短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:12/2(月)◆で、あなたの「エシカル通信簿」は、何点です? 牛角や甘(あま)太郎、かっぱ寿司たちの点数は……

 


【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

     ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2019年12月02日(月)号
            No.3591

毎朝、早朝5時に、全世界に向けて、3配信スタンドから合計
約7000部を発行(日曜だけは休刊です)。創刊日は2004/10/5。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 

   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi
  (原稿に関連した写真を載せていますので、どうぞ)

 

 

             ▼目次▼

【1】山田の電子本「社会の裏側!」の本邦初原稿です。
   後日、概略などを付け、電子本として公開する予定:

    (毎週「月曜日」を、どうぞお楽しみに!)

   『で、あなたの「エシカル通信簿」は、何点です?』


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集!ぜひどうぞ(先日の木曜日にご案内しました
   が、まだご覧になっていないかたのために、再度お
   載せします):

   ★「毎朝10分、目を良くし、心も頭も内臓も柔軟
    にする山田式ストレッチ方法!」(第12話)

 

 

 


___________________________

【1】
    ▼山田の電子本「社会の裏側!」本邦初原稿▼

 (毎週「月曜日の早朝5時」を楽しみにしていて下さい)

後日、概略などを付けて、電子本として公開する予定ですが、
読者のかただけには、いち早く、こうしてご案内しています。
___________________________

 

【今回のタイトル】
           ↓ ↓ ↓

===========================

   で、あなたの「エシカル通信簿」は、何点です?

牛角や甘(あま)太郎、かっぱ寿司たちの点数は、最低点
 でした。ただこうしたSDGs(持続可能な開発目標)の視
 点は、まず自分自身を変えることが先決じゃありませんか~

===========================


           【目次】


★(第1章)

なぜなら、皆さん、ご存じのように、戦後のいまになって、
どうも社会の「様子」がおかしい。そう思いませんか。周囲
を見ますと、企業はブラック企業ばかり。「エシカル」なんて、
どこかへ消えてしまっています……

★(第2章)

外食企業のような日本の企業が、日本人を大切にしていない。
そのため、本当は、こんな「エシカル通信簿」なんて、ぼく
は好きではないのですが、現在の社会を振り返ると、それも
仕方ないのかもしれません。「商人道」はどこに消えて……

★(第3章)

今回の「エシカル通信簿」が発表されたとき、各項目の調査
担当者たちから、主な調査概要も紹介されました。「外食で、
添加物、トランス脂肪酸環境ホルモン、遺伝子組み換え製
品に対する取り組みは、ほとんど見られない」とね。もう驚
くしかないじゃありませんか……

★(第4章)

あなたの人生は、あなたのもの。自分で操縦するしか方法が
ないんですね。家族でも配偶者でも、友だちでも知人でも、
あなたの人生のハンドルを握ることは不可能なんです。その
ためには、この「エシカル通信簿」をぜひ自分で採点し、そ
の点数を高める努力を、毎日、なさって下さいな……


              ★
              ★
              ★

 

★(第1章)

なぜなら、皆さん、ご存じのように、戦後のいまになって、
どうも社会の「様子」がおかしい。そう思いませんか。周囲
を見ますと、企業はブラック企業ばかり。「エシカル」なんて、
どこかへ消えてしまっています……

 

告白します。

ぼくは、自慢じゃないのですが、あまり、この「エシカル
(倫理的)」な行動は、好きじゃない(笑)。

そのため、いつも、非倫理的な行動ばかりしてきました。

ま、もちろん、ふだんはある程度の常識的な線はふまえてい
るつもりなのですが(本当?)、でも、あまり倫理、倫理…
…なんてで思っていますと、本人も他人も、何も面白くあり
ません。

人生、面白くなければ、つまらない。

そのためか、子どものころから、「よし、みんなが頑(かた
く)なにそういう行動をするなら、ぼくは反対の方向へ行く
ぞお」なんて、いつも考えていたような気がします。

まあ、ただの天(あま)の邪鬼(じゃく)かなあ(笑)。

でも、それがぼく自身の、いわゆる「アイデンティティ(自
己確認、帰属意識)」でもあったのかもしれません、たぶん。

そうでないと、「山田クン」という輝かしい存在が(?)、
どこかに紛(まぎ)れ込んで消滅してしまうのではないかと
いう、漠然とした恐れが、あったのかもしれませんね。

