短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:1/8(火)◆読者へのお返事:明治時代に、罪を犯した人の「更生保護事業」を私財でやりとげた先祖たちを思うと……

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

     ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

    2019年01月08日(火)号
      No.3320

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。





     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッとしていただけま
   せんか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi





             ▼目次▼


【1】読者への「おとぼけ返信!」

  (毎週、この欄は「火曜日」に掲載しています。読者からの声
   をダシにして、山田の思いをお話ししております(笑)。どう
   ぞ、毎回、お楽しみに! 注:次回から金曜日になります):

   ■No.1588

    お陰様で、今日から(メルマガ「暮しの赤信号」の)
    直接の配信がありました。これで一安心です。い
    い年になりそうです……

  (S.Sさん、神奈川県横浜市、男性、77歳、自営業)


【2】本日ご案内する山田の「電子書籍」は、これっ!:

  ■「社会の裏側!」第105巻

   『日本人は、昔から「エシカル・コンシューマー」
    だった。なのに、なぜいま、あえて逆方向に向か
    うのだろう!』








______________________________

【1】
         ▼読者への「おとぼけ返信」▼

   この欄は、毎週「火曜日」に掲載します。お楽しみに!
______________________________


注:個人のお名前はイニシャルにし、個人情報などは割愛し
  ました。

    誤字脱字の訂正や、分かりにくい文章はいくつかに
    分けたり、短縮したりしていますが、送り仮名や漢
    字、文体などは基本的にそのままですので、全体で
    の統一はわざとしておりません。

    そのため、読者の体温をそのままお楽しみ下さい。
    年齢やご職業などは連絡を受けた当時のものです。

        【イニシャルは、姓と名の順です】
          (例)美空ひばり→M.H



 …………………………………………………………………………
 ■No.1588

 お陰様で、今日から(メルマガ「暮しの赤信号」の)直接の配信
 がありました。これで一安心です。いい年になりそうです……

 …………………………………………………………………………
  (S.Sさん、神奈川県横浜市、男性、77歳、自営業)



新年明けましておめでとうございます。

お陰様で、今日から直接の配信がありました。

これで一安心です。

いい年になりそうです。

ありがとうございます。


           ■山田からのお返事■


Sさん、こんにちは。
山田博士です。

明けまして、おめでとうございます。

こちらこそ、本年も、どうぞ、お付き合い、よろしくお願いします。

Sさんからいただいた今回のこのご連絡は、じつは、いつも配信し
ているこのメルマガ「暮しの赤信号」が届かない……ということだ
ったんです。

故郷にいたぼくに、事務局から転送されてきましたので、ぼくから
直接、正月休みの間にご連絡をした次第なんです。

ちょうど、実家で料理をしていて、その合間に、居間に置いてある
パソコンで、Sさんにご連絡したりしていました(笑)。

最近は、社会に騒動を起こすような「迷惑メール」が増えたせいな
のか、……このメルマガ「暮しの赤信号」が受信箱に届かない……
という声が増えたように思います。

              ★★★

その場合は、今回のように、当方からの「独自配信」という方法が
ありますので、どうぞ、それを利用なさって下さい。

これは、当方が配信スタンドに毎月料金を支払っているためか、割合、
しっかりと送信されるようです。

いま、これをご覧になっている読者のかたで、いままで、どうも無
事にメルマガが届かないなあ……というかたは、下記のフォームの
コメント欄に、「独自配信をお願いします」と、ご連絡下されば、
すぐに、その手配をいたします。
      事務局→ http://goo.gl/t12Yx

どうぞ、ご利用下さい。

このメルマガを創刊し始めたころは……えっと……もう15年ほど
前になりますか。
いやあ、もうそれだけも経(た)つのですね。

その当時は、メルマガが届かないなんてことは、一度も無かったよ
うに記憶しています(まあ、いつものように、あまり覚えていない
のですが)。

              ★★★

でも、長い人類の歴史の中で見れば、こうしたほんのちょっとした
短い年月の間に、日本にも「メール社会」が広がり、日本人の中に
も、ずいぶん「迷惑な行為」をする人が増えてしまったようです。

本当に悲しくなります。

なにしろ、この「メール社会」は匿名(とくめい)ですから、何で
も言えますし、何でもできます。

相手の顔も、表情も、気分も、何も見えないわけですから、平気で
相手を傷つけたりするわけですね。

そのために、子どもにスマホなどを渡すことは、ぜひ止めてほしい。
彼らの世界では、大人以上に、深刻な事態になっています。

メールやラインなどをする人は、自分の素性(すじょう)を隠して
いる。
本当に、イヤな社会になりました。

いつも述べていますが、ぼくは、どんなことでも卑怯(ひきょう)
なことは嫌いなんです。

たとえ野垂(のた)れ死(じ)にしても、姑息(こそく)なこと
は、大嫌いなんですね。

しっかりと、自分の素顔(すがお)をさらして、相手に分かる言葉
で話したい。

カーテンの陰に隠れて、自分の素性を隠しながら、多数に、迷惑メ
ールをまき散らかすような人が増えました。

そのために、「本当に得たい情報が手に入らなくなる」わけですね。

              ★★★

そうだからこそ、Sさんのようなかたには、このメルマガ「暮しの
赤信号」をぜひ読んでほしい。

そして、社会には大勢の仲間がいるんだということを知ってほしい
のです。

ぼくたちは、団結しなければ、何もできませんし、多くのかたを救
うこともできません。

先の大戦で、「日本が世界各国から孤立したこと」が、あの悲惨な
結果となりました。

なにしろ、「日本の味方」は誰もいないのですから。

あのヒトラーとわざわざ手を組んだため、日本人は、ワケも分から
ず、気が付いたら、目の前が廃墟だったわけです。

ぼくは思うのですが、考えてみれば、国際連盟を脱退したときが、
敗戦の始まりだったんですね。
これは、確かです。

              ★★★

誰も、こんなこと知りませんが、あの当時、日本は「国際連盟の常
任理事国」だったのですよ。

日本は当時、それなりに世界の中では地位もあったのに、多くの国
と手をつないでいれば、あのような結果で終わることはなかったの
かもしれないと思うと、本当に残念です。

