短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:5/1(水)◆いつだったか、ぼくは満月より、少し欠けた月のほうが好きです、なんて話した記憶があります。なぜなら

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

     ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2019年05月01日(水)号
            No.3416

毎朝、早朝5時に、全世界に向けて、3配信スタンドから合計
約7000部を発行(日曜だけは休刊です)。創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。





           ▼お知らせ▼

   ~本日から、「令和」という新しい元号になります~

   その名のとおり、「美しくて、誰にとっても調和(ハ
   ーモニー)のある素敵な国」になるよう、ぼくも励
   みたいと思っております。

   どうぞ今後も、よろしくお付き合い下さい。(山田)





  〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~
      お役立て下さい。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。





   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi





            ▼目次▼

  〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~


【1】土曜日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べ
   た、山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワ
   ンショット。

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」が面白い!:

   ★もぞもぞの、冒頭部分……

    今回、なぜ、文系博士の女性が「自死」した事件…
    …を、この欄で特別に取り上げようとしかと言うの
    は、ほかでもないんです。

    じつは、彼女のような境遇の人は、職層は異なって
    いても、この日本社会では、いっぱいいると思うん
    ですね。

    でも、みんな「歯を食いしばって」、生きている。

    夜中のコンビニで、一所懸命に働いている年配の男
    性もいます。

    彼の顔には、過去、さまざまなことが起こりまして
    ね……ということが、しっかり書かれています(少
    なくても、ぼくには……(省略)。


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集(毎週、月火水に掲載! ぜひどうぞ):

   ★ガソリンのような高価な水を買っているかたへ。
    「安全な水をタダで作る簡単な方法!」とは…
          (即実践・第2話)

    ~多くの人は間違った方法で、かえって害を高め
     ています。高価な水を買えば買うほど、水環境
     は悪くなるという事実をぜひ~








___________________________

【1】

  ★下記の文章は、土曜日の「完全版・メルマガ暮し
   の赤信号」で述べた、山田の電子本「社会の裏側!」
   未公開原稿のワンショットです。

   「短縮版」読者のかたは初めての文章になります
   ので、じっくりご覧下さい。お役に立つと思います。

   それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」が、面白い。
 
___________________________


      先日の……4/27(土)号のタイトル

             ★★★ 
 
    文系博士の女性が「自死」した事件に思う!

~カネにならないことは、本当に「不要」なのでしょうか。
 音楽や文学や絵画がない殺風景な社会が、はたして幸せ
 ですか。「自国民を大切にしない国」でどう生きるか~


            (前略)

……

彼女のような事件を見ていて、それでは、いまの日本で、ぼ
くたちはどう生きればいいのか。

それらに対して一つずつ闘うのは必要ですが、ぼくは、まず
周囲に助けを求めることが大切だと思っています。

多くのかたは、助けを他人に求めるだなんて、そんな恥ずか
しいことはできません……と思っています。

とくに日本人は、そうですよね(笑)。

自分が困っていても、周囲には何も言わず、自分だけがひっ
そりと倒れる。
それが美談だと思っているわけです。

そして、それこそが「武士道」だと。

でも、それは間違っています。

もし、そこで倒れてしまい二度と立ち上がれなくなれば、
社会のためにも、子孫のためにも、それは「罪」なんです。

それよりも、周囲の援助を受けて再起する。

そして、周囲に対して、いままで以上の恩返しをする。
そのことのほうが、ずっと人類にとって役立ちます。

違いますか。

……


            (後略)


