短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:4/16(火)◆この131種類のドリンクのうち98%は、砂糖が13.5グラム以上含まれる「レッドゾーン」でした

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

        ニッポン人の心と体を救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2019年04月16日(火)号
            No.3403

 毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。





  〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~
      お役立て下さい。





     ▼4月の読者の会に、ご招待します▼

~お茶飲み会「博々亭」(ひろびろてい)に、ぜひどうぞ!~


 ・日時:4/20(土)、13:30~15:00
 ・場所:東京・恵比寿のカフェ(JR・地下鉄駅数分)。
 ・参加費用:無料です(ご自分のお茶代は負担下さい)。
・参加条件:本誌の読者(複数の場合は、誰かお一人)。
 ・参加方法:下記の専用フォームからお願いします。

   カフェの予約をしますので、何名参加かなどの
   情報を早めにお願いします。今回も、事務局か
   らの「ミニ取材」をご覧いただけます。

   参加希望のかたは、下記のフォームでそのつど
   ご連絡下さい。後日、招待状をお送りします。
   ぼくと膝(ひざ)を交(まじ)えて、お茶でも
   ……いかがです?

     「博々亭(ひろびろてい)」専用ページ
     → http://yamadainochi.com/yama-o.html





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。





   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi





            ▼目次▼

  〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~
      お役立て下さい。


【1】土曜日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べ
   た、山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワ
   ンショット。(今回は「昨日の月曜日に」書きました)

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」が面白い!:

   ★もぞもぞの、冒頭部分……

    じつは……(笑)。

    今日も(昨日のことですが)たまたま、このスタバ
    に寄るハメになりました。

    別にぼくは、この店が気に入っているわけでもなん
    でもないのですが、ほかの用事や時間や場所など、
    さまざまなことを考慮して、立ち寄る店が決まって
    しまいます。

    昨日は、そうなりました。

    ところが、もう笑うしかないのですが、ぼくが「ス
    トロベリーベリーマッチフラペチーノ」についての
    原稿を書いている最中、ふと目を上げると、ちょう
    ど目の前のカウンターに3人の女の子が座り、ぼく
    のほうを見ながら、それを食べているんです(笑)。

    ええ?

    なんて、ぼくは思わず心の中で声を出しました。

    いやあ、驚きましたね……(省略)。


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集(毎週、月火水に掲載! ぜひどうぞ):

    ★「外食の裏側!」第1指南~第11指南

     それでも外食が止められないあなたに贈る「メ
     ニュの食べかた」。もちろん、自炊にこそ、大
     いに役立ちます!

これをコピーして、外食する場合に持参してい
     る人もいるようですよ(笑)。








___________________________

【1】

  ★下記の文章は、土曜日の「完全版・メルマガ暮し
   の赤信号」で述べた、山田の電子本「社会の裏側!」
   未公開原稿のワンショットです。

  「短縮版」読者のかたは初めての文章になりますので、
  どうぞ、じっくりご覧下さい。お役に立つと思います。

   それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」が、面白い。
 
___________________________


      先日の……4/15(月)号のタイトル

             ★★★ 
 
 スタバの「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」に、
      長い行列をして並ぶ女子高生たちよ!

~他国より200倍も多い「衝撃ネオニコチノイド系農薬」で
 染まったイチゴを使い、1杯に小さじ25杯もの砂糖を使
 うドリンク類。スタバに問う、日本人を壊したいのですか~


            (前略)


この131種類のドリンクのうち98%は、砂糖が13.5グラム
以上含まれる「レッドゾーン」。

そして、35%のドリンクは小さじ9杯を超える砂糖が入っ
ており、「コカ・コーラ」の缶1本分を超える量だとのこと
(小さじ1杯の砂糖は、だいたい5gほど)。

しかし、この報告書の中で「最悪の違反者」という評価が下
されたドリンクがあります。

もう、皆さんご想像のとおり、このスタバです。

先述したスタバの「Grape Mulled Fruits」というスパイス入り
のホットドリンクが、「最悪の違反者」……だったんです。

つまり、この中には、先ほども述べましたように、なんと砂
糖小さじ25杯分に相当する砂糖が入っていたとのことなん
ですね。

25杯です!

