短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★4/18(水)◆「加熱式電子タバコ」のなぞ! なぜ、日本呼吸学会では、これらに警鐘を鳴らしているんでしょうね

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

    2018年04月18日(水)号
      No.3111

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。

 

 

     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi

 

 

             ▼目次▼

【1】山田の電子本「社会の裏側!」の未公開原稿:
   (この欄は「水曜日」に掲載します。お楽しみに!)

    「加熱式電子タバコ」のなぞ!

【2】先週の「土曜日」に案内した作品(本日が案内最終
   日です!):

   ★「毎朝10分、目を良くし、心も頭も内臓も柔軟
    にする山田式ストレッチ方法!」(第12話)


   【山田の作品集の案内】

 

 

 


______________________________

【1】

     ▼山田の電子本「社会の裏側!」の未公開原稿▼

         「加熱式電子タバコ」のなぞ!

 ~最近、禁煙席に「Ploom TECH(プルームテック)only」とい
  う表示が目に付きます。でも日本呼吸学会では、これらに警鐘
  を鳴らしているんですね。なぜだと思います?~

______________________________

  (この欄は、毎週「水曜日」に掲載します。お楽しみに!)


  ~目次~

★(第1章)

ところで、最近、禁煙席に「Ploom TECH(プルームテック)only
(オンリー)」という表示が目に付くようになりましたね。お気づ
きですか。たとえ禁煙席であっても、この「加熱式電子タバコ」な
らOKだということなんですね。本当なのでしょうか……

★(第2章)

「加熱式電子タバコ」は、葉タバコを加熱することによって、ニコ
チンを含むエアロゾル(浮遊粉じん)を生じさせます。そしてそれ
を吸引(きゅういん)するわけですね。こうまでして、そんなもの
吸いたいですか。そして、こうまでして、体を壊したいですか……

★(第3章)

じつは、「日本呼吸器学会」の見解が出ています。こうした「電子
タバコ」が広がりつつあることに、しっかりと警鐘(けいしょう)
を鳴らしているんですね。同学会は、こうした「電子タバコ」につ
いて、多くの誤解が国民にあるとしています……

★(第4章)

従来の紙巻きタバコ(「ラッキーストライク」)と、この「加熱式電
子タバコ」(「IQOS(アイコス)」)の内容を比較したものをご覧い
ただきましょうか。ほら、ニコチンの量など、あまり変わっていな
いことに気が付きませんか。だから……


               ★
               ★
               ★

 

★(第1章)

ところで、最近、禁煙席に「Ploom TECH(プルームテック)only
(オンリー)」という表示が目に付くようになりましたね。お気づ
きですか。たとえ禁煙席であっても、この「加熱式電子タバコ」な
らOKだということなんですね。本当なのでしょうか……

 

不思議ですよね。

一度、タバコを吸っていた時期がありますと、それを止めたあと、
周囲のケムリが、俄然(がぜん)気になって仕方がないんです。

いままで、自分の口から平気な顔をして周(まわ)りにケムリを噴(ふ)
き出していたくせに、ね。

もしウソだとお思いなら、いまスモーカーのかた、ぼくに騙(だま)
されたと思って、一度、タバコを止めてみてご覧なさいな。

すぐに分かります。

あ、またまた、山田サン。
あんなことを言って、私から「大事なタバコ」を奪ってしまおうと
していいるんだわ……。

ち、違いますって。

これは、ぼく自身の体験から言っているんです(きっぱり)。

以前にも述べたことがありますが、ぼくは18歳から喫煙をしてお
りまして、27歳ぐらいまでは、ヘビーではありませんが、1日1
0本ぐらいをチビリチビリ吸っていました(お酒みたいですが)。

当時は、誰もタバコの弊害など教えてくれなかったわけですね。

そのため、周囲の流れに影響されていたわけです。
でも、タバコの深刻さを自分で調べて知ったその日に、スッパリ…
…いや違った……キッパリと、タバコから別れました。

ぼくは、自分で納得すれば、どんなことでも、「即行動」します。
だって、人生は、あまにも短い……(笑)。

でも、不思議なんです。
その直後から、周囲のタバコのケムリが苦しくて仕方がない。
少しでもケムリが流れていると、すぐに分かります。

いままで、そんなこと、考えてもみませんでした。

そうか。
これだけも、ぼくはいままで周囲の人たちに迷惑をかけてきたんだ
……ぼくはそのとき、頭をガツンと殴(なぐ)られたように思った
ことを、いまも昨日のように覚えております。

