短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:11/7(木)◆人生、必ずしも「食べものだけ」がすべてじゃありません。じつはぼくも若いころは……  


〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

     ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2019年11月07日(木)号
            No.3570

毎朝、早朝5時に、全世界に向けて、3配信スタンドから合計
約7000部を発行(日曜だけは休刊です)。創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。

 

 

  〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~
      お役立て下さい。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 

   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi
(内容に即した写真も掲載しています!ぜひご覧下さい)

 

 

            ▼目次▼


【1】月曜日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べ
   た、山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワ
   ンショット。

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」が面白い!:

   ★もぞもぞの、冒頭部分……

    いつかも述べたことがあるかもしれませんが、人生、
    必ずしも「食べものだけ」がすべてじゃありません。

    じつはぼくも若いころは、食べものさえ正当なもの
    であれば、人生、大丈夫だ、うまく行く……と、思
    っていたときもありました。

    まあ、それぐらい、当時は、食事情が酷(ひど)か
    った……。

    そのため、そうでも言わないと、周囲の誰も、いま
    の現実を分かってくれなかった、という事情もあり
    ました。

    だから……(省略)。


【2】ご希望が多いため、再度、外国からもアクセスの多
   い「社会の裏側!」の既巻を、なんと50%OFF
   で順番に提供します。
   全巻を揃えるには、いい機会です。
   すべてPDF版に制作して、提供します!

    → 今回は、【第6回目】61巻~第70巻

     最初の第61巻のタイトルは、

     『タクシー大手の「日本交通」よ、消臭剤添加の
     「ファブタク」なんて愚かな行為は、即お止めな
      さい!』(読者の皆さんの抗議の影響なのか、
      現在は止めたようですよ)

 

 

 


___________________________

【1】

  ★下記の文章は、先日の月曜日の「完全版・メルマガ
   暮しの赤信号」で述べた、山田の電子本「社会の裏
   側!」未公開原稿の「一部分」です。

 本文は、「短縮版」読者のかたは初めての文章になります。

   それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」が……面白い。
 
___________________________


      先日の……11/4(月)号のタイトル

             ★★★ 
 
     糖尿病患者の約6割が、じつは貧困層
          だったという衝撃!

~いまや、でっぷり太った体格は、貧困層なんですね。でも、
 ただ食費の使い方を誤っているだけ。オカネを使わず健康
 になるために、さあ、「ノート」に、こう書いて下さい~


            (前略)

……

先日も述べましたが、人生、老少不定(ろうしょうふじょ
う)です。

年齢の順に亡くなるはずがないんですね。

たとえ90歳でも、「よし来月はこうしよう、未来はこうし
よう!」なんていつも考えていてほしい。

そうすれば、そういう考えを持つこと自体が、毎日の張りに
なるわけですね。
周囲の人たちを幸せにできます。

ある高名な100歳ぐらいのかたが、入院した病院の廊下で、
いつもスキーの練習をしていました。

なぜそうなのかと聞かれて、「ハハハ、昨日より、少しでも
上手になりたくてね」

これなんですね。

100歳なんて、なんですか。

そのような気持ちをいつも持ち続けている人は、老いません。
しかも、社会に何らかの働きかけをしようと思っていますか
ら、気持ちはいつも若い。

いわば、永遠の青年……なんですね。

そうなりたいかた、いますぐに「ノート」に記入して下さい。

いまの仕事が嫌であれば、じゃ、どうしたいか。
もし自分で起業するなら、どのような形にするか。

……


            (後略)


((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


いつかも述べたことがあるかもしれませんが、人生、必ずし
も「食べものだけ」がすべてじゃありません。

じつはぼくも若いころは、食べものさえ正当なものであれば、
人生、大丈夫だ、うまく行く……と、思っていたときもあり
ました。

まあ、それぐらい、当時は、食事情が酷(ひど)かった……。

そのため、そうでも言わないと、周囲の誰も、いまの現実を
分かってくれなかった、という事情もありました。

だから、少し衝撃的なことを、ぼくは叫びつつ、いままで歩
いてきたのは事実です。

でも、その後、ぼくも年を重ね、さまざまな人の人生の「そ
の後」を見てきました。

そして、ぼく自身の「成長」もあります。

             ★★★

え?

山田サンも、成長しているんですかあ……って?

