短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★6/14(木)◆「月1万円~」を始めて3日も経たずに、手足の冷えが改善されてるのを感じました、という読者の声は

 

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

    2018年06月14日(木)号
      No.3160

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。

 

 

     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッ
していただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
      → http://www.facebook.com/yamada.inochi

 

 

             ▼目次▼

【1】先日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べた、
   山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワンシ
   ョット。

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」:

   ★もぞもぞの、冒頭部分……

    いやあ、この「LED」も、いろいろな舞台で登
    場するものですなあ……(笑)。

    このメルマガで、この「LED」の問題点につい
    ては、過去何度も述べてきました。
    皆さんは、きっともうご存じですよね。

    電子書籍の「社会の裏側!」でも、取り上げてい
    ます。

    でも、まさか、今度の車の「スマートキー」の問
    題で、またまた登場するとは……。

    考えてみれば、まあ当然なのですが、この電磁波
    は、本当にいろんな分野で広がっているようです
    ね。

    ぼくたち日本人には、もう避けることができない。

    なにしろ……(省略)。


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集(毎週、木金土に掲載! ぜひどうぞ):

   ★「わずか月1万少々の食費で、何千億円もの健康
    を稼ぎ、あなたの一生の夢を実現させる健康長者
    養成10日間ナビ」(愛称「月1万~」)

    今回、なんと、公開価格の「6000円引き」で
    す! 5日間だけの割引価格です。


 ●●毎回、メルマガの最後部に、山田の作品をズラリ掲
   載しています。ご希望作品は、各ブログからどうぞ。

 

 

 


______________________________

【1】
           ★下記の文章は、
 
    先日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べた、
 山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワンショットです。

       それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」も……。
 
______________________________


        今週6/13(水)号のタイトル
 
               ★
               ★
               ★
 
     車の「スマートキー」が、突然使えなくなる日!

~米軍基地がある町では、空母の入港や軍用機の飛来があると車の
 「キー」が使えなくなると言います。「電子社会」の広がりで、
 いろんなことが起こっています。「植込み型心臓ペースメーカー」
 などへの影響は、とても、車の比じゃないですしね~


     (下記は、本文の中の、ほんの一部分です)


              (前略)


あのまぶしい目に突き刺さるような光は、ぼくは大嫌いです。

その「LED」に関連する声というのは、下記のものです……。


「車検整備工場を経営する者です。

以前、当社でお預かりした車両が電子キー誤作動と言う現象がおき
ました(山田注:「電子キー」とは、「スマートキー」や「キーレス
キー」のことです)。

昼間にはその現象は現れませんでしたが、夜、別工場内に搬入する
と電子キーが作動せず、の症状が現れました。

車両コンピューターは、診断しても異常なし。原因不明のままその
日は作業を終了し、照明を消すと同時に電子キーの反応があったの
です。

結局、LEDの蛍光灯(山田注:本来の蛍光灯じゃなく、「LED」
電球の蛍光灯のことだと思います)が原因でした。

全LED化した工場のラジオが受信悪くなったのでまさかと思い、
点灯、消灯させたらこの原因が分かりました……」


う~むむむ。

この「LED」の影響も……いやあ凄いものですなあ。

改めて、痛感します。
「スマートキー」が使えなくなるとは。

あとで少し述べてみますが、この「LED」からも、当然のこと電
磁波がしっかり出ているわけですしね。


              (後略)


              ★★★

((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


いやあ、この「LED」も、いろいろな舞台で登場するものですな
あ……(笑)。

このメルマガで、この「LED」の問題点については、過去何度も
述べてきました。
皆さんは、きっともうご存じですよね。

電子書籍の「社会の裏側!」でも、取り上げています。

でも、まさか、今度の車の「スマートキー」の問題で、またまた登
場するとは……。
考えてみれば、当然なのですが、この電磁波は、本当にいろんな分
野で広がっているようですね。

ぼくたち日本人には、もう避けることができない。

なにしろ、自宅にいても電力計の「スマートメーター」から、職場
にいてもパソコンや照明器具から、車に乗っても「スマートキー」
やアンテナ部分から、そしてスマホを見ながら道を歩いていてもそ
の画面から……。

もう、いつの間に、こんな社会になったんだ……なんて叫びたくな
ります。

              ★★★

でもこうして……(省略)。

 

★長くなりますので、「短縮版」ではこの部分が省略されています★
   ~「完全版」では、毎回、全文が掲載されております~

 

 

 


______________________________

【2】
   あなたや、あなたの家族を、山田が命懸けで救います!
 
