短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:2/25(火)◆何かの行動を起こすとき、たとえ検索をするにしても、最初の「キィワード」が絶対に必要なんですね…  


〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

     ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2020年02月25日(火)号

            No.3655

毎朝、早朝5時に、全世界に向けて2配信スタンドから合計
約5000部を発行(日曜は休刊です)。創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。

 

 

  〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~
      お役立て下さい。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 

   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi
(内容に即した写真も掲載しています!ぜひご覧下さい)

 

 

            ▼目次▼


【1】月曜日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べ
   た、山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワ
   ンショット:

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」が面白い!


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集(毎週、火水木に掲載! ぜひどうぞ):

   ★ハッピーシート「笑え!暴走食」★

     ~保健室のドアや、トイレの扉などに貼られて
      「暴走中」です! わずかA3判1枚ですが、
      こんな効果があります~

 

 

 


___________________________

【1】

  ★下記の文章は、先日の月曜日の「完全版・メルマガ
   暮しの赤信号」で述べた、山田の電子本「社会の裏
   側!」未公開原稿の「一部分」です。

 本文は、「短縮版」読者のかたは初めての文章になります。

   それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」が……面白い。
 
___________________________


      先日の……2/24(月)号のタイトル

             ★★★ 
 
  いまからでも遅くはない。外国人選手のことも考え、
  被曝リスクの高い「東京5輪」は、即中止にしたい!

 ~マスコミは、「新型コロナウイルス」ばかりで何も言い
  ませんが、「原発大事件」の事態は、むしろ深刻になっ
  ています。外国人選手を呼ぶべきじゃありません~


   (下記は、上記「完全版」のワンカットです)

……

上記の聖火リレーですが、事実、2020年1月21日に、福島
県が、その数値を発表しています。

それによれば、やはり……そのルートの汚染度は、まだまだ
深刻なんですね。

福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」から始まる東京五輪
聖火リレー県内ルートの空間放射線量(地上1メートル)の
測定結果は……。

ルート区間の平均値で最も高いのは飯舘(いいたて)村の沿
道でした。

毎時0・25マイクロ・シーベルト

これは、除染(じょせん)目安の同0・23マイクロ・シー
ベルトを超えています。

だけど県は、走者や応援者の滞在する時間を考慮すると、追
加被曝線量の目安である年間1ミリ・シーベルトに達する
恐れはないと。

そのため、県は「開催に問題ない」としていて、追加除染も
行わないというんですね。

……


            (後略)


((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


まあ、県がそういうのですから、たとえその場所で競技をし
ても、それは安全なのでしょう、きっと。

……とは、誰一人、思いません(笑)。

そうですよね。

ぼくも、一刻も早く、フクシマが「多くの人たちの故郷の姿
に戻ること」を、人一倍強く望んでいます。

でも、現実はどうなのか。

ただ単に心情だけではダメなんです。
これじゃ、みんなが倒れる。

なにしろ、そのフクシマからは汚染水が垂(た)れ流されて
いるだけじゃなく、汚染土を詰め込んだ「黒い袋」が、福島
全土に広がっているんですね。

そして、そこからは風に乗って放射性物質が絶えず福島全土
に広がっている……。

             ★★★

こんな場所で、競技なんて、ぼくはとんでもないことだと思
っています。

これでは、かえって、無責任ですよね。

強制的に避難させるべきはずなのに、逆に、いままで避難し
ていた住民を現地に帰還させ、さらにここで「東京5輪」の
競技をするのだとか。

きっと、行政の面々たちは、国民のいのちや未来のことを誰
も考えていないのでしょう。

家族も兄弟も、いないのでしょう。

こんなことでは、外国から非難されても当然です。

そして、そのような外国からの指摘などは、日本のマスコミ
は何一つ、報道しないわけですね。

             ★★★

しかもいま、多くの日本人の若い人は、本も雑誌も新聞も読
まず、いつも小さな箱(「スマホ」のこと)ばかりいじって
います。

ぼくなど、学生時代や若いころは、いつもカバンには、小さ
な文庫本が2~3冊忍ばせてありました(いまもそうですが)。

そして、時間の合間に、それらを選んで読んでいたものです。

だから、電車に乗るのが、いつも「楽しみ」だった。

この駅からあの駅までは、この本。
そして、あの駅からその駅までは、あの本。

……というぐあいに、いつも、何冊かの本を読んでいたもの
です(固い本[内容のこと]、柔らかい本……というぐあい
に)。

まあ、時々は、向かいに座っている魅力ある若い女性の顔ば
かりボーッと眺めたまま、そのまま「あの駅」まで座ってい
たことも、ママありましたけれでも……(いまも? 笑)。