ンなこと、言わないで下さいな。

これでも、しっかりと、昨日よりは今日、今日よりは明日へ
と、一歩一歩、「成長」しております、はい(笑)。

まあ、ときには下がることもありますので、一歩前進、二歩
後進……ということも、ママあります。

そして、こりゃダメだと思ったら、転進……です。

まるで昔の軍隊のようですが、そのときでも、絶対、敵に背
中を見せるようなことはしません。

だから、後退じゃなく、「転進」……(笑)。

まるで軍隊のようですが、でも自分にそう言い聞かせるのだ
から、いいじゃありませんか。

他人を動かすわけじゃない。

でも、人生、「転進」のほうが多いかもしれません。

             ★★★

ぼくは戦後の団塊(だんかい)の世代ですから、なにしろ仲
間の人数が多い。

そのため、いつも競争ばかりの人生でした。

でも、負けても、敗れても、転(ころ)んでも……それでも
歩き続けております。
背中は見せない。

もし歩けなくなれば、地に這(は)ってでも……。

お陰さまで、そのような転進の方法は、いろいろと学びまし
た。

もし、最初からすべてに勝者であれば、そんなことは学べま
せんので、きっと寂しい人生で終わるのではないかなと、思
っています。

その点、ぼくの場合は、人生花盛り(笑)。

まあ、半分負け惜しみのようなところもありますが、それで
もいいじゃありませんか。
自分で花盛り……だなんて思っているのですから。

ぼくの場合、頭の中身もだいぶお花畑のようですが……(笑)。

             ★★★

まあ、そういうことを思いつつ、人生歩いてきたのですが、
不思議なことが多々ありました。

と言いますのは、食べものを中心にして生きていたような身
近の人たちが、バタバタ倒れて行くわけですね。

はて、これはナンジャラホイ。

ぼくの若いころは、そんなこと、考えもしませんでした。

でも、最近、その理由が分かりました。

と言いますのは、そうして倒れて行った人たちを見ますと、
視界が非常に狭い……んですね。

自分の人生だけを考えている。

でも、実際には、ぼくたちはけっして一人ではありません。

自分の親しい仲間や国民や世界中の人たちが、この世には
存在しています。

そして、みんながどこかでつながっているわけですね。

これは人間だけじゃなく、ほかの生きものとの間も同じです。
みんな、この地球上に棲(す)んでいる仲間なんですね。

             ★★★

こうしたことを1ミリも考えず、「自分だけが健康になれば
いい」と思っているかたは、必ず、倒れます。

それは、ぼくのいままでの体験でも、間違いありません。

だから再度言いますが、自分の人生だけのことじゃなく、先
述したようなことを「ノート」に書こうとしなければ、今日
の続きが明日も続きます。

そして、人生の幕が降りるのを、うつろな目で見ている日が
必ずやってきます。

そのとき、誰もあなたを救ってはくれないでしょう。

だって、いままでの人生が「自分だけのもの」だったのです
から。
それは仕方ありません。

だから、少し「広い目で世の中を見て」、それらを、その
「ノート」にいつも書くようになさって下さい。

そして、少しぐらいの冒険も、ぜひして下さい。

             ★★★

いつも安全なことばかり考えていると、それだけの人生で終
わります。

つまらない人生で終わります。

失敗もまた楽しい人生なんですね。
その中にこそ、涙あり、希望あり、夢があるものです。
ドラマがあります。

そして、いつまでも自分の記憶として残るものです。

もちろん、冒険をする場合は、相場の世界でよく言うよう
に、必ず「損切り」はしておいて下さいよ(笑)。

最悪、たとえ転(ころ)んでも、ここまでは大丈夫という線
ですね。
それをふまえていれば、少しぐらいの冒険はどんどんしてほ
しい。

             ★★★

まあ、今回は、いつもぼくが考えていることなどを、縷々
(るる)述べてみました。

だって、あまりにも、ぼくの周囲で倒れている人が多いので
すモン。
しかも、若いかたが……。

今回のこの文章が、あなたの今後の人生で、何かお役に立
てば、嬉しいです。

……さてっと、……寒くなりましたなあ。

昨日など、コートも持たずに飛び出したものですから、帰路
の、まあ寒いこと。
指先は真っ白でした。

夜空の星たちは、本当に美しく輝いていましたけど。

さて、早く戻って、一杯やろっと。
おっと、熱いお茶を、ですよ……(笑)。

ふふふ……また、お逢いしましょう
今日は、これまで。
お元気で!
                    (山田博士


★★「短縮版」読者のかたで、その日だけの「完全版」をご
  希望のかたは、下記からお申し込み下さい(1回分500
  円)。ただし、頻繁な場合は、人手の関係でお送りでき
  ないこともありますので、その点は、ご了承下さい。
      → https://ws.formzu.net/fgen/S75876861/

 

 

 


___________________________

【2】
    ★毎日、外国からもアクセスの多い電子書籍
     「社会の裏側!」全巻を、50%OFFで
         順番に提供いたします!

