短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:4/27(土)◆文系博士の女性が「自死」した事件に思う! カネにならないことは、本当に「不要」なのでしょうか

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

        ニッポン人の心と体を救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2019年04月27日(土)号
            No.3413

 毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。





   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi





             ▼目次▼

【1】山田の電子本「社会の裏側!」の本邦初原稿。後日、
   概略などを付け、電子本として公開する予定です:

     (毎週「土曜日」を、どうぞお楽しみに!)

   『文系博士の女性が「自死」した事件に思う!』


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集!ぜひどうぞ(先日の火曜日にご案内しました
   が、まだご覧になっていないかたのために、再度お
   載せします):

   ■ネイルサロンで、美容部員たちが倒れる理由。
    あなたのマニキュアの「3つの問題点」をお教
    えしよう!
      (「即実践マニュアル」第24話)








___________________________

【1】
    ▼山田の電子本「社会の裏側!」本邦初原稿▼

 (毎週「土曜日の早朝5時」を楽しみにしていて下さい)

後日、概略などを付けて、電子本として公開する予定ですが、
読者のかただけには、いち早く、こうしてご案内しています。
___________________________



  【タイトル】
===========================

    文系博士の女性が「自死」した事件に思う!

~カネにならないことは、本当に「不要」なのでしょうか。
 音楽や文学や絵画がない殺風景な社会が、はたして幸せ
 ですか。「自国民を大切にしない国」でどう生きるか~

===========================


           【目次】


★(第1章)

若いかたなど、信じられないでしょうが、戦後、日本に入っ
てきたGHQ(連合国軍最高司令官総司令部アメリカが中
心)は、マスコミたちに、自分たちの戦争犯罪については絶
対に報道してはならないと、クギを刺していたんですね……

★(第2章)

彼女は、いわゆる、「文系博士」でした。その世界では、き
わめて大きな研究成果を上げていたのですが、食べて行けな
い。でも、ぼくは、厳しい言い方かもしれませんが、自分で
稼ぐ能力を持ったうえで、自分のしたいことに邁進をと……

★(第3章)

何度も言いますが、「自国民を大切にしない国」に、明日が
ありますか。こうした現実の中で、こうした事件が起こって
いるわけですね。現世に生きるぼくたちがけっして避けては
いけないことは、何なのか……

★(第4章)

もし、そこで倒れてしまい二度と立ち上がれなくなれば、社
会のためにも、子孫のためにも、それは「罪」なんです。そ
れよりも、周囲の援助を受けて再起する。そして、周囲に対
して、いままで以上の恩返しをする。そのことのほうが、ず
っと人類にとって役立ちます。違いますか……


              ★
              ★
              ★



★(第1章)

若いかたなど、信じられないでしょうが、戦後、日本に入っ
てきたGHQ(連合国軍最高司令官総司令部アメリカが中
心)は、マスコミたちに、自分たちの戦争犯罪については絶
対に報道してはならないと、クギを刺していたんですね……



最近、とみに思うことがあります。

お願いです、今回のテーマを語る前に、少しだけおしゃべり
をさせて下さい(笑)。

いつも述べておりまうが、ぼくは日本生まれの日本育ち。

だから何があってもこの国を素晴らしくしたいし、誇りを持
っていますし、子孫たちに笑顔を遺(のこ)してやりたい。

道を歩きながら、いつもそのためにはどうすればいいのかを
心で思っています。

もちろんこれは、外国人のかたでも同じことだと思うんです
ね。

違いますか。

誰しも、自分の生まれた国を嫌いな人なんかいません。
そして、自分の国に大きな誇りを持っているはず。

まあ、その国が考えられないほどの独裁国などで、国民のこ
となど何も考えていない支配者が存在するような国なら、別
かもしれませんが……(えっと、どこの国のこと? 笑)。