ぼくは武道……合気道をしているのですが、道場で稽古(けいこ)
をしていても、タバコを止めたその日から、突然、体に酸素が入っ
てくることが、すぐに分かりました。

こ、これは……。

本当に驚きました。
タバコを吸っていたときと違って、息切れをしないんですね。
いままで、体を動かすのだから、息切れして当然だと思っていました。

皆さんも、そう思いませんか。
動けば息切れをする。
そんなことは、当然だと。

だから、当時、息切れしていました(笑)。
まだ若かったのにね。

でも、タバコを止めたとたん、空気、いや「●●」が入ってくる…
…という言い方がぴったりなんですね(●●は、下記の設問をご覧
下さい)。

呼吸がしやすい。

ぼくはそのとき、これだけも、タバコが酸素を体から奪っていたん
だなあということを、身をもって知ったわけです。

タバコ好きのあなたも、「投降せよ、いまからでも遅くはない」(笑)。

ぜひ、ぼくのマネをされたら、今後の人生、心も体も輝き、とくに
肺が喜びますよ。

まあ、ここでは、そんなぼくの「タバコ人生」の恥ずかしい思い出
話をしようとしているわけじゃありません。

そうじゃなく、いつも禁煙したいと毎日痛烈に思っている人をター
ゲットに、タバコ企業たちが、またまた姑息(こそく)な行動を始
めていることを、ぜひ知っておいてほしいなと思いました。

たとえあなたが喫煙者でなくても、受動でケムリを吸うこともある
でしょうし、子どもさんがいつの間にか、それにまみれているかも
しれません。

ぜひ、この本質だけは知っておいて下さい。

そして、後日、そう言えば、山田サン、あのときこのことについて
何かクドクドと話していたな……と思い出して下されば本望です。

ぼくたちが、ちょっとよそ見をしている間に、企業たちは「何でも
します」。

その見本みたいな企業が、ここで述べている「JT(日本たばこ産業)」
でしょうね。

もちろん、外国企業にも同様のことをしているものが多いでしょう
が、ぼくたちの一番身近にある日本企業の動きは、いつも気にする
必要があるなあと、ぼくは思っています。

このJTが、なんと、「タバコでないタバコ」を売り出しました。

ややこしいですね(笑)。

つまり、世に言う「電子タバコ」……。

これにはいろいろと種類があり、日本に出回っているものは、正確
に言えば、「電子タバコ」というより、「非燃焼・加熱式タバコ」と
言ったほうがいいのかもしれません。

でも、大まかに、これらすべてを「電子タバコ」と言う人もいて、
まだ「歴史が浅い」ため、どれがどうのとは、まだ言えないかもし
れません。

でも、じつは、いわゆる「電子タバコ」はまだ日本では販売されて
いないんです。

そのため、もう一方のほうの「非燃焼・加熱式タバコ」を、ここで
は取り上げたいなと思います。

以下では、これを「加熱式電子タバコ」……と言うことにします。

まあ、いずれにしても、ぼくは、こんなもの、不要だと思っています。
本来のタバコであっても、この「加熱式電子タバコ」であっても……。

だって、タバコを止めたぼくが言うのですから、人体に与える影響
の違いについては、もう間違いがありません(笑)。
なにしろ、タバコを止めれば、酸素が入ってくる。

少しでも、日本の社会から、このような「似非(えせ)タバコ」を
排除したい。
そして、日本社会を子孫たちにとって、住みよい国にして引き継ぎ
たいなと思っています。

そう、酸素がよく体に入り込むようになれば、病気にまみれたこの
日本人を、少しは幸せにさせることができるでしょうしね。

ところで、最近、禁煙席に「Ploom TECH(プルームテック)only
(オンリー)」という表示が目に付くようになりました。

お気づきですか。

これはまあ、まだ日本中どこでも見かけるものではないかもしれま
せん。

でも、順次、大都会から順番に広げて行くようですので、しばらく
すると、あなたのお住まいの地域でも見かけることになるかも……。

これ、何のことかと言いますと、たとえ禁煙席でも、「Ploom TECH
(プルームテック)」という「加熱式電子タバコ」だけはOKです
……ということなんですね。

ええ?
なんで?
ど、どうして?