             ★★★

でも、いまの若い人の時間の使いかたは、ナントモもったい
ない。

時間を、使い捨てしているわけですから。

いつもぼくは、彼らの顔を見ながら、その「貴重な時間、少
し譲(ゆず)ってくれないかなあ」なんて、思っています。

だって、ワケの分からない小さな箱ばかりをみつめ、世間を
まったく見ていない。

自分の頭で考えることは一切(いっさい)止めて、黙って、
他人から与えられる情報ばかり見つめている。

そう、「沈黙の春」じゃなく、まさに「沈黙の人生」(笑)。

これでは、社会の支配者は大喜びです。
いまごろ、きっと、祝杯を挙げていますよ。

だって、誰も政治のことや社会のことを見ていないわけです
から、昔の軍国時代のように、自分たちの思うように、国民
や社会を動かせますから。

いったい、このままなら、この日本の未来は、どうなるの。
ぼくは、本当に案じております。

             ★★★

まあ、いずれにしても、何かの行動を起こすとき、最初に本
当のニュースが分からなければ、闘いようがありません。

そうですよね。

どういう場合でも、最初の「キィワード」が必要なんです。
それを、自分の力で見つけなくては、検索もできません。

何もないところからは、何も生み出すことができないんです。

そう、ゼロに何を掛けても、いつまで経ってもゼロにしかな
らない。

でも、ぼくたちは、どのようにして本当の情報を得ればいい
のでしょうか。
これ、じつは難題です。

だって、周囲には、ニセの情報が溢れていますし、しかも先
述したように、多くの人たちは、自分の世界だけに閉じこも
っている。

             ★★★

実のところは、ぼくも、本当の情報を得るには、かなりの時
間と労力と、人と、お金を使っております。

無料で、本当の情報が手に入ることは絶対にありません。

タダのものは、必ず、その陰に、大企業や政府の息がかかっ
ています。
そう、タダより高いものはないわけですね。

そのため、より事実を知ろうとすれば、かえって時間が無駄
にかかりますし、余計な心配が生まれたりします。

何も行動しない人に、誰が、無料で、わざわざ苦労して見ず
知らずの他人に、貴重な情報を提供してくれますか。

甘い社会ではありません。

これは、逆に自分が情報を提供する側になれば、分かります。

だから、いつもそうした現実を頭に入れておいてほしい。

             ★★★

あ、ところで、このメルマガ「暮しの赤信号」の「短縮版」
だけは、別ですぞ。

これは無料ですが、これだけは、話は別。

これは昨日もメルマガでお話ししたように、ぼくから皆さん
への「おもてなし」なんです。

そう、表なし、裏なし……(つまり、おもてなし。笑)。

こういうメルマガは、きっとほかにはないと思いますが、で
も世の中には、こういうものも存在していてもいいのじゃな
いか、と、ぼくは本気で思っています。

もちろん、収入にはなりませんが、ナントカ這(は)ってで
も生きて行くことにします(笑)。

まあ、とにかく、これはぼくから皆さんへの「おもてなし」
……だと思って下さい。
その代わり、身近のかたたちに、ぼくに替わって、ぜひこの
内容をお伝え下さい。

             ★★★

まあ、それはともかく、とくにいまの若い人は「スマホ」や
パソコンなどで、自分の興味のあるものばかりを選んで見て
います。

つまり、自分の世界の中だけしか見ていないわけですね。

これじゃ、いつまで経っても、井の中の蛙(かわず)で終わ
ります。

え?
その意味が分からない?