基本的には、そうでしょうね。

でもぼくたちの世代は、あの世界大戦で敗れたあとに生まれ
てきました。

いままでの日本歴史の上では初めてという、他民族に占領さ
れた環境の中で、ぼくたちは生まれてきたわけですね。

もちろん、当時の大人たちにとっても、そのような屈辱的な
体験は初めてだったことでしょうし、大いに狼狽(ろうばい)
したことだろうと思います。

そして、そういうことが、そのあと、いろいろな面で、ぼく
たちの心に大きな影響を与えて、引きずることになります。

そう、ぼくたちはみんな、子どものころから学生時代まで、
好き嫌いかかわらず、いわゆる「自虐観(じぎゃくかん)」
を持たされて育ってきたわけです。

この自虐とは……自分で自分を、必要以上にいじめ苦しめる
こと……というような意味です。

教科書の中身も、みなそうでした。

戦争に負けた日本は、何でも悪い。
過去の日本文化も悪い。
過去の食べものも悪い。

もちろん、あの戦争も、すべて日本だけが悪い。

そういうことの中には、あの戦争がなぜ起こったのか、欧米
列強たちが、植民地に対して、長い間、武力で他国を抑えて
きたことなど、皆無でした。

そういうことはすべて言わずに、ただ日本だけが悪い、悪い、
悪い……。

そのように、ぼくたちは小学生時代から教師たちに教わって
きたわけです。

そして、それを、みんなは当然のことだと思わされてきたわ
けですね。
事実だと……。

当時、戦勝国たちが「報復」というかたちの「東京裁判」を
行い、裁判というのは名ばかりの行為で、日本を壊(こわ)
し始めました。

そして、先日も、少しメルマガででも述べましたように、戦
勝国たちの「戦争犯罪」については、マスコミも含めて、何
一つ批判することも許されなかったのです。

言論の「●●」がありましたしね(●●は、下記の設問をご
覧下さい)。

これは酷(ひど)かった……。

若いかたなど、信じられないでしょうが、戦後、日本に入っ
てきたGHQ(連合国軍最高司令官総司令部アメリカが中
心)は、マスコミたちに、自分たちの戦争犯罪については絶
対に報道してはならない……と、クギを刺していたんですね。

そして、それだけじゃなく、日本人が自分を卑下(ひげ)す
るようなニュースばかりを流すように命じたわけです。

真実を、日本人には絶対に知らせないようにと、ね。

だから、悲惨だったヒロシマ原爆のことも東京大空襲のこと
も、みな隠されていたわけです。

とくに1945年3月10日の「東京大空襲」。

一夜にして10万人もの一般住民(軍隊の兵士じゃありませ
ん!)が、まるで虫けらのように焼き殺されたことなど、多
くの日本人は、ずっと、まったく知りませんでした。

その当日の未明、アメリカの爆撃機B29の大編隊は、無差
別攻撃を続けたわけですね。

そしてわずか2時間で10万人の市民を焼き殺した。

武器を持たない一般の住民に対して、これを「戦争犯罪」と
言わずして何を言いますか。

日本の軍隊は、たとえばパールハーバーにしても、相手の軍
隊を相手に闘ったのです。
敵の「住民」を殺戮(さつりく)したわけではありません。

しかし、一般住民を殺すというような、そのような卑怯(ひ
きょう)なことを、当時のアメリカは平気で行った。

そしてそういうことに対しては、戦後のしばらく、日本国民
に箝口令(かんこうれい)を敷いた(口止めをすること)わ
けなんですね。

アメリカは、その大空襲事件が、世界に知られることを怖
(おそ)れたわけです。

それはほかでもない、アメリカ自身が、この犯罪を認識して
いたということの証明でもあります。

ぼくの知人に、ある作家がいます。

彼は、みずからもその大空襲の被災者なのですが、いまも、
その「東京大空襲」の惨状について世界に知らすべく、活動
をされています。

風化させてはいけない。
ぼくも、まったく同感です。

もしそのかたにそうした事情を伺(うかが)わなければ、ぼ
くも、具体的なことは知らずじまいだったことでしょう。

当時の日本は、まだ独立していなかったわけですからね。

そのため、戦勝国(とくにアメリカ)のやりたい放題でした。

そして、その流れが現在も、周辺国たち(とくに中国、韓国、
台湾)に移っているわけです。

つまり、彼らが、日本を弱体化させようと、「日本国内で」、
毎日、躍起になっているわけなんですね。

当時、冒頭に挙げたように、自虐観を植え付けられた日本人
は、現在も、こうした国たちの動きに対して、大きな反対も
せず、彼らの行動を傍観しているわけですね。

彼らの動きには、本当に凄(すさ)まじいものがあります。

日本の裁判官の中にも、その近隣国の人間が、じわりと増え
ていますし、いつの間にか、書記官なんかも日本人ではなか
ったりしている(中国語でモノを書いたりしている例も)。

