短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:9/14(土)◆読者への返信:ところが、この手賀沼。美しい自然とは裏腹に「悲しい歴史」があるんですね。それは…  

 

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

     ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2019年09月14日(土)号
            No.3524

毎朝、早朝5時、全世界に向けて、3配信スタンドから合計
約7000部を発行(日曜は休刊です)。創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。

 

 

      ▼9月の読者の会のお知らせ!▼

~お茶飲み会「博々亭」(ひろびろてい)に、ぜひどうぞ!~
 (時刻が変更していますので、ご留意下さい)

 ・日時:9/21(土)、午後3時~午後4時半
 ・場所:東京・恵比寿のカフェ(JR・地下鉄駅数分)。
 ・参加費用:無料です(ご自分のお茶代は負担下さい)。
・参加条件:本誌の読者(複数の場合は、誰かお一人)。
 ・参加方法:下記の専用フォームからお願いします。

   カフェの予約をしますので、何名参加かなどの
   情報を早めにお願いします。事務局からの「ミ
   ニ取材」をご覧になれる場合も、あります。

   参加希望のかたは、下記のフォームでそのつど
   ご連絡下さい。後日、招待状をお送りします。
   いかがです? ぼくと膝を交えて、お茶でも。

     「博々亭(ひろびろてい)」専用ページ
     → http://yamadainochi.com/yama-o.html

 

 

  〜本日は「完全版」と「短縮版」の内容は同じです〜
      お役立て下さい。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 

   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi

 

 

            ▼目次▼

【1】読者への「おとぼけ返信!」

(毎週、この欄は「土曜日」に掲載しています。読者から
 の声をダシにして、山田の思いを自由奔放にお話ししてい
 ます(笑)。毎回、どうぞお楽しみに!:

   ■No.1622

    無料版でも、マスコミが言わない、隠された事実を
    少し知ることができ、興味深いです……

 (A.Mさん、千葉県我孫子市、女性、42歳、専業主婦)


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集!ぜひどうぞ(先日の水曜日にご案内しました
   が、まだご覧になっていないかたのために、再度お
   載せします):

   ★『リニア新幹線計画に見る電磁波後進国ニッポン。
    暮らしの中でできる簡単な電磁波対策とは』
          (即実践・第17話)

    ~なぜ、ケータイ基地から200m以内の鳥の巣
     40%に、ヒナがいないのだろう!~

 

 

 


___________________________

【1】
       ▼読者への「おとぼけ返信」▼

 毎週、この欄は「土曜日」に掲載しています。読者から
 の声をダシにして、山田の思いを自由奔放にお話しして
 います(笑)。毎回、どうぞお楽しみに!

___________________________


注:個人のお名前はイニシャルにし、個人情報などは割
    愛しました。

    誤字脱字の訂正や、分かりにくい文章はいくつか
    に分けたり、短縮したりしていますが、送り仮名や
    漢字、文体などは基本的にそのままですので、全体
    での統一はわざとしておりません。

    そのため、読者の体温をそのままお楽しみ下さい。
    年齢やご職業などは連絡を受けた当時のものです。

 

      【イニシャルは、姓と名の……順です】
        (例)美空ひばり→M.H

 ……………………………………………………………………
 ■No.1622

  無料版でも、マスコミが言わない、隠された事実を少し
  知ることができ、興味深いです……

 ……………………………………………………………………
 (A.Mさん、千葉県我孫子市、女性、42歳、専業主婦)

 

  いつも参考にさせていてだいています。

  無料版でも、マスコミが言わない、隠された事実を少し
  知ることができ、興味深いです。

  これからもたくさんの情報を発信していただけるとあり
  がたいです!


