短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★7/19(木)◆でも、1年間に「数百万の海洋生物のいのち」が失われているんですね。ぼくたちの一瞬の娯楽のために

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

    2018年07月19日(木)号
      No.3190

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。

 

 

     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
      → http://www.facebook.com/yamada.inochi

 

 

             ▼目次▼

【1】先日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べた、
   山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワンシ
   ョット。

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」:

   ★もぞもぞの、冒頭部分……

    しかし……1年間に、「数百万の海洋生物のいの
    ち」が失われている……とは、凄まじい……事態
    ですなあ。

    しかも、これは、ぼくたちが一瞬の娯楽のために
    使ったに過ぎないプラスチックゴミのせいだとか。

    そのほんの数分。

    そのちょっとの時間だけ、喉(のど)を潤(うる
    お)すために飲んだペットボトルなどのために、
    こうした途方もないいのちが失われているわけな
    んですね。

    これらのプラスチックゴミは、今後、数百年経っ
    ても、生物分解(生分解)もされず、そのまま地
    上に残っています。

    だけど……(省略)。


【2】事務局から、山田の作品以外の案内です。お役に立てば:

   ■インクカートリッジが激安 インクナビ
    最大79%OFFの低価格……だとのこと。

 

 

 


______________________________

【1】
           ★下記の文章は、
 
    先日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べた、
 山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワンショットです。

       それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」も……。
 
______________________________


        今週7/18(水)号のタイトル
 
               ★
               ★
               ★
 
     プラスチック「使い捨て時代」の歩きかた!

~なんと、1頭のクジラの体内から、29Kgものプラスチック
 が検出される現在、どうすれば子孫たちに輝く未来を遺(のこ)
 すことができるのでしょう。あなたがすぐにできることとは~


     (下記は、本文の中の、ほんの一部分です)


              (前略)


マッコウクジラは、水深3000メートルまで潜(もぐ)ることが
できるそうなんですね。

3000メートル!

凄(すご)い能力を持っています。

そして、主に深海にすむイカなどを捕食しているわけ。
だけど、酸素を吸うために水面に出てきますが、そのときそこに浮
遊(ふゆう)するプラスチックゴミを誤って取り込むというわけです。

そして、それをうまく体内から排出できず、体内に積み重なった可
能性があると言います。

そして、餓死へ……。

ぼくは思います。
人間どものしている行為って、いったい何なのでしょうか。

クジラ君は、何も人間に対して困らせることはしていません。
そうですよね。
わずか1gもしておりません。

でもぼくたち人間がしている行為によって、このクジラ君だけじゃ
なく、「ナショナル・ジオグラフィック誌」によりますと、プラス
チックゴミが絡(から)んだりすることで、年間「数百万の海洋生
物のいのち」が失われている……と言うわけです。


              (後略)


              ★★★

((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


しかし……1年間に、「数百万の海洋生物のいのち」が失われてい
る……とは、凄まじい……事態ですなあ。

しかも、これは、ぼくたちが一瞬の娯楽のために使ったに過ぎない
プラスチックゴミのせいだとか。

そのほんの数分。

そのちょっとの時間だけ、喉(のど)を潤(うるお)すために飲ん
だペットボトルなどのために、こうした途方もないいのちが失われ
ているわけなんですね。

これらのプラスチックゴミは、今後、数百年経っても、生物分解
(生分解)もされず、そのまま地上に残っています。

だけど、それらを使うとき、まさか、そのような長い時間のことな
ど、おそらく誰も考えないことでしょう。

              ★★★

でもぼくは、もうその「数百万の海洋生物のいのち」という数字を
見るだけで、気が遠くなりそうです。

本文にも少し書きましたが、それらの一つひとつのいのちには、そ
れぞれ親がいて兄弟がいて、友だちがいて、配偶者がいて、子ども
がいるはずですよね。

人間だけが、そうじゃない。

だから、そうしたことを考えて行くと、やはりぼくも、あの金子み
すゞの世界に入ってしまいそうなんですね。

彼女の作品に、こういうのがありましたよね。

ご存じですか。


             「大漁」
    (JULA出版局発行『金子みすゞ童謡全集』から)

          朝焼(あさやけ)小焼(こやけ)だ
          大漁(たいりょう)だ
          大羽鰯(おおばいわし)の
          大漁だ

          浜(はま)はまつりの
          ようだけど
          海のなかでは
          何万(なんまん)の
          鰯(いわし)のとむらい
          するだろう


              ★★★

とくに、この「2フレーズ目」の部分……(省略)。

 

★「短縮版」のメルマガでは、以下の部分を省略しています。でも
少しでも皆さんにお役に立てば嬉しく思います

 

 

 


______________________________

【2】
      ★事務局から、山田の作品以外のお薦め★

______________________________


~もし、利用して何か問題があれば当事務局まで、ご報告下さい~


   ■□……インクカートリッジが激安 インクナビ……□■

      詳しくはこちら→ https://bit.ly/2ufykgB

 【下記は、文体など「案内そのまま」です。事務局で抜粋しました】


プリンタを買ったけれども…
インクカートリッジ代が「高い!」とお嘆きのあなたッ!
【インクナビ】にお任せください!

最大79%OFFの低価格!
納得の高品質!送料無料の製品も盛り沢山!

さらに!!今ならポイント10倍サービス!
安心の1年間保証付!
購入後も安心してお使いいただけます!

  ・楽天総合ランキング1位獲得商品!
  ・楽天パソコン周辺機器ランキング1位獲得商品!
  ・楽天プリンターランキング1位獲得商品!
  ・楽天インクランキング1位獲得商品!

 ……とのことのようです。

      詳しくはこちら→ https://bit.ly/2ufykgB


〜もし、利用して何か問題があれば、当事務局までご報告下さい〜

 

 

               ★
               ★
               ★


 (山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下さい。
  右側に並んでおります。
  メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無料号
  外などを配信いたします。読者のかたは、どうぞお楽しみに!)

「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

 

 

★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

 世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
 3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます!「短
  縮版」では、とくに大切な後半部分が削除されています。もし
  「山田の全部」を知りたいかたは、ぜひどうぞ!
2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります。これは貴重ですぞ!
3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、それを
  一足早く、PDF版にして「無料で」プレゼント」します。現
  在、すでに100巻ほどになっております!

 半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り価格
 となります。1か月分は540円。入会当月は、月末まで無料で
 「完全版」をプレゼントします。自動返信をご覧下さい。
「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
  http://yamadainochi.com/

   事務局への連絡はこちらへどうぞ→ http://goo.gl/t12Yx

「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。