短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:3/15(金)◆読者へのお返事:ぼくも、ある施設で仕事中、そばを通る年配男性の警備員さんの香料に悩んでいます

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

        ニッポン人の心と体を救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2019年03月15日(金)号
       
     No.3377

 毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。





  〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~

   少々、長くなりましたが、ぜひご覧下さい。
      きっと、お役に立つと思っています。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。





   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi





            ▼目次▼

  〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~

【1】読者への「おとぼけ返信!」

(毎週、この欄は「金曜日」に掲載しています。読者から
 の声をダシにして、山田の思いを自由奔放にお話ししてい
 ます(笑)。毎回、どうぞお楽しみに!:

   ■No.1598

    いま、私、入院しているのですが、看護師さんが
    香料をまとっているため、悩んでいます……

    (S.Kさん、埼玉県北本市、女性、61歳、無職)


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集!ぜひどうぞ(先日の月曜日にご案内しました
   が、まだご覧になっていないかたのために、再度お
   載せします。本日が「大幅割引きの最終日」です):

   ★会話調「山田流シンプル・レシピ」第2弾★
     (すべて、写真付き。一生、役立ちます)

      外食メニュの真似をしてはいけない!
      こんなに簡単でいい!
      しかも、食費がグンと少なくなります!
      すぐに包丁が持ちたくなります!

   ■なお、すでに「月1万~」を持っているかたは、
    衝撃価格で提供します。きっとお役に立ちます。
    事務局まで、その旨をご連絡下さい。
         → https://bit.ly/2DjSStg








___________________________

【1】
       ▼読者への「おとぼけ返信」▼

 毎週、この欄は「金曜日」に掲載しています。読者から
 の声をダシにして、山田の思いを自由奔放にお話しして
 います(笑)。毎回、どうぞお楽しみに!

___________________________


注:個人のお名前はイニシャルにし、個人情報などは割
    愛しました。

    誤字脱字の訂正や、分かりにくい文章はいくつか
    に分けたり、短縮したりしていますが、送り仮名や
    漢字、文体などは基本的にそのままですので、全体
    での統一はわざとしておりません。

    そのため、読者の体温をそのままお楽しみ下さい。
    年齢やご職業などは連絡を受けた当時のものです。

      【イニシャルは、姓と名の順です】
        (例)美空ひばり→M.H



 ……………………………………………………………………
 ■No.1598

 いま、私、入院しているのですが、看護師さんが香料を
 まとっているため、悩んでいます……

 ……………………………………………………………………
  (S.Kさん、埼玉県北本市、女性、61歳、無職)



ありがとうございます。メルマガがまとめられて読みやすく
ていいです。(注:「実話・食卓の事件簿」の第15巻を求め
られましたが、そのことです)

