短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:8/8(木)◆明日から、このメルマガもお盆休みのため、しばらく休刊します。つい先日も、確か同じようなことをと…

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

     ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2019年08月08日(木)号
            No.3500

毎朝、早朝5時に、全世界に向けて、3配信スタンドから合計
約7000部を発行(日曜だけは休刊です)。創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。




          ★お知らせ★

   ~新刊が、先日、アマゾンから発行されました~
         お役に立ちますぞ
 
       ◆「社会の裏側!」112

     山岡鉄舟、再び、日本と世界を救う!

~戦争や災害が絶えない地球を救う方法が、一つあります。
 イデオロギーじゃなく、「和の精神」「共生の思想」が、
 なぜいま必要なのか。鉄舟の思想を振り返り、未来へつな
 げたいなと思っています~

          山田博士・著(585円)


   なお、「完全版」読者のかた全員へは、一足早く
   8/4(日)に案内をお出ししました(昨日が
   締め切りでしたが)。
   「短縮版」のかたは、下記の専用頁からお求め下
   さい。概要や目次などが載っています。

    第112巻の専用頁→ https://bit.ly/2MydjHM
(PDF版を希望されるかたは、事務局までご連絡下さい)





  〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~
      お役立て下さい。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。





   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi





            ▼目次▼


【1】月曜日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べ
   た、山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワ
   ンショット。

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」が面白い!:

   ★もぞもぞの、冒頭部分……

    明日から、このメルマガもお盆休みのため、しばら
    く休刊します。

    つい先日、確か同じようなことをお話ししていたな
    あと思ったら、もうそれは去年のことでした(笑)。

    なんとも速い。

    時間の過ぎ去るのが、なんとも速い。
    速い、速い、速い……。

    最近、とみにそう思うのは、年齢から来るのでしょ
    うか。
    それとも、社会の動きがめまぐるしくて、物理的に
    ついて行けないからなのでしょうか。

    皆さんは、いかがです?

    今回のこの『都立高校が、「スマホ」の校内持ち込
    みを解禁した。え? これって、社会の逆行じゃな
    いの?』……も、これで最後です。

    つい先日、これを……(省略)。


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集(毎週、火水木に掲載! ぜひどうぞ):

   ★『リニア新幹線計画に見る電磁波後進国ニッポン。
    暮らしの中でできる簡単な電磁波対策とは』
          (即実践・第17話)

    ~なぜ、ケータイ基地から200m以内の鳥の巣
     40%に、ヒナがいないのだろう!~








___________________________

【1】

  ★下記の文章は、先日の月曜日の「完全版・メルマガ
   暮しの赤信号」で述べた、山田の電子本「社会の裏
   側!」未公開原稿のワンショットです。

   「短縮版」読者のかたは初めての文章になります。
   じっくりご覧下さい。お役に立つと思います。
   それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」が……面白い。
 
___________________________


      先日の……8/5(月)号のタイトル

             ★★★ 
 
  都立高校が、「スマホ」の校内持ち込みを解禁した。
     え? これって、社会の逆行じゃないの?

~その3つの理由が、噴飯ものです。タブレットなどを学校
 側が用意して授業で使うならいいでしょうが、いずれにし
 ても、未成年の「スマホ」利用は、禁止すべきです~


            (前略)

……

でも、今日現在でも、そのようなロボット……いや違った、
そのような人たちが、周囲に溢(あふ)れています。

周囲の空気が読めない。

そして、周りに困っている人がいても、「スマホ」ばかりに
目を向けて、知らん顔をしている。
いや、そのフリをして知らん顔をしている。

そういう人が周囲に増えていますが、これはまさにいま述べ
た「自律型のAIロボット」じゃありませんか(笑)。

先日も、あるバス停でバスを待っていたのですが、一番先頭
にいる若い女の子は、ずっとうつむいて「スマホ」をいじっ
ています。

後ろに人が来ようが、周囲がどうなろうが、まったく知らん
顔。

そのうちバスがやってきましたが、バスの運転手さんも、彼
女が乗るのかどうか分からず、困った顔をしています。

そして、のろりのろりとバスの入り口の階段を上って、何も
言わず、「パスモ」をポンして、そのまま座席に向かい、ま
た「スマホ」。

運転手さん、こんな客、乗せなくてもいいんじゃありません
か(笑)。

なんて、言いたくもなりました。

このように、周囲の空気を読まなくするために、わざと「ス
マホ」を利用している人も多いですよね。

人間関係の面倒なことはイヤだから、「スマホ」を見ている
フリをする。

こうした人は、もはや人間じゃなく、「自律型のAIロボッ
ト」なんでしょうね。

自分が困ったとき、誰も助けてはくれません。

人間同士なら、互いの空気を読みながら、互いをかばったり、
励まし合ったり、助け合ったりできます。

でも、互いが「スマホ」しか見ていないロボット同士なら、
何かの敵や災害が襲ってきても、誰も助けてくれるはずもな
いでしょうね。

……


            (後略)


((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


明日から、このメルマガもお盆休みのため、しばらく休刊し
ます。

つい先日、確か同じようなことをお話ししていたなあと思っ
たら、もうそれは去年のことでした(笑)。

なんとも速い。

時間の過ぎ去るのが、なんとも速い。
速い、速い、速い……。

最近、とみにそう思うのは、年齢から来るのでしょうか。
それとも、社会の動きがめまぐるしくて、物理的について行
けないからなのでしょうか。

皆さんは、いかがです?

