短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★6/5(火)◆読者の声への返事。本日「放送法4条」がニュースでしたので、ぼくの気持ちをちょっと書いてみました…

 

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

    2018年06月05日(火)号
      No.3152

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。

 

 

         ▼6月の読者の会ご案内▼

~今月の「博々亭」(ひろびろてい)は、下記のとおりです~

 ・予定日時 :6/16(土)、13:30~15:00
 ・予定場所 :東京・恵比寿のカフェ(JRの駅から数分)。
 ・参加費用 :無料です(ご自分のお茶代だけご負担下さい)。
・参加条件 :本誌の読者に限ります。
 ・参加方法 :下記の専用フォームからお願いします。

     カフェの予約をしますので、何名参加かなどの
     情報を早めにお願いします。今回も、事務局か
     らの「ミニ取材」をご覧いただけます。

     参加希望のかたは、下記のフォームでそのつど
     ご連絡下さい。後日、招待状をお送りします。
     黙ってお茶をお飲みになるだけでもOKですぞ。

       「博々亭(ひろびろてい)」専用ページ
       → http://yamadainochi.com/yama-o.html

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。

 

 

     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi

 

 

             ▼目次▼


【1】読者への「おとぼけ返信」(毎週、火曜日に掲載):

   ■No.1559

    NHKについては、放送内容にも偏(かたよ)り
    があり、視聴者を違う方向へ誘導しているなと……

   (S.Kさん、埼玉県北本市、女性、60歳、無職)


【2】先週の「金曜日」に案内した作品(見落とされたか
   たのために、再度、ご案内します):

   ★悲しい原発汚染時代の、ニッポンの魚の食べか
    た! (即実践・第18話)


 ●●毎回、メルマガの最後部に、山田の作品をズラリ掲
   載しています。ご希望作品は、各ブログからどうぞ。

 

 

 


______________________________

【1】
         ▼読者への「おとぼけ返信」▼

    この欄は、毎週火曜日に掲載します。お楽しみに!
______________________________


注:個人のお名前はイニシャルにし、個人情報などは割愛し
  ました。

    誤字脱字の訂正や、分かりにくい文章はいくつかに
    分けたり、短縮したりしています。
    ただ、送り仮名や漢字、文体などは基本的にそのま
    まですので、全体での統一はわざとしておりません。

    そのため、読者の体温をそのままお楽しみ下さい。
    年齢やご職業などは連絡を受けた当時のものです。

        【イニシャルは、姓と名の順です】
          (例)美空ひばり→M.H

 

 …………………………………………………………………………
 ■No.1559

 NHKについては、放送内容にも偏(かたよ)りがあり、視聴
 者を違う方向へ誘導しているなと……

 …………………………………………………………………………
   (S.Kさん、埼玉県北本市、女性、60歳、無職)

 

いつもありがとうございます。

NHKについては、放送内容にも偏(かたよ)りがあり、視聴者を
違う方向へ誘導している、反日的な報道など問題があるなど、最近
いろいろと知りました。

いったい誰のための放送局なのか、と考えてしまいます。


           ■山田からのお返事■


Sさん、こんにちは。
山田博士です。

いつも、メルマガをご覧いただき、喜んでおります。

いやあ、Sさんも、読者になられてから、ずいぶん長くなりましたね。

最近は、こんなぼくなのですが、皆さんのお名前を見るだけで、確
かこういう人だったよなあ……なんて、おぼろげにですが分かるよ
うになりました(笑)。

不思議ですよね。

まあ、いかに記憶の悪いぼくでも、長い間、読者でいらしたかたに
対しては、やはり特別な思いがあるのかもしれません。

どうぞ、今後とも、メルマガを十分、お楽しみ下さい。

世の中には、このメルマガのように、どこまでが本当で、どこまで
がおとぼけなのか分からないようなものが、一つぐらい存在しても
いいんじゃないかなあ……と、思っています(笑)。

まあ、ぼく自身の存在が、何十年経っても、自分でも不明なため、
自然と、こんな内容になってしまうのですが……。

でも、このメルマガから、少しでも、世の中の真実をつかんでいた
だいて、Sさんの今後の大事な人生に、十分お役に立てていただけ
れば、これ以上の幸せはありません。

              ★★★

そうそう、仰せのNHKの件。

そうですよね。

Sさんがおっしゃるのは、先日、発行した電子書籍「社会の裏側!」
94……『危ないNHK。解体のすすめ!』……についてなのです
が、きっと多くのかたも、同じように思っていらっしゃるのだろう
なと思っています。