コカ・コーラ」と比べても、約3倍の砂糖が含まれている
ということになります。


            (後略)


             ★★★


((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


じつは……(笑)。

今日も(昨日のことですが)たまたま、このスタバに寄るハ
メになりました。

別にぼくは、この店が気に入っているわけでもなんでもない
のですが、ほかの用事や時間や場所など、さまざまなことを
考慮して、立ち寄る店が決まってしまいます。

今日は、そうなりました。

ところが、もう笑うしかないのですが、ぼくが「ストロベリ
ーベリーマッチフラペチーノ」についての原稿を書いている
最中、ふと目を上げると、ちょうど目の前のカウンターに3
人の女の子が座り、ぼくのほうを見ながら、それを食べてい
るんです(笑)。

ええ?

なんて、ぼくは思わず心の中で声を出しました。

いやあ、驚きましたね。

             ★★★

彼女たちが手に持っているのは、まさしくこの「ストロベリ
ーベリーマッチフラペチーノ」で、2種類のうち……ホワイ
ト(白色)のほうの商品でした。

ちょうどそのとき。

ぼくはフェイスブックに、この「ストロベリーベリーマッチ
フラペチーノ」の写真をアップして、それについての原稿を
書いていたんです。

まさか、その商品の現物が、ぼくの数メートル先のところに
あり、しかもそれを食べている実際の光景があるとは……。

もう笑うしきゃありません。

もちろん、彼女からはぼくのパソコンの画面は見えません。
だって、反対側ですし……。

しかし、ぼくのパソコンの画面には、その商品が映っている。

まあ、こういう偶然も、もあるんですね。

             ★★★

でも、昨日もまだ、レジには大勢の人たちが並んでいました。

そして、この商品を手に持って、外へ出て行く女性も多かっ
た。

不思議に、男性はいないんですね。

男たちはみな、いつも飲むものを飲んでいるようでしたが、
女性たちはなぜこうしたイベントやCMなどに影響を受ける
のでしょうか。

そして、スタバは、うまくこうした女性たちだけを狙ってい
るようです。

まあ、そうでしょうね。
ぼくのようなオッサンを狙っても、誰もわざわざ寄ってはく
れませんし(笑)。

             ★★★

でも、とくに若い女性たちは、未来の日本人を生む可能性も
あるわけですから、ぜひ真剣に考えてほしい。

そんなことを考えながら、前に並んでいる3人の顔を眺めて、
ぼくはそう思っていました。

きっと、彼女たち。

「ねえねえ、あのオッサン。

さっきから私たちのほうばかりジロジロ眺めているわよ。

そうか。
きっと、このストロベリーベリーマッチフラペチーノがほし
いのかもね。

どうも、そのような間の抜けた顔しているもの……」

……なんて、思っていたのかもしれません。

             ★★★

そうかなあ。
そんなに、欲しそうな顔をしていたかなあ(笑)。

でも、ぼくなど、こうした白い生クリームがいっぱい詰まっ
ている飲みものを見るだけで、「オエ~ッ」となってしまう
んです(お店のかた、ごめん。笑)。

よくあんなもの、彼女たち、嬉々(きき)として口に入れま
すよねえ。

しかも今回「完全版」で述べましたように、砂糖の量は半端
(はんぱ)ではない。

上記の本文でも述べましたが、イギリスで調査した結果によ
りますと(「完全版」では詳しく述べましたが)131種類
のドリンクのうち98%は、砂糖が13.5グラム以上含ま
れる「レッドゾーン」。

             ★★★

そして、35%のドリンクは、小さじ9杯を超える砂糖が入
っており、「コカ・コーラ」の缶1本分を超える量だとのこ
とでした(小さじ1杯の砂糖は、だいたい5gほど)。

しかし、この報告書の中で「最悪の違反者」という評価が下
されたドリンクがあります。

もう、皆さんご想像のとおり、上記で述べたこのスタバの製
品なんですね。

砂糖が小さじ25杯ということは、大さじなら、8杯ほどで
すか。

あんなに大きな大さじで8杯も砂糖を入れた飲みものなんて、
いったい誰が飲むわけです?

