短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★6/29(金)◆「近ごろの」数々の事件。きっと多くのかたは「未来に対して何らかの予感」を抱いていらっしゃるはず

 

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

    2018年06月29日(金)号
      No.3173

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。

 

 

     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
      → http://www.facebook.com/yamada.inochi

 

 

             ▼目次▼

【1】先日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べた、
   山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワンシ
   ョット。

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」:

   ★もぞもぞの、冒頭部分……

    近ごろの事件の数々。

    きっと、多くのかたは、「未来に対して、何らか
    の予感」を抱いていらっしゃるはず。

    もちろん、確かに以前から、犯罪は各地でありま
    したし、別に珍しいことではないのかもしれませ
    ん。

    いまのようなネット社会では、多くのかたが瞬時
    に全国各地で起こった事件を知ることができるよ
    うになっただけ、という事情もあるのかもしれま
    せんしね。

    そのため、いかにも頻繁(ひんぱん)に凶悪な事
    件が起こっているように見えるだけなのかもしれ
    ない。

    だって、昔の封建時代であれば、もっともっと悲
    惨な事件はあったことでしょう。
    悲しい物語は山ほど残っています。

    でも、「近ごろの」事件。

    何かが違う……(省略)。

 

 

 


______________________________

【1】
           ★下記の文章は、
 
    先日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べた、
 山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワンショットです。

       それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」も……。
 
______________________________


        今週6/27(水)号のタイトル
 
               ★
               ★
               ★
 
   たまには、食にまつわる「色っぽい話」でもしようか!

 ~どうして、イギリスではもう10年以上も前に自主規制して
  いるほどの「タール色素」が、日本では平気で使われている
  のでしょう。タクワンや紅ショウガ、薬のカプセルなどに~


     (下記は、本文の中の、ほんの一部分です)


              (前略)


上院(じょういん。日本でいう参議院のこと)で、この問題が大き
く取り上げられたわけですが、大人たちが初めて体験したこの子ど
もたちの症状を、「H-LD病」と呼ぶようになりました。

大人たちは、ショックだったようです。

その後、日本でも、こうした症状を持つ子どもたちが増え、社会問
題になっているのは、皆さん、ご存じのとおり。

いまも、そうですよね。

頻繁(ひんぱん)に、イジメや、その結果による自殺、非行、傷害
事件、殺人事件などが、各地で起こっております。

学校現場では、「教室を声を挙げて走り回る子どもたち」のために、
若い教師たちは授業もできず、心が病(や)んで退職までするよう
な事態となっています。

でも、何のことはない、すでに1975年段階で、アメリカでは同
様のことが起こっていたんですね。

勉強にも身が入らず、感情に起伏があって何をするにも投げやりに
なる。

そしてイジメや非行などに走るというわけですが、当時、アメリ
では大騒ぎになりました。

ジャンクフードが蔓延(まんえん)していたアメリカでは、その影
響が色濃く出たのかもしれません。
そして、大人たちは、将来のこの国を考えて、心から憂えたのです。

どうしたらいいのか。


              (後略)


              ★★★

((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


近ごろの事件の数々。

きっと、多くのかたは、「未来に対して、何らかの予感」を抱いて
いらっしゃるはず。

もちろん、確かに以前から、犯罪は各地でありましたし、別に珍し
いことではないのかもしれません。

いまのようなネット社会では、多くのかたが瞬時に全国各地で起こ
った事件を知ることができるようになっただけ、という事情もある
のかもしれませんしね。

そのため、いかにも頻繁(ひんぱん)に凶悪な事件が起こっている
ように見えるだけなのかもしれない。

だって、昔の封建時代であれば、もっともっと悲惨な事件はあった
ことでしょう。
悲しい物語は山ほど残っています。

              ★★★

でも、「近ごろの」事件。

何かが違う。
それらとは、何かが違う……。

そう思うのは、ぼくだけなのでしょうか。

昨今(さっこん)の事件は、必ずしも、貧しい環境だから起こって
いるわけでもない。

もちろん、そのような環境が底にあるのかもしれませんが、戦前や
もっと以前には、いまとはまったく「質の違うより深い貧しさ」が
ありました。

現在でも……(省略)。

 

★「短縮版」のメルマガでは、以下の部分を省略しています。でも
 少しでも皆さんにお役に立てば嬉しく思います

 

 

 


               ★
               ★
               ★


 (山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下さい。
  右側に並んでおります。
  メルマガ読者に限定して、時々、割引価格での提供や、無料案
  内の号外を配信します。読者のかたは「その日」をお楽しみに!)

「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

 

 

★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

 世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
 3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます!「短
  縮版」では、とくに大切な後半部分が削除されています。もし
  「山田の全部」を知りたいかたは、ぜひどうぞ!
2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります。これは貴重ですぞ!
3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、それを
  一足早く、PDF版にして「無料で」プレゼント」します。現
  在、すでに100巻ほどになっております!

 半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り価格
 となります。1か月分は540円。入会当月は、月末まで無料で
 「完全版」をプレゼントします。自動返信をご覧下さい。
「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
  http://yamadainochi.com/

   事務局への連絡はこちらへどうぞ→ http://goo.gl/t12Yx

「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。