短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:2/29(土)◆読者への返信:自分がこの世からいなくなっても、まだ見ぬ子孫たちが笑顔になってくれるに違いないと  

 


〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

     ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★
 
       2020年02月29日(土)号

            No.3659

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2配信スタンドから合計
約5200部を発行(日曜は休刊です)。創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。

 

 

      ★「無料作品」を作成しました!★

       こんな社会に誰がした!・6

   ★映画「世界が食べられなくなる日」。原子力
   「遺組み」(遺伝子組み換え)の現実!
   
     「社会の裏側!」5(無料版シリーズ6)

           山田博士・著

  (これは、アマゾンで有料で発行している電子本
   の前半部分です。より多くのかたに読んでいた
   だき、誰も言わない社会の実態を緊急に知って
   ほしいなと願って、無料としました。ぜひご覧
   下さい。こんな社会です。ぜひどうぞ)

    → https://mailzou.com/get.php?R=109016
(登録するメルアドは、ふだん使わないものにされ
   たほうがいいかもしれません)

 

 

  〜本日は「完全版」と「短縮版」の内容は同じです〜
      お役立て下さい。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 

   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆
  (最近の内容に即した写真が載っています)

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi

 

 

            ▼目次▼

【1】読者への「おとぼけ返信!」

(毎週、この欄は「土曜日」に掲載しています。読者から
 の声をダシにして、山田の思いを自由奔放にお話ししてい
 ます(笑)。毎回、どうぞお楽しみに!:

   ■No.1647

    おもてなしの無料メルマガ「短縮版」の皆様、早く
    「完全版」をお読みくださいませ。面白いですぞ!!

   (F.Sさん、大阪府松原市、女性、75歳、主婦)


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集!ぜひどうぞ(先日の水曜日にご案内しました
   が、まだご覧になっていないかたのために、再度お
   載せします):

★ニセ「有機食品」はこうして見破れ。大商社が
    大量に輸入する「有機」の実態とは!
      (“即実践”マニュアル第15話)

 

 

 


___________________________

【1】
       ▼読者への「おとぼけ返信」▼

 毎週、この欄は「土曜日」に掲載しています。読者から
 の声をダシにして、山田の思いを自由奔放にお話しして
 います(笑)。毎回、どうぞお楽しみに!

___________________________


注:個人のお名前はイニシャルにし、個人情報などは割
    愛しました。

    誤字脱字の訂正や、分かりにくい文章はいくつか
    に分けたり、短縮したりしていますが、送り仮名や
    漢字、文体などは基本的にそのままですので、全体
    での統一はわざとしておりません。

    そのため、読者の体温をそのままお楽しみ下さい。
    年齢やご職業などは連絡を受けた当時のものです。

 

      【イニシャルは、姓と名の……順です】
        (例)美空ひばり→M.H

 ……………………………………………………………………
 ■No.1647

 おもてなしの無料メルマガ「短縮版」の皆様、早く「完全
 版」をお読みくださいませ。面白いですぞ!!

 ……………………………………………………………………
 (F.Sさん、大阪府松原市、女性、75歳、主婦)


山田先生 こんにちは!

いつも毎回読み応えのある楽しいメルマガ有難うございます。

日本を愛してやまない先生の熱情、子供たち、にゃんこたち
への心やさしい思いにもウルウルしています。

農薬、添加物、電磁波などなど どれをとりましても有益な
情報を月、500円で毎日読まして頂けるのです(ちょっと
長くて読むのがうるさい時もありますが)。

私は自分に必要なものはノートに書きうつしたりパソコンの
先生専用のフォルダーに保存して、時々振り返って読んでい
ます☆

先生の日本の歴史観や諸外国の話などユニークで面白いです。

             ★★★

私は誰もが持ってる「スマホ」は抵抗感が強く持っていませ
ん。

タブレットは大きいので持ち歩きもできません。

どっちを向いてもみんな下ばかり向いて目の前にお年寄りが
立とうが気がつかないのです。

「楽しいこと?」に依存しすぎですね。

今まで安倍政権にある程度支持してきましたが、今回の福島
汚染の記事を読み、考えさせられました。

だってもう心配ないレベルになってると知らされてるし、海
に放出してる国もいっぱいあるし、自然環境のレベルに近づ
いてるからと聞いてましたから……。

             ★★★

今回のコロナウイルスの広がりをみても、後手後手の施策し
かできず、習主席の来日にも中国の返答待ち状態!

これって国民のことしっかり考えてくれてるのだろうか?
失笑しています。

「ぼくも本当の情報を得るにはかなりの時間、労力、お金を
使っています。タダより高いものはないです」

これはいつも情報を探してる私には、大いに納得です。

おもてなしの無料メルマガ「短縮版」の皆様、早く「完全版」
をお読みくださいませ。

面白いですぞ!!