           ★山田博士作品集★
 
 より深く、より正確に、より楽しく、メルマガの内容をお知らせ
 したいため、ぼくの作品を、毎回この欄でご案内しています。
 
______________________________

毎週「木金土」に、山田の作品をこの欄で掲載します。お楽しみに!
 

 
          今回は下記の作品です。
           ↓  ↓  ↓
   =======================
 
 
山田博士執筆の「究極の」全3巻
┌──────────────────────────────
│           
│  「わずか月1万少々の食費で、何千億円もの健康を稼ぎ、
│       あなたの一生の夢を実現させる
│         健康長者養成10日間ナビ」

│          (愛称「月1万~」)

│        ~本書は、「PDF版」です~

└──────────────────────────────
 
 =======================
 
 
 
山田博士です。
 
さあ、いよいよ今日は、読者の皆さんがお待ちかねの、多くのかた
がすでに実践されている、あの「月1万~」のご案内です。

えっと……覚悟は……いいですか(笑)。

もし、いまあなたが、母子家庭やシングルマザーでいらっしゃっ
て、毎月の家計費に本当に困っているなら、ぜひ、この「月1万~」
をご覧いただきたい。

そのように、心から思っています。

この作品は「有料」なのですが、もし、その費用さえ捻出できない
となれば、ぼくにひとこと、ご相談下さい。

可能なことを、いろいろと、提案させていただきます。

              ★★★

でも、そんなことより何より、現在の無駄な食費をこうして減らし、
しかもほかに大きな出費であるものまで減らし、そして家族全員が
健やかになる。

そうすれば、医療費も不要になり、まさしく家族が救われます。
しかも、今後、ずっと、毎月、そうなりますので、きっと人生が大
きく変化するのではないかと、思います。

ほかならぬ、あなたの小さなお子さんの将来のために、ぜひ、急い
でご覧下さい。

これには、ぼくのすべてが詰まっていますが、このタイトルだけ
で、判断してほしくはないんですね。

確かに、結果としては家計費がグンと減少します。

もう、それだけで、いままで外で働いて得ていた金額は不要になる
ことでしょう。

              ★★★

でも、もっと大きなこと。
その哲学をこそ、ぜひ知ってほしいなと思っています。

先日も述べましたが、子どもの「口腔(こうくう)崩壊」が、大変
なことになっています。

そして、そららの原因が、家庭の貧困状態にあるのだとすれば、こ
れについては、ぼくなどが簡単に解決策を口に出すことなど、とて
もできません。

でも、いまの社会がこうだ、ああだ……と叫ぶのは簡単ですが、そ
れと同時に、今日いますぐに行動できることを実践するのも必要だ
なと思っております。

今回の、この「月1万~」という作品。

これは、きっとそのようなかたの背中を、グイグイと強力に押すこ
とになるのじゃないでしょうか(笑)。

              ★★★

なにしろ、家計費が、これだけで毎月数万円も浮きます。

そして、もしそうなれば、子どもさんの「口腔崩壊」など、完全に
防ぐことができるじゃないですか。

違いますか。

その意味でも、子どもさんがいらっしゃるご家庭。
一人親のご家庭。
ご年配のご家庭……などなど、この「月1万~」を読まれたその日
から、ぜひ、具体的に動いてみて下さい。

そして、どうぞ、いまから楽しみになさって下さい。

専用ブログをご覧になると、実践されている読者の声が並んでいま
すので、もうお分かりだとは思いますが、ぼくの作品の中でも、こ
の「月1万~」はロングセラーです。

              ★★★

今回案内する「月1万~」は、そのため、いままでのほかの作品と
はちょっと違った舞台になるかなと、思っています。

と言うのは、この作品によって、確かに皆さんの健康をアップする
のは間違いないのですが、それと同時に家計を救うことにもなるか
ら、です。

つまり、右を見ても左を見ても……明日が見えない「不透明な時代」
に、この「月1万~」を活用することによって、多くのかたの家計
が少しでも豊かになってほしい。

あとで、きっと気づくと思います。

いったい、いままでの食費のあの金額は、何だったんだ……と、ね。

もちろん、ぼくの家計でも、この「月1万~」を実施しております
ので、食費がグンと安価になり、助かっております。
ただ、どうも、山田クンの出費グセがなんとも激しいため、いつも
財政はピイピイですが……。

