短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★7/10(火)◆読者への返事:子どもさんが持って帰る給食袋の柔軟剤についてのお返事です。こんな事態なんですね…


〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

    2018年07月10(火)号
      No.3182

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。

 

 

     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi

 

 

             ▼目次▼


【1】読者への「おとぼけ返信!」

  (毎週、この欄は「火曜日」に掲載しています。読者からの声
   をダシにして、山田の思いをお話ししております(笑)。どう
   ぞ、毎回、お楽しみに!):

   ■No.1564

    私は柔軟剤のにおいが苦手です。子供が持って帰
    る給食袋など本当につらいです……

   (S.Mさん、愛知県岡崎市、女性、44歳、主婦)


【2】事務局から、山田の作品以外の案内です。お役に立てば:

   ■「買う」を見直す!レンタルを活用してお得で
     賢い生活を!!

 

 

 


______________________________

【1】
         ▼読者への「おとぼけ返信」▼

   この欄は、毎週「火曜日」に掲載します。お楽しみに!
______________________________


注:個人のお名前はイニシャルにし、個人情報などは割愛し
  ました。

    誤字脱字の訂正や、分かりにくい文章はいくつかに
    分けたり、短縮したりしています。
    ただ、送り仮名や漢字、文体などは基本的にそのま
    まですので、全体での統一はわざとしておりません。

    そのため、読者の体温をそのままお楽しみ下さい。
    年齢やご職業などは連絡を受けた当時のものです。

        【イニシャルは、姓と名の順です】
          (例)美空ひばり→M.H

 

 …………………………………………………………………………
 ■No.1564

  私は柔軟剤のにおいが苦手です。子供が持って帰る給食袋
  など本当につらいです……

 …………………………………………………………………………
   (S.Mさん、愛知県岡崎市、女性、44歳、主婦)

 

私は柔軟剤のにおいが苦手です。

子供が持って帰る給食袋など本当につらいです。

もっと柔軟剤や合成洗剤の怖さを広めて頂けると嬉しいです。


           ■山田からのお返事■


Sさん、こんにちは。
山田博士です。

いつも、メルマガをご覧いただき、喜んでおります。

お元気でしょうか。

へえ、「給食袋の柔軟剤(じゅうなんざい)」!

いま、学校現場で、そのようなことが「平気で」行われているので
すか。

いま、小さい子どもがそばにいないぼくは、まったく知りませんで
した。

ぼくの子どものころなんて、給食袋を当番が順番に洗うなんて、想
像もつきませんでしたからね。

それに、もし各家庭で洗ったとしても、そんな柔軟剤なんてありま
せんでしたし、ただ石鹸を使っていたでしょうし……。

ぼくの「子どものころの大昔」とは、ずいぶんと、変わってしまっ
たのですね(笑)。

              ★★★

この柔軟剤。

香りが続く柔軟剤……などのフレーズでよく宣伝されていますけど、
洗濯をするとき、いつの時点でこれを投入します?

洗濯の前ですか、それとも途中ですか、あるいは洗濯のあと?

まあ、いまは洗濯機が全自動で洗濯していますが、普通は、この柔
軟剤というのは、「すすぎの最後」で投入します。

髪の毛を洗うときのリンス……のようなものですかね(ぼくはリン
スなんて使ったことはありませんが)。

となると、いま自分が着ている衣服やタオルなどは、その柔軟剤が
染みついたままのものだ、ということ。

そうですよね。

その染みついたものを、肌にくっつけたり、その匂いを外部にまき
散らしたりしているわけです。
だから、合成洗剤の害より、考えようによっては、柔軟剤のほうが
もっと直接に害を与えているとも言えます。

              ★★★

ちょっと調べてみましたら、なるほど、かなり多くのかたが、こう
した「給食袋の柔軟剤の匂い」に、閉口(へいこう)されているよ
うです……。

こんな声もありました(文体ママ)。


「給食袋を、交代で週末持ち帰りますよね?

子供が当番の前に洗濯してくれる所がすごい柔軟剤で、我が家が洗
濯してもまだ匂います(苦笑) 。
使い始めはどんな匂いか…と思うと、女の子でもないし息子が不憫
(ふびん)です(--;)」


でも、中には、「そんな匂いぐらい、黙っていたほうが無難だ……」
というような声もありました。

まあ、いまの時代、学校生活でも、子ども同士や親同士のいじめな
どがあるようですし、教師との間もギスギスしているところもある
ようですし……。

でも、子どもや親や教師が、互いに真っ当なことが言えない社会と
は、なんとも生きにくい世の中になりましたなあ。

ぼくだったら、即、担任に話して、そのような柔軟剤を使うことを
禁止してもらいます。

そして……(省略)。

 

★「短縮版」のメルマガでは、以下の部分を省略しています。でも
少しでも皆さんにお役に立てば嬉しく思います

 

 

 


______________________________

【2】
      ★事務局から、山田の作品以外のお薦め★

______________________________


~もし、利用して何か問題があれば当事務局まで、ご報告下さい~


■……「買う」を見直す!レンタルを活用してお得で賢い生活を!!

         案内頁→ https://goo.gl/AsyDKZ

 150万人以上が利用する総合リユースECとして、
 売上国内No.1の実績を誇るマーケットエンタープライズから、
 新サービス【ReReレンタル】誕生です。

          【ReReレンタルの魅力】   

   1.スーツケース・ベビーカー・プロジェクターなど始め、
    幅広いジャンルの商品を取り扱っております!!

   2.レンタル日数も3泊4日から30泊31日まで選択可能、
    お客様のご都合に合わせてレンタルすることが出来ます!

   3.旅行の宿泊先・イベント会場などにも直接配送出来ます!
    自宅~会場までの持ち運びの心配もしなくて大丈夫です!!

   4.万が一の破損・紛失の際も『ReReあんしん補償』でサポ
    ート!
         案内頁→ https://goo.gl/AsyDKZ

〜もし、利用して何か問題があれば、当事務局までご報告下さい〜

 

 

               ★
               ★
               ★


 (山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下さい。
  右側に並んでおります。
  メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無料号
  外などを配信いたします。読者のかたは、どうぞお楽しみに!)

「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

 

 

★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

 世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
 3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます!「短
  縮版」では、とくに大切な後半部分が削除されています。もし
  「山田の全部」を知りたいかたは、ぜひどうぞ!
2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります。これは貴重ですぞ!
3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、それを
  一足早く、PDF版にして「無料で」プレゼント」します。現
  在、すでに100巻ほどになっております!

 半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り価格
 となります。1か月分は540円。入会当月は、月末まで無料で
 「完全版」をプレゼントします。自動返信をご覧下さい。
「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
  http://yamadainochi.com/

   事務局への連絡はこちらへどうぞ→ http://goo.gl/t12Yx

「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。