短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:12/8(土)◆家庭で出すこうした「プラゴミ」は、「中食」の結果ですよね。スーパーやコンビニ、デパ地下などで…

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

    2018年12月08日(土)号
      No.3304

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。





     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
      → http://www.facebook.com/yamada.inochi





             ▼目次▼

【1】水曜日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べ
   た、山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワ
   ンショット。

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」:

   ★もぞもぞの、冒頭部分……

    住宅街を歩きます。

    ちょうどその日が、「プラゴミ」を出す曜日だっ
    た場合など、白い「プラゴミ」の袋が、もう本当
    に山積みになっています。

    いやあ、凄(すご)いものだなあ。

    あれだけの量を、どこの家庭でも使うんだ……。

    ぼくなど、いつも呆(あき)れながら、指をくわ
    えてそのゴミ集積所の光景を一人見つめておりま
    す。

    おっととと、ほかにもう「一人」、電線の上の
    「黒マント野郎クン」もそう。

    もちろん、それらの白いプラスチックの袋に入れ
    られた中味も、プラスチック用品。

    どの集積所も山になって……(省略)。


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集(毎週、木金土に掲載! ぜひどうぞ):

   ★悲しい原発汚染時代の、ニッポンの魚の食べか
    た(即実践・第18話)








______________________________

【1】
           ★下記の文章は、
 
   この水曜日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べた、
 山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワンショットです。

       それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」も……。
 
______________________________


        今週12/5(水)号のタイトル
 
               ★
               ★
               ★
 
    外食に含まれる「フタル酸エステル」が、少子化
       ホルモン性ガン発症の主因だった!

~とくに外食好きの10代の尿中からたくさん検出されておりま
 す。しかも、一般住宅などの壁紙に使われる「塩化ビニルクロ
 ス」からも、「フタル酸エステル」が検出されているんですね~


     (下記は、本文の中の、ほんの一部分です)


              (前略)


日本だけが逆行していることは、この「フタル酸エステル」問題だ
けじゃなく、いままでさまざまなことを述べてきたことにも当ては
まります。

たとえば、100円ショップで売られている除草剤の「グリホサー
ト」。

これなども、日本ではEUとは反対に、規制緩和をしたりしていま
すからね。

そのため、国産のお蕎麦(そば)や国産小麦のパンに、この除草剤
「グリホサート」」を、いままでより、なんと「6倍~150倍」
も多く使ってもよくなったわけです。

EUなどでは、規制の方向に向いているのに、ですよ。

なぜ、日本だけが、背を向けるわけです。

時代劇じゃないのですから、高楊枝(たかようじ)を口に斜めにく
わえて、孤独に歩いていても、なにも、格好良くはありません(笑)。

そういうところはもっともっと、世界と協調したらいいのじゃあり
ませんか。

先ほども述べましたが、この「フタル酸エステル」は、「塩化ビニル」
を始め、一般には、プラスチックを柔らかくするための可塑剤とし
て使われているものでしたね。

外食を利用すると、なぜ「フタル酸エステル」が体内に多く入るの
かと言えば、外食のメニュは工場で作られたものが多いでしょう
から、各店へ運ぶにはプラスチック容器やプラスチックで包装しな
くてはなりません。

しかも調理場には、多くのプラスチックが使われております。

そうしたことは、家庭の台所の比じゃないわけですね。


              (後略)



              ★★★

((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


住宅街を歩きます。

ちょうどその日が、「プラゴミ」を出す曜日だった場合など、白い
「プラゴミ」の袋が、もう本当に山積みになっています。

いやあ、凄(すご)いものだなあ。

あれだけの量を、どこの家庭でも使うんだ……。

ぼくなど、いつも呆(あき)れながら、指をくわえてそのゴミ集積
所の光景を一人見つめております。

おっととと、ほかにもう「一人」、電線の上の「黒マント野郎クン」
もそう。

もちろん、それらの白いプラスチックの袋に入れられた中味も、プ
ラスチック用品。

どの集積所も山になっていますので、町全体を考えますと、なんと
も凄い量になります……。

じつは、ぼくは、あまり「プラゴミ」を出しません。

きっと、ほかのご家庭に比べたら、3分の1……ぐらいじゃないで
しょうか(もっと少ないかも)。

              ★★★

そのため、ゴミを出す回数も、ほかの家庭に比べて、まあ3分の1
ぐらいかなあ。

出さない日も、かなりあります。

ぼくの町では1週に2回が「プラゴミ」の日なんですが、それも何
回か過ぎてから、「そろそろ出すか」……なんていう調子なんですね。

家庭で出すこうした「プラゴミ」は、いわゆる「中食(なかしょく)」
として食べた結果なのでしょう。

スーパーや……(省略)。





(★★★「短縮版」のメルマガでは、このあたりを省略していま
 す。でも少しでも皆さんにお役に立てば嬉しく思います★★★)