              ★★★

いままで、この「月1万~」をご紹介したとき、多くのかたからご
連絡をいただきました。

そしてその後、この内容を実践した結果、これこれこういう成果が
早くも出ました!……なんていう喜びの声もいくつかいただき、本
当に嬉しく思っております。

だって、そうじゃありませんか。

いつもぼくが実際に料理をしたり、そのほかのさまざまなモロモロ
の行動とそっくり同じことをしていただく人たちが、これほども増
えたわけですから、嬉しくないはずがありません。

こうしたかたたちは、ぼくと「同じ釜(かま)の飯(めし)を食う
仲間」です(笑)。

いまのような、曇りガラスを手で拭いても、まったく明日が見えな
い社会では、この「月1万~」が必ず皆さんの道しるべになるはず
です。

ふだんの食べものを、こんな簡単なレシピで、簡単に作り、複雑な
人生を「簡単に」生き延びて下さい。

あなたなら、必ず、できます。

              ★★★

しかしこの作品は、ただ単に、「食費を安くする」……なんてそん
な小さな世界の話ではありません。

あなたの今後の人生を、どういう方向へ向かわせるのか。
 
その覚悟があるかたは、ぜひ、この「哲学」をお知り下さい。
 
これは現在2つのASPで公開しておりますが、今回の価格の2倍
近いにもかかわらず、多くのかたがお求めになっています。
その理由もどうぞ、お知り下さい。
 
ささささ、まず、すでに実践されているかたの「声」からどうぞ。
そのあとに、各巻の内容を述べておきます。
 
 
 
 
 
──────────────────────────────

    ★読者の声を、下記で少しばかり……★

──────────────────────────────

漢字や送り仮名などの文体は、ほぼそのままです。一部略。
       イニシャルは、姓名の順になっています。
         【例:美空ひばり→ M.H】


■1万円生活を読んでから、大豆の素晴らしさに感動しています。
 大豆ご飯がこんなにおいしいなんて…できたての豆乳やおからも
 とてもおいしいです。出来るとこから実践しています。いつも貴
 重な、いのちのおたよりをありがとうございます。
   (Y.Mさん、青森県十和田市、女性、29歳、無職)

■第2巻あたりから、(自分で言うのも何ですが)いつの間にか顔
 つきが変わっていました。そうです、内容のすごさに真剣になっ
 て読んでいたんです。……子どもが寝付いてから読み始めたもの
 ですから、気づいたら山田先生がお目覚めになる時間近くまで…。
   (T.Iさん、千葉県佐倉市、女性、42歳、主婦)

■余談ですが、山田先生のレシピが大活躍しています。ひじきが煮
 なくてもこんなにおいしいなんて!と感激して毎日頂いています。
 生姜とにんにくが入った味噌汁もとてもおいしいです。感謝して
 います。これからもよろしくお願いします……。
      (K.Sさん、女性、31歳、専業主婦)

■「わずか月1万円少々の食費で」を始めて3日も経たずに、手足
 の冷えが、改善されてるのを感じました。今では、朝起きる頃に
 布団の中で、手足がぽかぽかしてます。貧血気味で、手足が冷え
 ているのは当たり前でした。……常用していた、1万円のサプリ
 メントはやめました。ありがとうございます……。
    (I.Tさん、愛知県瀬戸市、男性、69歳、自営業)

■今までの先生の著作で読んで来たことを確認できる情報もあって、
 楽しく読めました。これはもう身についているぞ、なんてにやに
 やしながら読んだ箇所まで、もうすっかり山田先生のファンです。
 ……先日、兄に先生の本を贈りました……。
  (N.Mさん、神奈川県横浜市、女性、21歳、大学生)

■先日、息子を小児科に連れて行ったところ、喘息の発作がでたの
 は、悪いものを食べさせたからだ!と……山田先生の本のコピー
 をいただきました!なんかうれしかったです!小児科の先生も薦
 めているんですね!
     (N.K、福島県広野町、女性、42歳、主婦)

■「月1万~」を申し込みました。この正月は、先生の本を読み実行
 に移し、あと10年現役で働きながら、土と親しみ自給自足が出来
 るよう仲間達とやっていきたい。夢の夢かな!!……これからも、
 人間本来の自然の姿で生きられる世の中にする為に警告を……。
   (U.Tさん、広島県尾道市、男性、61歳、会社員)
 
■「月1万~」、早速読みました。現在、進めている療法で多くの
 価値観が重なるところがあり、とても嬉しく頼もしく思えました。
 子どもたちにも明るい未来を!と、切に願います……。
    (F.Kさん、和歌山県九度山町、女性、医師)
 
■読めば読むほどはまってゆく山田ワールド、さすがです。お忙し
 いのにこんなコメントにもお返事をいただき恐縮しています……。
  (K.Hさん、東京都世田谷区、男性、46歳、会社員)
 