しかも政治の世界では、近隣国の人間が、日本の政治に堂々
と入り込んでいます。

それは、もう皆さんもご存じのとおり。

別に彼らが、ほかの国民のように、日本を壊そうという意図
(いと)がなければいいのですが、そうではなく、機密など
をどんどん盗もうとしているため、こうして、わざわざ警告
しているわけです。

でも、そのあたりをまったく知らない、いたって呑気(のん
き)なかたは、きっと驚きでしょうね(笑)。

名前を日本人名に変えたり、あるいはそのままの名前だった
り。
しかも、そういう人物が選挙に出られる不思議。

そんなことが、この日本では平気で行われているわけです。

逆に、同じことを、ぼくたち日本人が、近隣国でできますか。
あるいは、別の国でできますか。
信じられないでしょう?

もうとっくに、そうなっていたわけですね。

そのような現実では、冒頭にぼくが述べたように、「いっし
ょに日本を愛しましょうよ」……なんて叫んでも、鼻で笑わ
れるだけ。

だって、近隣国の人間には、「日本人や日本を愛する」なん
て考えが、そもそも初めから、ないわけですから。

いや、逆に反日の思いのほうがずっと強いわけですからね。

そして現在、企業などの技術が、どんどん近隣国へ盗まれて
行っています。
あるいは買収されて……。

これでは、冒頭の言葉をいくらぼくが叫んでも、「空回り」
しかないですよね。

……ところで、どうしてこういうことを、今回の冒頭に述べ
たのかと言いますと……。

誰も、ぼくの愛するこの日本という国の未来を考えていない
ということを言いたかったのです。

そのため、欧州とは異なり、いつまで経っても、食べものや
教育やいのちの問題が良い方向に動かないわけですね。

その理由は、いま述べてきたようなことが底にある。

ぜひそうしたことを皆さんにも知ってほしいなと願いました。

そして、マスコミやネットでの情報を、深く読んでほしい。
それが事実なのかどうか。
マスコミの世界に、いま述べたような「おかしな動き」が広
がっています。

きっと、本当のところを知れば、皆さん、飛び上がって驚き
ますよ。
いったい、本当の日本はどこへ行ったのかと、ね。

ま、いまはあまりこれ以上、詳しくは述べません(笑)。。

ただ、このままでは、文系も理系も関係なく、日本が消えて
しまうでしょうね。

気が付いたときは、時すでに遅し。

そのために、今回、冒頭で、ちょっと述べてみた次第です。

ところで、今回、ここで述べている文系博士の女性が「自死
した事件。

この事件は、あまり大きく報じられませんでした。

でも、いままで述べたことと深く関連していますので、ぜひ
知ってほしいなと思ったのです。

今後の日本の姿が、ここには非常によく映っているように思
うからです。

ところで、この事件、そもそも、どういうことかと言います
と……。



★(第2章)

彼女は、いわゆる、「文系博士」でした。その世界では、き
わめて大きな研究成果を上げていたのですが、食べて行けな
い。でも、ぼくは、厳しい言い方かもしれませんが、自分で
稼ぐ能力を持ったうえで、自分のしたいことに邁進をと……