             ★★★


((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


今回、なぜ、文系博士の女性が「自死」した事件……を、こ
の欄で特別に取り上げようとしかと言うのは、ほかでもない
んです。

じつは、彼女のような境遇の人は、職層は異なっていても、
この日本社会では、いっぱいいると思うんですね。

でも、みんな「歯を食いしばって」、生きている。

夜中のコンビニで、一所懸命に働いている年配の男性もいま
す。

彼の顔には、過去、さまざまなことがありましてね……なん
てことが、しっかり書かれています(少なくても、ぼくには
その文言[もんごん]が読めます)。

でも、彼はそんなこと、おくびにも出さず、黙々と仕事に
精を出している。

             ★★★

素晴らしいじゃありませんか。

ぼくも、過去、いろいろなことがありましたから、彼の本心
が読めるんですね。

もちろん、彼にも、年下の先輩からいろいろとイヤなことを
強制され、屈辱的なことも、あるでしょう。

本来希望している仕事や活動が、できないこともあります。

長時間の肉体労働を強(し)いられることも、あります。

でも……彼や彼女には、それでも、生きてほしい。

一度や二度や三度、いやいや何度倒れたって、それが何なの
ですか。

そんなもの……。

             ★★★

ぼくは思っています。

自分の目標に向かって、毎日、1ミリずつ歩いている姿こそ、
それを「成功」と呼ぶのじゃないかと。

必ずしも、将来、成功したその結果じゃないんです。

その過程。

いつだったか忘れましたが、ぼくは満月を見るより、それま
での過程である「少し欠けた月」のほうが好きです……なん
て、お話しした記憶があります。

覚えています?

なぜなら、満月は、あとはもう「欠けるしかない」。
違いますか。

どんなことでも、「100%」に達すれば、あとは後退する
だけなんですね。

永久に満月が続くこともありませんし、現在の100%の環
境が続くことなど、絶対に、この世の中にはありません。

だから、ぼくたちの人生も、いまのこの時間、自分の目標に
向かって「歩き続けていること」こそが、ただただ素敵だし、
そういう姿を周囲に見せてほしいんです。

いのちを絶てば、その時点で、すべておしまい。

             ★★★

どれだけほかの仕事をしていても、「自分の目標」を忘れて
しまえばいけません。
それを思い、願い、そして実際に行動すること。

動くこともできず、その場で「足踏み」でもいいんです。

自分に「夢があり希望がある限り」……それはすでに成功な
んですから。

夢を忘れてしまえば、おしまいです。

自死することは、それと同じですからね。
絶対に夢には到達できません。

だから、彼女の場合も、もちろん、環境などいろいろあった
ことは分かりますし、ぼくのような彼女に会ったこともない
外部の人間がとやかく言うことではないことは、分かってい
るつもりです。

でも、絶対に「自死」してはいけない。

遺(のこ)された父や母の苦しみのことを、思えば、絶対に
いけない。

たとえ辱(はずかし)めを受けても、踏まれても、叩かれて
も、蹴(け)っ飛ばされても、床(ゆか)に這(は)ってでも
生きる。

             ★★★

老子』に、「知足不辱、知止不殆」という言葉があります
(読み方は次の行)。

これは……「足(た)るを知れば辱(はずかし)められず、
止(とどま)るを知れば殆(あや)うからず」……と読むん
ですね。

意味するところは……「ちょっと、山田クンねえ、いつも控
えめにしていれば辱めなんぞ受けないもんじゃよ。そして、
止(とどま)ることを心得ておれば、危険なこともないもん
じゃわい。ガハハハ……」というような意味かもしれません
(山田の、かなりの意訳です)。

