短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:11/22(木)◆しかしねえ。香料に含まれている、この可塑剤(かそざい)自体、環境ホルモンなんですね。だから…

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

    2018年11月22日(木)号
      No.3290

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。





     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
      → http://www.facebook.com/yamada.inochi





             ▼目次▼

【1】水曜日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べ
   た、山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワ
   ンショット。

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」:

   ★もぞもぞの、冒頭部分……

    しかしねえ。

    上記で述べた「フタル酸エステル」は可塑剤(か
    そざい)なんですが、これ自体、「環ホル」(環
    境ホルモン)なんですぞ。

    あなた、環境ホルモンって、もうご存じですよね。

    生殖能力を損(そこ)なう恐れがあったり、ホル
    モン性の病気(乳ガンや子宮ガン、前立腺ガンな
    ど)の原因であるなど、各国でいままでにさまざ
    まな研究がなされてきました。

    いやはや……。

    でも、こうした注意物質が、まさか香料に含まれ
    ているなんて、ぼくたち、学校で学びましたっ
    け?(笑)

    まあ、ぼくは学校では、居眠りをしている時間が
    多かったのですが、確か、生きるのに直接大切な
    ことは、教えてはくれなかったように記憶してお
    ります。

    もちろん、1プラス1がいくら……なんていう学
    習も、一生では大切ではあります。

    こうした計算が……(省略)。


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集(毎週、木金土に掲載! ぜひどうぞ):

        ★「実話・食卓の事件簿」★
第1巻~第14巻

     いつの間にか、この「実話・食卓の事件簿」も、
     第14巻にまでなりました。

     読者への質問に答えた、楽しくて真剣なぼくの
     「おとぼけ返信」集! 
     具体例満載の「いのち運転百科事典」としてど
     うぞ。
     あなたの探している答が「ここに」あります。








______________________________

【1】
           ★下記の文章は、
 
   この水曜日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べた、
 山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワンショットです。

       それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」も……。
 
______________________________


        今週11/21(水)号のタイトル
 
               ★
               ★
               ★
 
      「香料」のせいで死ぬ思いの人たちへ!
             ~第2弾~

~無法地帯のこの「香料」の世界で、いったい何が起こっている
  のでしょう。あなたも、けっして他人事じゃない理由とは~


     (下記は、本文の中の、ほんの一部分です)


              (前略)


これらの香料は、有力なアレルギーの原因物質なんですね。

しかも、それらの香料は単独ではほとんど使用されません。
いくつもの種類の化学物質を調合して作られております。

先述しましたように、現在、こうして香料に使われる物質は500
種類以上だと言われていますが、いやいや、真実はけっして分かり
ません。

こうしている間にも、どんどん調合されていっているのじゃありま
せんか。

しかも、この香料については規制もなく、まさに「企業秘密」とい
う言葉で闇の中にある状態なんですね。

恐らく、当の企業でさえ、その内容を知っているのはほんの一部の
人間だけでしょう。

こうした誰も知らないものを、派手な広告の影響を受けて、多くの
消費者が、疑問にも思わず、購入しております。

化粧品、合成洗剤、柔軟剤、そして飲料水などにも……。

香水や化粧品などに使われる香料には、動物や植物からの天然香料
と石油系のものがありますが、とくに石油系の香料には、香りを保
つための「保留剤」として「フタル酸エステル」が使われているん
ですね。


              (後略)


              ★★★

((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))

しかしねえ。

上記で述べた「フタル酸エステル」は可塑剤(かそざい)なんです
が、これ自体、「環ホル」(環境ホルモン)なんですぞ。

あなた、環境ホルモンって、もうご存じですよね。

生殖能力を損(そこ)なう恐れがあったり、ホルモン性の病気(乳
ガンや子宮ガン、前立腺ガンなど)の原因であるなど、各国でいま
までにさまざまな研究がなされてきました。

いやはや……。

でも、こうした注意物質が、まさか香料に含まれているなんて、ぼ
くたち、学校で学びましたっけ?(笑)

まあ、ぼくは学校では、居眠りをしている時間が多かったのです
が、確か、生きるのに直接大切なことは、教えてはくれなかったよ
うに記憶しております。

もちろん、1プラス1がいくら……なんていう学習も、一生では大
切ではあります。

こうした計算ができなければ、仕事にも就(つ)けませんよね。
客に渡すおつりの計算もできなければ、バイトもできません。

でも社会に出ると、これらのほかに、生きるのに大切な問題が、も
う山ほどあります。

              ★★★

たとえば、今回述べましたように、いま、香料の害で悩んでいる子
どもや大人たちが、この日本社会に充満(じゅうまん)している。

そして、みんなが苦しんでいるそのような事態は、マスコミでもな
かなか大きく取り上げてはくれないわけですね。

だって、洗剤メーカーたちは……(省略)。





(★★★「短縮版」のメルマガでは、このあたりを省略していま
 す。でも少しでも皆さんにお役に立てば嬉しく思います★★★)





