短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:1/31(木)◆かつて、発ガン性ありということで禁止寸前までいった「BHA」。業界の圧力で生き残り、いまも…

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

        ニッポン人の心と体を救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2019年01月31日(木)号
            No.3340

毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。





〜木曜日だけは「完全版」と「短縮版」の内容は同じです〜





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。





   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi






           ▼本日の目次▼

〜木曜日だけは「完全版」と「短縮版」の内容は同じです〜

【1】人生には少しのお金と歌と夢、それにでっかい健康
   があれば、それでいい!……連載:824回:

    この物質(「BHA」)は、下記の本文でも述べて
    おきましたが、1982年に、一度「全面禁止に」
    ……なろうとした物質でした。それがあなた(笑)。
    いま、あなたがレストランで外食をしたり、スーパ
    ーやコンビニなどで購入した「中食」などのメニュ
    の多くに、堂々と……


【2】本日ご案内する山田の「電子書籍」は、これっ!:

  ■「社会の裏側!」第2巻

   『ペットボトルを「ペット」にしてはいけない。新
    生児の男女比が驚くことになっている!』








___________________________

【1】
      人生には少しのお金と歌と夢、
   それにでっかい健康があれば、それでいい!

     連載:824回
____________________________

  (この欄は、毎週「木曜」に連載)

(前回の記事は下記の同じ箇所をご覧下さい。その続きとな
 ります)
→ https://archives.mag2.com/0000141214/20190124050000000.html




★タイトル:

この物質(「BHA」)は、下記の本文でも述べておきまし
たが、1982年に、一度「全面禁止に」……なろうとした
物質でした。それがあなた(笑)。いま、あなたがレストラン
で外食をしたり、スーパーやコンビニなどで購入した「中食」
などのメニュの多くに、堂々と……



本日から、新しい項目になります。

もう、読者の皆さんは、いままでお話しをしてきた「亜硝酸
塩(あしょうさんえん)」については、きっと夢に出てきて、
うなされていらっしゃるのではないでしょうか(笑)。

え?

うなされはしないけど、なぜか、ハムやソーセージの色を思
うたび、私ってお腹が空(す)くタチなので、耐えるのが大
変だった?

どうも意味が不明ですが、想像するところ、あなたは食いし
ん坊さんのようで……。

ま、それはともかく、今回からは、もう一つの極悪(ごくあ
く)添加物である「BHA」……を述べております。

             ★★★

これ、「ビーエッチエー」と、そのまま読んで下さい(笑)。

難しくありませんが、これを略さずに読みますと、きっと舌
を噛(か)まれると思います。

つまり……「ブチルヒドロキシアニソール」(どうでした?)。

まあ、正式な名前など、どうでもいいんです。

この「BHA」は、脂溶性(しようせい。脂に溶ける性質)
有機化合物で、主に酸化防止を目的として使われる添加物
なんですね。

そうそう、化粧品などにも……使用されております(笑)。

要は、こういう物質が、ふだんのあなたの食卓に、平気な顔
をして使われているってこと。

それを、今回はぜひお知り下さい。

マスコミも誰も、そんなこと、いまさら言いません。

だって、この問題を広く知らせて、スポンサーの機嫌を損
(そこ)ねても、彼らの利益にはなりませんから。

このメルマガぐらいです、こんなことを叫んでいるのは(笑)。

             ★★★

この物質は、下記の本文でも述べておきましたが、1982
年に、一度「全面禁止に」……なろうとした物質でした。

驚くでしょ。

それがあなた(笑)。

いま、あなたがレストランで外食をしたり、スーパーやコン
ビニなどで購入した「中食」などのメニュの多くに、堂々と
使われております。

いったい、何に使われているのかも、述べることにします。

そして、家族もワンコもダンナも、みな、こうしたものを体
に入れているわけですね(なぜ、ダンナがワンコのうしろに
続いているのかなあ)。

もちろん、それは、●●からの圧力のためです(●●は、下
記の設問をご覧下さい)。

そうしたことについても、今回、述べて行きますので、どう
ぞ、「楽しみに」ご覧下さい。

             ★★★

ぼくたちの社会は、一見、自由です。
一見、民主主義です。

だって、選挙でちゃんと議員たちを選んでいますからね。

でも、だからと言って、すべてを信用するのも考えものです。

必ず、組織というものは、腐敗します。
なぜなら、人間が行うものですから。

最近の政府内でのさまざまな「隠蔽(いんぺい)事件」を見
てみても、現実には、もの凄(すご)い「不自由で非民主主
義社会」になっていたことが、よく分かります。

それに企業の世界でも、先日の日産自動車の「ゴーン大事件」
のように、ぼくたちの頭にゴーンと大きな石ころが投げられ
たようなことが、日常的に行われているわけですね。

