短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★5/1(火)◆アメリカの「有機」の認識は常識とはかなりズレております。大量輸入のニセ「有機食品」の見分け方とは


〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

    2018年05月01日(火)号
      No.3122

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。

 

 

     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi

 

 

             ▼目次▼


【1】読者への「おとぼけ返信」(毎週、火曜日に掲載):

   ■No.1554

    先日、山田博士先生ご本人から、CD-ROM版&小冊子
    のセット……について、電話にて了解いただきました。
    ご連絡、感謝です……

   (Y.Yさん、埼玉県新座市、女性、62歳、私立大学職
    員)


【2】先週の「金曜日」に案内した作品(本日が案内最終
   日です!):

★ニセ「有機食品」はこうして見破れ。大商社が
    大量に輸入する「有機」の実態とは!
      (“即実践”マニュアル第15話)


 ●●毎回、メルマガの最後部に、山田の作品をズラリ掲
   載しています。ご希望作品は、各ブログからどうぞ。

 

 

 


______________________________

【1】
         ▼読者への「おとぼけ返信」▼

    この欄は、毎週火曜日に掲載します。お楽しみに!
______________________________


注:個人のお名前はイニシャルにし、個人情報などは割愛し
  ました。

    誤字脱字の訂正や、分かりにくい文章はいくつかに
    分けたり、短縮したりしています。
    ただ、送り仮名や漢字、文体などは基本的にそのま
    まですので、全体での統一はわざとしておりません。

    そのため、読者の体温をそのままお楽しみ下さい。
    年齢やご職業などは連絡を受けた当時のものです。

        【イニシャルは、姓と名の順です】
          (例)美空ひばり→M.H

 

 …………………………………………………………………………
 ■No.1554

 先日、山田博士先生ご本人から、CD-ROM版&小冊子の
 セット……について、電話にて了解いただきました。ご連絡、
 感謝です……

 …………………………………………………………………………
  (Y.Yさん、埼玉県新座市、女性、62歳、私立大学職員)

 

2018年4月21日に、山田博士先生ご本人から、CD-ROM
版&小冊子のセット……について、電話にて了解いただきました。

ご連絡、感謝です。

調べたところメルマガは、2014年2月から拝読させていただい
ております。

また、「即、実践!マニュアル7話」をお送りいただいたおりに、
山田先生ご本人と電話でお話もさせていただいております。

今回は、小冊子もあり、また特別価格でもあるので大変嬉しく、申
し込みさせていただきました。
よろしくお願い申し上げます。


           ■山田からのお返事■


Yさん、こんにちは。
山田博士です。

お電話では、失礼しました。

以前にも、電話でお話しをしたことがあったのですね。
いやあ、すっかり失念しておりまして……(笑)。

なにしろ、昔から、物覚えが悪いのが……ぼくの「特技」なんです。

そのため、どんどん忘れてしまうのですが、その分、どんどん新し
いことを詰め込んで行かないと、ぼくの頭の中身は、すぐに空っぽ
になってしまうわけですね。

だから、毎日、身近な現象に対して、まるで子どものように、ワン
君やニャンコ嬢たちにちょっかいを出したりして、興味と関心を持
ち続けているというわけ。

えっと……ぼくの秘密、ちょっとだけ、お分かりいただけましたか。


              ★★★

そうですか。

2014年からメルマガをご覧いただいていると。
嬉しいですね。
ぜひ、今後も引き続き、お楽しみ下さい。

今回、ご連絡のあった、小冊子&CD-ROM版「暮しの赤信号」は、
ぼくの原点なんです。
      → http://yamadainochi.com/redsignal.html

