルバー人材センター」で働いて得
たものだと。

この増田さんは言います。

「私は出口のないトンネルを掘り続けなければいけない終身刑のよ
うなものです。体が動かなくなるまで歩き続けます」。

そして、2018年3月16日には、「福島県新生のために」お役
に立ちたい……と、南相馬市にある天台宗円明院の本堂で、講演会
を開きました。

彼は、山伏姿で、「原発事故は私たちの大罪。私たちがこのような
部下を育てた結果で、申し訳ございません」と、深々と頭を下げ
たのです。

また彼は、2017年4月に、東電が、低レベル放射性物質を含む
水を、「世話になった地元」に無断で海に放出したことが本当に許
せないとも言います。

内部にいた彼を、ここまで発憤させた、東電の原発大事件。

              (後略)


              ★★★

((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


ぼくは、本気で思います。

東電の幹部たちはみんな、増田さんように、「山伏姿で」、東北の被
災地を回ってほしい。
そして、真剣に、原発後の方向性を語ってほしい。

間違っても、外国に原発を輸出するなんて、言わないでほしい。

でも、現実を見ますと、このフクシマの事態が起こったことを、も
うみんな、忘れてしまったかのような動きが、日本では起こってい
るんですね。

              ★★★

たとえば、日立製作所がイギリスで進めている原発新設プロジェクト。

これに対して、3メガバンクと……(省略)。

 

  ~「短縮版」では、毎回、この部分は省略しております~

 

 

 


______________________________

【2】
   あなたや、あなたの家族を、山田が命懸けで救います!
 
           ★山田博士作品集★
 
 より深く、より正確に、より楽しく、メルマガの内容をお知らせ
 したいため、ぼくの作品を、毎回この欄でご案内しています。
 
______________________________

毎週「木金土」に、山田の作品をこの欄で掲載します。お楽しみに!
 

 
          今回は下記の作品です。
           ↓  ↓  ↓
=======================

        「いのち運転“即実践”マニュアル」
              第7話

  『100歳人に習った、首の運動だけで簡単にできる頭を
        惚(ぼ)けさせないこの方法!』

=======================

  ~~寝たきりや認知症にだけはなりたくない、というかたへ。
    簡単な首の運動だけで、老後が幸せになります!~~

 

山田博士です。

早速ですが、いま、世界的に、「認知症の増加問題」が深刻になっ
ているようです。

あなたの周囲でも、そういうかた、増えていませんか。

え?
あなたがそう?
またまた……。

でも、ぼくなども、どうも最近、「その兆候がある」ようで、毎日、
必死になって耐えております(笑)。

2050年には、世界の認知症患者の数が、現在の4700万人
から約3倍の1億3200万人に達する可能性……があるとする報
告書が、このほど発表されました。

先進国、途上国関係なく、今後はもの凄い伸びで、認知症の人が増
えそうですね。

でも、悩んでいても何も始まりません。

政府は、相変わらず知らんぷりですので(笑)、ぼくたち自身で可能
な方法を考えるしかないわけですよね。

そこで、ぼくたちがいまから、どういう方法を採(と)るべきなのか。

              ★★★

今回の作品を、ぜひご覧下さい。

この作品は、大手ASPでも公開していますが、最近、なぜかじわ
りじわりと人気を得ているんですね。

しかも、若いかたにも結構受けているようで……。
なぜなのでしょう。

最近は、周囲を見渡すと、まだまだ若くても、「本当にそんなこと
覚えていない」という「認知症に近いかた」が、増えました。
つい先ほどのことでも失念していらっしゃる。

まあ、ぼくなど、若いころからいつもそのような状態でしたため、
とぼけているふりをしてごまかしていたりして、とてもいまさら人
様に何も言える義理ではありませんが……。

あとは、下記の案内頁をどうぞ。

 


           ▼お求め方法▼

1.その前に、「専用公開頁」をちょっとご覧下さい:
         第7話→ http://goo.gl/g7cuvY

 (ただ、今回ご希望のかたは、必ず、本誌に戻ってきて下さい。
  上記頁からだと、公開価格となりますので)

2.今回の特別価格: 2907円→ 2407円
    (VIP会員は、価格がさらに異なっています)

3.割引期間:3/31(土)~4/4(水)

上記の割引期間が過ぎている場合は、「専用公開頁」をご覧下さい)

4.お申し込みフォーム:

      「いのち運転“即実践”マニュアル」第7話
       専用お申し込みフォーム

     パソコン用→ https://ws.formzu.net/fgen/S8666061/


  ご連絡、お待ちしています。

  お元気で。

 

 

               ★
               ★
               ★

 

───────────────────────────────

 ●●●山田の作品集●●●
~ご希望のものがあれば、下記のそれぞれの各専用頁からどうぞ~

───────────────────────────────

 単行本以外のPDF版や音声版を、毎回、この場でご案内します

      作品集の専用頁→ https://goo.gl/qdYqR2

 

 

───────────────────────────────

●●●本誌の「完全版」をご希望のかたへ●●●
      ~下記のフォームから、ご連絡下さい~

───────────────────────────────

    世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮し
    の赤信号」。3大特典。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります!

3.アマゾンで、「社会の裏側!」などの電子本の新刊を発行する
  たび、それらを社会より早く、「無料でプレゼント」します。
  「PDF版」に変更してお送りします!

入会ご希望のかたは、下記まで連絡下さい。半年ごとの一斉課金と
なりますので、途中入会の場合は、その月により価格は異なります。
1か月分は540円。入会当月は無料でプレゼント。自動返信で、
当月現在の金額をお知らせします。どうぞ「完全版」をお楽しみに!
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
http://yamadainochi.com/

事務局への連絡は、どんなことでも下記のフォームからどうぞ。
          → http://goo.gl/t12Yx
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。