短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:10/12(金)◆江戸時代の塙保己一は、失明の中で、素晴らしい功績を残しています。ヘレン・ケラーが彼を尊敬し…

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

    2018年10月12日(金)号
      No.3255

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。





     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
      → http://www.facebook.com/yamada.inochi





             ▼目次▼

【1】先日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べた、
   山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワンシ
   ョット。

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」:

   ★もぞもぞの、冒頭部分……

    いやあ、そのような「声」を見ますと、皆さん、
    本当に率直(そっちょく)ですなあ。

    「長生きしても目が見えないんじゃ意味がない」
    ……なんて、ね。

    う~むむむ。

    でも、人生、目だけじゃありません。

    たとえ目が見えなくても、やれることはいっぱい
    ありますし、社会に貢献できることだって、さま
    ざなものがあります。

    どんな環境にあっても、自分しかできないことを
    探す努力さえすれば、人生、輝くものです。

    日本では、「塙保己一はなわ・ほきいち)」さ
    んというかたが、失明しているのに、それにもめ
    げず、素晴らしい功績を残していますよね。

    ご存じでした?

    彼は、1746年(延享3年)に、武蔵国保木野
    村(現在の埼玉県児玉町)で生まれています。
    江戸時代の国学者なんですね。

    幼くして「病(やまい)によって失明」したので
    すが、江戸に出て学問に打ち込み、41歳から3
    0年以上もかけて、日本の古書古本をなんと12
    73点も収録した『群書類従(ぐんしょるいじゅ
    う)』という書物を……(省略)。


【2】~事務局より「無料情報」のご紹介です~

  ●意外と知らない!?Google(グーグル)検索で的確な
   情報を得る10の絞り込み検索法








______________________________

【1】
           ★下記の文章は、
 
    先日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べた、
 山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワンショットです。

       それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」も……。
 
______________________________


        今週10/10(水)号のタイトル
 
               ★
               ★
               ★
 
    「スマホ絶対失明」を避けるには、こうしなさい!

 ~新しい研究によれば、その「スマホ」によるブルーライトが、
 「黄斑変性症」の進行を早める可能性があります。でも、心配
  はいりません。こうした対処を今日からぜひしてみて下さい~


     (下記は、本文の中の、ほんの一部分です)


              (前略)


ところでね。

先述したように、この「スマホ失明」の論文が発表されたとき、ネ
ット上では、さまざまな声がありました。

それらを見ていると、本当に「面白い」んですね。

              (中略)

・長生きしても目が見えないんじゃ意味がない。

・携帯端末は目との距離が近いから影響が大きくても不思議じゃな
 いな。気をつけようっと。

・とにかくここ数年、視力の劣化が激しい。スマホまじで減らさな
 いと。

・あー、もう私はダメだ。

・LEDの光は目に痛い。画面だけでなく、LED照明も目に悪い。
 LEDは特定の周波数の光だけに偏り、かなり強い光をだす。し
 かも、立ち上がりが鋭いので、それも目を痛める原因だと思う。

・しだいに目が見えなくなった。

・45歳ですが昨年はタブレットで将棋を長く続けてると症状が出
 ましたね。人生で感じたことのない左眼球の痛みが1日以上続く
 のであらゆることに影響を及ぼし将棋ゲームを辞めもちろん眼科
 にも通った。


              (後略)


              ★★★

((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


いやあ、そのような「声」を見ますと、皆さん、本当に率直(そっ
ちょく)ですなあ。

「長生きしても目が見えないんじゃ意味がない」……なんて、ね。

う~むむむ。

でも、人生、目だけじゃありません。

たとえ目が見えなくても、やれることはいっぱいありますし、社会
に貢献できることだって、さまざなものがあります。

どんな環境にあっても、自分しかできないことを探す努力さえすれ
ば、人生、輝くものです。

              ★★★

日本では、「塙保己一はなわ・ほきいち)」さんというかたが、失
明しているのに、それにもめげず、素晴らしい功績を残しています
よね。

ご存じでした?

ぼくも、最初に彼の名前と行為を知ったときは飛び上がりましたモン。

彼は、1746年(延享3年)に、武蔵国保木野村(現在の埼玉県
児玉町)で生まれています。
江戸時代の国学者なんですね。

幼くして「病(やまい)によって失明」したのですが、江戸に出て
学問に打ち込み、41歳から30年以上もかけて、日本の古書古本
をなんと1273点も収録した『群書類従(ぐんしょるいじゅう)』
という書物を編纂(へんさん)しています。

いやあ、凄(すご)い。

              ★★★

この書物の中には……(省略)。



★「短縮版」のメルマガでは、以下の部分を省略しています。でも
少しでも皆さんにお役に立てば嬉しく思います。








______________________________

【2】
      ~事務局より「無料情報」のご紹介です~

    下記は、山田作品以外の「無料」役立ち情報です。

       何かのお役に立てばと思います。
  関心のあるものを、どうぞ。
 
______________________________



  ●意外と知らない!?Google(グーグル)検索で的確な情報を
   得る10の絞り込み検索法

     → http://www.sugowaza.jp/r/M1dsX2cxOA==.html


    みなさん毎日のように
    「Google」にお世話になっていると思いますが、
    検索方法はマスターしていますか?

    例えば果物の林檎(リンゴ)について調べたい時、
    「林檎」と検索すると、歌手の椎名林檎さんも
    検索結果に出てきてしまう…

    そんなとき、「林檎 果物」 と調べていませんか?

    それでは 「果物」と書かれていないページを、
    逃してしまうことになります。

    ではどう検索すればいいのか?

    そんな情報をお届けします☆

(上記は説明文です。何かありましたら当事務局までお知らせ下さい)





               ★
               ★
               ★


 (山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下さい。
  右側に並んでおります。
  メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無料号
  外などを配信いたします。読者のかたは、どうぞお楽しみに!)
  「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

 世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
 3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。とく
  に大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、それを
  一足早くPDF版にして「プレゼント」します。何度でも!

 半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り価格
 で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
  http://yamadainochi.com/

   事務局への連絡はこちらへどうぞ→ http://goo.gl/t12Yx

「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。