……と思うのですが、これが売れている。

             ★★★

まあ、こうなると、地球の人口をナントカ少なくさせようと
いう「立派な意図」(?)でもなければ、こんな製品は販売
できないのじゃありませんか。

いくら店内を禁煙にしたとしても、こうした砂糖やカロリー
が多い商品を、平気で女子高生たちに提供すること自体、ぼ
くは犯罪じゃないかと思っています。

そう犯罪。

企業が行う犯罪にはいろいろな種類のものがあります。

ライバル企業の技術を盗んだり、原発を爆発させて放射性物
質を環境に撒(ま)き散らしたり、従業員を奴隷(どれい)
のように酷使(こくし)したり……。

でも、この食べものによる犯罪は、すぐに影響が出ないだけ
に、かえって重罪じゃありませんか。
違いますか。

少しはスタバも、反省してくれるかしらん。

ふふふ……また、お逢いしましょう。
今日は、これまで。
お元気で!
                    (山田博士


★★「短縮版」読者のかたで、その日だけの「完全版」をご
  希望のかたは、下記からお申し込み下さい(1回分500
  円)。ただし、頻繁な場合は、「完全版」読者になられ
  たほうが、ずっと安価になります。下記からどうぞ。
     → https://ws.formzu.net/fgen/S75876861/








___________________________

【2】
  あなたや、あなたの家族を、山田が命懸けで救います!
 
          ★山田博士作品集★
 
 より深く、より正確に、より楽しく、メルマガの内容を
 お知らせしたいため、ぼくの作品を、毎回この欄でご案内
 しています。
 
___________________________

 毎週「月火水」に、山田の作品をこの欄で掲載します。
 お楽しみに!
 

 
          今回は下記の作品です。
            ↓  ↓  ↓
=======================

           ★「外食の裏側!」★

 それでも外食が止められないあなたに贈る「メニュの食べかた」
      自炊をする場合にこそ、大いに役立ちます!