こんなこと、まったく珍しくもない。

             ★★★

まあ、考えてみれば、敗戦直後からいままで、ぼくたちは呑
気(のんき)なものでした。

なにしろ、日本の経済力が世界第2位にまで到達し、「ジャ
パン アズ ナンバーワン」……だなんておだてられていた
わけですしね。

まるで、いまの中国の状況のよう。

お金が、悪いものをすべて、呑(の)み込んでいたわけです。

ところが、この数年、一つ一つ、その実態が見えてくるよう
になりました。
その意味では、社会は、少しは「まともな方向」に向かって
いるのかもしれません。

事実が浮かび上がってくるようになりました。

今回のこの「BHA」についても、そのような歴史の流れの
中で、しかと眺めてみて下さい。

いまだからこそ、この問題を叫ぶ必要があるわけですね。

そのため、数十年前、そして数年前に見ていたこの「BH
A」が、いま、別のものに見えてくるはずです。

ささささ、それでは、下記をご覧下さい。


             ★★★

↓本文。前回より続く(下記は、ぼくの著書の一部分です)。




         極悪添加物 BHA
     ~全面禁止になるはずだった物質~

 かつて、発ガン性ありということで、禁止寸前までいった
 BHA。業界の圧力で生き残り、今も酸化防止剤として、
 ひっそりと使われている。


●BHAをラットのエサに加えた結果、約3割のラットの胃
 の細胞がガン化


かなり以前、ある新聞のトップに載った記事を紹介しましょう。

これは、衝撃でした。

「加工食品に使われている酸化防止剤BHA 発ガン性の疑
い 即席めん、マーガリン、魚介製品など広く使用」(「毎日
新聞」1982年4月4日)

この見出しのあとに、さらに小見出しで、「厚生省(現・厚
労省)、全面禁止へ……」と、間違いなく続いていました。

だから多くのかたは、現在では、まさかこんなものが食べも
のに使われているはずがないと、思っていらっしゃるかもし
れません。

ところが……。

             ★★★

この実験は、ラット(ネズミ)300匹を使って2年という
長い時間をかけて確かめた壮大なものでした。

しかも2%のBHAをエサに加えた結果、約3割の胃の細胞
がガン化したという、もう誰が見ても、「真っ黒な結果」だ
ったわけですね。

ところがいまも、大きな顔をして、このBHA(ブチルヒド
ロキシアニソール)は、「あるもの」に使われております。

なぜなら……(省略)。


(次回のこの欄に続く)


    ▼設問です▼


設問→ 上記の文章を読み、下記の●●にあてはまるものを、
    選択語句から選んでみよ。ただし2文字とは限らない。

   「もちろん、それは、●●からの圧力のためです」

      【選択語句→ 内部、軍部、外部】

     ■答え■

 下記のとおりです。でも、先に答えを見てはいけません。
 本文を再度ご覧になり、十分想像してから答えをご覧下さ
 い。きっとその繰り返しが、あなたの明日を輝かせること
 になると思っています。

    答え→ 外部

【上記の文章は、ぼくの著書『その食品はホンモノですか?』
三才ブックス)を元にして、毎回、そのときどきに新しい
 事実を述べて行きます。すでにこの本をお持ちのかたも、
 どうぞお楽しみに!】








___________________________

【2】
  ★本日ご案内する、山田の「電子書籍」は、これっ!★

電子書籍はアマゾンからお求め下さい。ただ、PDF版を
 希望されるかたは、下記の案内サイトに、その方法が記載
 されています。金額は同じにしていますので、どうぞ〜

___________________________



  ★「社会の裏側!」第2巻★

  『ペットボトルを「ペット」にしてはいけない。新生
      児の男女比が驚くことになっている!』

 ~グリーンランドで、新生児の「男女比」が驚くべき数字
  になっていますが、あなたが加害者でないと言えますか~

  第2巻の「案内サイト」→ https://bit.ly/2DIQNao

 山田博士・著

★目次


★(第1章)

年間150億円もの税金を使って、女子中高生たちを泣かせ
ている「事件」とは……

★(第2章)
とうとう、2013年の3月25日、「全国子宮頸がんワク
チン被害者連絡会」が設立されるまでに……

★(第3章)
商品名「サーバリックス」というワクチンを3回接種された
高校2年の16歳の娘が、その後どうなったのか……

★(第4章)
商品名「ガーダシル」というワクチンを接種された中学1年
の娘は……

★(第5章)
この子宮頸ガンは、子宮の入口あたりにできるガンだが……

★(第6章)
「中学入学お祝いワクチン」と銘打って、入学する1年生の
女子全員への全額補助でのワクチン接種とは!……

★(第7章)
なのに、このワクチン接種は、表向きは「任意接種」になっ
ているのだ。この卑怯(ひきょう)さをどう見たらいいのか
……

★(第8章)
予防接種には2種類ある。それなのに、このワクチンはこれ
らの法体系を無視したものだった……

★(第9章)
この薬の認可劇を、あなたはどう見るか。もの凄い黒い霧が
立ちこめている……

(最後にひとこと)

★「社会の裏側!」シリーズの既刊本案内


(詳しい概略や目次などは、「案内サイト」をどうぞ。「P
 DF版」でも提供できますが、なるべく電子本をお願いし
 ます。ただ複数巻をご希望のかたは、「PDF版」だと割
 引きします)

  第2巻の「案内サイト」→ https://bit.ly/2DIQNao





             ★★★
             ★★★
             ★★★


(山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。
 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!)

「メルマガ専用ブログ」→ https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





___________________________

      発行/山田博士いのち研究所

  105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
         http://yamadainochi.com/

  事務局への連絡はこちらへどうぞ→ https://bit.ly/2DjSStg

        「メルマガ専用ブログ」
      → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。