短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

●8/3(金)◆本日は、「社会の裏側!」第41巻~第50巻を、50%OFFで提供します。さてさてその内容は……

本日は、「完全版」を掲載しました!


〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

        ★完全版メルマガ「暮しの赤信号」★

    2018年08月03日(金)号
      No.3203

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。

 

 

        ★皆さんに、ひと言、お礼を!★

  ~「社会の裏側!」第100巻記念で、多くのかたから、
   励ましのお言葉をいただき、ありがとうございました~

     先日の7/31(火)にお出しした号外をご覧
     になったかたから、嬉しいお便りを、いっぱい
     いただきました。

     もう、感激です。

     皆さん、いつも黙ってジッと(笑)……メルマガ
     をご覧になっていらっしゃるんだと知り、気を
     引き締めたものです。

     本当は、お一人おひとりにお礼の返事を差し上
     げなくてはならないのでしょうが、そうしてい
     ると、このメルマガを書く時間がなくなります。

     メッセージに記載された文言はすべて読ませて
     いただいております。

     簡単で申しわけありませんが、この場で、お礼
     とさせて下さい。
ありがとうございました。

     今後とも、どうぞ、メルマガをお楽しみ下さい。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。

 

 

     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
      → http://www.facebook.com/yamada.inochi

 

 

             ▼目次▼

【1】先日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べた、
   山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワンシ
   ョット。

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」:

   ★もぞもぞの、冒頭部分……

    まあ、何ですなあ。

    いまさら、「パン食」がどうの、「ご飯食」がど
    うの……なんて言いたくもありません。

    あなたが好きなものを食べればいいんじゃないの
    ……と、本当は言いたくなります。

    でも、その言葉のあとに、聞こえないようにして
    「でも倒れたら、自分で責任を取ってよね……」
    なんて付け加えたいのですが……(笑)。

    だって、どれだけ「パン食」は日本人の体には合
    わないものなんだよお。みんな分かっている?」
    ……と、ぼくが空を向いて一人叫んでいても、隣
    で、「ん? なに、この人……」のような目をし
    ながら一所懸命に「パン」をかじっている人もい
    るわけですし……(省略)。


【2】ご希望が多いため、再度、外国からもアクセスの多
   い「社会の裏側!」の既巻を、なんと50%OFF
   で順番に提供します。全巻を揃えるには、いい機会
   です。すべてPDF版に制作して、提供します!

    → 今回は、【第5回目】
      第41巻~第50巻(合計10巻)の提供です。

   最初の第41巻のタイトルは、

   『糖尿病予備軍の人が、「熱中症」で亡くなるこの
   衝撃理由!』
     (猛暑のいまの時期に、ぴったりですね!)

 

 

 


______________________________

【1】
           ★下記の文章は、
 
    先日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べた、
 山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワンショットです。

       それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」も……。
 
______________________________


        今週8/1(水)号のタイトル
 
               ★
               ★
               ★
 
        朝食を、「パン食」にしてはいけない!

~20世紀の後半以降、輸入小麦のほとんどは、もはや「天然
 小麦」じゃなくなった事実。そして、とくに日本向けに輸出
 される小麦には防腐剤などが多く、とても薦めることはでき
 ません。「朝食」は、そのあとの食事に大きく影響します~


     (下記は、本文の中の、ほんの一部分です)


              (前略)


先述しましたよね。
以前の小麦と、現在のそれは、まったく異なってしまった。

そして、患者2000人に、独自の「小麦抜き」の食生活を実践し
てもらったところ、病気や疾患(しっかん)が見事なまでに回復す
るのを見て、驚いたことも書いておられる。

まあ、ぼくは、こうした結果には、ただ小麦だけじゃなく、それに
付随したさまざまな添加物や植物油脂などの問題があるとは思いま
す。

小麦を中心にした食事にすれば、そのほかのさまざまな薬品漬けの
メニュが待っていますからね。

ぼくが、ご飯を食べよう……と言っているのは、そういうことなん
です。

もちろん、ご飯自体が大切なのですが、それに付随するおかずの内
容の力も大きい。

ご飯だと、味噌汁、納豆、海苔(のり)、煮物、梅干し、漬けもの、
魚、豆腐などが副食となりますよね。

「パン食」では、どうも、これらはあわない……(笑)。

まあ、パンといっしょに納豆などは食べられなくもないですが、美
味しくはなさそうです。

やはり、味噌汁には、ご飯がいい。

漬けものには、ご飯がいい。
豆腐には、ご飯がいい。
納豆には、ご飯がいい。
煮物には、ご飯がいい。

つまり、「パン食」にするかご飯にするかで、その副食が決まって
しまうわけです。


              (後略)