とくに若いころは、そうでした。

きっと、皆さんにもそういう思いがあったと思います。

少しでも、他人と違って、目立ちたい。
少しでも、他人の思想とは違うことをしたい。
少しでも、他人のすることとは違う行動をしたい。

だから、たとえ、他人のすることが倫理的に正しいことであ
るなと思っても、わざわざ、それとは逆の方向へ動いてしま
う。

まあ、そのために、ずいぶんとソンをしました。

そのため、今回、この「エシカル」なんていう問題を述べる
ことに対しては、どうも、ぼくは的外(まとはず)れのよう
な気がしております(笑)。

でも、それでも、言わせて下さい。

なぜなら、皆さん、ご存じのように、戦後のいまになって、
どうも社会の「様子」がおかしい。

そう思いませんか。

周囲を見ますと、企業はブラック企業ばかり。
エシカル」なんて、どこかへ消えてしまっています。

もちろん、政府の行動もおかしい。

せっかく日本に研修に来ている外国人に対して、まるで奴隷
のような仕打ちをして「捨てている」企業たち。
そしてそのような現実を、ただ黙って見ている政府。

日本を慕(した)って、わざわざ来日してくれた若い研修生
たちは、多大な負債を背負っているのに、何の収入にもなら
ず、失踪(しっそう)する。

そして、日本で働いたあとに、今度はイギリスに渡ろうとし
て、冷凍車のトラックの荷台の中で無惨にも亡くなったベト
ナム人の若い女性の事件。

こうした事実を聞きますと、ぼくなど、悲しくて、いてもた
ってもおれません。

家族思いだったという、彼女の気持ち。
もちろん、これには、彼女の実家の問題も多々あります。

でもそれにしても、いったい、日本の企業、そして社会はど
うなってしまったのか。

昔、日本にあった商人道、●●道はどこへ消滅してしまった
のか(●●は、下記の設問をご覧下さい)。

日本の「商人道」の理念を表す言葉としては、有名な近江
(おうみ。いまの滋賀県)商人の「三方よし(売り手よし、
買い手よし、世間よし)」というのがあります。

つまり、誰も悲しまない。

誰も傷つかない。
売る人も、買う人も、周囲の人も、みんなウインウインの関
係なんですね。

そう、三方よし

これだけ素晴らしいことって、ありますか。
たとえ、封建社会であっても、いまのような資本主義社会で
あっても、これと同じことが必要です。

でも、ぼくの子どものころと比べても、明らかにそうした
「商人道」が企業から消えています。

これは大企業も零細企業も同様。

なぜなのか。

でも、それをいつまで考えていても始まりません。
そのために、次章で述べるような「エシカル通信簿」という
行動が、消費者の間から広がってきました。

それについて、ぼくたちはどう考えればいいのか。
そのあたりを、少し述べてみたいなと思っています。

先述したこうした外国の研修生を、まるで奴隷のように扱う
企業が、この日本に明らかに存在する事実。

給料も与えず、自由行動も許さず。

こんなに恥ずかしいことって、ありますか。

まるで日本の恥を世界中のバラまいているじゃありませんか。

どうして、こういうことに、政府はしっかりとした指導をし
ないのか。
なぜなら、あちらこちらに「利権」が存在しているわけです
ね。

同じ日本人として、ぼくにはとても信じられません。

そういう企業に、はたしてこの「エシカル」なんていう言葉
が存在するのでしょうか。

ところで、この「エシカル」とは、……「倫理にかなった」
あるいは「道徳的な」という意味です。

まあ、かなり漠然とした内容ですが、こうしたことを、企業
たちに、しっかりと開示させ、実践させることは、絶対に必
要でしょうね。

もちろん、利潤を追求する「資本主義社会」ですから、そこ
にはおのずと限界はあります。
でも、こうした行動をしないより、したほうがいいに決まっ
ていますよね。

ただ、ぼくが今回、この問題を取り上げるとき、「ちょっと
待てよ」……と、腕組みをしたことがあります。

確かに、企業たちがこの「エシカル」な方向に進むのは必要
なのですが、振り返って、それじゃぼくたち国民自身のふだ
んの行動はどうなのか。

自身の「ふだんの暮らしぶり」の「エシカル通信簿」はどう
なのか。

何点なのか。

そのあたりを、再度、考えてみたいなと思ったのです。
