短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★8/4(土)◆本日は、「社会の裏側!」第51巻~第60巻を、50%OFFで提供します。今回のその内容は……

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

    2018年08月04日(土)号
      No.3204

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。

 

 

         ★今夏のお盆休みについて★

  ~8/10(金)から8/19(日)まで、お休みします~

       人並みに、故郷に戻ります。
       そのため、上記の期間、メルマガを休刊い
       たします。

       今年の酷暑は、本当に「酷暑」です(笑)。
どうぞ、お体には十分、ご留意下さい。

       皆さんとお会いできないのは、悲しいです
       が、お盆が明けてから、また笑顔で、ここ
       でお会いしましょう。
お元気で。
(山田)

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。

 

 

     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
      → http://www.facebook.com/yamada.inochi

 

 

             ▼目次▼

【1】先日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べた、
   山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワンシ
   ョット。

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」:

   ★もぞもぞの、冒頭部分……

    街でよく見かける、ガラス張りの手作り(?)パ
    ン屋さん。

    いかにも……健康的で安心できるように見えます
    よね。

    でも、その「ガラス張り」は、建物だけのようで
    すぞ(笑)。

    実際のそのパンの中味は、消費者たちにはなかな
    か見えません。
    いや、店員さんたちにも……。

    つまり、曇りガラスの中なんですね。

    そりゃそうでしょう。
    工場で大量生産され、冷凍生地に……(省略)。


【2】ご希望が多いため、再度、外国からもアクセスの多
   い「社会の裏側!」の既巻を、なんと50%OFF
   で順番に提供します。全巻を揃えるには、いい機会
   です。すべてPDF版に制作して、提供します!

    → 今回は、【第6回目】
      第51巻~第60巻(合計10巻)の提供です。

   最初の第51巻のタイトルは、

   『甘味料「Splenda」でダイエット中のかた、
   ご愁傷さまです!』

 

 

 


______________________________

【1】
           ★下記の文章は、
 
    先日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べた、
 山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワンショットです。

       それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」も……。
 
______________________________


        今週8/1(水)号のタイトル
 
               ★
               ★
               ★
 
        朝食を、「パン食」にしてはいけない!

~20世紀の後半以降、輸入小麦のほとんどは、もはや「天然
 小麦」じゃなくなった事実。そして、とくに日本向けに輸出
 される小麦には防腐剤などが多く、とても薦めることはでき
 ません。「朝食」は、そのあとの食事に大きく影響します~


     (下記は、本文の中の、ほんの一部分です)


              (前略)


こうしたパン類は、別に、その店の奥で製造しているわけじゃあり
ません。
工場で作られた「成形冷凍生地(せいけいれいとうきじ)」などを、
その店でただ焼いているだけ。

たとえば、アンパンやメロンパン、フランクロールなどを解凍して
そのままホイロ(オーブンで焼き上げる前の最終発酵・二次発酵の
こと)に入れます。

そして、あとは焼くだけと言った、非常に簡単なもので、特別な技
術がまったく不要なんですね。

そのため、レシピの工程通りに作業をすすめれば、アルバイトやパ
ートの女性でも、すぐにパンが焼けます。

そのほかにも、最近は、「焼成済(しょうせいずみ)冷凍生地」…
…というのもあります。

まあ、漢字どおりなんですが、工場で焼き上がったパンを、そのま
ま冷凍したもの。

これだと、店でただ解凍するだけで、並べることができます。
一般家庭用にとして、「通販」で販売しているところもあるようで
すね。

それぐらい、手軽にできるパンです。

最近は人手不足のため、この「焼成済冷凍生地」の需要が増えてい
るようですよ。
簡単ですしね。

でも、こうした冷凍生地は、自然にできるものではありませぬ(笑)。

その中には、大量生産するために、さまざまな添加物を放り込むわ
けですが、それらにはどういうものがあるのか。


              (後略)


              ★★★

((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


街でよく見かける、ガラス張りの手作り(?)パン屋さん。

いかにも……健康的で安心できるように見えますよね。

でも、その「ガラス張り」は、建物だけのようですぞ(笑)。

実際のそのパンの中味は、消費者たちにはなかなか見えません。
いや、店員さんたちにも……。
つまり、曇りガラスの中なんですね。

そりゃそうでしょう。
工場で大量生産され、冷凍生地(れいとうきじ)になって運ばれて
くるだけなんですから。

店員さんたち自身も……(省略)。

 

★「短縮版」のメルマガでは、以下の部分を省略しています。でも
少しでも皆さんにお役に立てば嬉しく思います

 

 

 

 

______________________________

【2】

   ここしばらく、外国からもアクセスの多い「社会の
   裏側!」を、50%OFFで順番に提供しようと思
   います。全巻を揃えるには、いい機会です。
   ご興味のあるかたは、ぜひご活用下さい。

______________________________


          今回は、【第6回目】

      下記の第51巻~第60巻の提供です。

        (合計10巻の全巻です)


51.社会の裏側! 51……甘味料「Splenda」でダイエッ
  ト中のかた、ご愁傷さまです!