              ★★★

((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


まあ、何ですなあ。

いまさら、「パン食」がどうの、「ご飯食」がどうの……なんて言い
たくもありません。

あなたが好きなものを食べればいいんじゃないの……と、本当は言
いたくなります。

でも、その言葉のあとに、聞こえないようにして「でも倒れたら、
自分で責任を取ってよね……」なんて付け加えたいのですが……(笑)。

だって、どれだけ「パン食」は日本人の体には合わないものなんだ
よお。みんな分かっている?」……と、ぼくが空を向いて一人叫ん
でいても、隣で、「ん? なに、この人……」のような目をしなが
ら一所懸命に「パン」をかじっている人もいるわけですし……。

              ★★★

だから、いまさら「パン食」については、本当は言いたくないんです。

でも、それでも、少しだけ、言わせて下さい(笑)。

そもそも、「パン食」と「ご飯食」は、背中合わせのような、18
0度異なったものなんですね。

なにしろ、「パン食」は熱して水分を弾(はじ)いて作る。
小麦を焼いてパンを作るわけですからね。

それに対して「ご飯食」は、逆にご飯を炊(た)くわけですから、
水分を内に閉じこめる。

まるで逆。

              ★★★

ぼくたちの体にぴったりの水分の量を、ご飯はその奥に秘めている
わけです。

ぼくのように、なんとも「奥ゆかしい」……(笑)。

これって、なんか、欧米人と日本人との違いとよく似ているようで
すね。
宗教や民族や人種など、どんなことにも差を付けて、敵を作る民族
と、どんな文化も取り入れて、日本文明を作りあげ、「和」を中心
にして生きてきた日本人。

そうか。

食べるものにも、こうした差があったんだ……(笑)。

まあ、いずれにしても、ぼくたちは、日本という自然とともに育っ
てくれた米を中心にして生きてきたから、これだけも多くの人口を
養ってこれたわけです。

つまり、ぼくたちは米と「共生して」生きてきた……。

              ★★★

もし米がなければ、こんな小さな島に、これだけも多くの人を養う
ことなど、とうてい不可能だったでしょう。

しかも、そのほかに肉食をみんながしていれば、とてもエネルギー
効率が悪くて、いよいよこれだけの人を育てることなど、できなか
ったはずです。

そして、これだけ多くの人口がいたからこそ、いまのような独自の
文明を作りあげてきたわけでしょうね。

もし、たったの数百万人ほどの人間しか住んでいないような島国が、
アジアの海の中にただ一つ浮いていたら、いまのような日本が存在
しますか。

いくら技術が発達しても、いくら文明が進んでいても、やはり世界
に影響を与えるような国にはなれなかったはずです。

それを考えますと、この「ご飯食」の凄(すご)さが、よく分かる
というもの。

              ★★★

それを、21世紀のいまになって、「パン食」だなんて、どこかの
国のマネをして喜んでいる。

ぼくなど、チャンチャラおかしくって……。

食べることまで、そのような欧米のマネをしていていいのですか。

本文にも少し書きましたが、あるかたが、乳ガンの患者を調べた
ら、20代~30代の8割の人の朝食が、「パン食」でした。

40代でも7割がそうだったと。

まあ、これも、「パン食」というより、その副食が大きな影響を与
えているのじゃありませんか。

「パン食」だと、自然と、そのおかずとして、ハム、ソーセージ、
牛乳や乳製品……などの薬漬けのメニュが来ます。
いわば、「環ホル」(環境ホルモン)漬けの食べものが……。

              ★★★

だって、「パン」自体に添加物が固まって入っているのに、副食に
までとなると……。

やはり、病気になる率も高まると思えませんか。

さて、もうあなたは、朝食を「パン食」にすれば、どうなるか、お
分かりになられたことだろうと思います。

それでは、いま周囲に溢れている「パン自体」の中味で、問題にな
っているものは何なのでしょう。

ぼくは、20代のころに、パンに使われている「臭素(しゅうそ)
カリウム」を問題にして、小冊子版「暮しの赤信号」で、まとめ
たことがあります。

これは、「パン」に普通に添加されていた「臭素酸カリウム」が、
まさかのような影響を体に与えることを知って、飛び上がって、作
りあげたものでした。

              ★★★

そのため、1冊の小冊子版「暮しの赤信号」として、急遽、まとめ
たのです。

それが、いまになっても、問題になっている。

業界は驚いて自主規制をしたのですが、厚労省は使用禁止にしなか
ったものですから、いまになって、大手のパン製造メーカーが使い
出したわけですね。

いろいろと言い訳をしながら……。

でも、いつも言いますが、「火のないところ」に煙は立ちません。

世界で、なぜ問題になっているのか。

そのあたりも、もっとパンの製造メーカーは考えてほしい。
そして言い訳じゃなく、少しでも日本人の健康に役立つ商品を、作
ってほしいものだなあと、ぼくはいつも思っております。

いやあ、それにしても、今日は特別暑い。
どこそかの町では、40度Cを越えたとか。

ふう、その言葉を聞いただけで……また汗が……。

ふふふ……また、お逢いしましょう。
今日は、これまで。
お元気で!
                       (山田博士

 

 

 

______________________________

【2】

   ここしばらく、外国からもアクセスの多い「社会の
   裏側!」を、50%OFFで順番に提供しようと思
   います。全巻を揃えるには、いい機会です。
   ご興味のあるかたは、ぜひご活用下さい。

______________________________


          今回は、【第5回目】

      下記の第41巻~第50巻の提供です。

        (合計10巻の全巻です)

41.社会の裏側! 41……糖尿病予備軍の人が、「熱中症」で亡
  くなるこの衝撃理由!