企業ばかりを責めて、自分の暮らしは1ミリも変えようとし
ない人も多そうですしね(笑)。

そういう意味でも、今回の原稿を、ぜひ参考になさって下さい。

さてっと……。

日本の企業の「エシカル通信簿」……というのが、今回も発
表されました。
これで、3回目です。

以前、この原稿でも、少し取り上げたと思いますので、きっ
とご記憶のかたもいらっしゃるかもしれません。

今回の業種は、「家電メーカー」と、「外食企業」でした。

そのため、なおさら、ぜひ皆さんにお伝えしたいなと思った
のです。

つまり……。

 

★(第2章)

外食企業のような日本の企業が、日本人を大切にしていない。
そのため、本当は、こんな「エシカル通信簿」なんて、ぼく
は好きではないのですが、現在の社会を振り返ると、それも
仕方ないのかもしれません。「商人道」はどこに消えて……

 

今回の、この「エシカル通信簿」。

NPO法人「環境市民」など全国39の市民団体が、共同で
調査した第3回「企業のエシカル通信簿」というのを発表し
ました(2019.3.19)。

その調査対象は、家電メーカー5社、そして外食産業5社の
合計10社。

その第1回(2016年)は、食品業界とアパレル業界でした。

第2回(2017年)は、コンビニ業界と宅配業界の調査でした。

そして今回は、上記で述べましたように、家電業界と外食チ
ェーンの調査が行われたわけです。

皆さんが関心のある「外食企業」が、今回の調査の対象にな
っていましたので、ぜひこの欄で述べたいなと思った次第で
す。

結論を言いますと、これらの企業のうち、合計点が最も高か
ったのは、家電業界の「パナソニック」(36点)。

そして最も低かったのは、外食チェーンの「コロワイドグル
ープ」(7点=最低点)でした。

ちなみに、この「コロワイドグループ。

皆さんのよく知っている店の名前で言いますと、甘(あま)
太郎、牛角(ぎゅうかく)、かっぱ寿司ステーキ宮(みや)、
そしてフレッシュネスバーガーなどのグループ企業のことで
す。

あなた、今日も、「これらの店」を利用してきたのと違いま
す?(おっととと……に、逃げないで。笑)

この調査は、「消費から持続可能な社会をつくる市民ネット
ワーク」という団体と、「環境市民」の主催で、2016年度に
始まったものなんですね。

企業のCSR活動や、環境活動などを、市民・NPOの目線
で調査しようというものです。

ちなみに、このCSR……とは、いわば、企業の社会的責任
のことです。

それに、いわゆるSDGs(持続可能な開発目標)の視点も、
加味しているようですね。

まあ、あくまでも、企業が発表したものを参考にしたもので
すから、それが事実だというのが前提です。

もし、それが間違っていれば、意味がありません。

そのため、この調査は、再度こちらから企業に対して連絡し
たりした結果だとのこと。
確認したわけですね。

今回の、第3回「企業のエシカル通信簿」の調査対象の具体
名は、家電メーカー5社(シャープ、ソニーパナソニック
三菱電機日立アプライアンス)。

そして外食チェーン5社(コロワイドグループ、すかいらー
くグループ、ゼンショーHD、日本マクドナルド吉野家H
D)……の、合計10社でした。

その内容は、

1.「持続可能な開発(社会)」、
2.「環境」、
3.「消費者」、
4.「人権・労働」、
5.「社会・社会貢献」、
6.「平和・非暴力」、
7.「アニマルウェルフェア(動物福祉)」、

……の7つの大項目でした。

それらについて、各企業がウェブサイトなどで開示する情報
に基づき、評価したものです。

まあ、「持続可能な開発(社会)」……と言っても、企業によ
って、その色はかなり異なるのじゃないかなとは思います。

でも、過去、このような動きが無かったわけですから、その
意味では評価したいですよね。

以下は、ビジネス・マガジン「オルタナ」が集計していたも
のですが、参考までにご覧下さい(オルタナ編集部独自の判
断で各項目の点数を合計したとのことです)。


〈家電メーカー〉

各企業の評価点は下記の通り(「持続可能な開発」「環境」「消
費者」「人権・労働」「社会・社会貢献」「平和・非暴力」「ア
ニマルウェルフェア」の順です。そして、その合計点)。

