短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:6/19(水)◆実際の「リサイクル」というものは、人手がいり、お金がかかり、環境が壊れ、売れないということも…

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

     ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2019年06月19日(水)号
            No.3457

毎朝、早朝5時に、全世界に向けて、3配信スタンドから合計
約7000部を発行(日曜だけは休刊です)。創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。





  〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~
      お役立て下さい。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。





   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi





            ▼目次▼


【1】月曜日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べ
   た、山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワ
   ンショット。

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」が面白い!:

   ★もぞもぞの、冒頭部分……

    皆さん、簡単に、「リサイクル」……なんて言いま
    す。

    まあ、いい響(ひび)きですよね。
    耳に心地よい。

    もちろん、それはそれでいいんですが、上記で述べ
    たように、実際の「リサイクル」というものは、非
    常に手間取るのも事実。

    つまり、人手がいり、お金がかかり、環境が壊され、
    なかなかそう綺麗事(きれいごと)ではないんです。

    しかも、そうしてできた製品が高い。

    となると、競争に負けて売れない。
    となると、工場に山積みとなる。
    となると……(省略)。


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集(毎週、火水木に掲載! ぜひどうぞ):

   ★「プチ脳梗塞」を防ぐ“一増四減一禁”の黄金則!
   (「いのち運転“即実践”マニュアル」第19話)








___________________________

【1】

  ★下記の文章は、月曜日の「完全版・メルマガ暮し
   の赤信号」で述べた、山田の電子本「社会の裏側!」
   未公開原稿のワンショットです。

   「短縮版」読者のかたは初めての文章になります。
   じっくりご覧下さい。お役に立つと思います。

   それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」が……面白い。
 
___________________________


      先日の……6/17(月)号のタイトル

             ★★★ 
 
牛乳パックの回収は、本当に「リサイクル」なのだろうか?

~いま一度、テトラパック社などの紙容器の是非を考えたい
 なと思います。これのリサイクルのコストが高くつくこと
 や、北米の森林を壊していること、スウェーデンではすで
 に、パック入り牛乳の製造を禁止したことなどを、ぜひ~


            (前略)

……

もちろん、この回収作業によって、消費者自身に、環境への
配慮が生まれるのであれば、それはそれで非常にいいことで
す。

それについては、ぼくも何も言うこともありません。

でも、そこまで。

そのあとが問題なんですね。

つまり、こうした消費者や団体の苦労の末に回収された牛乳
パックは、先述したように、業者によって製紙工場に運ばれ
ます。

これも先に言いましたが、この専用工場は、全国に7つしか
ありません。

そのため、かなり遠路までトラックで運ぶ必要があります。
石油が必要……ということですね。

そしてその工場では、こうして回収された牛乳パックが、1
00度C以下の低温の蒸煮(じょうしゃ。蒸し煮のこと)で
繊維状にほぐされるわけです。

そのあと、苛性(かせいソーダを加えて、ミルクカートン
と呼ばれる紙の部分と、ポリエチレンなどに分離させるわけ
です。

この苛性ソーダが、その両者の間に浸透(しんとう)し、両
者をほぐしていくわけですね。

この時間や温度、それに苛性ソーダの量などが、いわば企業
秘密なんです(笑)。

そのため、こうした専用工場が少ないわけ。

……


            (後略)


((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


皆さん、簡単に、「リサイクル」……なんて言います。

まあ、いい響(ひび)きですよね。
耳に心地よい。

もちろん、それはそれでいいんですが、上記で述べたように、
実際の「リサイクル」というものは、非常に手間取るのも事
実。

つまり、人手がいり、お金がかかり、環境が壊され、なかな
かそう綺麗事(きれいごと)ではないんです。

しかも、そうしてできた製品が高い。

となると、競争に負けて売れない。
となると、工場に山積みとなる。
となると、赤字になって、ナントモならない。
となると、行政に働きかけて税金を投入する。
となると、結局は、消費者自身のふところに響くことになる。