  ~ふだん多くの糖類を体に入れていると脱水状態になる。それ
   に砂糖は、ビタミンB1などを壊し、ストレスにも弱くする
   のだ~
         → https://bit.ly/2KPQVXh


42.社会の裏側! 42……子どもの好きな食品に、これだけも遺
  伝子組み換え作物が使われていた。実名リスト付き!

  ~フランスでは安全性を見直しているのに、なぜ日本では次々
   と承認されるのだろう~
         → https://bit.ly/2wsP5sb


43.社会の裏側! 43……自閉症などの発達障害は、遺伝じゃなく、
  農薬などの「環ホル」が原因であることが分かった!

  ~文科省の調査では、通常学級のなんと6%ほどの子たちに
   「発達障害のリスク」があるため、日本人の未来にとって、
   早急の対策が必要だ~
         → https://bit.ly/2K69Mw8


44.社会の裏側! 44……ファッション企業の「ファーフリー」
  (毛皮は扱わない)の動きが広まったが、中国ではアンゴラ
  サギたちが今日も生きたまま……!
         → https://bit.ly/2jJnIkm


45.社会の裏側! 45……広く使われている「人工甘味料」が、
  実際には、糖尿病のリスクを逆に高めていた。その衝撃的な事
  実とは!

  ~コカ・コーラ社が、「ダイエットコーク」の安全性を訴えた
   全米広告キャンペーンのおかしさ~
         → https://bit.ly/2wsQrDh


46.社会の裏側! 46……ミツバチが消えた。じつは、あなたが
  シックハウスや居間の殺虫剤で倒れる原因も、これと同じだ
  った!

  ~これら「ネオニコチノイド系農薬」の商品名を、ここでお教
   えしたい。今日からぜひ注意してほしい~
         → https://bit.ly/2ryiHiM


47.社会の裏側! 47……愛するペットに「ペットフード」を与
  えてはいけない!

  ~多くの人の悲しい誤解と、ペットの病気や長生きについて~
         → https://bit.ly/2ws94Y2


48.社会の裏側! 48……学校給食の栄養士が「本当は」使いた
  くない中国食材とは!

  ~じつは「センター化」が、この事態を招いた元凶だった~
         → https://bit.ly/2wt9flV


49.社会の裏側! 49……なぜ、「栄養ドリンク剤」を未成年に
  禁止している国があるのか!

  ~無水カフェインの怖さをご存じか。それに、「異性化糖」のた
   めに糖尿病のリスクがグングン高まっている事実とは~
         → https://bit.ly/2ws9lKy


50.社会の裏側! 50……あなた、「老人難民」になりますか。
  それとも死にますか?

  ~160万人もいる「要支援1と要支援2」の人たちは、この
   「医療・介護総合推進法」のために、介護保険から外される
   ことに!~
         → https://bit.ly/2rzEDt9


(今回は、以上の合計10巻を、特別に「50%引き」で提供します)

 

=========================

        ★今回だけの特別価格★

   公開価格は@585円→ 今回は、@290円です

     全10巻ですので、2900円

=========================
 
           ★割引期間★

     2018年8/3(金)~8/9(木)


 ★「社会の裏側!」第41~第50巻、特別お申し込みフォーム★

  パソコン・スマホ用→ https://ws.formzu.net/fgen/S1738047/

  (折り返し、自動返信で、送金情報をお送りします)

 

皆さんからのご連絡を、お待ちしています。
そして、ごいっしょにお歩き下さい。

お元気で。

 

 

               ★
               ★
               ★


 (山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下さい。
  右側に並んでおります。
  メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無料号
  外などを配信いたします。読者のかたは、どうぞお楽しみに!)

「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

 

 

★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

 世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
 3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます!「短
  縮版」では、とくに大切な後半部分が削除されています。もし
  「山田の全部」を知りたいかたは、ぜひどうぞ!
2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります。これは貴重ですぞ!
3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、それを
  一足早く、PDF版にして「無料で」プレゼント」します。現
  在、すでに100巻ほどになっております!

 半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り価格
 となります。1か月分は540円。入会当月は、月末まで無料で
 「完全版」をプレゼントします。自動返信をご覧下さい。
「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
  http://yamadainochi.com/

   事務局への連絡はこちらへどうぞ→ http://goo.gl/t12Yx

「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。