パナソニック(5、5、6、9、7、3、1)合計点36
三菱電機(6、6、5、7、7、2、1)合計点34
ソニー(5、6、5、8、6、2、1)合計点33
日立アプライアンス(6、5、5、8、5、3、1)合計点
33
シャープ(5、5、5、7、6、2、1)合計点31

〈外食産業〉

日本マクドナルド(4、3、6、4、5、1、3)合計点
26
すかいらーくグループ(1、1、3、2、2、1、1)合
計点11
ゼンショーHD(2、1、2、1、3、1、1)合計点11
吉野家HD(1、1、2、1、3、1、1)合計点10
コロワイドグループ(1、1、1、1、1、1、1)合計
点7


上記を見ますと、外食企業の中では、日本マクドナルドがト
ップです。

でもそれでも、家電メーカー最下位のシャープより点数は下
回っていますよね(笑)。

これらの結果がなぜなのかと言えば、やはり家電メーカーた
ちはいつも全世界に向かって商売をしています。

そのため、とくに「先進諸国の基準」を、いつも気にしなく
てはならないからでしょう。

たとえば、EU(欧州連合)の「RoHS(ローズ)指令」とい
うのがあるのですが、これの存在や、CSR調達規制や紛争
鉱物にまつわる米国法規制といった、社会的な圧力が大き
かったのが背景なのじゃありませんか。

ちなみに、この「RoHS(ローズ)指令」とは、EUにおける、
電子・電気機器などの「特定有害物質の使用制限」について
の指令なんですね。

これが通過しないと、商品は売れません。

2003年2月13日に公布され、2006年7月1日に施行されて
います。

悲しいかな。

こうした欧米の法律があるものについて「だけ」は、日本の
企業たちは自社の商品をそれに適合させ、日本人だけが利用
するような商品(たとえば外食など)については、言葉は悪
いですが、外食企業のやりたい放題。

こんなことは言いたくはありませんが、先人たちが遺(の
こ)してくれた先述したような「商人道」は、どこに消えて
しまったのでしょう。

そして、ぼくたち「日本人だけ」が、悪影響を受けていると
いうわけなんですね。

外国に輸出する家電などは、そうではなく……。

本当に辛(つら)いことです。

外食企業のような日本の企業が、日本人を大切にしていない。

そのため、本当は、こんな「エシカル通信簿」……なんてい
うものは、ぼくはあまり好きではないのですが、現在の社会
を振り返ると、いまは、それも仕方ないのかもしれません。

こうした結果を見て、少しでも、日本の外食企業たちが、襟
(えり)を正してくれることを願っています。

そうでなくても、外食企業には、いろいろな意味で、ブラッ
ク企業が多いですから……(笑)。

ただ、そうは言っても、ぼくたち消費者がいつも自分の生き
かたを真剣に考えていなければ、ダメ。

いくら他者(企業)の変化ばかり望んでいても、他人はそう
そう、変化しません。

自分を変えるのは、いますぐにでも可能ですが、他人が変化
するのは、まあいつになることやら。

そういう意味でも……(省略)。

 

 


             ★★★
             ★★★
             ★★★

(「短縮版」のメルマガでは、このあたりを省略しています。
 でも少しでも皆さんにお役に立てば嬉しく思います)

             ★★★
             ★★★
             ★★★

 

 


なにしろ、人はおだてなければダメ。
少しぐらい大げさぐらいでちょうどいいんです。

「うわ、これは世界一美味しい料理だわね、きっと……」

なんて、自分で言っておきながら恥ずかしくなるぐらいの言
葉をかけてあげると、世の中、丸く収まります、はい(笑)。

いつも述べていますが、外食や中食は、ほとんどが安価な輸
入農産物でできていますので、外国からジェット機や大型船
が大量にCO2をばらまいて日本にやってくるわけですね。

