短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★7/3(火)◆読者への返事:「スマートメーター」の影響で、約1週間ほど眠れず、大変な目に遭った人もいます……

 

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

    2018年07月03(火)号
      No.3176

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。

 

 

     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi

 

 

             ▼目次▼


【1】読者への「おとぼけ返信!」

  (毎週、この欄は「火曜日」に掲載しています。読者からの声
   をダシにして、山田の思いをお話ししております(笑)。どう
   ぞ、毎回、お楽しみに!):

   ■No.1563

    スマートメーター(電力計)のお話は、ためにな
    りました。実家で、メーター交換のチラシを見て、
    すぐ東電に電話しました……

   (S.Mさん、東京都墨田区、男性、55歳、団体職員)

 

 

 


______________________________

【1】
         ▼読者への「おとぼけ返信」▼

   この欄は、毎週「火曜日」に掲載します。お楽しみに!
______________________________


注:個人のお名前はイニシャルにし、個人情報などは割愛し
  ました。

    誤字脱字の訂正や、分かりにくい文章はいくつかに
    分けたり、短縮したりしています。
    ただ、送り仮名や漢字、文体などは基本的にそのま
    まですので、全体での統一はわざとしておりません。

    そのため、読者の体温をそのままお楽しみ下さい。
    年齢やご職業などは連絡を受けた当時のものです。

        【イニシャルは、姓と名の順です】
          (例)美空ひばり→M.H

 

 …………………………………………………………………………
 ■No.1563

 スマートメーター(電力計)のお話は、ためになりました。
 実家で、メーター交換のチラシを見て、すぐ東電に電話しま
 した……

 …………………………………………………………………………
  (S.Mさん、東京都墨田区、男性、55歳、団体職員)

 

スマートメーター(電力計)のお話は、ためになりました。

実家で、メーター交換のチラシを見て、すぐ東電に電話しました。

何度か折り返しの電話がありましたが、あいにく留守で、そのうち、
電話が来なくなりました。

まさか、無断で設置することはないと思いますが。


           ■山田からのお返事■


Sさん、こんにちは。
山田博士です。

いつも、メルマガをご覧になり、喜んでおります。

そうでしたね、いつかもこのメルマガで述べましたけど、あの「ス
マートメーター」。

現在も、平気で、このようなものが、「各家庭で使われている」こ
との驚き。

ぼくは、本当に「電力会社の横暴(おうぼう)と実態」を、今回、
垣間(かいま)見たように思っています。

あまりのことなので(笑)、この「スマートメーター」についてまと
めた原稿を、以前、電子書籍「社会の裏側!」67巻で公開しまし
た。

かなり読まれたようですね。
きっと、この「スマートメーター」についての関心が高まっている
のかもしれません。

でも、そのあとに、メルマガで、すでに切り替えられた場合、どう
すればいいのかについても、詳しく述べたことがあります。

本当は、こちらのほうも書籍にして公表すれば、多くのかたに喜ば
れるのでしょうね。

              ★★★

でも、いかんせん、空に向かって叫んでいる「山田博士は一人」の
ため(笑)、なかなか時間が取れず、そのままになっています。

今回、せっかくご連絡をいただいたので、そのあたりを、少し述べ
ておこうかなと思っています。

この「スマートメーター」と言うのは、「強力な電磁波の発生源を、
すべての家庭に強制的に置くシステム」……なんですね。

そう、強制的に……です。

そのため、コトは重大です。

なぜなら、各家庭には、子どもやご老人、病人、障害者……など、
さまざまな弱い立場のかたがいるわけですね。
けっして屈強な若者ばかりじゃない。

まあ、この「スマートメーター」は、たとえ屈強な若者であっても、
けっして「容赦はしません」けれども……(笑)。

この「スマートメーター」は、「通信機能がついた電力量計」とい
うものなんですね。

              ★★★

そして、アメリカなどでは、さまざまな問題が起こっています。

訴訟(そしょう)騒ぎにまでなっているのですが、日本では、その
ためか、電力会社たちは、国民には黙って、ソッと以前のアナログ
電力計を、この「スマートメーター」に交換しようとしているわけ
です。

非常に卑怯(ひきょう)で、なんとも姑息(こそく)です。

もっと、堂々と、正面から向かって来い……なんて言いたくなりま
すよね。

これの体に与える影響については、いろいろとありますが、ぼくの
読者からいただいたものでは、たとえば下記のようなものがあります。

これは……なんとも深刻ですよね。

このかたは、大阪にお住まいの女性(55歳)で、引っ越しをして
から、体調が悪くなった……と。

ちょっとご覧下さい(一部削除してありますが……)。

              ★★★

「以前の場所より引越しをして、1年5か月になりました。それと
同時に、だんだんと体調がなんか変だなと思うようになりました。
  
これで数回なのですが、(スマートメーターの)電磁波の影響なの
か、体調に現れてくるようになり、酷(ひど)いときは約1週間ほ
ど眠れず、大変な目に遭(あ)いました。

関電(関西電力)へ、その確認と、いきなりの電気料金の高騰があ
りましたのでその件などで、連絡をしたいと思っております。

現在、賃貸のマンションですが、それでも(スマートメーターを)
拒否することは可能なのでしょうか?」

このかたへは、もちろん、ぼくはすぐにお返事しました。

賃貸でも分譲でも、そんなこと、まったく関係ありません。

ご自分で毎月の電気料金を払っておられるのであれば、そのかたが
主役です。

              ★★★

そして、「スマートメーター」に対して活動をしている団体での声
なのですが、下記のような声もあります。

あるかたの知人は電磁波過敏症でした。
やっと8年かけて寛快(かんかい。好転したこと)状態にまでなっ
たとのこと。

ところが……(省略)。

 

★「短縮版」のメルマガでは、以下の部分を省略しています。でも
少しでも皆さんにお役に立てば嬉しく思います

 

 

               ★
               ★
               ★


 (山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下さい。
  右側に並んでおります。
  メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無料号
  外などを配信いたします。読者のかたは、どうぞお楽しみに!)

「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

 

 

★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

 世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
 3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます!「短
  縮版」では、とくに大切な後半部分が削除されています。もし
  「山田の全部」を知りたいかたは、ぜひどうぞ!
2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります。これは貴重ですぞ!
3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、それを
  一足早く、PDF版にして「無料で」プレゼント」します。現
  在、すでに100巻ほどになっております!

 半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り価格
 となります。1か月分は540円。入会当月は、月末まで無料で
 「完全版」をプレゼントします。自動返信をご覧下さい。
「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
  http://yamadainochi.com/

   事務局への連絡はこちらへどうぞ→ http://goo.gl/t12Yx

「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。