     (PDF版に作り替えて、送付します)

        全巻揃えるには、いい機会です。
 ぜひ、今回の案内をご活用下さい。そして保存して下さい。

___________________________


         今回は、【第6回目】

     下記の第61巻~第70巻の提供です。

        (合計10巻の全巻です)


61.社会の裏側!61……タクシー大手の「日本交通」よ、
  消臭剤添加の「ファブタク」なんて愚かな行為は、即お
  止めなさい!

 ~なぜ、消臭、抗菌などによる弊害がこれほど問題になっ
  たのか~
         → https://bit.ly/2rLOM74


62.社会の裏側!62……「ペットボトル茶」を、本当のお
  茶だと信じて飲んでいる悲しい日本人!

  ~どの商品にも「合成ビタミンC」が添加されている理
   由と、中国輸入の汚染茶の茎(くき)から作られる
   「トンデモ茶」の実態~
         → https://bit.ly/2GlysOX


63.社会の裏側!63……抗菌石鹸は使ってはいけない!そ
  れは当然だけど、今回の事件をきっかけに、「抗菌生活」
  の是非を考えようよ

 ~抗菌剤「トリクロサン」は、抗生物質の耐性菌を作っ
   たり、「環ホル」の可能性が指摘されていますが、も
   っと大切なこととは~
         → https://bit.ly/2IKrOqw


64.社会の裏側!64……コンビニの「おにぎり」が腐敗し
  ないわけ。PH調整剤の正体とは!

  ~どおりで、強烈な「合成保存料」が使われなくなった
   はず。その問題点と、添加「おにぎり」や「サンド」
   の実名をお教えしよう~
         → https://bit.ly/2IqdFeP


65.社会の裏側!65……市販薬の「副作用」を、甘く見て
  はいけない!

  ~左目をほとんど失明し生死をさまよった20歳の彼女。
   5年間で千件もの「副作用」の実態と、有名な市販薬
   に含まれるこの物質と~
         → https://bit.ly/2rRWc8b


66.社会の裏側!66……「モンサント社」という企業を、
  少し考えてみようと思います!

  ~ヒロシマ原爆の開発に取り組み、731部隊にも関連し、
   いまは「遺組み」によって世界の農民を苦しめている
   この企業の源とは~
         → https://bit.ly/2JaRVo0


67.社会の裏側!67……次世代電力計「スマートメーター
  の電磁波が、なぜこれだけも重大な影響を与えるのだろ
  う。その具体的な数値をお伝えしよう!

  ~外国で「健康被害」による反対運動が起こっている事
   実と、個人情報の漏洩問題とは~
         → https://bit.ly/2GJKAKu


68.社会の裏側!68……大企業が税金を払わなくて済む凄
  いカラクリ。しかも消費税が、「法人税減収」を補填
  (ほてん)していた!

  ~当初、消費税は「社会保障費」に回されるということ
   じゃなかったのでしょうか~
         → https://bit.ly/2GZbgqB


69.社会の裏側!69……「エナジードリンク」が、なぜ死
  亡事故を招きやすいのか!

  ~カフェイン、異性化糖、過剰ビタミンなどを、軽視し
   てはいけない。とうとう子どもに「販売禁止」する国
   が現れた~
         → https://bit.ly/2Hif1I0


70.社会の裏側!70……企業の「遺伝子検査」は、絶対に
  受けてはいけない!

  ~いま、ヤフーやDHCなどが、あなたの個人情報を狙
   っています。なのに「個人情報保護法」が10年ぶり
   に改定されてしまいました~
         → https://bit.ly/2HDC8gn


 (今回は、以上の合計10巻を、特別に「50%引き」で提
  供します)

 

 

=========================

        ★今回だけの特別価格★

  公開価格は@585円→ 今回は、@290円です

     全10巻ですので、2900円

=========================
 
           ★割引期間★

    2019年11/7(木)~11/11(月)


 ★「社会の裏側!」第61~第70巻、特別お申し込みフ
  ォーム

  パソコン・スマホ用→ https://ws.formzu.net/fgen/S57615959/

  (折り返し、自動返信で、送金情報をお送りします)

 

皆さんからのご連絡を、お待ちしています。
そして、ごいっしょにお歩き下さい。

お元気で。

 

 

             ★★★
             ★★★
             ★★★

 

★山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。

 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!

「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

___________________________


       ★発行/山田博士いのち研究所★
 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F

「社会の裏側!」案内→ https://syakainouragawa234.blogspot.com/
 メルマガ案内→     https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
 メインホームページ→ http://yamadainochi.com/
 事務局への連絡→   https://bit.ly/2DjSStg(こちらへどうぞ)

___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。