短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:7/12(金)◆野菜や豆類のニセモノはこれだ!外食や惣菜などの冷凍野菜の7割は中国産だ。野菜類の見分けかたとは

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

     ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2019年07月12日(金)号

            No.3477

毎朝、早朝5時、全世界に向けて、3配信スタンドから合計
約7000部を発行(日曜は休刊です)。創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。





 〜本日は「完全版」と「短縮版」の内容は同じです〜
    お役立て下さい。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空をのんびりと旅する雲たちを眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。





   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi





           ▼本日の目次▼


【1】人生には少しのお金と歌と夢、それにでっかい健康
   があれば、それでいい!……連載:847回:

     野菜や豆類のニセモノはこれだ! 外食や惣菜な
     どの冷凍野菜の7割は中国産になっていた。かと
     いって「有機JASマーク」も信頼できない……。
     野菜類の「ニセモノ」の見分け方を把握しよう!


【2】本日ご案内する山田の「電子書籍」は、これっ!:

  ■「社会の裏側!」第25巻

   『武田薬品工業のニセ高血圧治療薬「ブロプレス」問
    題は、何を物語っているのか。その衝撃的背景!』








___________________________

【1】
      人生には少しのお金と歌と夢、
    それにでっかい健康があれば、それでいい!

        連載:847回
___________________________

      この欄は、毎週「金曜」に連載。
   前回の続きですので、前回もぜひご覧下さい。



★タイトル:

野菜や豆類のニセモノはこれだ! 外食や惣菜などの冷凍野
菜の7割は中国産になっていた。かといって「有機JASマ
ーク」も信頼できない……。野菜類の「ニセモノ」の見分け
方を把握しよう!




……どうせ私を だますなら
  だまし続けて 欲しかった
  酔っている夜(よ)は 痛まぬが
  さめてなおます(増す) 胸の傷……

前回のこの欄で、バーブ佐竹さんの「女心の唄」の歌詞を、
ちょっとばかし……、ご紹介してみました(笑)。

先週のこの欄、思い出しました?

本当は、音源も用意して、そのアドレスを載せてはみたので
すが、あとで聴いてみたら、どうもうまく聴こえないので、
諦(あきら)めたのです。

でも、もしいっしょに聴いて下されば、もっと内容が身に染
みたかもしれませんね。

こんな歌を女性に歌わせるなんて、けしからん男ですよね。

女性をいじめる男なんて、男の風上(かざかみ)にもおけん!
(歌の中の物語なのに、ひとりで、空を向いて怒っている)

             ★★★

この歌詞の本当の意味は、私を騙(だま)さずにいてほしか
ったのに……という「女心(おんなごころ)」なのでしょう
が、実際は……悲しいことに、騙されたわけです。

でも、ぼくたちのふだんの生きかたも、これとまったく同じ
じゃないですか。

いかがですか。

ぼくたちは、テレビやネット、雑誌などからの広告で、毎日
を「楽しく●●ながら」生きている(●●は、下記の設問を
ご覧下さい)。

そうじゃありませんか。

そういうかたは、本当であれば「真実」など知りたくない。

過去も知りたくない、今日も知りたくない、明日も知りたく
ない。
とくに過去など、済んでしまったことは……もう仕方ないじ
ゃないの。

あ、そう言えば、そのような歌もありましたよね。

菅原(すがわら)洋一さんの歌「知りたくないの」……でし
たっけ(笑)。

             ★★★

でも、本当は、企業の過去や社会の過去をよく知らなければ、
明日は来ないんです。

けっして済んでしまったからいいじゃないの……じゃないわ
けなんですね。

そういう暮らしをしていると、必ず、大きなしっぺ返しがや
ってくる。

それは、過去の歴史を眺めれば、すぐに分かります。

まあ、そういうことで、前回は、あの「化学調味料」につい
て、それが使われている商品名を挙げて、最後としました。

ぜひ、いつも頭の隅(すみ)に置いておいて下さい。

さてっと……。

今回から、新しい「第2章」のスタートです。

いよいよ、これからが……酔狂(すいきょう)に……あ、ち
ょっと違った、佳境(かきょう)に……入ります(酔狂じゃ、
ありません!)

野菜や豆類のニセモノの見分け方、ぜひお知り下さい。


             ★★★

↓本文。前回より続く(下記は、ぼくの著書の一部分です)。
       〜さらに、加筆しています〜




===========================

           【第2章】

      野菜や豆類のニセモノはこれだ!
 
  外食や惣菜などの冷凍野菜の7割は中国産になっていた。
  かといって「有機JASマーク」も信頼できない……。
  野菜類の「ニセモノ」を把握しよう!

===========================


       いつの間にか口にする輸入食品
        身近に潜む中国産冷凍野菜

  外食や、デパ地下やスーパーで購入の惣菜には、「輸入
  冷凍野菜」が多く使われている。しかもその大部分が
  中国産になっていた!


