短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:12/17(月)◆「ファクトリー・ファーミング(工場式畜産)」が、抗生物質の効かない体を作っていた……とはね

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

~月曜日だけは、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~

    2018年12月17日(月)号
      No.3311

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。





     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
      → http://www.facebook.com/yamada.inochi





            ▼本日の目次▼

 〜月曜日だけは、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです〜

【1】人生には少しのお金と歌と夢、それにでっかい健康
   があれば、それでいい!……連載:818回:

   ぼくたちは魚を煮たり焼いたり生で食べたりしてい
   ますが、その中でも、魚を焼いた場合に「第2級ア
   ミン」というタンパク質が生まれます。ところがこ
   れと「亜硝酸塩」がいっしょになると……


【2】本日ご案内する山田の「電子書籍」は、これっ!:

  ■「社会の裏側!」第102巻

   『「ファクトリー・ファーミング(工場式畜産)」
    が、抗生物質の効かない体を作っていた!』








______________________________

【1】
         人生には少しのお金と歌と夢、
     それにでっかい健康があれば、それでいい!

            連載:818回
______________________________

      (この欄は、毎週「月曜」に連載)

(前回の記事は下記の同じ箇所をご覧下さい。その続きとなります)
  → https://archives.mag2.com/0000141214/20181210050000000.html




★タイトル:

ぼくたちは魚を煮たり焼いたり生で食べたりしていますが、その中
でも、魚を焼いた場合に「第2級アミン」というタンパク質が生ま
れます。ところがこれと「亜硝酸塩」がいっしょになると……




前回では、「はい、長らく、お待たせしました」……なんて、冒頭
でお話しをしたのですが、誰も待ってなんかいなくて、がっかりし
たように、うつむいていた山田クンの姿がありました。

思い出しました?(笑)

まあ、それでも、山田クン、強く気を取り直して、健気(けなげ)
にも、いろいろと話をしてくれたようです(笑)。

今回は、その続き。

いまお話ししていることをちょっと整理しますと、身近な食べもの
に含まれている発色剤(はっしょくざい)の「亜硝酸塩(あしょう
さんえん)」なるものが、じつは、さまざまなアレルギーなどの症
状を起こして、多くの子どもや大人たちを苦しませている犯人だっ
た……ということでしたよね。

魚を食べたりして、顔が赤くなったり、じんま疹(しん)が出たり
する人も多いと思います。

とくに、魚やその加工品なんかでは、「ヒスタミン」を原因とする
「アレルギー様(よう)の症状」となる食中毒が知られていますよね。

              ★★★

そのような症状を引き起こす「ヒスタミン」は、ぼくたちの体の中
では、神経の伝達などにかかわっているホルモンでした。

でも、ふだんは「肥満(ひまん)細胞」なんていう細胞の中に蓄
(たくわ)えられて、ジッとしている……ともお伝えしたと思います。

でも、ちょっとした刺激があれば、この細胞から放出されてしまう
のでしたよね。

そして、その刺激の一つとなるのが……この「亜硝酸塩」。

こんなものを、皆さんのいつも食べている中に、それこそシレッと
した顔で混入させている企業たち……とも述べましたよね。

お、思い出しました?

              ★★★

この「亜硝酸塩」のために、血管が拡張したり筋肉が収縮したりし
て、●●に症状が出れば、大変ですしね(●●は、下記の設問をご
覧下さい)。

でも、前回の最後で述べたように、じつは、この「亜硝酸塩」。

それどころでは無かったわけです。

いま述べた「ヒスタミン」のことなんて、まだまだ可愛いもので
した(笑)。

じつは、ぼくたちの祖先たちも長い間食べ続けてきた和食のメニュ
の中に、食べものの組み合わせによって、強毒な発ガン物質が生ま
れることがあるんだ……ということなんですね。