今回のこの『都立高校が、「スマホ」の校内持ち込みを解禁
した。え? これって、社会の逆行じゃないの?』……も、
これで最後です。

つい先日、これをまとめたなあ……と思ったら、これももう
最後。

毎日が、本当に「駆け足」なのですが、しかも、この暑さと
来ている(笑)。

             ★★★

それなのに、もっと頭の中を「蒸し暑くさせてくれる」光景
が、この「スマホ」なんですね。

本文でも述べましたが、バス停で一番前に並んでいる若い女
性の「スマホ」行為を見ていますと、後ろに並んでいる人た
ちはみんな、もううんざりなんですね。

もっと前に詰めれば、後ろの人も助かるし、歩道を歩く人も
助かる。

それにバスに乗り込むときも、若いのだから(お年寄りは別
ですよ)サササッとデッキに上がってくれれば、後に続く人
も助かります。

でも、彼女には、周囲の空気が読めない。

こういう人が増えると、本当に「蒸し暑く」なります。
そして、悲しくなります。

いったい、いつからこのような人間のいない社会になってし
まったのでしょうか。

これでは、もはや人間じゃなく、上述したような「自律型の
AIロボット」そのもの……なんですね。

             ★★★

でも、本人はそれが分からない。

どんなことも、鳥の目で見れば、よく分かります。
上空から、自分の姿を見てみるといい。

いかに醜(みにく)い行為をしているのか、すぐに分かるは
ずです。

まさか自分は空を飛べないし……というかたは、想像力とい
う凄い力を誰でも持っているじゃありませんか。

その想像力があるために、ぼくたちは、世界のどこへでも行
けるわけですね。

ほかの生きものたちには、きっと「アメリカに行きたいなあ
……」というような能力は、あまりないと思いますよ(本人
に聞いたことがありませんので、想像ですが……。笑)。

でも、いまの人間たちに、そのような想像力が無くなってい
るとなると、もはや人間以外の生きものと同じ分野になって
しまっているのでしょうね。

             ★★★

他人やほかの生きものたちへの「忖度(そんたく)」がある
から、ぼくたちは、あまりストレスなしに、生きて行けるの
ですが、それがなくなれば、とくに子どもたちがそうなると
……。

そうさせている大きな原因が、ぼくはこの「スマホ」だと思
っています。

そういう意味で、その物理的な問題より、心情的な問題を、
ぼくは今後、人類が集まって、論議すべきだと思っています。

まあ、自分が「自律型のAIロボット」でもいいわい……な
んて考えていらっしゃるかたには、こんなお話し、耳にタコ
……じゃなかった、ネコに小判でしょうがね。

「運転手さん、こんな客、乗せなくてもいいんじゃありませ
ん?」……なんて、本当に言いたくなりましたモン。

ふふふ……また、お逢いしましょう。
今日は、これまで。
お元気で!
                    (山田博士


★★「短縮版」読者のかたで、その日だけの「完全版」をご
  希望のかたは、下記からお申し込み下さい(1回分500
  円)。ただし、頻繁な場合は、人手の関係でお送りでき
  ないこともありますので、その点は、ご了承下さい。
      → https://ws.formzu.net/fgen/S75876861/








___________________________

【2】
  あなたや、あなたの家族を、山田が命懸けで救います!
 
          ★山田博士作品集★
 
 より深く、より正確に、より楽しく、メルマガの内容を
 お知らせしたいため、ぼくの作品を、毎回この欄でご案内
 しています。
 
___________________________

 毎週「火水木」に、山田の作品をこの欄で掲載します。
 お楽しみに!
 

 
          今回は下記の作品です。
            ↓  ↓  ↓
======================

    ★『リニア新幹線計画に見る電磁波後進国ニッポン。
      暮らしの中でできる簡単な電磁波対策とは』

  ~なぜ、ケータイ基地から200m以内の鳥の巣40%に、
          ヒナがいないのだろう!~
           (即実践・第17話)

  詳しくは、専用ブログをご覧下さい→ https://goo.gl/2q9P1C

           公開価格→ 2917円
(ただし、下記の期間中は割り引いています。どうぞご利用下さい!)

  ======================


           ★お求め方法★

     割引期間内は、割引価格でOKです。どうぞ!

    ★『リニア新幹線計画に見る電磁波後進国ニッポン。
      暮らしの中でできる簡単な電磁波対策とは』
           (即実践・第17話)


★割引期間は、値引いております。

    「短縮版」読者割引価格→ 2317円
「完全版」読者割引価格→ 2217円

 ★割引期間→ 8/8(木)~8/12(月)
(ただ、お盆休みに入っていますので、ご送付は
      遅れます。ご了承下さい)

 ★割引期間でのお求め方法:

  当事務局まで、お問い合わせ下さい。追って、送金情報を
  お送りします。事務局→ https://bit.ly/2DjSStg

   メッセージ欄に……8/8号を見ました。即17話を希望
   します……とご記入下さい。「短縮版」読者か「完全版」
   読者かもお知らせ下さい。

   スマホの場合は、必ず、パソコンからのメール受信拒否を
   いますぐに解除しておいて下さい。でないと、メールが届
   きません。
   割引期間以外は、公開ブログから、お願いします。

  ご連絡、お待ちしています。

  お元気で。





             ★★★
             ★★★
             ★★★



★山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。

 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!

「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





___________________________

      発行/山田博士いのち研究所

 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
        http://yamadainochi.com/

        「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

      事務局への連絡は下記へどうぞ
        → https://bit.ly/2DjSStg

___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。

    (8/9号~8/17号は、お盆休みです)