■「月1万少々の食費で、ザクザクと健康を稼ぐぼくの方法」全3
 巻のレシピがとても役に立っています。レシピ部分は印刷して使
 っています……。
    (H.Tさん、群馬県館林市、女性、46歳、主婦)
 
■早速思い立って土日に大豆からきなこを作り、安倍川餅にしてお
 やつにしました。……35歳の夫は、きなこが大豆から作られる
 なんて知らなかったそうです。……夫のボーナスが出たので、プ
 レゼントと思って購入を……。
   (M.Mさん、広島県広島市、女性、43歳、看護師)

■節約をしようと思い、外食・中食が多かったので、削るのはまず
 は食費だと思いました。……データ版の「月1万~」には鍋・調
 味料の選び方も載っているということで、購入し、読ませていた
 だきました。今までアルミの鍋を使っていたので、捨てることに
 しました。また、一晩水につけなくても豆を一緒に炊けるという
 ことで、圧力鍋を購入し、豆御飯をつくってみました。これだと、
 お米と豆を一緒に摂れていいですね……。
   (I.Mさん、群馬県前橋市、男性、36歳、会社員)


 
 
 
         ★「月1万~」の内容★
 
==============================
             【第1巻】
==============================
        (約5万文字のボリュームです)
 
 
      「ぼくの食費を100%公開しよう!」
    たったこれだけの費用で、なぜ人生が輝くのか

★第1章 ほんものの健康を得るのに、高価なお金はいらない

★第2章 「人生を稼ぐ」とは、どういうことなのだろう

  1.長命と長寿には、天地の差がある。長寿とは何なのか
  2.医療の利用は、けっしてタダではないことを知る
  3.メルマガで、毎日ぼくがお話ししている大事なこと
  4.“医療エンゲル係数”をいつも考えてほしい
  5.戦国時代に生きた曲直瀬道三(まなせ・どうさん)の養生
    法
  6.厚労省農水省が発表した「食事メニュ」って何なの
  7.ほんもの情報とにせもの情報。その見分け方

★第3章 ぼくの食費を100%公開しよう!

  1.後ろ向きの節約をしてはいけない
  2.ぼくの食費をどうか盗み見してほしい
  3.ぼくの食費の、米のお値段。
  4.ぼくの食費の、野菜類のお値段
  5.ぼくの食費の、豆類のお値段
  6.ぼくの食費の、調味料類のお値段
  7.ぼくの食費の、魚類のお値段
  8.これらすべての食費を合計すると、毎月いくらなのだろう
 
 
 
 
 
==============================
             【第2巻】
==============================
        (約8万文字のボリュームです)
 
 
 「誰でもできる健康アップの食費節減術。その7つの大原則!」
       ぼくはこうして最少食費を実現した
 
 
★はじめに こんな社会に負けてはいけない 
 
★第1章 「最少食費で健康アップ」を実現させる7つの大原則
 
  原則1:日本列島は、バルト海に浮かんではいない 
  原則2:あなたの歯は、鋭い「刃」になっているだろうか
  原則3:他人の手が加わったものは、極力避ける
  原則4:寸前まで、そこにいのちが宿っていたものをいただく 
  原則5:食べものは、けっして宙に浮かんでいないことを知る
  原則6:本当の少食とにせものの少食とはどこが違うのだろう
  原則7:「食」にこだわり過ぎるといのちが見えなくなる
 
★第2章 ぼくはこうして、「最少食費」を実現した
 
  1.原材料だけを買う
  2.米は高くていい
  3.地場の農家と親しくなる
  4.青菜や根菜は、思い切って自分で育ててみる。最初は趣味
    でいい 
  5.出来うる限り、自分で加工してみよう  
  6.魚は地場の海で獲れたものをまとめて買う
  7.海草類はこうする
  8.外食は害食。よほどのときだけ活用する
  9.牛乳・乳製品は買わない、飲まない、食べない
 10.そのほか。いろいろと……
 
★あとがき
 
 
 
 
 
==============================
             【第3巻】
==============================
       (約7万5千文字のボリュームです)
 
 
   「ぼくのすすめる健康アップのシンプルレシピ集!」
   手間をかけてはいけない、お金をかけてもいけない
 
 
★はじめに 自分のいのちを他者に任せる愚(おろ)かさ
 
★第1章 いのちが心地いいシンプル料理のすすめ
    (道具&調味料篇)
 