         ■山田からのお返事■


Aさん、こんにちは。
山田博士です。

いやあ不思議ですね。

じつは、先週にこの欄でご紹介したかたも、同じ千葉県の
我孫子(あびこ)市」にお住まいでした。

地球の反対側にお住まいのかたからも、ふだんたくさんお便
りをいただいたりするのに、まさか、同じ町にお住まいのか
たが続くとは。

このような偶然って、世の中にはあるんですね!

ぼくは最初、「あれ? 先週のかたも確か……」なんて、思
わず声を挙げたものです。

我孫子ですか。

かなり以前(そう、20数年前ぐらいかなあ)、我孫子駅
くの手賀沼(てがぬま)に行ったことがあります。

             ★★★

いまは、環境も変わっているのかもしれませんが、東京都心
からこれだけ近い場所に、こんな素敵な自然がたくさん残っ
ていることに、まず衝撃的な感動をしたものです。

それこそ、「めまい」がするような……(笑)。

この町は、じつは以前から名前だけは知っていたのです。

だって、地下鉄千代田線の始発駅であり終点ですから(笑)。
当時、ぼくは世田谷に住んでいて、代々木上原から始発
のこの千代田線をしょっちゅう使っていたのです。

その電車の先頭車両に、いつも行き先が書いてあります。
その名前が、この「我孫子」。

いったい、どういう町なんだろうなと、いつも電車に乗るた
び思っていたんですね。

きっと、多くのかたもそうなのじゃありませんか。

そのため、ある日、意を決して、先述したように散策のため
にその町へ出向いたという次第。

             ★★★

手賀沼の湖畔をゆっくり歩き、さまざまな生きものたちに、
そこで遭遇しました。

この手賀沼周辺には、青色とオレンジ色二色の、こんな可愛
い「カワセミ」も棲(す)んでいるんですね(ぼくは会うこ
とができませんでしたが……)。
    カワセミの写真→ https://bit.ly/2lNGg7m

どうです、ぼくならずとも、思わず、声をかけたやりたくな
りませんか(笑)。

首がちょこんと載っていたりして……。

彼(彼女?)、いったい何を考えて、あの場所にたたずんでい
るのでしょうね。

「本当に、人間ってヤツはさあ、余計なことばかりしてさあ
……」なんて思いながら、自然を破壊ばかりしているぼくた
ちを、ため息をつきながら眺めているのでしょうか。

             ★★★

このほかにも、アオサギシジュウカラ、ユリカモメやコゲ
ラなど、多彩な野鳥が生息しているんですね。

まさしく、「野鳥の楽園」。

人生をすこし休みたいときには、東京近辺のかたはぜひ、こ
の場所へ、カワセミと睨(にら)めっこするために、お出か
け下さい(笑)。

ところが、この手賀沼

そのような美しい自然とは裏腹に、知らない人はご存じない
でしょうが、「悲しい歴史」があるんですね

ぼくも、当地へ行かなければ知らなかったことなのですが、
先の大戦が終わる寸前のこと。

この手賀沼を渡るため、乗船していた船が沈没し、たくさん
の有望な若い教師たちが亡くなったんですね。

             ★★★

もう少し早く戦争が終わっていたら……。

1944年(昭和19年)11月22日のこと。
寒い1日でした。

東葛飾郡東部地区主催の「女教員錬成会」が行われていたん
です。

この「錬成会」とは、若い女教員が戦争遂行の理念を持った
国民を育てることを目的としていたものなんですね。

いわば、当時の軍国主義真っ最中の中で、彼女たちが犠牲に
なったわけです。

その日の午前の会議を、湖北国民学校で終えて、その午後は
対岸の手賀東国民学校に向かおうと、中里の渡しから、3隻
の舟に定員オーバーの44人が乗りこんだと言います。