ある一人の、文系博士の女性が「自死」したのです。

日本仏教を研究してきた西村玲(りょう)さん。

彼女は、2016年2月に「自死」で亡くなりました。
43歳。

彼女は、いわゆる、「文系博士」でした。
その世界では、きわめて大きな研究成果を上げていて、将来
を期待されていたのですが、食べて行けない。

いくつかの大学などの研究機関に履歴書を送って仕事を探し
たのですが、ことごとく断られたわけですね。

2005年には、月額45万円の奨励金が支給される「日本
学術振興会」の特別研究員に選ばれました。

でも、それも、任期はわずか3年間。
そのあとは、またまた経済的に苦しい日が続いたわけですね。

実家にいたのですが、安定した職がないまま、両親は老(お)
いて行きます。

自分の衣食住については、両親が頼りですが、自分の研究費
などについては非常勤講師やアルバイトでまかないました。

でも、研究職には就(つ)けない。

そして、2014年に、その苦境から抜け出そうと、ネット
で知り合った男性との結婚を決めたわけです。
相手は、医師でした。

だがその同居生活もすぐに破綻(はたん)し、自らを責めて
心を病(や)み、離婚届を提出したその日に「自死」した
……と言います。。

ぼくは、こうした経歴を読みながら、けっして彼女を責める
わけではありませんが、いまは亡き彼女に言いたい。

世の中、どんな仕事をしようとも、自分で稼ぐ能力を持つ必
要があります。
その上で、自分のしたいことに邁進(まいしん)する。

喜劇王チャップリンも言っているように、「人生には、勇
気と想像力、それとほんの少しのお金があればいい」( 映
画「ライムライト」1952年のセリフ)。

彼のように貧しい中で努力をし、そして成功した人間が、こ
う言っているわけですね。

どれだけ勇気や想像力などの能力があっても、ほんのわずか
のお金が必要なんだよ、と。

ぼくも、いままで生きてきて、本当にそう思います。

いつも、チャップリンのこの言葉を噛みしめながら、いまま
で歩いてきました。
だから、自分の仕事だけじゃなく、誰も見ていないところで、
お金を稼ぐために、「それはそれは大変な行動」もしてきた
のです。

でも、そんなこと、誰にも言いませんし、言ったとしても、
なんのためにもなりません。
自分の胸の内にだけ置いておけばいいだけのこと。

ただ、そうした経済的に自立する力を養うことが、やはり社
会人としての最低の能力じゃありませんか。

そういう心配なくして、ただ自分の好きなことだけしていれ
ばいい……というのは、甘えだと思うんですね。

まあ、いまの国立などの公立研究機関で働く人は、国民の税
金で生活が保証されています。

もちろん、それはそれでいいとは思いますが、でも、ぼくは、
それは本当の人生ではないな……と、思っているんです。

一般企業で働く人たちは、いつもリストラに怯(おび)えな
がら、いかに1円でも稼ぐかを考えています。
企業の経営者も同じ。

赤字であれば、給料もストップします。

みんな生きるのに必死です。

でも、税金で生きている人たちは、それが分からない。
だから、そういう人たちも、一般の社会人と同じ土俵でモノ
を考えてほしい。

彼女も、もしそのような視点があれば、なんとかして自分で
稼ぐという方法を模索したことでしょう。

ただ単に、研究職に就けばいい……なんてばかりは、考えな
かったはず。

そうすれば、もっともっとほかに、彼女にあった人生があっ
たと思うんですね。
そうしながら、自分の研究に磨きをかければいいんです。

もちろん、時間は制限されますが、それも人生。
どんな悲しみや苦しみの中でも、自分だけの喜びを見つけれ
ばいい……(省略)。






             ★★★
             ★★★
             ★★★

(「短縮版」のメルマガでは、このあたりを省略しています。
 でも少しでも皆さんにお役に立てば嬉しく思います)

             ★★★
             ★★★
             ★★★






そして、再起すればいい。

たとえば……(下記の説明は、それぞれの組織の概要から)。

NPO法人Light Ring
(幸せの前提に健康があると考えています。とくに「こころ
の病」を予防し、こころが健康状態で有ることをスタートと
捉えます……とのこと)

NPO法人POSSE
(若者自身によって若者の労働問題を解決することを目指し
て設立された特定非営利活動法人……とのこと)

ほかにも、首都圏大学非常勤講師組合
東海圏非常勤講師組合
関西非常勤講師組合
ゼネラルユニオン
ジャパンユニオン
……などがあります。

いずれにしても、せっかく、人間として、日本人として、こ
の星に生まれてきたわけですから、いのちを大事にしてほし
い。

そして、上記で述べたようなことをふまえて、さらに精進
(しょうじん)してほしいなと、思っています。

皆さんの後ろには、あなたの背中を頼りに歩いてくる子孫が、
いっぱいいるわけですから。

さてっと、こんなことを述べているぼくも、明日の糧(かて)
を得るために、今日も出掛けなくっちゃあ。

え?
どこへだって?