となると、となると……。
そう、となると……なんですね(笑)。

             ★★★

いったい、これは、何のための、誰のための、「リサイクル」
なんじゃい……となります。

でも、こうした事態は、この牛乳パックだけじゃなく、周囲
に、まだまだ多く存在しています。

「ペットボトル」しかり……。

なにしろ、それを製造する価格より、それを「リサイクル」
する価格のほうが高い。

それでも、社会にこうした「リサイクル精神」を浸透させる
という意味では、いいことです。

でも、いつまでもそんなことをしていては、いけません。

もっと本質的な部分にメスを入れなくてはダメなんですね。

これは、誰だって、そう考えるのじゃないでしょうか。

             ★★★

上記の本文でも述べましたが、苛性(かせいソーダを加え
て、ミルクカートンと呼ばれる紙の部分と、ポリエチレンな
どに分離します。

こうした牛乳パック約1kgのうち、350gほどが、ポリ
エチレンやインクなどの副産物。

こちらのほうは、これを「不完全燃焼」させてガス化し、さ
らにボイラーに戻して再利用されるわけです。

これらはヘドロになるわけですが、これは製鉄所などに売ら
れる。

そして残りの「繊維を含む液状の原料」を、150度C~1
60度Cぐらいのドライヤーや、350度の熱風で、2段階
にわたって乾燥します。

そして、やっと原紙ができるわけですね。

             ★★★

そのあと、巻き上げられた長いロールを一定の幅にカットし
ます。

ぼくたちがいつもお世話になる「牛乳パックからのトイレッ
トペーパー」は、こうして作られるわけですが、これが価格
の点で、売れない。

あれだけ、消費者一人ひとりが苦労して回収し、洗って広げ
てヒモでしばった牛乳パックが、こういうアリサマになって
いるとはねえ。

しかも、この牛乳パックのために森林が壊されているという
ことで、すでにスウェーデンではパック入り牛乳の製造を禁
止しています。

             ★★★

ぼくは、このような「使い捨て容器そのもの」にこそ、問題
があると思っています。

そして、本文でも述べましたように、とくにこの牛乳パック
については、その中身の問題。

つまり、「牛乳や乳製品の存在自体」について、今回これを
いい機会として、みんなで考えてほしいなと思っています。

さてさて、昨日も、いやあ、蒸し暑い1日でしたなあ(いつ
も口にしている。よほど山田クン、こたえたのかも、ね)。

皆さんも、日中、外を歩くときは、必ず「紫外線対策のされ
た日傘」をさして下さい。

もちろん、男も同様です。

ぼくなど、若いころからいつも日傘を差しております。
しかも派手な模様の……(笑)。

みんなが、ぼくを振り返るのが、また楽しくて……。

ふふふ……また、お逢いしましょう。
今日は、これまで。
お元気で!
                    (山田博士


★★「短縮版」読者のかたで、その日だけの「完全版」をご
  希望のかたは、下記からお申し込み下さい(1回分500
  円)。ただし、頻繁な場合は、「完全版」読者になられ
  たほうが、ずっと安価になります。下記からどうぞ。
     → https://ws.formzu.net/fgen/S75876861/








___________________________

【2】
  あなたや、あなたの家族を、山田が命懸けで救います!
 
          ★山田博士作品集★
 
 より深く、より正確に、より楽しく、メルマガの内容を
 お知らせしたいため、ぼくの作品を、毎回この欄でご案内
 しています。
 
___________________________

 毎週「火水木」に、山田の作品をこの欄で掲載します。
 お楽しみに!
 

 
          今回は下記の作品です。
            ↓  ↓  ↓
=======================

    ★「プチ脳梗塞」を防ぐ“一増四減一禁”の黄金則!★

 ~いまや、30代で始まり40代の4分の1、50代の3分の1、
  60代の半分がこの症状だ。半身不随を防ぐ絶対の方法とは~

   ~「いのち運転“即実践”マニュアル」第19話~

=======================



ぼくが子どものころ。

脳梗塞(のうこうそく)なんていう話は、かなりのオジンか、オバ
ンのことでした(笑)。

その言葉を聞いただけで、どこの年配者のことなんだろうと思った
ものでした。

でもいま。

今回の作品にもあるように、「プチ脳梗塞」だなんて言葉が会話にも
出るようになった時代なんですね。

もちろん、若い世代に多い。

ぼくたちは、西洋医学で、一所懸命に体を細かく分析して病気の原
因や治療を学んで来たはずなのに、どうして、こうも次々に「新し
い病気」が湧(わ)いてくるのか。

病院へ一度行ってみて下さい。
まあ、皆さん元気なこと……。

いや、「元気」……という言葉は適切ではないのですが、多くの老
若男女(ろうにゃくなんにょ)サンたちがたくさん待合室に座って
ザワザワしています。

まあ、これは、別に元気がいい……ということではないのですが……。

              ★★★

とにかくこれだけも病人が増えている。
そして、そのほとんどのかたたちが、高価なクスリをもらって帰宅
するわけですね。

抗生物質などをこれだけも販売して、いったい誰が喜んでいるわけ
です?
しかも、なかなか治癒(ちゆ)しない。

原因も治療法も分からない
そのような病気が溢(あふ)れています。

ふだん、自分が倒れないためにはどうすればいいのか。
あるいは、「すでに倒れている」場合、どうすればいいのか。

そういう意味でも、とくにこの作品は、多くのかたに見てもらいた
いな、と思っております。

              ★★★

体さえなんとかなれば、人生、「なんとか」なります。

ささささ、下記をどうぞ。


   「いのち運転“即実践”マニュアル」第19話

        専用ブログ→ https://goo.gl/EAOuvG



______________________________


           ★お求め方法★

______________________________



   割引期間以外は下記の専用ブログで、お求め下さい。


   ★「プチ脳梗塞」を防ぐ“一増四減一禁”の黄金則!★
   ~「いのち運転“即実践”マニュアル」第19話~

       専用ブログ→ https://goo.gl/EAOuvG

          公開価格→ 2919円


    今回、割引期間内では、下記の割引価格でOKです。
              どうぞ!


   「短縮版」読者割引価格→ 2319円
「完全版」読者割引価格→ 1919円

 ★割引期間→ 2019年6月22日(土)23:59まで

 ★割引期間でのお求め方法:

  当事務局まで、お問い合わせ下さい。追って、送金情報を
  お送りします。事務局→ https://bit.ly/2DjSStg

   メッセージ欄に……6/19号を見ました。即19話を希望
   します……とご記入下さい。
   「短縮版」読者か「完全版」読者かもお知らせ下さい。

   スマホの場合は、必ず、パソコンからのメール受信拒否を
   いますぐに解除しておいて下さい。でないと、メールが届
   きません。

   割引期間以外は、公開ブログから、お願いします。

   ご連絡、お待ちしています。

   お元気で。





             ★★★
             ★★★
             ★★★



★山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。

 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!

「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





___________________________

      発行/山田博士いのち研究所

 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
        http://yamadainochi.com/
        「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
      事務局への連絡は下記へどうぞ
        → https://bit.ly/2DjSStg

___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。