           第1指南~第11指南

=======================



山田博士です。

今回のご案内は、「外食の裏側!」……です。

これ、全部で150頁にもわたる内容なのですが、なに、すぐに読
めてしまいます(笑)。

なにしろ、ぼく自身が難しい文章を読むのはイヤなものですから、
いつもサッと読めるものしか書かない。

ぜひ、今回もお楽しみ下さい。

ところで、外で、周囲を走り回っている小さな子どもは、本当に可
愛いものです。
そう思いませんか。

でも、そばにいる母親の表情はいつも暗い。

だって、子どもが心配で仕方ないですからね。
もう、ヒヤヒヤです。

第三人者の目から見れば、よその子どもは可愛いのですが、実際に
自分が子育てをしているとなると、そんな悠長なことを言ってはお
れません。

なにしろ、街は危ない。
なにしろ、人も危ない(笑)。

どこに何が潜(ひそ)んでいるか分かりませんからね。

              ★★★

子どもは甘やかしてもダメ。
かと言って、厳(きび)しくし過ぎてもダメ。
もう、本当に、「親業」という仕事は……大変です。

それぐらい、教育、そして躾(しつ)けとは、本当に難しいもの。

神様のような親なんて、どこにもいませんし……。

親だって、育児など、生まれて初めての体験ですし、子どもといっ
しょに自分も育って行くわけですからね。

そう言えば、ぼくが息子を育てたときも……ああしたら良かった、
こうしたら良かったなんてことがいっぱいでしたね。

何十年も経ったいま、反省しきりの毎日です。

でも、息子を育てていた当時、外食をする場合があっても、そのメ
ニュの選択権だけは、本人に絶対渡しませんでした。

「おい、何食べるう?」
……なんてことは、絶対、しませんでしたね。

だって、子どもに、そのメニュの内容や意味が分かりますか。

それが海の向こうから届き、「遺組み」(遺伝子組み換え)であるも
のなのか。
そして、それが日本人の息子の心と体にあったものかどうか。

そんなこと、子どもに分かるはずもありません。
親だって、あらかじめ情報をつかんでいなければ、さっぱり分から
ないわけですからね。

当時、食べもの以外の服や靴やオモチャなどは、息子に好きなもの
を選ばせましたが、食べものだけは、親が両手を広げて「必死にな
って」選んでいました。

              ★★★

今回の「外食の裏側!」全11指南……。

当時、この「外食の裏側!」全11指南があれば、どれだけ良かっ
たことか(笑)。

ぜひ、子どもだけじゃなく、ご自分の外食のときにも、参考になさ
ってください。
この中には、ぼくが育児当時、必死になって学んでいたことが詰ま
っております。

いま、そういうこともあってか、この「外食の裏側!」全11指南
をプリントアウトして、持ち歩いているかたもいらっしゃるとか。

と同時に、ご自宅で包丁を握るときに、この中身は凄く役立ちます。
社会に出られる子どもさん家庭などにプレゼントされるのもいいか
もね。

さあ、下記を、どうぞご覧下さい。





=======================

            全11指南の目次

 ~なんと、全頁で「150頁」ですぞ!もう何をか言わんや~

=======================



★第1指南
   ~~和食でも、強力な発ガン物質を生むこの「食べ合わせ
     だけは避けなさい~~

★第2指南
   ~~濃い茶色ばかりがメニュに載っていれば席を立ちなさい。
     心臓リスクを高めます~~

★第3指南
   ~~濃い緑色がメニュにほとんどなければ席を立ちなさい。
     赤い血液を作ります~~

★第4指南
   ~~このようなアレルギーを起こす物質や脳や目への影響が
     あるものは避けなさい~~

★第5指南
   ~~パスタやパンや中華麺より、ご飯が中心になっているメ
     ニュを選びなさい。なぜなら……~~

★第6指南
   ~~そのメニュに、乳製品を使っているものが多ければ、極
     力避けなさい。なぜなら……~~

★第7指南
   ~~行動を粗暴にさせる砂糖への配慮がされているかどうか
     チェックしなさい。なぜなら……~~

★第8指南
  ~~「遺組み」の心配がないものをこうして選びなさい。で
     なければ、抗生物質の耐性が強まって、薬も効かなくな
     ります~~

★第9指南
  ~~「環ホル」の心配がないものをこうして選びなさい。
     でなければ、子どもが出来にくくなり、前立腺ガンや
      乳ガンの心配が強まります~~

★第10指南
   ~~その店の窓から外をのぞきなさい。メニュの食材の故郷
     (ふるさと) がそこに見えますか~~

★第11指南
   ~~そのメニュの食材の声を聞きなさい。食べる寸前 までい
     のちが宿っていましたか~~





=======================

   ★そこで、作品の一部をご紹介しましょう!★

=======================
   (今回の見本はこれにしました。どうぞご覧ください)



  ★第9指南★

~~「環ホル」の心配がないものをこうして選びなさい。
     でなければ、子どもが出来にくくなり、
   前立腺ガンや乳ガンの心配が強まります~~

     (注:「環ホル」とは、環境ホルモンのこと)


              (前略)


 中でも日本人男性の精子の少なさが気になります。 

 じつは最近、日欧の国際共同調査で分かったことなのですが、日
欧5カ国の中では、日本人男性の精子数が「最低だった」んですね
(出所:「日本医師会誌」2006.5号)。

 この日本での調査は、神奈川県の病院を訪れた20歳~44歳の
男性324人(平均年齢32.5歳)の精液を採取した結果なんで
す。

 フィンランドを147とした場合、日本は100ということでし
た。
 フィンランド男性の精子の約3分の2しかない、ということにな
りますね。

 一方、日本では1990年代から、とくに精子数の減少が目立ち
始めたという報告もあります。

 これは慶応大学での調査なんですが、ここの病院では不妊症の夫
婦のため、健康な男性から提出された精子を、ずっと登録してある
んです。

 その中の6048人(18歳~25歳)の精子を調べたというわ
けですが、その結果、1970年から1998年までの28年間で、
精子の数が約1割減少していたと言います。

