短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★5/18(金)◆小冊子版「暮しの赤信号」の印刷は、じつは、障害者が運営していた印刷所で作られていたんですよ……


〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

    2018年05月18日(金)号
      No.3137

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。

 

 

     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッ
していただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
      → http://www.facebook.com/yamada.inochi

 

 

             ▼目次▼

【1】先日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べた、
   山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワンシ
   ョット。

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」:

   ★もぞもぞの、冒頭部分……

    本文でも述べましたが、障害者、健常者……って、
    いったい何のことだろうと、ぼくはいつも思って
    います。

    確かに、体や脳がうまく動かない。
    だけど、その「うまく」……って何? と、思っ
    てしまうんですね。

    いったい、何が異なっているのか。

    ぼくの若いころ、障害者の人たちが中心となって
    運営している印刷所を、ぼくは利用していました。

    そう、その印刷所で、あの小冊子版「暮しの赤信
    号」は印刷されていたんですよ(笑)。

    いま手元にその小冊子があれば、ちょっと奥付を
    見て下さい。
    その会社の名前が書いてあります。

    そこの障害者の皆さんが、汗水流してこの小冊子
    版「暮しの赤信号」を作ってくれていたのです…
    …(省略)。


【2】ここしばらく、世界中からアクセスのある「社会の
   裏側!」全巻を、順に50%OFFで提供中です。
   本日は、【第8回目】

   今回の期間は、第71巻~第80巻(合計10巻)

   最初の第71巻のタイトルは、
   『マーガリンが、あなたの体を溶かしている!』


 ●●毎回、メルマガの最後部に、山田の作品をズラリ掲
   載しています。ご希望作品は、各ブログからどうぞ。

 

 

 


______________________________

【1】
           ★下記の文章は、
 
    先日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べた、
 山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワンショットです。

       それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」も……。
 
______________________________


        今週5/16(水)号のタイトル
 
               ★
               ★
               ★
 
        「灰色のバス」がやって来た!

ナチス・ドイツが作った「遺伝子病子孫予防法」のように、日本
 でも障害者は不要だという「優生保護法」が1996年まで存在し
 ました。1万6千人が殺さたのですが、北海道がとくに凄かった~


    (下記は、「完全版」の中の、ほんの一部分です)


              (前略)

彼女は、「接枝分裂病(せっしぶんれつびょう)」(現在は、「接枝統
合失調症」)という病名で、入院していました。

この「接枝統合失調症」とは、知的障害に統合失調症が発症したも
のを言いますが、いろいろな説があり、まだはっきりとはしていな
いようです。

ところが、このカトリーヌちゃんは、すごい技(わざ)を持っていた。
(注:「カトリーヌちゃん」とは……40代の女性のあだ名です)

自分の服は、自分で裁縫(さいほう)するんですね。
それも、ちょっとやそっとの技ではない。

カトリーヌちゃんはいつも派手なヒラヒラのスカートに、天才ピカ
ソを彷彿(ほうふつ)させる色彩のブラウスを身に着けていたと言
います。

そしてある日、裁縫道具を借りに来たカトリーヌちゃんは、洋服の
ほつれを器用に修復し始めたんですね。

その手さばきには拍手を送りたくなるほどだったと。

その時初めて、このブログを書いている女性は、彼女が身に着けて
いるものがすべて「お手製である」ことを知って、びっくりしたよ
うです。

このカトリーヌちゃんのお母さんは、彼女のために「手に職」をつ
けさせるつもりで洋裁をさせていたらしいんですね。

そして、パッチワークされた生地(きじ)で縫製(ほうせい)され
たカトリーヌちゃんの「衣装」と呼ぶに相応(ふさわ)しい衣服を
見て、もう驚きっぱなしだったようですよ。

知的障害というハンデを抱えているにも関わらず、この女性には到
底できない仕事をこなすカトリーヌちゃんに、そのとき、尊敬の念
を覚えたのを忘れられない……と、おっしゃっていました。

              (後略)


              ★★★

((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


本文でも述べましたが、障害者、健常者……って、いったい何のこ
とだろうと、ぼくはいつも思っています。

確かに、体や脳がうまく動かない。
だけど、その「うまく」……って何?
と、思ってしまうんですね。

いったい、何が異なっているのか。

ぼくの若いころ、障害者の人たちが中心となって運営している印刷
所を、ぼくは利用していました。

そう、その印刷所で、あの小冊子版「暮しの赤信号」は印刷されて
いたんですよ(笑)。

いま手元にその小冊子があれば、ちょっと奥付を見て下さい。

その会社の名前が書いてあります。

そこの障害者の皆さんが、汗水流してこの小冊子版「暮しの赤信
号」を作ってくれたのです。

              ★★★

ぼくの事務所にいつも来てくれていたそこの営業担当の男性は、歩
き方こそ、ぎこちないかもしれませんが……(省略)。

 

 

 


______________________________

【2】

   ここしばらく、外国からもアクセスの多い「社会の
   裏側!」を、50%OFFで順番に提供しようと思
   います。
   全巻を揃えるには、いい機会です。

   今回の期間だけですので、ご興味のあるかたは、ぜ
   ひご活用下さい。

______________________________


          今回は、【第8回目】

      下記の第71巻~第80巻の提供です。

        (合計10巻の全巻です)


71.社会の裏側! 71……マーガリンが、あなたの体を溶かして
  いる!