日本の軍部は、「満州という国」を世界に認めさせようとして反発
を受け、連盟を脱退した。

そして、それまで「日英同盟」で親しかったイギリスにも背を向
けて、日本は、どんどんと世界の中で孤立していったわけですね。

これは、国だけじゃなく、個人の場合にも同じことが当てはまります。

ぼくは、多くの人と手を組みたい……(省略)。






(★★★「短縮版」のメルマガでは、このあたりを省略していま
 す。でも少しでも皆さんにお役に立てば嬉しく思います★★★)






ぜひ、皆さんも、年齢など関係なく、社会のために、そして子孫た
ちのために、動いて下さい。

ぼくも後ろから、大いに応援します。

いまの人たちのように、電車の中でも店の中でも、スマホばかりみ
つめて指の運動をしているようでは、世間を実際に見ることは難し
いでしょうね。

スマホなんていうそんな「道具」は放り投げ、せめて、人間である
武器を使って(頭脳のことです)、世の中をジッとみつめましょう
よ。

そう、あの金原(きんばら)さんのように。

Sさん、今後とも、どうぞ、メルマガをお楽しみ下さい。

お元気でね。








______________________________

【2】
   ★本日ご案内する、山田の「電子書籍」は、これっ!★

 〜PDF版を希望されるかたは、下記の案内サイトに、その
   方法が記載されています。そちらからご連絡下さい〜

______________________________

     電子書籍版は、アマゾンから直接お求め下さい。
PDF版は上記の方法で、当事務局へご連絡下さい。価格は同じです。



         ★「社会の裏側!」第105巻★


『日本人は、昔から「エシカル・コンシューマー」だった。なのに、
     なぜいま、あえて逆方向に向かうのだろう!』

  ~何も難しくはない。料理で社会を変えることもできるし、
   スーパーで動物虐待や環境を壊す企業の商品を買わないこと
   もできる~

    第105巻の「案内サイト」→ https://bit.ly/2JiwnGi

            山田博士・著

★目次


★(第1章)

今回、ぼくが、ここでお話ししようとしているのは、「あるがまま
の状態なのに地球に優しい消費者である「エシカル・コンシューマ
ー」について、です。もちろん誰でも可能なのですが、それには条
件があります……

★(第2章)

この「エシカル・コンシューマー」は、いままさに、その動きが加
速してきたように思います。きっと人類は、いまごろになって、お
のれのあまりにもの愚(おろ)かさに気がついたのかもしれません。
ところで、ある雑誌で、過去5万件にも及ぶ企業や商品やサービス
などが検証されました。そのスコアーはこれです……

★(第3章)

このような4点について、各企業の「エシカル度合い」を調べたわ
けですね。でも、日本では、つい先日も、厚労省が発表していまし
たように、そのうち116カ所では、残業がなんと、月200時間
を超える労働者がいたとか。もうそれだけでバツとなります……

★(第4章)

ただ、日本にも、すでにこうした「エシカル」をテーマにした服飾
ブランドなどは、実際にいくつか存在します。ところが、中国では、
アンゴラウサギ」の毛皮を、生きながら剥(は)いでおります。
そして、そのようなアンゴラを、あなたは平気で購入している……

★(第5章)

フードマイレージ……という言葉がありますが、これは、食べもの
をぼくたちの食卓の上まで運んでくるエネルギーの指標のこと。食
糧の量が多く、運ぶ距離が長いほど、この数字は上昇します。とこ
ろが、これを計算してみますと、日本は、アメリカのそれのなんと
3倍にもなるわけですね。つまり……

★(第6章)

そのような荒れ果てた山が、全国で増えているわけですね。そうし
た放置林が、元の原生林になるためには、なんと数百年もかかると
言われています。いったい、ぼくたちはどうしたらいいのか。その
一つの対策として、「FSCマーク」というものが……

★「社会の裏側!」シリーズの既刊本案内


(詳しい概略や目次などは、「案内サイト」をどうぞ。「PDF版」
 でも提供できますが、なるべく電子本をお願いします。
 ただ複数巻をご希望のかたは、「PDF版」だと割引きします)

    第105巻の「案内サイト」→ https://bit.ly/2JiwnGi





               ★
               ★
               ★


 (山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下さい。
  右側に並んでおります。
  メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無料号
  外などを配信いたします。読者のかたは、どうぞお楽しみに!)
「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

 世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
 3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。とく
  に大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、それを
  一足早くPDF版にして「プレゼント」します。何度でも!

 半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り価格
 で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末まで無料。
「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
  http://yamadainochi.com/

   事務局への連絡はこちらへどうぞ→ http://goo.gl/t12Yx

「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
______________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。