そういう意味で、ぼくたちは、このCS(化学物質過敏症)のかた
たちに感謝すべきなんじゃないでしょうか。

ぼくたちは、彼らをもっともっと応援して、いまの社会が人間やほ
かの生きものたちにとって「極楽(ごくらく)な場所である」よう
に、少しずつ改造して行きたいものです。

ささささ、あなたも、ごいっしょに、
どうぞ、お手を……(ん? 誰もいなくなった!キョロキョロする)。

ふふふ……また、お逢いしましょう。
今日は、これまで。
お元気で!
                       (山田博士


★★もし、先日の水曜日の「完全版」をご希望のかたは、事務局ま
  でご連絡下さい。手間代として500円だけいただきますが、
  お送りしてもかまいません。水曜日の号であれば、過去の分で
  も結構です。メッセージ欄に、……何年○月○日号の「完全版」
  を希望します……とご記入下されば、追って、送金情報をお送
  りします。ご遠慮なく、どうぞ。→ http://goo.gl/t12Yx








______________________________

【2】
   あなたや、あなたの家族を、山田が命懸けで救います!
 
           ★山田博士作品集★
 
 より深く、より正確に、より楽しく、メルマガの内容をお知らせ
 したいため、ぼくの作品を、毎回この欄でご案内しています。
 
______________________________

毎週「木金土」に、山田の作品をこの欄で掲載します。お楽しみに!
 

 
          今回は下記の作品です。
           ↓  ↓  ↓
=======================

         ★「実話・食卓の事件簿」★

            第1巻~第14巻

 読者への質問に答えた、楽しくて真剣なぼくの「おとぼけ返信」集!

=======================

 (なんと、「全14巻、合計1786頁」にわたって、ぼくから
  のおとぼけ返信が載っております。まず関心あるタイトルから
  ご覧下さい。きっとそのとき心配されている答えが載っている
  はずです。具体例満載の「いのち運転百科事典」としてお使い
  下さい)



今回は、……「実話・食卓の事件簿」のご案内です。

これは、毎週火曜日に、メルマガで載せている、読者の声への、ぼ
くの「おとぼけ返信集」。

どうです、毎回、ご覧いただいていますか(「完全版」には、いつも
納得いくまで書いております)。

これは、読者のかたからのお便りをダシにして(すみませんっ)、
マスコミも言えない内容を、楽しく、しかも詳しく述べたもの。

すべてが「返信の形」となっていますので、きっと心にスッと入っ
てもらえるのではないかと、「勝手に」思っております。

でも、最近、ますます、お返事の文字量が増えてしまって……(笑)。

ただ、皆さんからこうしていただいたお便りやご質問は、膨大な量
になってしまいました。

              ★★★

でもそれらはみな、皆さんの真剣な声です。
と言うことは、全国にいらっしゃるほかの皆さんも、きっと常に思
っていらっしゃることばかりでしょうね。

そしてそれらは、ぼくにとっては、「二度と手には入らない宝物」。

そのため、毎回、ぼくも青くなって……いや、真剣になってお返事
をしております。

こんな返信集、どこを探しても、そうそう見つかるものではありま
せん。
分かりやすく、楽しく、しかもマスコミも言わない内容がてんこ盛り。

そのため、それらの内容を、「多くのかたと共有したいな」と、以
前から思っていたのです。


まままま、下記の「専用頁」をどうぞ……。


「実話・食卓の事件簿」の「専用頁」→ http://tiny.cc/ja640y



◆上記の作品をご希望のかたへ:

 ご希望のかたは、できれば、専用頁の中のASPでお求め下さい。
 もし、当事務局から直接欲しいということであれば、当事務局まで、
 ご連絡下さい。その場合、メッセージ欄に「○日○号を見ました。
 ○○を直接希望します」と記入して下されば、送金情報などをお
 送りします。事務局→ http://goo.gl/t12Yx

 またVIP会員のかたは価格が異なっていますので、お手数ですが、
 当事務局までその旨を記入してご連絡下さい。

 この作品が、あなたと、あなたのご家族をよりハッピーにさせるこ
 とになれば幸いです。お元気で。





               ★
               ★
               ★


 (山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下さい。
  右側に並んでおります。
  メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無料号
  外などを配信いたします。読者のかたは、どうぞお楽しみに!)
  「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

 世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
 3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。とく
  に大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、それを
  一足早くPDF版にして「プレゼント」します。何度でも!

 半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り価格
 で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
  http://yamadainochi.com/

   事務局への連絡はこちらへどうぞ→ http://goo.gl/t12Yx

「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。