少しでもあなたが動けば、それらの量も「急減」します。

そうすれば、いますぐ、あなた自身の「エシカル通信簿」の
点数がグンと上がることになるという塩梅(あんばい)。

さあ、今日から家族全員で動いてみて下さい。

「○○ちゃんのお料理、いつも美味しいわね!」(なんて、
どんどんおだてながら)

ハハハ……。それじゃまた次回ね。ご機嫌よう。(山田博士

 

 

           ▼設問です▼


設問→ 上記の文章を読み、下記の●●にあてはまるものを、
    選択語句から選んでみよ。ただし2文字とは限らな
    い。

 「昔、日本にあった商人道、●●道はどこへ消滅してしま
  ったのか」

       【選択語句→ 茶、華、武士】

 
            ■答え■

 下記のとおりです。でも、先に答えを見てはいけません。
 本文を再度ご覧になり、十分想像してから答えをご覧下さ
 い。その繰り返しが、あなたの明日を輝かせることになる
 と思っています。
           答え→ 武士


★★「短縮版」読者のかたで、その日だけの「完全版」をご
  希望のかたは、下記からお申し込み下さい(1回分500
  円)。ただし、頻繁な場合は、人手の関係でお送りでき
  ないこともありますので、その点は、ご了承下さい。
      → https://ws.formzu.net/fgen/S75876861/

 

 

 


___________________________

【2】
   あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集! ぜひどうぞ。

 ~先日の木曜日にご案内しましたが、まだご覧になって
    いないかたのために、再度お載せしました~

___________________________

 

  先日の「木曜日」に案内したのは、下記の作品です。
          ↓  ↓  ↓
=======================

  ★「毎朝10分、目を良くし、心も頭も内臓も柔軟にする
        山田式ストレッチ方法!」★

(「いのち運転“即実践”マニュアル」第12話です)

   ぼくが数十年も続けている門外不出の簡単ストレッチ。
 この効果抜群の方法を会得すれば、あなたの人生は輝くだろう

=======================

 これは、あなたが山田博士(ひろし)になる方法……かも(笑)。


    第12話の「専用頁」→ https://goo.gl/PAF7kH

              ★★★


皆さん、「2025年問題」って、ご存じですよね。
先日も、お話ししました……。

まもなく、ぼくたちの目の前に、「2025年問題」が迫って来て
おります。

これ、先日もお話ししましたが、再度、述べます。

なぜなら、そのころ、今回述べているような「問題」が、日本各地
で大騒ぎになっているはずだからです。
間違いありません。

なぜなら……。

ぼくは、その悲惨で壮絶な光景が「まるで目の前でいま起こってい
るかのように」目に浮かびます。
国民全員の問題ですので、ぜひ下記をご覧下さい。

              ★★★

いま、全国各地で、「心優しい看護師さん」たちがどんどん消えて
います。

看護師、准看護師保健師助産師たち4種類の「看護職」たちの
労働環境が、本当にすさまじい。

社会的に燃えていたはずの彼女たちが、実際に燃え尽きて、過労死
や自殺が凄い勢いで増えています。
その動きは留まるところを知りません。

これが何を意味するのか。

まままま、下記の「専用頁」をどうぞ……。

   第12話の「専用頁」→ https://goo.gl/PAF7kH


◆ご希望のかたへ:

 ご希望のかたは、できれば、専用頁の中のASPでお求め下さい。

 もし、当事務局から直接欲しいということであれば、当事務局まで、
 ご連絡下さい。その場合、メッセージ欄に「○日○号を見ました。
 即実践の第○話を直接希望します」と記入して下されば、送金情
 報をお送りします。事務局→ http://goo.gl/t12Yx

 またVIP会員のかたは価格が異なっていますので、お手数ですが、
 当事務局までその旨を記入してご連絡下さい。

 この作品が、あなたと、あなたのご家族をよりハッピーにさせるこ
 とになれば幸いです。

 お元気で。

 

 

 


             ★★★
             ★★★
             ★★★

 

★山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。

 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!

「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

___________________________


       ★発行/山田博士いのち研究所★
 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F

「社会の裏側!」案内→ https://syakainouragawa234.blogspot.com/
 メルマガ案内→     https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
 メインホームページ→ http://yamadainochi.com/
 事務局への連絡→   https://bit.ly/2DjSStg(こちらへどうぞ)

___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。