  ~実際には、砂糖同様のカロリーのある物質が99%も含まれ
   ていた。それに甘味料「スクラロース」にも大疑惑が存在し
   ていた~
         → https://bit.ly/2rCq6ge


52.社会の裏側! 52……バター不足は、「農畜産業振興機構」と
  いう天下り団体の自作自演だった!

  ~「白モノ」利権を握っている彼らが、税金を無駄遣いしてい
   た~
         → https://bit.ly/2wvOEgJ


53.社会の裏側! 53……青色「LED」のために、世界から日
  本が糾弾される日!

  ~日本人のノーベル賞受賞で浮かれている場合じゃない。この
   青色光こそが、脳のメラトニンの分泌を抑え、目の網膜損傷
   を起こす犯人だった。その対策とは~
         → https://bit.ly/2IxbCc8


54.社会の裏側! 54……キレる子どもと切っても切れない食生
  活!
 
  ~わずか10日間ほどで、攻撃的な性格が収まってしまうこの
   現実をご存じか。なぜ日本ではこれらの「添加物」が放置さ
   れるのか~
         → https://bit.ly/2Ga08Gs


55.社会の裏側! 55……正月の「しめ縄」から、放射性物質
  セシウムが年ごとに増えている現実をどう見るか!

  ~しかも、「仮設焼却炉」で34000ベクレル/kgの稲わ
   らを焼却するとは~
         → https://bit.ly/2KeiuIz


56.社会の裏側! 56……「プチ脳梗塞」が30代から始まって
  いる。人生を途中下車しないための簡単な方法はこれだ!

  ~現在、なんと50代の「3人に1人」がこの症状になってい
   る~
         → https://bit.ly/2rF9pRE


57.社会の裏側! 57……男女両方の「不妊症状」が普遍的にな
  った背景は、これだ!

  ~「子どもが生まれるのは奇跡に近い……」と嘆く医師たち~
         → https://bit.ly/2KPxwFL


58.社会の裏側! 58……スマホやケータイの「人質」になって
  はいけない!

  ~沈黙という優しさを取り戻し、電磁波やバーチャル社会を逃
   れるための、7つの視点とは~
         → https://bit.ly/2G8QLXc


59.社会の裏側! 59……「コーヒーフレッシュ」に見る、日本
  のコピー食品事情!

  ~なぜいつまでも、こういう「ニセモノ」がはびこるのだろ
   う~
         → https://bit.ly/2wu69hi


60.社会の裏側! 60……「フクシマ3.11」のその後!

  ~あの日からすぐに、農産物や人体の放射性物質を測定し続け
   た県民たちがいた。同じ家族でも夫のほうが数値が高いわけ
   とは~
         → https://bit.ly/2rAhHe7

 

(今回は、以上の合計10巻を、特別に「50%引き」で提供します)

 

=========================

        ★今回だけの特別価格★

   公開価格は@585円→ 今回は、@290円です

     全10巻ですので、2900円

=========================
 
           ★割引期間★

     2018年8/4(土)~8/10(金)


 ★「社会の裏側!」第51~第60巻、特別お申し込みフォーム★

  パソコン・スマホ用→ https://ws.formzu.net/fgen/S96049873/

  (折り返し、自動返信で、送金情報をお送りします)

 

皆さんからのご連絡を、お待ちしています。
そして、ごいっしょにお歩き下さい。

お元気で。

 

 

               ★
               ★
               ★


 (山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下さい。
  右側に並んでおります。
  メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無料号
  外などを配信いたします。読者のかたは、どうぞお楽しみに!)

「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

 

 

★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

 世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
 3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます!「短
  縮版」では、とくに大切な後半部分が削除されています。もし
  「山田の全部」を知りたいかたは、ぜひどうぞ!
2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります。これは貴重ですぞ!
3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、それを
  一足早く、PDF版にして「無料で」プレゼント」します。現
  在、すでに100巻ほどになっております!

 半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り価格
 となります。1か月分は540円。入会当月は、月末まで無料で
 「完全版」をプレゼントします。自動返信をご覧下さい。
「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
  http://yamadainochi.com/

   事務局への連絡はこちらへどうぞ→ http://goo.gl/t12Yx

「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。