1.ほんもののナベ、やかん、包丁、まな板、タワシ、石鹸の選び
  かた
 
2.ほんもののしょう油、みりん、お酢、塩など、調味料の選びか
  た
     
★第2章 いのちが心地いいシンプル料理のすすめ
    (レシピ篇)  
 
1.このご飯さえあれば、もう何もいらない!誰でも笑顔になれま
  す
2.ほんもののみそ汁と青菜はこうして作る! 安全な水の作りか
  たも伝授
3.わずか2~3分!蒸し野菜のゴマ酢しょう油掛け
4.ポカポカと心が熱くなる!野菜シチュー
5.豪華なこの一品!カボチャとタマネギの柔らか煮
6.カルシウムも血液も作る!昆布の煮しめ
7.超超超簡単!ヒジキしょう油掛け
8.バリバリ食べよう!キンピラゴボウ
9.味噌の香りが絶品!タマネギの味噌煮
10.骨まで愛そう!魚の骨ごと煮
11.基本のき!大豆のシンプル煮豆
12.挑戦しなくては一生の損です!リッチな手作り豆腐
13.この色具合がたまりませんなあ!卯の花
14.ただ舐めてもうまい!黄粉(きなこ)

★あとがき
 
 
 
 
 
──────────────────────────────
 
      ★大手のASPで公開している頁です★
 
  上記でご案内した声だけでなく、ほかにも実践している
      70名ほどのかたの声も掲載しております
 
──────────────────────────────
 
 
       専用ブログ→ http://goo.gl/w9wkik

 (割引期間以外は、こちらからお求め下さい。下記の申込みフォ
  ームからだと、今回は、超割引になります)

   (見本文なども紹介しています)
 
上記はかなり長い頁ですので、「公開価格」だけでもご覧下さい(笑)。
 
【注】お申し込みは、このメルマガに再び戻ってきて下さい。上記
   の頁からでは、公開価格になってしまいますので、ご注意下
   さい。
 
 
 
 
 
──────────────────────────────
 
      ★今回の、「読者限定価格」とは★
 
──────────────────────────────
 
 
 ┌─────────────────────────────


│ 公開中のASPでの価格は、全3巻で「14300」円です。


 │       ★14300円→ 8300円★
│  ================

 │    なんと、公開価格の6000円引きです!
│   (VIP会員は、さらに別価格です)

 │  一生を考えれば、「数十万円ほどの価値」が本当にあると
 │           信じています。
 │  いや一生どころかわずか1カ月で、この購入費はまかなえる
 │   ほど、食費は浮きます。それぐらい衝撃的な内容です。


 │         ▼今回の特別割引期間▼

 │         6/14(木)~6/18(月)
 │ ===================
 │
 │  この全3巻は、上述したように、ASPでの公開価格が
 │  「14300円」です。多くの外部のかたが、この金額で
 │  求められています。割引期間が過ぎた場合は、公開頁から
 │  お求め下さい。
 │
 │  読者の皆さんのお役に立てば、嬉しいです。
 │
 └─────────────────────────────
 
 
 
 
 
______________________________

      ★ご希望のかたは、こちらへ★
           お申し込みフォーム
______________________________
 
 
        ★「月1万~」お申し込みフォーム
         ~本書は、「PDF版」です~

  パソコン用→ http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P99559658
 
 (割引期間が過ぎている場合は、上記の「専用ブログ」から
  お願いします)

  ご連絡、お待ちしています。

  お元気で。

 

 

               ★
               ★
               ★

 

───────────────────────────────

 ●●●山田の作品集●●●
~ご希望のものがあれば、下記のそれぞれの各専用頁からどうぞ~

───────────────────────────────

 単行本以外のPDF版や音声版を、毎回、この場でご案内します

      作品集の専用頁→ https://goo.gl/qdYqR2

 

 

───────────────────────────────

●●●本誌の「完全版」をご希望のかたへ●●●
      ~下記のフォームから、ご連絡下さい~

───────────────────────────────

    世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮し
    の赤信号」。3大特典。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります!

3.アマゾンで、「社会の裏側!」などの電子本の新刊を発行する
  たび、それらを社会より早く、「無料でプレゼント」します。
  「PDF版」に変更してお送りします!

入会ご希望のかたは、下記まで連絡下さい。半年ごとの一斉課金と
なりますので、途中入会の場合は、その月により価格は異なります。
1か月分は540円。入会当月は無料でプレゼント。自動返信で、
当月現在の金額をお知らせします。どうぞ「完全版」をお楽しみに!
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
http://yamadainochi.com/

事務局への連絡は、どんなことでも下記のフォームからどうぞ。
          → http://goo.gl/t12Yx
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。