なんて、メルマガを見ながら叫んでいるかたも多いと思います。

ぼくも叫びます。

ええ?
なんで?
ど、どうして?

下記で、この「電子タバコ」、そして「非燃焼・加熱式タバコ」と
は何ぞや、そして商品名、その人体に与える影響などについて、述
べてみたいと思います。

なぜ、「日本呼吸学会」では、これらの「電子タバコ」に警鐘を鳴
らしているのか。

つまり、えっと……。

 

★(第2章)

「加熱式電子タバコ」は、葉タバコを加熱することによって、ニコ
チンを含むエアロゾル(浮遊粉じん)を生じさせます。そしてそれ
を吸引(きゅういん)するわけですね。こうまでして、そんなもの
吸いたいですか。そして、こうまでして、体を壊したいですか……

 

いま述べているこれらのタバコは、「新型タバコ」と呼ばれている
のですが、この名前を聞くと、ぼくなどつい「新型爆弾」……を思
い出してしまいます(笑)。

その当時は、まだぼくは生まれてはいませんでしたが、これはもう
皆さん、ご存じのとおり、ヒロシマに投下された「原爆」のことで
したよね。

1945年(昭和20年)の8月7日午後3時半の大本営発表

広島市は敵B29少数機の攻撃により相当の被害を生じた……」
「新型爆弾を使用せるものの如きも目下調査中……」

というものでした。

この期に及んでも、当時の軍部はまだ……敵B29「少数機」なん
て言っているわけですね(笑)。

いや、とても笑うようなものじゃなく、大変な事態がそのとき起こ
っていたのですが、その「少数機」で、日本は無条件降伏しまし
た。

そして、ヒロシマ市は、一瞬にして廃墟となったのです。

ぼくは、なんとなく、この「新型タバコ」が、その「新型爆弾」と
同様に、日本人の体を廃墟にしなければいいのだけど……と、願う
しかありません。

さてっと、この「加熱式電子タバコ」……なる「新型タバコ」と
は、いったい何のことなのでしょう。

いままでは、タバコと言えば、ぼくたちはあの紙巻きタバコを想像
していました。

セブンスターも、ピースも、しんせいも(古いなあ)も、みなそう
でしたよね。

ちなみに、この「しんせい」って、いまもまだ存在していたんですね。
驚きました。
まあぼくの若いころは、この「しんせい」は、両切りタイプでしたが、
2016年の6月から、フィルター付きになったようです。

でも、そうなれば、もうぼくは「しんせい」なんて呼びません。
両切りタイプだから、「しんせい」なんです。

まあ、また山田サン、何を訳の分からないことを言っているのかし
ら……なんて言われますので、このあたりで……(すぐ逃げる。笑)。

ところが、ここで述べている「新型タバコ」とは、もちろん両切り
ではないのですが、従来の紙で巻かれてライターで火を点ける「燃
焼式タバコ」とは大いに異なるものなんですね。

いままでのタバコとは、「まったく別もの」と考えたほうがいい。

この「新型タバコ」は、先述しましたように、詳しく言えば、さら
に「非燃焼・加熱式タバコ」と「電子タバコ」に大別されます。

「非燃焼・加熱式タバコ」は、葉タバコを加熱することにより、ニ
コチンを含むエアロゾル(浮遊粉じん)を生じさせて、それを吸引
(きゅういん)するわけですね。

電子タバコ」のほうは、液体(ニコチンを含むもの、含まないも
のがありますが)を加熱してエアロゾルを生じさせ、それを吸引し
ます。

だけど、このニコチンを含む液体を……(省略)。

 

               ★★          

          ~本誌は「短縮版」です~

「短縮版」では毎回、この部分は「50%ほど」省略しております。
 もし、全文をご覧になりたい場合は、事務局までご連絡下さい。
 なるべく早急に、電子本を作成して「公開」いたします~

               ★★          

 