もち、ぼくの後ろに、ぼくの背中を頼って歩いてくるニャン
コのために……。

ハハハ……。それじゃまた次回ね。ご機嫌よう。(山田博士




           ▼設問です▼


設問→ 上記の文章を読み、下記の●●にあてはまるものを、
    選択語句から選んでみよ。ただし2文字とは限らな
    い。

     「言論の『●●』がありましたしね」

    【選択語句→ 犬猿(けんえん)、検閲(けんえつ)、
           献血(けんけつ))】

 
            ■答え■

 下記のとおりです。でも、先に答えを見てはいけません。
 本文を再度ご覧になり、十分想像してから答えをご覧下さ
 い。その繰り返しが、あなたの明日を輝かせることになる
 と思っています。
          答え→ 検閲(けんえつ)


★★「短縮版」読者のかたで、その日だけの「完全版」をご
  希望のかたは、下記からお申し込み下さい(1回分500
  円)。ただし、頻繁な場合は、「完全版」読者になられ
  たほうが、ずっと安価になります。下記からどうぞ。
      → https://ws.formzu.net/fgen/S75876861/








___________________________

【2】
   あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集! ぜひどうぞ。

 ~先日の火曜日にご案内しましたが、まだご覧になって
    いないかたのために、再度お載せしました~

___________________________



      先日案内したのは、下記の作品です。
          ↓  ↓  ↓
   =======================

   ★ネイルサロンで、美容部員たちが倒れる理由。

  あなたのマニキュアの「3つの問題点」をお教えしよう!

~マニキュアはとくに毒性が強いのですが、これだけはぜひ
         知っておいてほしい~
    自然派マニキュアの入手方法も、述べました。

=======================
    (「いのち運転“即実践”マニュアル」第24話)

  
    女性のかたや、そんな女性の近くにいる男性の
    かたには、ぜひ読んでほしい。
    ささささ、それでは、どうぞお楽しみに……。


              ★目次★

【はじめに】

そのような女性たちが倒れるのを見るのは、本当に辛(つ
ら)い……

【第1章】

どうして、あの「ネイルサロン」の美容部員たちは、あれだ
け大きなマスクをしているんです? じつは、その原因がよ
く分かりました。それは、彼女たちの健康が……

【第2章】

とくに除光液に含まれている「アセトン」という物質は、揮
発性(きはつせい)が高いため、すぐに蒸気となって吸い込
んでしまいます。それらを防ぐために、美容部員たちは、あ
の大きなマスクをしているのでしょう。それに……

【第3章】

マニキュアに使われている「3つの問題物質」は、これだ。
こんなものが平然と使われている日本の現状とは。とくに海
外製の化粧品やコスメについてはこれらの使用が多いため、
注意が必要でしょうね。と言うのは、使用中止したはずのメ
ーカーたちが……

【第4章】

そうだ、ちょっと、マニキュアを作ってみましょうか(笑)。
簡単に言えば、ニトロセルロースやアクリルなどの合成樹脂
に、顔料(着色剤)を入れて……

【第5章】 

そこで、「自然派マニキュア」の入手方法を、少しお伝えし
ましょう。だけど、何度も言いますが、なるべく化粧品類は
使わないことを原則にしてほしい。そして仕方なく使うとき
だけ、安全性のあるものを少量だけ使うようにすればいいと
思っています。ご参考に……

【あとがき】

 「生木(なまき)にペンキの化粧法」は、お止め下さい。
 そして、あなたの体が輝くような人生を、お進め下さい。


           ★お求め方法★

下記が、先日のメルマガです。

       4/23号→ https://bit.ly/2W6nfu1
  (本日が割引価格の最終日)





             ★★★
             ★★★
             ★★★


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





___________________________

      発行/山田博士いのち研究所

  105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
         http://yamadainochi.com/
         「メルマガ専用ブログ」
      → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
       事務局への連絡はこちらへどうぞ
         → https://bit.ly/2DjSStg

___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。