●1年でほぼ5600万トンの食糧を輸入。その3分の1を
 捨てている現状


デパ地下や駅地下、スーパーなどの棚には、多くの野菜や加
工食品が山積みです。

戦中戦後の昔と比べれば、本当に豊かな国になったものだと、
誰しもが思うでしょう。

でも、もしこれらの食べもののほとんどが日本じゃなく外国
で作られたものだとしたら、どう思いますか。

じつは、日本の食べものの半分以上は、世界から輸入したも
のなんですね。

しかも、1年でほぼ5600万トンの食糧を輸入しているの
ですが、そのほぼ3分の1を捨てているのです。

食糧の廃棄率ではアメリカを上回り、世界中の食糧援助総量
である740万トンをもはるかに超えております。

その廃棄量は、なんと途上国の5000万人分に相当すると
も言われているほど。

             ★★★

札束をはたいて世界各国から食糧を輸入し、しかもそれをど
んどん飽食し、捨てているニッポン。

この光景、何かおかしいと思いませんか。

こんな状況がいつまでも続くはずがありません。

しかも、食糧輸入は数量ベースで見ると、この40年間で、
なんと12倍強にもなっています。

なかでも輸入野菜の量は増え続け、意識せずとも知らずに口
にしている人も多いはずです。

これらをふまえて、一度、ぼくたちの周囲にある野菜を、た
だ単にニセモノかホンモノかなんて言う狭い尺度じゃなく、
この国に住むぼくたち日本人のいのちの将来を見据(みす)
えた視点から述べてみることにしましょう。


(次回のこの欄に続く)


           ▼設問です▼


設問→ 上記の文章を読み、下記の●●にあてはまるものを、
    選択語句から選んでみよ。ただし2文字とは限らな
    い。

 「ぼくたちは、テレビやネット、雑誌などからの広告で、
  毎日を『楽しく●●ながら』生きている」

   【選択語句→ 騙(だま)し、愛され、騙され】

        ■答え■

 下記のとおりです。でも、先に答えを見てはいけません。
 本文を再度ご覧になり、十分想像してから答えをご覧下さ
 い。きっとその繰り返しが、あなたの明日を輝かせること
 になると思っています。

            答え→ 騙され

【上記の文章は、ぼくの著書『その食品はホンモノですか?』
三才ブックス)を元にして、毎回、そのときどきに新しい
 事実を述べて行きます。すでにこの本をお持ちのかたも、
 どうぞお楽しみに!】








___________________________

【2】
  ★本日ご案内する、山田の「電子書籍」は、これっ!★

電子書籍はアマゾンからお求め下さい。ただ、PDF版を
 希望されるかたは、下記の案内サイトに、その方法が記載
 されています。金額は同じにしていますので、どうぞ〜

___________________________



        ★「社会の裏側!」第25巻★

 『武田薬品工業のニセ高血圧治療薬「ブロプレス」問題は、
    何を物語っているのか。その衝撃的背景!』

 ~同社は、この研究に対して総額で「約25億円」をこれら
    の大学に「寄付」していたと言うのだが……~

   第25巻の「案内頁」→ https://bit.ly/2IXJdMg

    山田博士・著


★本書の概要

今回は、多くのかたがご存じの「アリナミン」を作っている武田薬
品工業という企業自体のお話です。

じつはこの商品自体、いろいろと心配なことがあるのですが……
(本書の冒頭で、少しだけ、いま問題なことを述べておきました)。

この企業が平気で……いや会社一丸(いちがん)となって不正行為
を繰り返していたことを知ったぼくは、もう先ほどから、口がポッ
カ~ンです。

この企業の売上高は、連結で1兆5000億円(2013年3月)
もあるんですね。日本の製薬メーカーの中ではもちろん第1位を誇り、
全世界の同業企業の中でも第14位になっているほどの大企業。

つまり、良きにつけ悪(あ)しきにつけ、それだけ影響力が大きいと
いうわけです。

結論から先に述べますと、武田薬品工業の販売している高血圧治療
薬「ブロプレス」(一般名カンデサルタン)という商品が、なんと異
なるデータを使って大々的に宣伝されていたことが……このほど分
かったのです。

何も効果がないのに、その宣伝に乗せられて、医師や患者たちがこ
の薬を長い間、使わされてきた……ということなんですね。

この事実は、京都大学付属病院のある医師が、海外の学術誌でその
不一致性を指摘したことにより、明るみに出たものでした。
もしそうでなければ、この薬は「効果がないのにもかかわらず」平
気な顔をしたまま、いまもなお、売り続けられていたことでしょう。

降圧剤は、企業にとって、それほど儲かる薬なんですね。

その医師によりますと、ある研究チームが発表した論文に盛り込ま
れている真実のデータに比べて、武田薬品工業が2008年ごろの
宣伝広告に利用したデータの一部は、「ブロプレス」に有利な内容
になっている……と言うわけですね。

そして、武田薬品工業は、この研究に対して総額で約25億円をこ
れらの大学に「寄付」している。いやはや……ですよね。

人工薬剤を、何も考えずに医師の言うがままに使うことについて、
今回の事件を契機に、ぜひお考え下さい。

これは、ただ単に、今回のこの降圧剤だけの問題じゃありません。

あなたが今日も食べてきたその食べものも、そっくり同じことが言
えるわけですから。

いままでに発刊したほかの「社会の裏側!」シリーズも、どうぞお
楽しみ下さい。楽しい文体が人気のようですよ。お楽しみに!


 (詳しい概略や目次などは、「案内頁」をどうぞ。「PDF版」
  でも提供できますが、なるべく電子本をお願いします。ただ
  複数巻をご希望のかたは、「PDF版」だと割引きをします)

   第25巻の「案内頁」→ https://bit.ly/2IXJdMg





             ★★★
             ★★★
             ★★★


(山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。
 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!)

「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





___________________________

       発行/山田博士いのち研究所

 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
         http://yamadainochi.com/
         「メルマガ専用ブログ」
      → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
       事務局への連絡はこちらへどうぞ
         → https://bit.ly/2DjSStg

___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。