でも、喫煙者のそばにいて「受動喫煙」にあうかたは、もっと悲惨
ですよね。

だって、自分では何も「悪いことをしていない」のに喉(のど)の
激しい痛みと同時に呼吸困難まで生じさせることもありますからね。

まあ、そういうこともあって、従来の紙巻きタバコだけじゃなく、
この「加熱式電子タバコ」であっても、とくに公共の場所、たとえ
ばタクシーやレストラン、カフェなどの狭い場所では絶対に容認で
きないものだなあと、ぼくは思っています。

きっと、今後、この「加熱式電子タバコ」の弊害が、あちらこちら
で問題になってくると思いますよ。

案外、早く、この日本で「大ニュース」になっているかもしれませ
ん。

さてっと、この原稿も、そろそろ終わりに近づいたようだし、この
あたりで一服(いっぷく)して……。

あ、一服と言っても、「加熱式電子タバコ」じゃありませんぞ(笑)。

熱い緑茶をいただいて、一服を……、ふふふ、やっと落ち着いた。

あなたも、どうです。
はい、お茶。

この緑茶、旨(うま)いですぞお。
「加熱式電子タバコ」なんかより、ずっと……。

ハハハ……。それじゃまた次回ね。ご機嫌よう。(山田博士

 


             ▼設問です▼


設問→ 上記の文章を読み、下記の●●にあてはまるものを、選択
    語句から選んでみよ。ただし2文字とは限らない。

 「でも、タバコを止めたとたん、空気、いや『●●』が入ってく
  る……という言い方がぴったりなんですね」

       【選択語句→ 毒素、味噌、酸素】


  ■答え■

 下記のとおりです。でも、先に答えを見てはいけません。
 本文を再度ご覧になり、十分想像してから答えをご覧下さい。
 きっとその繰り返しが、あなたの明日を輝かせることになると思
 っています。
               答え→ 酸素

 

 

 


______________________________

【2】
        ▼先週案内した作品の再案内です!▼

    ~ひょっとして、ご覧になっていないかたのために~

______________________________

 

       先週の「土曜日」にご案内した作品
         (本日が、案内の最終日です)
           ↓  ↓  ↓
=======================

  ★「毎朝10分、目を良くし、心も頭も内臓も柔軟にする
        山田式ストレッチ方法!」★

(「いのち運転“即実践”マニュアル」第12話です)

   ぼくが数十年も続けている門外不出の簡単ストレッチ。
 この効果抜群の方法を会得すれば、あなたの人生は輝くだろう

=======================

       第12話の案内頁→ https://bit.ly/2J2jHCh


              ★目次★

    第1章 これからの時代、あなたは、「よりしなやかに、
        そしてタフ」でなくては生きられない

    第2章 前の晩にすることは、これです。ほんの数分で、
        あなたの目の視力は戻り、体はしなやかにな
        っています       

    第3章 朝、目覚めたら、必ず布団の上でこのストレ
        ッチをなさって下さい。ものの数分ですが、
        この効果は凄い!       

    第4章 樹友(きゆう)のヒロちゃんの前ですること。
        たったのこれだけで、あなたの腰は柔軟にな
        り、内臓たちが喜ぶことになります

    エピローグ

       第12話の案内頁→ https://bit.ly/2J2jHCh

 

 

               ★
               ★
               ★

 

───────────────────────────────

 ●●●山田の作品集●●●
~ご希望のものがあれば、下記のそれぞれの各専用頁からどうぞ~

───────────────────────────────

 単行本以外のPDF版や音声版を、毎回、この場でご案内します

      作品集の専用頁→ https://goo.gl/qdYqR2

 

 

───────────────────────────────

●●●本誌の「完全版」をご希望のかたへ●●●
      ~下記のフォームから、ご連絡下さい~

───────────────────────────────

    世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮し
    の赤信号」。3大特典。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります!

3.アマゾンで、「社会の裏側!」などの電子本の新刊を発行する
  たび、それらを社会より早く、「無料でプレゼント」します。
  「PDF版」に変更してお送りします!

入会ご希望のかたは、下記まで連絡下さい。半年ごとの一斉課金と
なりますので、途中入会の場合は、その月により価格は異なります。
1か月分は540円。入会当月は無料でプレゼント。自動返信で、
当月現在の金額をお知らせします。どうぞ「完全版」をお楽しみに!
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
http://yamadainochi.com/

事務局への連絡は、どんなことでも下記のフォームからどうぞ。
          → http://goo.gl/t12Yx
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さん
には関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。