         ■山田からのお返事■


Fさん、こんにちは。
山田博士です。

もうぼくのほうが、先ほどから「ウルウル」しております(笑)。

嬉しいお便り、本当にありがとうございました。

でも、こうしてこのメルマガ「暮しの赤信号」を熱心に読ん
で下さるかたがいらっしゃる。

ぼくは、20代のころから数十年、ただただ前だけを見て、
いまのこの活動を続けてきました。

でも、今回のFさんのお言葉で、「やはりいままでの行動は
間違っていなかったんだなあ」と、勇気づけられた思いです。

いままで、何度、心が折れるような気持ちになったことか。

でも、ぼくは男ですから(古いなあ)、誰にも弱音(よわね)
など吐くことができません(キリリッ)。

             ★★★

そのため、いつも、「顔で笑って心で泣いて」いたのです。

……と言いたいのですが、ぼくの性格ですから、実際は「心
でも同じように、いやそれ以上に笑っていた」……ほうが多
かったのかもしれない……(笑)。

でも冗談はともかく、他人様(ひとさま)にはとても言えな
いことなど、さまざまなことがありました。

ぼくのふだんの「とぼけた顔」を知っているかたには、そん
なこと、誰も分かってくれません。

でも、きっと長い長い時間が過ぎたあとには、人々は必ず分
かってくれるはずだ、と固く信じて歩いてきたのです。

ぼくは、この数十年じゃなく、もっと長いスパンで、モノを
見るようにしています。

つまり、自分がこの世からいなくなり、誰からも忘れられて
も、必ず、まだ見ぬ子孫たちが笑顔になってくれるに違いな
い。

             ★★★

そう思っているのです。

だからこそ、毎週、日曜日の夜などは(そのほかの日もママ
ありますが)、窓の外が白くなる時刻まで、ぼくは読者や子
孫たちの顔を思い浮かべながら……原稿を書いているわけな
んです(日中は、怠けているだけのせいなのですが)。

そのことが、そしてそのぼくの思いが、こうしてFさんに分
かっていただけた……。

それが、ぼくには本当に嬉しいんですね。

Fさんのような人がいらっしゃらなければ、どうして、ぼく
のような呑気(のんき)な性格の人間に、いまのような活動
を続けることができると思います?

しかも、ぼくの事務所には、企業たちが押し寄せてきたこと
もありました。

新聞などで取り上げられたため、企業たちも、放ってはおけ
なかったのでしょう。

さまざまな脅(おど)しや、懐柔(かいじゅう)策もありま
した。

でも、そんなモン、何ですか。

             ★★★

そうしたことをすべてはねのけて、いまがあるわけです。

だから、いつまで経っても、ぼくの懐(ふところ)はピンチ
なんですなあ。

納得です(笑)。

でも、長い時間という物差しで……見ること。

ぼくは、それを自分に言い聞かせてきたため、世間がどうの
こうの言っても、知らん顔をしてきました。

そして、ぼくはいつも同じスタンスなのですが、世間はさま
ざまに変化したものです。
不思議なほど、180度変わったりして……(笑)。

でも、いいじゃありませんか。
人間なのですから。
いつまで経っても、人間なのだから、ぼくも含めて企業たち
もすべてが、未熟な存在だとぼくは思っています。

だからこそ、「人間界」は面白い。

喜劇あり、悲劇あり……。

             ★★★

ぼくはそう思っているんですね。

明治時代に、あの岡倉天心が述べていたように、未完成だから
こそ面白いんです。

だって、完成品なら、もう何の動きもないわけですからね。

発展が止まった状態を……完成と言います。

ぼくは、いつも「自分は未完成だから」と言い聞かせながら、
今日も新しいことにチャレンジしているんですよ。

新しいことを発見すると、心が燃えます(笑)。
いや、萌(も)えます。

このような考えだと、ぼくは、いくつになっても未完成のま
まですから、ずっと新鮮な気持ちになって、まるで新人のよ
うになり、前を向いて学ぶ必要があります。

そうですよね。

でも、小学校の1年生のように、新しいことを学ぶのは本当
に楽しい。

だから、人生、ずっと、こうした気持ちで歩きたいなと、思
っているんですね。

そして、何かを学ぶという意欲が無くなったとき、きっとそ
のときが、ぼくの人生の終わりなのかなあ……とも、思って
います。

Fさんも、どうか、いっしょに、毎日歩いて下さい。

             ★★★

でも、今回、Fさんがおっしゃるように、「福島汚染の記事」。

これは、先日のメルマガ「暮しの赤信号」の2/24(月)
号のことだと思うのですが、あの中で、ぼくは、メインタイ
トルとして……。

『まからでも遅くはない。外国人選手のことも考え、被曝
リスクの高い「東京5輪」は、即中止にしたい!』

……と、述べました。

だって、そういうことを見越してか、外国、とくにドイツの
医師団体(IPPNWドイツ支部)では、東京2020は「放射能
オリンピック」あるいは「被曝オリンピック」となることは
避けられない……と、警告しているわけですね。