 つまり、1970年代には6500万個/ml、1980年代に
は6300万個、1990年代には6000万個を割り込んだ、と
言うんですね(出所:「琉球新報」1998.7.10夕刊)。

 しかも1990年代に入ってから、精子数の減少がより目立つ傾
向にあるとのこと。

 長い人類の歴史の中で、ずっと一定だった精子の数が、ここ最近
10年ごとに減少しているなんて、これはどういうことなんでしょ
うか。

              (中略)

 それがこのメニュ選びとどのように関係があるの、っていう声が
聞こえてきそうで……(笑)。

 じつは、ぼくたちがふだん口にしているメニュの中身に、いま述
べたような精子を殺す作用があるものがあるんです。

 これらは男性だけへの影響じゃなく、もちろん女性の体にも、乳
ガンや卵巣ガンなどを作る深刻な影響を与えます。

 その犯人の名前は、もう皆さんどこかでお聞きになったことがあ
るでしょうが、環境ホルモン(以下、「環ホル」と略)というもの
なんですね。

 正式な名称は、「外因性内分泌かく乱物質」という、ぼくたち
の頭を「かく乱」させてしまうような、ややこしい名前なんですが、
何のことはない、体の外、つまり環境にある物質が原因で、体の中
の血液や体液に分泌するホルモンをかく乱させるもの、という意味
なんですね。

 つまり、甲状腺とか脳下垂体などから分泌されるホルモンをか
く乱させるわけなんです。

 いままでは、まさか外部からそんな重大な影響があるとは思いも
寄らなかったのですが、こうした「環ホル」が、結果として精子
減少させることがだんだん分かって来ました。

 どういうものがその「環ホル」かと言えば、まず多くの農薬があ
げられるでしょうね。

 環境庁(現、環境省)が1996年に出した報告書の中では、約
6割が農薬でした。

 先述したように、多くの食材が外国から運ばれている現状では、
ぼくたちの知らない農薬の洗礼を受けたものが外食には多く使われ
ています。

 農薬の心配のない本当の有機農産物を選ぶことが、その意味から
も今後は非常に大切になることでしょうね。
 メニュに、しっかりそれらが記載されていることが第一です。
 どこで穫れたか分からない食材は、そのほとんどが輸入ものだと
思って下さい。

 いまの時代、店側は他店との競争から、少しでもアピール出来る
ことはしたいわけですから、もし国産ものを使っている場合には、
必ずメニュにその旨が書かれているはずです。

 どうぞ、目を凝らして、メニュの文字をのぞいて下さい(笑)。

              (後略)



★……とまあ、このような文体ですが、皆さんがまったくご存じな
 い事実を「涼しい顔をして」具体的な数字を挙げて縷々(るる)、
 述べております(笑)。

 上記は、ホンの一部分だけですが、ぜひ参考になさってください。





______________________________

           ★お求め方法★
______________________________



  下記の専用ブログの中にある大手ASPからお求め下さい。

              ↓ ↓ ↓
        専用ブログ→ https://goo.gl/SOcZi6

         現在の価格→ 3880円

(なお、「完全版」読者のかたは、お手数ですが、事務局までご連
 絡下さい。そのメッセージ欄に、私は「完全版」読者ですが、
 4/16号を見ました。「外食の裏側!」を希望します……と、
 ご記入下さい)

  連絡、お待ちしています。

  プリントアウトされて、何度もご覧いただくようにされると、
  より役立つかと思います。

今後とも、どうぞ、メルマガを楽しんでください。

  お元気で。





             ★★★
             ★★★
             ★★★


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





___________________________

      発行/山田博士いのち研究所

 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
        http://yamadainochi.com/
        「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
      事務局への連絡は下記へどうぞ
        → https://bit.ly/2DjSStg

___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。