丁度山田先生にご報告したいことがあり、この欄を使ってい
たします。

今私は、足の手術をし入院中です。

看護師さんたちはとても親身になってお世話してくださり、
とても感謝しています。

大学病院で普段行くクリニックの看護師とは違いプロだなと
感心することばかりです。

ただ、とても気になることがあります。

それは、看護師自身が香料をまとっていることです。

入院するにあたり、病室ではほかの患者さんが香料を付けて
いるだろうとは思っていました。

それに面会の方々の香料もあるだろうし、それが漂ってしま
うだろうとも思っていましたので、それはどうにも逃れられ
ないと覚悟していました。

すべての看護師ではないと思うのですが、かなりの方が香り
ます。
人により残り香が強いこともあり、いやな気分になります。

病院でこのような状況だとは思ってもいませんでしたので、
かなりショックです。

感謝するばかりではありますが、このようなことは別だと思
い、書かせていただきました。


         ■山田からのお返事■


Sさん、こんにちは。
山田博士です。

うわ、入院されているんだとか。

それは……大変な……ことでしたね。

1日も早く全快されることを、心から祈っております。

それに、看護師さんの香料の件。

なるほど、おっしゃること、よく分かるような気がします。

とくに入院されていて、ベッドの中では看護師さんたちと数
センチの近さで接しますから、なおさらなのでしょうね。

外などでは、香料もあまり感じないのでしょうが、閉じこめ
られた空間の場合は、とくに気になります。

ぼくなども、ある施設でよく仕事をしたりするのですが、パ
ソコンをパチパチと打っているときに後ろをしばしば通る警
備員さんたちの香料(年配の男性です!)。

それには、いつも悩んでおります。

密閉した場所では、いつまでも残り香(のこりが)が漂って
いますしね。

             ★★★

この香料については、いま日本各地で問題になっています。

いままで、あまり取り上げられなかったのが不思議なぐらい、
最近、いろいろなかたが声を挙げ始めました。

最近は若者にも多く現れている化学物質過敏症の患者さんた
ちにとっては、香水だけじゃなく、衣類などから発散する合
成香料も、耐えられないと言います。

これらの芳香剤は、鼻から吸収されると、直接、神経に影響
を及ぼすのですが、ただ薬事法などの規制外のため、成分も
安全性もほとんど分かっていないんですね。

日本で使用されている香料の約95%ぐらいが合成香料なん
です。
そして、そのほとんどは石油原料。

でも、洗剤や化粧品などの表示をご覧下さい。
どんな香料成分を使っていたとしても、それらはすべてただ
単に「香料」とだけしか……表示されていませんよね。

             ★★★

こんな卑怯(ひきょう)な表示って、ありますか。

使うなら、もっと正々堂々と、すべての香料成分を記載する
べきです。

もし、表示できなければ、ネットですぐに見ることができる
ようにすべきですよね。

あるかたなど、トイレの消臭剤でも、涙と激しいせきが出て、
心臓がドキドキしたことがあると言っておられましたね。

これらについては、以前、ぼくの電子書籍でまとめたので、
詳しくは、そちらをご覧いただくといいのですが、そのよう
な被害が、各地で頻繁(ひんぱん)に出ております。

たかが香料だとはとても言えません。

高級香料であるムスク(麝香)の代替品として、化粧品や香
水に使われている「人工麝香」というのがあります。

これは、生物のホルモンの働きを乱す内分泌(ないぶんぴ
つ)かく乱作用(いわゆる「環ホル」のこと)も指摘されて
いるものなんですね。

             ★★★

この「人工麝香」が、日本人の母乳や脂肪組織中に残留して
いることを、あるグループが突き止めました(それらについ
ても、上記の本に記載しました)。

このとき検出したのは、「HHCB」と「AHTN」という
2種類の人工麝香だったんですね。

この「HHCB」は生体内に比較的残留しやすいうえ、男性
ホルモンの働きを妨(さまた)げる作用なども動物実験で指
摘されているんです。

ついでにもう少し言いますと、妊婦が香水や香料入りの化粧
品類を使用すると、生まれてくる子どもが、将来不妊症にな
る可能性があるという研究もあります。

これらについては、人類生殖学医学研究委員会のシンポジウ
ムで、エジンバラ大学のRichard Sharpe教授などが発表
しています。

             ★★★

しかも、これらの香料は、有力なアレルギーの原因物質でも
あるんですね。

そして、それらの香料は単独ではほとんど使用されません。
いくつもの種類の化学物質を調合して作られております。

だけど、現在、こうして香料に使われる物質は500種類
以上だと言われていますが、真実は分かりません。

いや、こうしている間にもどんどん調合されていっているこ
とでしょうね。

この香料については規制もなく、まさに「企業秘密」という
言葉で闇の中にある状態なんですね。

まさに、ブラックボックス

             ★★★

香水、化粧品、合成洗剤、柔軟剤などなど……に、これらの
香料が使われているのですが、これらには動物や植物からの
天然香料と、「石油系」のものがあるんです。

でも、とくに石油系の香料には、香りを保つための保留剤と
して「フタル酸エステル」が使われているんですね。

しかしこれって、以前にもメルマガで述べたように、はっき
りした「環ホル」(環境ホルモン)でしたよね(笑)。

あ、こんなところで笑うところではありません。

でも、いまの日本の「香料の状況」は、まさに「何でもあ
り」……です。

早く、本当の意味での「先進国」になりたいなあ。

Sさん、どうぞ、お大事になさって下さい。

お元気でね。

【注】文中の電子書籍は、下記のとおりです。ご参考に。
「社会の裏側!」第11巻→ https://bit.ly/2Hnncq6








___________________________

【2】
   あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集! ぜひどうぞ。

 ~先日の月曜日にご案内しましたが、まだご覧になって
    いないかたのために、再度お載せしました~
 本日が、「大幅割引きの最終日」です。

___________________________



      先日案内したのは、下記の作品です。
          ↓  ↓  ↓

=======================

       あなたの家計がグンと助かる!
    ★会話調「山田流シンプル・レシピ」第2弾★

   ~「月1万~」所収レシピの続編となります~

         (すべて、写真付き)

   ■なお、すでに「月1万~」を持っているかたは、
    衝撃価格で提供します。きっとお役に立ちます。
    事務局まで、「月1万~」を持っている旨をご
    連絡下さい(ビックリ価格です。笑)。
         → https://bit.ly/2DjSStg

=======================
      外食メニュの真似をしてはいけない!
        こんなに簡単でいいのです!
         しかも、安くできます!


    ~下記は、先日ご紹介した声の中から一つだけ~

■先日送っていただいた「シンプルレシピ第2弾」が家族に
 好評です。特にイワシのかば焼き。焼いている匂いに誘わ
 れて、息子たちが次々に「何作ってるの?」「おいしそう
 な匂いがする」と台所をのぞきにやってきました。小骨が
 口に触るのが嫌いな三男が2尾も食べたのには驚きでした。
 今朝は夕食用にごぼうのゴマ酢和えを作って冷蔵庫に保存
 しました。どのメニューも表題の通りシンプルで短時間で
 作れるので助かっています。第3弾、第4弾も期待してお
 待ちしております……。
 (K.Mさん、岡山県岡山市、女性、54歳、看護師)


  掲載誌(3/11号)です→ https://bit.ly/2F3CXia


皆さんからのご連絡を、お待ちしています。
そして、ごいっしょにお歩き下さい。

お元気で。





             ★★★
             ★★★
             ★★★


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





___________________________

      発行/山田博士いのち研究所

  105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
         http://yamadainochi.com/

         「メルマガ専用ブログ」
      → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

       事務局への連絡はこちらへどうぞ
         → https://bit.ly/2DjSStg

___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。