しかし、その途中で、突風をうけ船が転覆(てんぷく)しま
した。

そして、校長のほか、17名の教職員が遭難したわけです。
その多くは、水の冷たさのための心臓マヒだったと。

辛(つら)い話です。
悲しい話です。

             ★★★

何度も言いますが、もう少し早く戦争が終わっていたら……。

そして、戦争が終わったあとの1948年(昭和23年)の
命日に、その霊を慰めるために「手賀沼殉難(じゅんなん)
教育者之(の)碑」が建てられました。

いまも、その場所にある小学校に、その碑が、建っています。

その時代を一所懸命に生きた若者たち。

そして、時代に翻弄(ほんろう)された若者たち。

ぼくは、そのような先人たちの思いを、しっかりと胸に抱い
て、今後の人生を歩き続けたいなと痛感しています。

たとえ、さまざまな辛苦(しんく)が降りかかろうと……。

             ★★★

Aさん。

「無料版でも、マスコミが言わない、隠された事実を少し知
ることができ、興味深いです……」なんて言われると、ぼく
も本当に辛(つら)い。

本当は、全文を全員のかたにお知らせしたいんです。

でも、上記で述べたような事件などは、戦争中では多くのか
たに知らせることができませんでした。

もし知らせることができても、その一番大きな原因であった
戦争については、誰も言えなかったんですね。

そんなこと否定しようものなら、マスコミは大変な目にあっ
たわけですから。

でも、現在も同様なことが、じつは起こっているんです。

一番大事なことが、国民は知ることができない。

             ★★★

そのため、当時のような時代が二度と来ないように、ぼくは
こうして、いつも空を仰(あお)ぎながら、このメルマガ
「暮しの赤信号」で、叫び続けているんです。

どうぞ、「少しだけ……」なんておっしゃらずに、ぜひ、文
章の行間(ぎょうかん)からぼくの意をお汲(く)み下さ
い(笑)。

今後とも、どうぞ、メルマガをお楽しみ下さい。

お元気でね。

 

 

 


___________________________

【2】
   あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集! ぜひどうぞ。

 ~先日の水曜日にご案内しましたが、まだご覧になって
    いないかたのために、再度お載せしました~

___________________________

 

      先日案内したのは、下記の作品です。
          ↓  ↓  ↓
======================

    ★『リニア新幹線計画に見る電磁波後進国ニッポン。
      暮らしの中でできる簡単な電磁波対策とは』

  ~なぜ、ケータイ基地から200m以内の鳥の巣40%に、
          ヒナがいないのだろう!~
           (即実践・第17話)

詳しくは、公開専用ブログをご覧下さい→ https://goo.gl/2q9P1C

           公開価格→ 2917円
(ただし、下記の期間中は割り引いています。どうぞご利用下さい!)

  ======================


           ★お求め方法★

     割引期間内は、割引価格でOKです。どうぞ!

    ★『リニア新幹線計画に見る電磁波後進国ニッポン。
      暮らしの中でできる簡単な電磁波対策とは』
           (即実践・第17話)


★割引期間は、値引いております。

    「短縮版」読者割引価格→ 2317円
「完全版」読者割引価格→ 2217円

 ★割引期間→ 2019年9月14日(土)23:59まで
 (本日まで、です)

 ★割引期間でのお求め方法:

  当事務局まで、お問い合わせ下さい。追って、送金情報を
  お送りします。事務局→ https://bit.ly/2DjSStg

   メッセージ欄に……9/11号を見ました。即17話を希望
   します……とご記入下さい。「短縮版」読者か「完全版」
   読者かもお知らせ下さい。

   スマホの場合は、必ず、パソコンからのメール受信拒否を
   いますぐに解除しておいて下さい。でないと、メールが届
   きません。
   割引期間以外は、公開ブログから、お願いします。

  ご連絡、お待ちしています。

  お元気で。

 

 

             ★★★
             ★★★
             ★★★

 

★山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。
 その右側に、すべて並んでおります。

 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!

「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

___________________________

      発行/山田博士いのち研究所

 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
        http://yamadainochi.com/

        「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

      事務局への連絡は下記へどうぞ
        → https://bit.ly/2DjSStg
___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。