短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:6/13(木)◆歯周病の結果、脳に沈着した、その「アミロイドβ(ベータ)蛋白」が、認知症の発症を早めたりします

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

     ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2019年06月13日(木)号
            No.3452

毎朝、早朝5時に、全世界に向けて、3配信スタンドから合計
約7000部を発行(日曜だけは休刊です)。創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。





      ▼6月の読者の会のお知らせ!▼
  (今月は、「第4土曜日」ですので、ご留意下さい)

~お茶飲み会「博々亭」(ひろびろてい)に、ぜひどうぞ!~

 ・日時:6/22(土)、13:30~15:00
 ・場所:東京・恵比寿のカフェ(JR・地下鉄駅数分)。
 ・参加費用:無料です(ご自分のお茶代は負担下さい)。
・参加条件:本誌の読者(複数の場合は、誰かお一人)。
 ・参加方法:下記の専用フォームからお願いします。

   カフェの予約をしますので、何名参加かなどの
   情報を早めにお願いします。今回も、事務局か
   らの「ミニ取材」をご覧いただけます。

   参加希望のかたは、下記のフォームでそのつど
   ご連絡下さい。後日、招待状をお送りします。
   いかがです? ぼくと膝を交えて、お茶でも。

     「博々亭(ひろびろてい)」専用ページ
     → http://yamadainochi.com/yama-o.html





  〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~
      お役立て下さい。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。





   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi





            ▼目次▼

【1】月曜日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べ
   た、山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワ
   ンショット。

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」が面白い!:

   ★もぞもぞの、冒頭部分……

    まあ、認知症とひとくちで言っても、大きく分けま
    すと、二つあるんですね。。

    それは、「アルツハイマー認知症」と、「脳血管
    性認知症」。

    ただ、その中でも一番多いのが、じつは「アルツハ
    イマー型認知症」なんですね。

    全体の半分以上が、これ。

    「脳血管性認知症」のほうは、治療や予防法によっ
    て有症率が減少傾向にあると言われているのですが
    ……(省略)。


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集(毎週、火水木に掲載! ぜひどうぞ):

   ★悲しい原発汚染時代の、ニッポンの魚の食べか
    た(即実践・第18話)








___________________________

【1】

  ★下記の文章は、月曜日の「完全版・メルマガ暮し
   の赤信号」で述べた、山田の電子本「社会の裏側!」
   未公開原稿のワンショットです。

   「短縮版」読者のかたは初めての文章になります。
   じっくりご覧下さい。お役に立つと思います。

   それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」が……面白い。
 
___________________________


      先日の……6/10(月)号のタイトル

             ★★★ 
 
  高齢者の運転ミスが、もし「認知症治療薬」の副作用
            だったら!

~フランスでは、4種類の治療薬の保険適用を、ストップし
 ました。効果も無く、副作用の酷さのためです。でも日本
 では相変わらず、今日も平気で高齢者たちが……~


            (前略)

……

いままでは、糖尿病や高血圧といった「生活習慣病」が、と
くに「アルツハイマー認知症」の発症と関連があるという
ことが、さまざまな方面で科学的に証明されてきました。

もちろんぼくも、過去、糖尿病と認知症との関連などについ
て、何度か述べてきたつもりです。

そのため、当然、それらの症状も、認知症とは深い関係はあ
ります。
それらを抜きにして、認知症を防ぐことは、とてもできませ
ん。

ところが、この数年、それとは別に、認知症の原因として、
「トンデモナイこと」が、だんだんと分かってきたんですね。

それは……。

そう、それは「歯」との関連なんです。

たとえば、「歯周病(ししゅうびょう)」とか「虫歯」とか。

これらについては、じつはほかの電子書籍「社会の裏側!」
第96巻で、述べました。
そのため、詳しくは、ぜひ、そちらをご覧下さい。
そのタイトルは、下記のとおりです。

★「社会の裏側!」96……たった1本の歯が、認知症の一
大原因だった!
  案内頁→ https://bit.ly/2Om9ZNf

たった、歯を治すだけで、認知症予防にもなりますし、快方
への方向に向けることができます。
その理由もすべて述べておきました。

いま、こうして解決策が分かってきていることは、少しでも
実践されるといいと思いますよ。

……


            (後略)


((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


まあ、認知症とひとくちで言っても、大きく分けますと、二
つあるんですね。。

それは、「アルツハイマー認知症」と、「脳血管性認知症」。

ただ、その中でも一番多いのが、じつは「アルツハイマー
認知症」なんですね。

全体の半分以上が、これ。

「脳血管性認知症」のほうは、治療や予防法によって有症率
が減少傾向にあると言われているのですが、この「アルツハ
イマー型認知症」のほうだけは、逆に有症率がグングンと
「増加傾向」にあるんです。