いつも突っ張ってきたぼくには、身に染みます。

環境が悪くて、どうしても動けないときは、たとえ不足であ
っても、いったんはそれで満足することも必要なんでしょう
ね。

そうすれば、辱めを受けることもない。

そして、どうしてもの場合はそこに留(とど)まることも考
えれば、危険はないものだ……ということでしょうか。

             ★★★

いつも「目標を持っていつつ」、そのような臨機応変の考え
方をいつも持つこと。

ときには、嵐もあります。
ときには、天地が逆(さか)さまになったように、もうどう
しようもないことも起こりえます。

でも、ジッとその場で留まる(心が、ですよ)。
人生から逃げない。
そして耐える。

そうすれば、ぼくたちは、この地球上で生き続けられます。

なにしろ、生きていれば、「明日」があるのですから。

もしぼくが彼女に会っていれば、そう伝えかった。

たとえ踏まれても倒されても、牢獄(ろうごく)に入れられ
ても、「心の中では歌を歌うこと」ができます。

そして、心の中で歌う行為は、たとえ独裁者であっても止め
ることはできません。

誰にも止めることはできないんですね。

だって、外からは見えませんから……。

             ★★★

自分の目標をいつも心に抱きながら、なんとかして生きる方
法を、常に考えてほしい。

だって、他人に手を差し伸べてくれる人など、この人生では、
絶対にいません。

そう思っていたほうがいい。
もし、そういう人が現れれば、素直に感謝すればいいんです。

でも、最初から、それを期待したり願っていてはダメ。

ぼくは彼女に、そう言いたかった……。

もちろん、今回の原稿でも述べましたように、社会全体では、
いつだって弱者でもどんな人でも救われるようになっている
必要はあります。

権力者だけが恩恵を受けるようであってはいけません。

研究費や子どもの教育費などが不足していて、富裕層ばかり
世襲制などにでもなれば、トンデモナイ国になってしまい
ます。

             ★★★

自死した彼女のことを、ずっと考えながら、今回の原稿を書
き上げました。

まあ、でも考えてみれば、ぼくなど、ずっと背中を踏まれっ
ぱなしで、今日まで生きてきました。

これはきっと、今後もずっと続くのでしょうね。

でも、たまには、やられっぱなしじゃなく、ニャンコのよう
に、踏みつけられているその足の小指ぐらいに、思いっきり
噛(か)みついてやることも、ありますけれども……。

え?

山田サンは、そちらのほうが多いのじゃないかって?

ふふふ……また、お逢いしましょう。
今日は、これまで。
お元気で!
                    (山田博士


★★「短縮版」読者のかたで、その日だけの「完全版」をご
  希望のかたは、下記からお申し込み下さい(1回分500
  円)。ただし、頻繁な場合は、「完全版」読者になられ
  たほうが、ずっと安価になります。下記からどうぞ。
     → https://ws.formzu.net/fgen/S75876861/








___________________________

【2】
  あなたや、あなたの家族を、山田が命懸けで救います!
 
          ★山田博士作品集★
 
 より深く、より正確に、より楽しく、メルマガの内容を
 お知らせしたいため、ぼくの作品を、毎回この欄でご案内
 しています。
 
___________________________

 毎週「月火水」に、山田の作品をこの欄で掲載します。
 お楽しみに!
 

 
          今回は下記の作品です。
            ↓  ↓  ↓
=======================

   ★ガソリンのような高価な水を買っているかたへ。
    「安全な水をタダで作る簡単な方法!」とは

=======================

 ~多くの人は間違った方法で、かえって害を高めています。
  高価な水を買えば買うほど、水環境は悪くなるという事
  実をぜひ。あなたの家計簿が黒字に転換します~

   (「いのち運転“即実践”マニュアル」第2話)


     詳しい案内は、下記の専用頁をご覧下さい。
       第2話→ https://bit.ly/2CUhqZW


           ★読者の声★

■美味(おい)しい水ができて、びっくりしています!
(S.Rさん、大阪府大阪市、女性、41歳、マッサージ指
 圧師)

■わざわざ努力して、一番発ガン物質が多い段階の水を飲ん
 でいたんですね。目からウロコです!
(Y.Mさん、千葉県柏市、女性、35歳、主婦ときどき
 バイト)

■高価な水を購入しなくていいため、毎月の食費がグンと安
 くなりました!
(N.Sさん、東京都港区、女性、53歳、専業主婦)


           ★山田より★

つい先日、あるかたから連絡があり、この方法で作った水の
ために、ペットの体が突然健康になったとのことでした(笑)。

ほかには何も変更したものがないので、これが原因だと思い
ます……とのこと。

いやあ、嬉しいですね。

きっとペット君だけじゃなく、人間サマにもいいと思いますよ。

しかも、大事なことは、あなたの「家計の問題だけ」じゃあ
りません。

つまり、皆さんが、高価な水を買えば買うほど、水行政は水
を奇麗にする努力をしなくなります。
そうですよね。

そのため、市販の高価な水が売れるほど、いつまで経っても
日本の水はいま以上に良くならないという悪循環が続きます。

まままま、下記の「専用頁」をどうぞ……。

     詳しい案内は、下記の専用頁をご覧下さい。
       第2話→ https://bit.ly/2CUhqZW


◆ご希望のかたへ:

ご希望のかたは、できれば、専用頁の中のASPでお求め下
さい。もし、当事務局から直接欲しいということであれば、
当事務局まで、ご連絡下さい。その場合、メッセージ欄に
「○日○号を見ました。即実践の第○話を直接希望します」
と記入して下されば、送金情報をお送りします。
       事務局→ http://goo.gl/t12Yx

また「完全版」読者のかたは価格が異なっていますので、お
手数ですが、当事務局までその旨を記入してご連絡下さい。

この作品が、あなたと、あなたのご家族をよりハッピーにさ
せることになれば幸いです。

お元気で。





             ★★★
             ★★★
             ★★★


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





___________________________

      発行/山田博士いのち研究所

 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
        http://yamadainochi.com/
        「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
      事務局への連絡は下記へどうぞ
        → https://bit.ly/2DjSStg

___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。