う~むむむ(やはり、唸ってしまいます)。

それなのに、いまの状況がそうであっても、日本の政府は、
日本国民や、そしてわざわざ来日してくれる外国人たちの
「いのち」のことを、まったく考えていない。

             ★★★

今回は、残念ですが、世界に向かって丁寧にお断りをしたう
えで、後日、早急に、日本を安全、安心である国にしたうえ
で、改めて、外国のかたたちを、両手を広げてお迎えしてあ
げましょうよ。

心からの笑顔を持って……。

今回のFさんからのお便り。

日本と外国を心から思うという意味でも、本当に嬉しいもの
でした。
もう感謝しかありません。

明日への温(あたた)かな希望が、グングンと湧いてきまし
た。

そして、おもてなしの無料メルマガ「短縮版」の皆様、早く
「完全版」をお読みくださいませ。面白いですぞ!!……と
の、お言葉。

いつもぼくが思っていることを代弁して下さり、どこかに潜
(もぐ)り込みたい気持ちでいっぱいです。

とても、ぼくからは言えません(笑)。

ありがとうございました。

Fさん、今後とも、どうぞ、メルマガをお楽しみ下さい。

お元気でね。

 

 

 


___________________________

【2】
   あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集! ぜひどうぞ。

 ~先日の水曜日にご案内しましたが、まだご覧になって
    いないかたのために、再度お載せしました~

___________________________

 

  先日の「水曜日」に案内したのは、下記の作品です。
          ↓  ↓  ↓
=======================

 ★ニセ「有機食品」はこうして見破れ。大商社が大量に輸入する
          「有機」の実態とは!

~この「有機登録認定機関」に、あなたは騙されてはいませんか~

    (「いのち運転“即実践”マニュアル」第15話)

=======================

 

             ★目次★

  はじめに

1.ふふふ、1980年ごろ、農林省(当時)の役人にぼくが取材
  したときのお話を少し……

2.大商社が宣伝する「有機食品」とは何だろう。残留農薬漬けの
  農産物を大量に輸入している彼らの言う「有機」とは……

3.西武デパートで販売されていた「有機」の輸入大豆製品すべて
  から、有機リン系農薬が検出されていた!

4.アメリカの「有機」の認識は常識とはかなりズレていることも
  知っておこう。こんな「有機食品」を日本の商社が輸入してい
  るとは……

5.「有機食品」の違反には、大きく分けて「3つ」ある。しかし
  その中でも一番問題なのが……

6.現在、日本国内には60数カ所の「有機登録認定機関」がある
  が、じつはその内容に大きな温度差があることをぜひ知ってほ
  しい

7.過去、農水省から業務命令を受けた「有機登録認定機関」の名
  前とは

8.ヨーロッパ諸国では、肥料に使う家畜の糞尿や「遺組み」など
  をしっかり判断材料にして「有機」としている。しかし日本で
  は……

9.EUでは全農地面積の「4%」が有機農業となっている。日本
  ではわずか0.17%。この現状をどう見ればいいのか

10.こういう事態の中で、ぼくたちは今後、どう動くべきなのか。
  何を目安に「有機食品」や「有機農産物」を選べばいいのだろ
  う

 

           ★お求め方法★

   「割引期間以外」は、下記の専用ブログの中にある
          ASPからお求め下さい。
              ↓ ↓ ↓

 ★ニセ「有機食品」はこうして見破れ。大商社が大量に輸入する
          「有機」の実態とは!
~この「有機登録認定機関」に、あなたは騙されてはいませんか~
      (山田博士作品集。即実践・第15話)

         公開頁→ https://goo.gl/2uY9Ex

          公開価格→ 2915円


★割引期間は、値引いております。

    「短縮版」読者割引価格→ 2315円
「完全版」読者割引価格→ 2015円

 ★割引期間→ 2020年2月29日(土)23:59まで
(本日までです。期間外は、「専用ブログ」からお願いします)

 ★割引期間内での、お求め方法:

  当事務局まで、お問い合わせ下さい。追って、送金情報を
  お送りします。事務局→ https://bit.ly/2DjSStg

  (メッセージ欄に……2/26号を見ました。即15話を
   希望します……とご記入下さい。「短縮版」読者か「完全
   版」読者かもお知らせ下さい。割引期間以外は、公開頁で
   お願いします)

  ご連絡、お待ちしています。

  お元気で。

 

 

 


             ★★★
             ★★★
             ★★★

 

★山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。

 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!

「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

___________________________

       ★発行/山田博士いのち研究所★
 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F

「社会の裏側!」案内→ https://syakainouragawa234.blogspot.com/
 メルマガ案内→     https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
 メインホームページ→ http://yamadainochi.com/
 事務局への連絡→   https://bit.ly/2DjSStg
___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。