いったい、何が原因なのか。

この原因や対策さえ人類に分かれば、もう怖いことはないの
ですが(笑)、なかなかそれが見えにくい。

             ★★★

この日本では、現在、「65歳以上の約10%が、認知症
と言われておりますが、さらに説明しますと、「70歳」が
ある境界線になっているんですね。

「完全版」では、そのあたりも少し述べたのですが、70歳
を超えますと、年を取るごとにぐんぐん増加します。

なんか、嫌(いや)ですよねえ……(笑)。
ゾッとします。

そして、85歳になりますと、その有症率が27%になる…。
つまり、「3人に1人」……という計算ですか。

いったい、何が原因なのか。

             ★★★

上記でも述べましたが、過去、糖尿病や高血圧といった「生
活習慣病」が、とくに「アルツハイマー認知症」の発症と
関連があるということが、さまざまな方面で科学的に証明さ
れてきました。

まあ、これは当然の原因でしょうが、この認知症だけじゃな
く、ほかの症状を起こさないためにも、ぜひ実践すべきでし
ょうね。

そういう基礎的なことを、そのままにしておきながら、いく
らクスリや運動などに頼っても、それは問屋が卸しません。

ただ、いきなり唐突(とうとつ)かもしれませんが、ぼくた
ちがいままでまったく気づかないところに、その犯人が潜
(ひそ)んでいたんですね。

それらが、最近、少しずつ明らかになってきたんです。

             ★★★

それが、……「歯」との関連でした。

たとえば、「歯周病(ししゅうびょう)」とか「虫歯」とか。

ただ単に、「まあ、歯が悪ければ、そりゃほかの体にも影響
が行くわなあ……」と、呑気につぶやくような範疇(はんち
ゅう)じゃないんですね。

歯周病のために、「エンドトキシン」という毒素が血流にの
って全身を駆け巡(めぐ)ります。

まあ詳しいことは、長くなりますので、電子書籍をご覧いた
だくと一番いいのですが、炎症などの関係で、「アミロイド
β蛋白」というトンデモナイ物質を増やすという寸法なんで
すね。

そして、脳に沈着した、その「アミロイドβ(ベータ)蛋白」
こそが、認知症の発症を早めたり、進行させたりする。

いやあ、歯周病の怖さ。

ちょっと、あなた、口を開けてみて下さいな。

はい、ア~ン(ぼくが開けても仕方ないのですが……)。

             ★★★

まあ、そういうことで、今回は、終わります。

その歯周病がどう認知症に影響するかは、上述したぼくの電
子書籍をご覧下さい。

幸いなことに、すでにアマゾンで公開しておりますので、ど
なたでもご覧になれますよ。

いやあ、この「アミロイドβ蛋白」恐るべし……ということ
ですなあ。

さあ、こんなことを書いていますと、ぼく自身が少々、認知
症気味になってきたようで……(おっと、その先は言わない
で下さいよ)。

ふふふ……また、お逢いしましょう。
今日は、これまで。
お元気で!
                    (山田博士


★★「短縮版」読者のかたで、その日だけの「完全版」をご
  希望のかたは、下記からお申し込み下さい(1回分500
  円)。ただし、頻繁な場合は、「完全版」読者になられ
  たほうが、ずっと安価になります。下記からどうぞ。
     → https://ws.formzu.net/fgen/S75876861/








___________________________

【2】
  あなたや、あなたの家族を、山田が命懸けで救います!
 
          ★山田博士作品集★
 
 より深く、より正確に、より楽しく、メルマガの内容を
 お知らせしたいため、ぼくの作品を、毎回この欄でご案内
 しています。
 
___________________________

 毎週「火水木」に、山田の作品をこの欄で掲載します。
 お楽しみに!
 

 
          今回は下記の作品です。
            ↓  ↓  ↓
   =========================

   ★悲しい原発汚染時代の、ニッポンの魚の食べかた!★

          (即実践・第18話)

  ~海藻の放射性物質汚染実態を見ればよく分かる。魚食民族
   の日本人は、今後、魚とどう付き合えばいいのだろう。そ
   の対処方法~

 詳しい内容は、第18話公開ブログを→ https://bit.ly/2sySAZr

   =========================

           ★お求め方法★

    割引期間内は、下記の割引価格でOKです。どうぞ!

★割引期間は、値引いております。

        (公開価格は、2918円です)

    「短縮版」読者割引価格→ 2318円
「完全版」読者割引価格→ 2218円

 ★割引期間→ 2019年6月17日(月)23:59まで

 ★割引期間でのお求め方法:

  当事務局まで、お問い合わせ下さい。追って、送金情報を
  お送りします。事務局→ https://bit.ly/2DjSStg

   メッセージ欄に……6/13号を見ました。即18話を希望
   します……とご記入下さい。「短縮版」読者か「完全版」
   読者かもお知らせ下さい。

   スマホの場合は、必ず、パソコンからのメール受信拒否を
   いますぐに解除しておいて下さい。でないと、メールが届
   きません。

   割引期間以外は、公開ブログから、お願いします。

  ご連絡、お待ちしています。

  お元気で。





             ★★★
             ★★★
             ★★★



★山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。

 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!

「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





___________________________

      発行/山田博士いのち研究所

 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
        http://yamadainochi.com/
        「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
      事務局への連絡は下記へどうぞ
        → https://bit.ly/2DjSStg

___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。