  ~アメリカのFDAが、毎年数千件の心臓病発作を防ぐとして、
   トランス脂肪酸を全面的に禁止した。はて、日本では?~
         → https://bit.ly/2rp97hk


72.社会の裏側! 72……女性たちよ。マニキュアの3大化学物
  質に注意しなさい。ネイルサロンの美容部員たちが倒れる理由
  はこれだった!

  ~とくに除光液に含まれるアセトンは、すぐに蒸気となって吸
   い込んでしまうが、これの発ガン性がアメリカの実験で分か
   っている~
         → https://bit.ly/2jUD8m6


73.社会の裏側! 73……自殺者多発の東尋坊で、数年間に50
  0人を救った「ちょっと待ておじさん」から学ぶ、日本人に大
  切なこととは!

  ~「おやじ、おふくろ、本当にゴメン」と書かれた便せん。で
   も誰も死にたくはない。その全員が、「一声かけてくれる」
   のを持っていると言います~
         → https://bit.ly/2L7SEal


74.社会の裏側! 74……夏! 虫よけ対策、あなたならどうする?
 「ピレスロイド系」などにより、年間300件の重大事故が多発中!

  ~電気蚊取りや防虫スプレーなどを安易に使っておられますが、
   遺伝子発現や自発行動の抑制、妊娠初期での影響など、深刻
   ですぞ~
         → https://bit.ly/2wMNA8n


75.社会の裏側! 75……抗生物質が効かない!

  ~マクドナルド、ケンタッキー、サブウエイで販売する肉類の
   抗生物質を減らさせるキャンペーンが米国で始まった。で
   も日本では…~
         → https://bit.ly/2wKpHyh


76.社会の裏側! 76……ワン君やニャンコ嬢たちを殺してはい
  けない!動物を大切にしない国は、人間をも大切にしていない
  のです。彼らを救う3つの提案!

  ~いまも「年間8万匹の犬猫」を殺処分している現実に唖然と
   しますが、ドイツの「ティアハイム」では、ほとんどが新し
   い飼い主へ
         → https://bit.ly/2L4zjXI


77.社会の裏側! 77……漁師や魚たちの涙が、君に見えるか!

  ~世界の漁獲高は好調なのに、日本から漁師たちが消える日も
   近い。いま規制緩和で、大企業が「漁業権」を奪おうとして
   います~
         → https://bit.ly/2rPoxLZ


78.社会の裏側! 78……あえて言う、大きな利権が蠢(うごめ)
  く「盲導犬」は、本当に必要なのだろうか!

  ~日本の視覚障害者は38万人と言われていますが、じつは虐
   待が増え、大きな利権が広がるいま、改めて、盲導犬の存在
   を考えてみたい~
         → https://bit.ly/2GqRza1


79.社会の裏側! 79……大豆は、ボケを防ぐ「自然派総合ビタ
  ミン剤」です。なのに、「遺組み」表示義務がない食べものが、
  醤油などこれだけも溢れている!

  ~欧州では、人間が食べるのじゃなく、家畜が食べる大豆のため
  に、人々は立ち上がりました。大豆の自給運動と、その理由~
         → https://bit.ly/2IoT0YE


80.社会の裏側! 80……いまや「105歳人」が日本に700
  名も。これら長寿者に共通する「老荘道教思想」とは何なのか。
  あなたにもぜひ真似してほしい!

  ~ある男性の言葉。「いまとなるともう競争相手がいないので、
   いつも私は優勝ばかりですわ!ハハハ……」~
         → https://bit.ly/2Goqg0g


(今回は、以上の合計10巻を、特別に「50%引き」で提供します)

 

=========================

        ★今回だけの特別価格★

   公開価格は@585円→ 今回は、@290円です

     全10巻ですので、2900円

=========================
 
           ★割引期間★

     2018年5/18(金)~5/24(木)


 ★「社会の裏側!」第71~第80巻、特別お申し込みフォーム★

  パソコン・スマホ用→ https://ws.formzu.net/fgen/S8597419/

  (折り返し、自動返信で、送金情報をお送りします)

 

皆さんからのご連絡を、お待ちしています。
そして、ごいっしょにお歩き下さい。

お元気で。

 

 

               ★
               ★
               ★

 

───────────────────────────────

 ●●●山田の作品集●●●
~ご希望のものがあれば、下記のそれぞれの各専用頁からどうぞ~

───────────────────────────────

 単行本以外のPDF版や音声版を、毎回、この場でご案内します

      作品集の専用頁→ https://goo.gl/qdYqR2

 

 

───────────────────────────────

●●●本誌の「完全版」をご希望のかたへ●●●
      ~下記のフォームから、ご連絡下さい~

───────────────────────────────

    世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮し
    の赤信号」。3大特典。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります!

3.アマゾンで、「社会の裏側!」などの電子本の新刊を発行する
  たび、それらを社会より早く、「無料でプレゼント」します。
  「PDF版」に変更してお送りします!

入会ご希望のかたは、下記まで連絡下さい。半年ごとの一斉課金と
なりますので、途中入会の場合は、その月により価格は異なります。
1か月分は540円。入会当月は無料でプレゼント。自動返信で、
当月現在の金額をお知らせします。どうぞ「完全版」をお楽しみに!
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
http://yamadainochi.com/

事務局への連絡は、どんなことでも下記のフォームからどうぞ。
          → http://goo.gl/t12Yx
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。