そう言えば、たまたま、今日(昨日の6/4ですが)、政府の「規
制改革推進会議」が、放送制度改革を柱とする答申を、安倍晋三
相に提出していましたよね。

でも、やはり、と言いますか、まあ当然と言いますか(笑)……。

番組の「政治的公平性を定めた放送法4条」の撤廃は、見送ってい
ます。

まあ、何を推進するのか知りませんが、この推進会議は、そのよう
な性格の「推進会議」なのでしょうね。

              ★★★

この「放送法4条」の撤廃を見送る……なんて、文章の意味が、日
本語として、どうも分かりにくいのですが(笑)……マスコミはこう
いう文言(もんごん)でも、平気で述べるのですね。

この意味、すぐに分かります?

きっと、記事を書いている記者たちも、深くは理解していないので
は……なんて、思ってしまいます。

だって、ぼくのように頭の鈍(にぶ)いものだと、何度読んでも
「はて……えっと……これは……えっと」なんて言いながら、眼を
細めたり、首を傾(かし)げたりしても、なかなか意味が理解でき
ません。

この「放送法4条」。

一見、きわめて公平で公正な内容に見えるんですね。
だから、皆さん、なおさら分からない。

だって、この「放送法4条」には、「政治的に公平であること」「報
道は事実をまげないですること」……などが書かれているのですか
ら、誰しも、こんなことは当然だし、このままでいいのじゃないか
と思うじゃありませんか。

              ★★★

ところが……(省略)。

 

★長くなりますので、「短縮版」ではこの部分が省略されています★
   ~「完全版」では、毎回、全文が掲載されております~

 

 

 


______________________________

【2】
        ▼先週案内した作品の再案内です!▼

    ~ひょっとして、ご覧になっていないかたのために~

______________________________

 

       先週の「金曜日」にご案内した作品
           ↓  ↓  ↓
   =========================

   ★悲しい原発汚染時代の、ニッポンの魚の食べかた!★

          (即実践・第18話)

  ~海藻の放射性物質汚染実態を見ればよく分かる。魚食民族
   の日本人は、今後、魚とどう付き合えばいいのだろう。そ
   の対処方法~

   =========================

             ~目 次~

はじめに

     ★日本の「魚」が食べられなくなる!

     ★当時、ぼくが故郷で強く予感していたこととは……

     ★あれから、いつの間にか、数十年という時間が流れま
      した……

第1章 日本の魚の「放射性物質」の実態
  
     もう「福島や宮城沖」の魚は、食べられないのだろうか。
     世界一の魚食民族の日本人にとって、いま知るべきこと
     とは

第2章 そのほかの魚類、海草類、野菜などへの放射性物質の実態

     ★そのほかの魚類。たとえばタラやマグロについて……

     ★海藻類を知れば、その海の汚染度がすぐ分かる……

     ★ついでに、野菜への放射性物質についても……

第3章 今後、日本人は、どう魚と付き合えばいいのだろう

     ★いまの時代の魚の食べかた……

     ★いまの時代の海藻の食べかた……

     ★そして、放射性物質を体外に排出するために……

おわりに 「いのち運転“即実践”マニュアル」各話のご案内

      第18話案内頁→ https://goo.gl/xwTQZK


お役に立つことを、願っています。

お元気で。

 

 

               ★
               ★
               ★

 

───────────────────────────────

 ●●●山田の作品集●●●

───────────────────────────────

 単行本以外のPDF版や音声版を、毎回、この場でご案内します
ご希望作品があれば、下記の中にある「専用ブログ」からどうぞ。

      作品集の専用頁→ https://goo.gl/qdYqR2

 

 

───────────────────────────────

●●●本誌の「完全版」をご希望のかたへ●●●
      ~下記のフォームから、ご連絡下さい~

───────────────────────────────

    世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮し
    の赤信号」。3大特典。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります!

3.アマゾンで、「社会の裏側!」などの電子本の新刊を発行する
  たび、それらを社会より早く、「無料でプレゼント」します。
  「PDF版」に変更してお送りします!

入会ご希望のかたは、下記まで連絡下さい。半年ごとの一斉課金と
なりますので、途中入会の場合は、その月により価格は異なります。
1か月分は540円。入会当月は無料でプレゼント。自動返信で、
当月現在の金額をお知らせします。どうぞ「完全版」をお楽しみに!
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
http://yamadainochi.com/

事務局への連絡は、どんなことでも下記のフォームからどうぞ。
          → http://goo.gl/t12Yx
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。