短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★6/26(火)◆読者への返事。納豆の容器は、発泡スチロールが多いですが、これは「環ホル」(環境ホルモン)のため

 

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

    2018年06月26日(火)号
      No.3170

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。

 

 

     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi

 

 

             ▼目次▼


【1】読者への「おとぼけ返信!」

  (毎週、この欄は「火曜日」に掲載しています。読者からの声
   を元にして、いろいろと山田の思いをお話ししています。ど
   うぞ、お楽しみに):

   ■No.1562

    以前、小千谷(おぢや)市で講演をして頂きまし
    て有難うございました。体にいいからと思って食
    べていた納豆の発泡スチロールのパックがとても
    体に良くないとお聞きして……

   (H.Nさん、新潟県魚沼市、女性、49歳、主婦)

 

 

 


______________________________

【1】
         ▼読者への「おとぼけ返信」▼

   この欄は、毎週「火曜日」に掲載します。お楽しみに!
______________________________


注:個人のお名前はイニシャルにし、個人情報などは割愛し
  ました。

    誤字脱字の訂正や、分かりにくい文章はいくつかに
    分けたり、短縮したりしています。
    ただ、送り仮名や漢字、文体などは基本的にそのま
    まですので、全体での統一はわざとしておりません。

    そのため、読者の体温をそのままお楽しみ下さい。
    年齢やご職業などは連絡を受けた当時のものです。

        【イニシャルは、姓と名の順です】
          (例)美空ひばり→M.H

 

 …………………………………………………………………………
 ■No.1562

 以前、小千谷(おぢや)市で講演をして頂きまして有難うござ
 いました。体にいいからと思って食べていた納豆の発泡スチロ
 ールのパックがとても体に良くないとお聞きして……

 …………………………………………………………………………
   (H.Nさん、新潟県魚沼市、女性、49歳、主婦)

 

以前、小千谷(おぢや)市で講演をして頂きまして有難うございま
した。

体にいいからと思って食べていた納豆の発泡スチロールのパックが
とても体に良くないとお聞きし、それからはその容器に入っていな
い物を買うようにしています。

毎日のメルマガも無償で有難く拝読しております。

先生の長年の地道な活動には頭が下がります。

本当に有難うございます。


           ■山田からのお返事■


Hさん、こんにちは。
山田博士です。

いやあ、小千谷(おぢや)……、懐(なつ)かしい!

あのとき、ぼくは新潟県小千谷には、生まれて初めて伺いました。

新幹線の長岡駅から車に乗せていただき、越後平野のど真ん中を走
ったのですが、いやあ、広い。

さすが、お米の生産地です。

どこまでも水田が広がり、道路を走っている車が、なんとも小さく
見えたものです(本当? 笑)。

でも、きっと空から「鳥の目」で見れば、ぼくたちの車は、豆粒に
見えたのでしょうね。
いつもぼくは、もし鳥になったらどうなのかなと、その場でいろい
ろと想像するクセがあるんです。

でも、乗っているぼくがそう思うほど、広い平野でした。

Hさんお住まいの魚沼市も、有名なお米の産地ですし、多くのかた
は、きっとこのお米に関したお仕事などに従事されているのだと思
います。

お互いに、いつまでも、農業を大切にしたいですね。

              ★★★

でも、あの日、講演会が終わって、担当のかたたちとお茶を飲んで
いたときのことです。

その中の一人のかたの義父が、お米を作っているんだとのこと。

でも、現在、後継者がいなくて、今後はひょっとしてお米を作るこ
とができなくなるかもと、悲しそうな表情でおっしゃっていたのが
印象的でした。

このようなお米の生産地でも、こうした「農業の後継者問題」が静
かに広がっているんですね。

きっと全国的な規模で見れば、このような悲しい動きは、かなり多
いのではないですか。

              ★★★

5年ごとに行われている国の「統計調査(農林業センサス)」とい
うのがあります。

それによりますと、水稲(すいとう)の収穫農家の数は、全国でわ
ずか115万9千戸(2010年)!

この1億2千万人が住む日本で、ですよ。
そして、その主食を作る人の数が、ですよ。

この数は、悲しいことに、調査をするごとに減少しています。
それも、「急減している」んですね。

だって、1965年(昭和40年)には、489万戸もありました。

それが、1985年(同60年)には……(省略)。

 

★「短縮版」のメルマガでは、この部分を省略しています。でも、
少しでも皆さんにお役に立てば嬉しく思います★

 

 

 


               ★
               ★
               ★


 (山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下さい。
  右側に並んでおります。
  メルマガ読者に限定して、時々、割引価格での提供や、無料案
  内の号外を配信します。読者のかたは、どうぞお楽しみに!)

「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

 

 

★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

 世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
 3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます!「短
  縮版」では、とくに大切な後半部分が削除されています。もし
  「山田の全部」を知りたいかたは、ぜひどうぞ!
2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります。これは貴重ですぞ!
3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、それを
  一足早く、PDF版にして「無料で」プレゼント」します。現
  在、すでに100巻ほどになっております!

 半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り価格
 となります。1か月分は540円。入会当月は、月末まで無料で
 「完全版」をプレゼントします。自動返信をご覧下さい。
「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
  http://yamadainochi.com/

   事務局への連絡はこちらへどうぞ→ http://goo.gl/t12Yx

「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。