それこそ、調べてみましょう(笑)。

そのせいで、周囲で大切な事件や事象が起こっていても、誰
も気が付かないわけですね。

自分の周囲は、いまの自分と同じで、みんなハッピーだと思
っている。
自分のいまのハッピーだって、いつまで続くのか、そんなこ
と、誰にも分かりません。

明日は、突然、「不幸せ」になっているかもしれない。

違いますか。

世の中の動きは速いですから、そうならないとは限らないわ
けですね。

             ★★★

まあ、いずれにしても、いま述べたことと同じような現実が、
全国各地、とくに東北や関東では起こっていると見たほうが
自然です。

ある大学の調べでは、フクシマから流れ出た汚染水は、親潮
に乗って日本列島の東側を南へ下り、九州の沖から、今度は
南から流れてくる暖流の対馬海流(つしまかいりゅう)に乗
って、日本海に入っていることが分かっています。

そう、つまり、日本海側も、同様に汚染されているわけです
ね。

こうして、日本全国が、あの「フクシマ」の影響を受けてい
るのに、何の対策もせず、何が「東京5輪」ですか。

ぼくは、再度言いますが、「いまからでも遅くはない。外国人
選手のことも考え、被曝リスクの高い『東京5輪』は、即中
止にしたい!」……と思っています。

これは、何度も言います。

もう一度、言いましょうか。

せーの……(え? もう十分だって?)。

ふふふ……また、お逢いしましょう
今日は、これまで。
お元気で!
                    (山田博士


★★「短縮版」読者のかたで、その日だけの「完全版」をご
  希望のかたは、下記からお申し込み下さい(1回分500
  円)。ただし、頻繁な場合は、人手の関係でお送りでき
  ないこともありますので、その点は、ご了承下さい。
      → https://ws.formzu.net/fgen/S75876861/

 

 

 


___________________________

【2】
  あなたや、あなたの家族を、山田が命懸けで救います!
 
          ★山田博士作品集★
 
 より深く、より正確に、より楽しく、メルマガの内容を
 お知らせしたいため、ぼくの作品を、毎回この欄でご案内
 しています。
 
___________________________

 毎週「火水木」に、山田の作品をこの欄で掲載します。
 お楽しみに!
 

 
          今回は下記の作品です。
            ↓  ↓  ↓
=======================

       ★ハッピーシート「笑え!暴走食」★
         (具体的な「商品実名」入り)

 絵入りです。冷蔵庫の扉や、保健室のドアに貼られて暴走中(笑)

=======================
たったA3判1枚ですが驚かれます。同じものを3枚同封します。

 

今回、ご案内するのは……たった1枚の「A3判用紙」です(笑)。

PDF作品でも、単行本でも、音声CDでも、ありません。

え?
たったの1枚?

ンなこと、言わないで下さいな。

非常に安価でシンプルなものですが、たった、こんな「A3判1枚」
のハッピーシートが、いったい、どういう凄(すご)い結果を生む
のか。

どうぞ、お知り下さい。

学校では保健室の壁に、自宅ではトイレのドアに、そして、ある薬
剤師さんは、ご自分の薬局にこれを貼っておられるようですよ。

これらが、生徒や家族、そして訪ねて来られるお客さんとのコミュ
ニケーションを深めることに一役買っているそうです。

ぼくの知らない間に、皆さん、結構、重宝されているんですね(笑)。
外国でも使われています。

ぜひ、皆さんも、ご活用下さい。

ささささ、早速、下記をどうぞ。

      ハッピーシート「笑え!暴走食」案内頁       
       → http://yamadainochi.com/happy.html

 

 

______________________________


           ★お求め方法★

______________________________


      下記の「専用案内頁」からお求め下さい。

              ↓ ↓ ↓
======================

        ★ハッピーシート「笑え!暴走食」★

       → http://yamadainochi.com/happy.html

       現在の価格→ 2400円(送料込み)

実物を、ご希望の場所へお送りいたします。楽しみにお待ち下さい。

  ======================


  連絡、お待ちしています。

  お元気で。

 

 

 


             ★★★
             ★★★
             ★★★

 

★山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。

 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!

「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

___________________________

       ★発行/山田博士いのち研究所★
 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F

「社会の裏側!」案内→ https://syakainouragawa234.blogspot.com/
 メルマガ案内   →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
 メインホームページ→ http://yamadainochi.com/
 事務局への連絡  → https://bit.ly/2DjSStg
___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。