これが存在するから、いまの「山田」がここにいるわけなんですね。

これが無くては、いまごろ、どこかの道ばたで倒れて、誰かに踏み
つけられて、うなっていることでしょうね、きっと。

でも、20代のころにこれを創刊したときは、そんな未来のことな
ど、もちろんまったく考えもせず、ただただ、毎回、ねじりハチマ
キで各地を奔走していました。

本当に、「若さという特権」は素晴らしいですよね。

いまとなれば、恥ずかしくて、とてもそんなことはできないなあ、
なんていうことも、「平気で」やっていましたし……。

              ★★★

なにしろ、電話1本で、翌日には、北海道でもどこでも、その人の
目の前に、ニュッと顔を出すわけですから。

相手が忙しいとか、時間がないとか、会うのがイヤだとか、そんな
こと、まったくお構いなし、なんです。

とにかく、ぼくは、当時、いま関わっていることしか頭にありませ
んでした。

いまから思えば、もう赤面(せきめん)の至りです。

でも、そういう「厚かましい若さ」がそのころのぼくにあったから、
いまもこうしてYさんとお話しができるのかもしれませんね。

まったく何が幸いすることやら……(笑)。

              ★★★

当時、ぼくの周囲には……(省略)。

 

  ~「短縮版」では、毎回、この部分は省略しております~

 

 

 


______________________________

【2】
        ▼先週案内した作品の再案内です!▼

    ~ひょっとして、ご覧になっていないかたのために~

______________________________

 

       先週の「金曜日」にご案内した作品
           ↓  ↓  ↓
=======================

 ★ニセ「有機食品」はこうして見破れ。大商社が大量に輸入する
          「有機」の実態とは!

~この「有機登録認定機関」に、あなたは騙されてはいませんか~

    (「いのち運転“即実践”マニュアル」第15話)

=======================

      第15話の案内頁→ https://bit.ly/2Kk1ce5


              ★目次★

  はじめに

1.ふふふ、1980年ごろ、農林省(当時)の役人にぼくが取材
  したときのお話を少し……

2.大商社が宣伝する「有機食品」とは何だろう。残留農薬漬けの
  農産物を大量に輸入している彼らの言う「有機」とは……

3.西武デパートで販売されていた「有機」の輸入大豆製品すべて
  から、有機リン系農薬が検出されていた!

4.アメリカの「有機」の認識は常識とはかなりズレていることも
  知っておこう。こんな「有機食品」を日本の商社が輸入してい
  るとは……

5.「有機食品」の違反には、大きく分けて「3つ」ある。しかし
  その中でも一番問題なのが……

6.現在、日本国内には60数カ所の「有機登録認定機関」がある
  が、じつはその内容に大きな温度差があることをぜひ知ってほ
  しい

7.過去、農水省から業務命令を受けた「有機登録認定機関」の名
  前とは

8.ヨーロッパ諸国では、肥料に使う家畜の糞尿や「遺組み」など
  をしっかり判断材料にして「有機」としている。しかし日本で
  は……

9.EUでは全農地面積の「4%」が有機農業となっている。日本
  ではわずか0.17%。この現状をどう見ればいいのか

10.こういう事態の中で、ぼくたちは今後、どう動くべきなのか。
  何を目安に「有機食品」や「有機農産物」を選べばいいのだろ
  う

      第15話の案内頁→ https://bit.ly/2Kk1ce5

 

 

               ★
               ★
               ★

 

───────────────────────────────

 ●●●山田の作品集●●●

───────────────────────────────

 単行本以外のPDF版や音声版を、毎回、この場でご案内します
ご希望作品があれば、下記の中にある「専用ブログ」からどうぞ。

      作品集の専用頁→ https://goo.gl/qdYqR2

 

 

───────────────────────────────

●●●本誌の「完全版」をご希望のかたへ●●●
      ~下記のフォームから、ご連絡下さい~

───────────────────────────────

    世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮し
    の赤信号」。3大特典。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります!

3.アマゾンで、「社会の裏側!」などの電子本の新刊を発行する
  たび、それらを社会より早く、「無料でプレゼント」します。
  「PDF版」に変更してお送りします!

入会ご希望のかたは、下記まで連絡下さい。半年ごとの一斉課金と
なりますので、途中入会の場合は、その月により価格は異なります。
1か月分は540円。入会当月は無料でプレゼント。自動返信で、
当月現在の金額をお知らせします。どうぞ「完全版」をお楽しみに!
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
http://yamadainochi.com/

事務局への連絡は、どんなことでも下記のフォームからどうぞ。
          → http://goo.gl/t12Yx
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。