その取り組みかた次第では、きっと将来への大きな「一歩」になる
かもしれませんね(もちろん、その逆もありますが)。

でも、「プラゴミ」が減ると、電線の上であのゴミの山を狙(ねら)
っていたギョロ目の「黒マント野郎クン」が、困るかもなあ。

う~む、人間と彼らの「両者」が幸せになる方法は……えっと……
(なんとも、無駄なことを考えている山田クンです)。

ふふふ……また、お逢いしましょう。
今日は、これまで。
お元気で!
                       (山田博士


★★もし、先日の水曜日の「完全版」をご希望のかたは、事務局ま
  でご連絡下さい。500円だけいただきますが、お送りしても
  かまいません。水曜日の号であれば、過去の分でも結構です。
  メッセージ欄に、……何年○月○日号の「完全版」を希望しま
  す……とご記入下されば、追って、送金情報をお送りします。
  ご遠慮なく、どうぞ。→ http://goo.gl/t12Yx








______________________________

【2】
   あなたや、あなたの家族を、山田が命懸けで救います!
 
           ★山田博士作品集★
 
 より深く、より正確に、より楽しく、メルマガの内容をお知らせ
 したいため、ぼくの作品を、毎回この欄でご案内しています。
 
______________________________

毎週「木金土」に、山田の作品をこの欄で掲載します。お楽しみに!
 

 
          今回は下記の作品です。
           ↓  ↓  ↓
   =========================

   ★悲しい原発汚染時代の、ニッポンの魚の食べかた!★

          (即実践・第18話)

  ~海藻の放射性物質汚染実態を見ればよく分かる。魚食民族
   の日本人は、今後、魚とどう付き合えばいいのだろう。そ
   の対処方法~

   =========================

      第18話案内頁→ https://goo.gl/xwTQZK



こんにちは。

「悲しい原発汚染時代の、ニッポンの魚の食べかた」だなんて、そ
の文字どおり、本当に悲しいですよね。

でも、将来の時点から現在を眺めて見れば、現在は、まだまだ救わ
れた時代だったと言われるのかもしれません。

だって、あと数十年、いや十数年も経てば、もっともっと海の汚染
が進み、ぼくたちは魚を選ぶことさえできなくなるかもしれないん
ですね。

それは、いまから数十年前、魚の状態がいまのような事態になるこ
となど、誰一人、想像さえできなかったことからも分かるというも
のです。

皆さん、予想できました?

まあ、ぼく自身は故郷が原発銀座ということもあり、その当時から
ある程度は予想していましたけど、でも実際問題、それが現実にな
ると、やはり慌ててしまいます。

ど、どうすれば、……とね(笑)。

まあ、ぼくの性格ですから、いつも「落ち着くことができない」の
は、まあ仕方ないとして、今回のこの魚に関した作品が、皆さんの
今後に少しでもお役に立てば嬉しく思っております。

              ★★★

ぼくは間違いなく、「魚食人間」です。

生まれも育ちも海辺の町。

そこですくすくと「お育ちに」なったぼくは、高校時代など、2階
にあった勉強部屋(遊び部屋?)で目を覚まし、窓を大きく開けて、
魚市場(うおいちば)から漂(ただよ)ってくる焼きサバの匂いに
鼻の穴を大きく動かしたものです。

そして、その匂いと新鮮な空気を思いっきり深呼吸したあと、山田
クンはもちろん、勉強に夢中に……あ、ちょっと違って、もう一眠
りすることに夢中になっていた……ものです。

そのような魚とともに生きてきたぼくがいま、まさか「原発汚染時
代の、ニッポンの魚の食べかた」なんていう原稿を書かなくてはな
らないなんて。

もう涙……です。

まままま、下記の「専用ブログ」をどうぞ……。





______________________________


           ★お求め方法★

______________________________


   下記の専用ブログの中にあるASPからお求めください。

              ↓ ↓ ↓
======================

    ★悲しい原発汚染時代の、ニッポンの魚の食べかた★
           (即実践・第18話)

      第18話案内頁→ https://goo.gl/xwTQZK

          現在の価格→ 2918円

(「完全版」読者のかたは、お手数ですが、価格が異なっています
 ので、「12/8号を見た」旨、事務局まで直接ご連絡下さい)

  ======================

  連絡、お待ちしています。

  お元気で。





               ★
               ★
               ★


 (山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下さい。
  右側に並んでおります。
  メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無料号
  外などを配信いたします。読者のかたは、どうぞお楽しみに!)
  「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

 世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
 3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。とく
  に大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、それを
  一足早くPDF版にして「プレゼント」します。何度でも!

 半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り価格
 で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
  http://yamadainochi.com/

   事務局への連絡はこちらへどうぞ→ http://goo.gl/t12Yx

「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。