それも、ぼくの大好きな「魚や野菜の組み合わせ」。

そのため、今回、さらに詳しく述べてみたいと思っています。

ちなみに、ぼくはずっと、食卓に並ぶメニュの中では、このことに
気をつけています。

しかも、周囲の人たちにも、この問題点だけは伝えてあります。

              ★★★

前回の最後では、いま述べているこの「亜硝酸塩」と、アミンとい
う物質が、ぼくたちの胃の中でいっしょになると、ある強毒な物質
を生む……というお話しをしました。

亜硝酸塩」はもうお分かりでしょうが、そのアミンというのは、
その名前のとおり、タンパク質の成分でアミノ酸の一種なんです。

そしてそれは、いま述べたように、魚やタバコ、クスリ……などに
多く含まれていることも分かっているわけですね。

しかも、その魚の「調理法」によっては、かなり異なっています。

さてさて、それでは、今回のお話、どう展開しますやら……。

どうぞ、じっくりとご覧下さい。


              ★ ★ ★


↓ 本文。前回より続く(下記は、ぼくの著書の一部分です)。




ぼくたちは魚を煮たり焼いたり生で食べたりしていますが、その中
でも、魚を焼いた場合に「第2級アミン」というタンパク質が生ま
れます。

この物質と「亜硝酸塩」が胃という酸性状態の中でくっつきますと、
先述の、ニトロソアミンという発ガン性物質を生むわけなんですね。

ぼくが調べたところでは、煮魚や刺身(さしみ)などからはこの
「第2級アミン」は割合少ない。

ところが、「焼き魚」から出る数値は、半端(はんぱ)じゃありま
せんでした。

じつは、この事実。

1969年に、サンダー博士という人が実験で確かめているんですね。

              ★★★

この「亜硝酸塩」と第2級アミン、それぞれ単独では発ガン性はな
かったと言います。

でも、この両者をいっしょにした胃の中では、発生したわけなんで
すね。

ただ、条件がある。

ポイントは互いの量。

亜硝酸塩」の場合は100ppm以上、アミン類が700ppm
以上。
……というのがその数値でした。

だから、それ以上含まれていれば、発ガン物質を生むことになる…
…ということなんですね。

参考までに、身近なものに含まれている数値を挙げますと、たとえ
ば、漬けものの汁などには、この「亜硝酸塩」が96ppmも含ま
れていました(参考:「ガンになる危ない食べ合わせ山根一眞著)。

              ★★★

あとで述べるように、この「亜硝酸塩」が人工的に添加されたウイ
ンナーソーセージなどには、80ppmも含まれているものがあっ
たそうですね。

この数値では、もう、ほんのちょっとで「危険地域」に入るのでは
ありませんか。

それに、こうした加工食品じゃなく、ぼくたちの先祖がふだん口に
していた漬けものやお浸(ひた)し。

じつは、それにこそ、この「亜硝酸塩」が……(省略)。


(次回のこの欄に続く)


             ▼設問です▼


設問→ 上記の文章を読み、下記の●●にあてはまるものを、選択
    語句から選んでみよ。ただし2文字とは限らない。

  「この『亜硝酸塩』のために、血管が拡張したり筋肉が収縮し
   たりして、●●に症状が出れば、大変ですしね」

      【選択語句→水虫、ギックリ腰、気管支】

       ■答え■

 下記のとおりです。でも、先に答えを見てはいけません。
 本文を再度ご覧になり、十分想像してから答えをご覧下さい。
 きっとその繰り返しが、あなたの明日を輝かせることになると思
 っています。

            答え→ 気管支

【上記の文章は、ぼくの著書『その食品はホンモノですか?』(三
 才ブックス)を元にして、毎回、そのときどきに新しい事実を述
 べて行きます。すでにこの本をお持ちのかたも、どうぞお楽しみ
 に!】








______________________________

【2】
   ★本日ご案内する、山田の「電子書籍」は、これっ!★

 〜PDF版を希望されるかたは、下記の案内サイトに、その
   方法が記載されています。そちらからご連絡下さい〜

______________________________

     電子書籍版は、アマゾンから直接お求め下さい。
PDF版は上記の方法で、当事務局へご連絡下さい。価格は同じです。



         ★「社会の裏側!」第102巻★

  『「ファクトリー・ファーミング(工場式畜産)」が、抗生
        物質の効かない体を作っていた!』

 ~家畜用の抗生物質による「スーパーバグ」の死者が、2025
  年までに100万人にもなるという試算と、ファストフード大
  手3社からの返事には驚きました~

    第102巻の「案内サイト」→ https://bit.ly/2PFwVb9


            山田博士・著

(詳しい概略や目次などは、上記の「案内サイト」をどうぞ。「P
 DF版」でも提供できますが、なるべく電子本をお願いします。
 ただ複数巻をご希望のかたは、「PDF版」だと割引きします)





               ★
               ★
               ★


 (山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下さい。
  右側に並んでおります。
  メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無料号
  外などを配信いたします。読者のかたは、どうぞお楽しみに!)
「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

 世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
 3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。とく
  に大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、それを
  一足早くPDF版にして「プレゼント」します。何度でも!

 半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り価格
 で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末まで無料。
「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
  http://yamadainochi.com/

   事務局への連絡はこちらへどうぞ→ http://goo.gl/t12Yx

「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
______________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。