短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:3/4(水)◆でも、そのような深ナベが、日本の調理に必要なのは、結局、和食が、「水料理」のせいなんですね……

 

 


〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

     ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2020年03月04日(水)号

            No.3662

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2配信スタンドから合計
約5200部を発行(日曜は休刊です)。創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。

 

 

  〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~
      お役立て下さい。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 

   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi
(内容に即した写真も掲載しています!ぜひご覧下さい)

 

 

            ▼目次▼


【1】月曜日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べ
   た、山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワ
   ンショット:

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」が面白い!


【2】ご希望が多いため、外国からもアクセスの多い「社会
   の裏側!」の既巻を、なんと50%OFFで順番に提
   供します。

   全巻を揃えるには、いい機会です。
   すべてPDF版に制作して、提供します!

    → 今回は、【第2回目】第111巻~第120巻

      最初の巻のタイトルは、下記のとおり。

   111.社会の裏側!111……高齢者の運転ミスが、も
      し「認知症治療薬」の副作用だったとしたら!

 

 

 


___________________________

【1】

  ★下記の文章は、先日の月曜日の「完全版・メルマガ
   暮しの赤信号」で述べた、山田の電子本「社会の裏
   側!」未公開原稿の「一部分」です。

 本文は、「短縮版」読者のかたは初めての文章になります。

   それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」が……面白い。
 
___________________________


      先日の……3/2(月)号のタイトル

             ★★★ 
 
  和食を作る「いのちの水」を、考えたいと思います!

~日本酒は日本の軟水でないと作れません。炊飯は日本の
 美味しい水でないとふっくら炊けません。だけどいまの
 水の現状はどうなのか。あなたが、今日からできること~


   (下記は、上記「完全版」のワンカットです)

……

日本では、調理するナベで多いのは、「深ナベ」です。
でも向こうでは、フライパンなどの「平たいナベ」です。

なぜだと思います?

日本の料理は、すべて食材に「水」を取り入れるからなんで
すね。
それが基本。

だから、深ナベが必要なんですね。

だって、伝統的な和食の基本は、「煮る、炊く、煮しめる、
茹(ゆ)でる、蒸(む)す……」じゃありませんか。

これらのすべてが、水を使った料理法です。

つまり、「和食」、日本料理は、水によって育てられた食文
化とも言えるわけですね。

そうした「水」を使いますから、ナベは平たくて浅ければ、
うまく調理ができません。
そのため、深ナベが多いんですね。

いまのフライパンのように、油を敷いて焼くための調理器具
が日本で使われるようになったのは、明治末期から大正にか
けてぐらいのことでしょうか。

……


            (後略)


((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


ぼくの台所には、「超・深ナベ」が2つあります。

一つは、炊飯(すいはん)専用。
もう一つは、煮物など、何でも専用。

この二つの「超・深ナベ」は、まったく壊(こわ)れないん
ですね。

お願いだから、もういい加減に、壊れてくんないかなあ …
…なんて両手を合わせて頼むぐらい、壊れてくれない(笑)。

それぐらい、丈夫で、本当に重宝(ちょうほう)しているの
ですが、これらを購入したのは、確か50年近く前のことで
した……(笑)。

え?
私、まだ生まれていない?

いや、冗談じゃなく、本当なんです。

ただ、当時、かなり高価なナベだったことだけは覚えていま
す(価格は、もうすっかり忘れましたけど)。

もちろん、そんな高価なナベは、若造のぼくなどが買うよう
なシロモノでは無かったのかもしれません。

でも、グイッと目をつぶって、清水(きよみず)の舞台から
エイッと飛び降りるマネだけして、……買いました(笑)。

             ★★★

もちろん、何重層にもなった、重いステンレス製です。

当時から、ぼくは、ナベなどの素材にはこだわっていたんで
すね。

だから、あのデコボコしたアルミ製ナベなど、絶対に見向き
もしませんでした。

ぼくは当時、すでに、このアルミが体に入るとどうなるのか、
知っていたんです。

このアルミ(アルミニウム)は、天然の金属ではないんです
ね。

結合力の大きい化合物として、地殻(ちかく)中に存在して
いるんですが、人類にはなかなか見つけることができなかっ
た。

ちなみにこのアルミニウムは、地球上で酸素46.6%、珪素(ケ
イソ)27.7%に次いで……8.1%もあり、3番目に多い元素で
はあるのですが、ね。

でも、人類といっしょに歩き始めたのは、そう遠い昔ではない
んです。

             ★★★

純粋な「金属アルミニウム」は精練(せいれん)が非常に難
しかったんですね。

そのため、発見直後の金属アルミニウムは、価格がなんと金
よりも高かったとか。

そして、1856年に、フランスの化学者アンリ・エティエンヌ
・サント=クレール・ドビーユが、初めて、工業用精錬法を
開発し、広まったわけです。

安くなったため、ナベなどにも広く使われて、人類の周囲に
溶け込んできたわけですね。

ただ、このアルミと「アルツハイマー認知症(AD)」の
関連を調べた学術論文が、最近、海外で相次いで発表されて
います。

でも、ぼくは過去にもさまざまな論文が出ては消えてきたこ
とからも、このアルミだけが、その症状の原因ではないのか
な、とは思っています。

さまざまな原因が複合しているのでしょう。

だけど、もし1ミリでもその原因と考えられるものであれば、
やはりふだんの暮らしから、なるべく遠ざけたい。

そう思いませんか。

             ★★★

まあ、ここでは、それについて述べているわけじゃありませ
んので、あまり深追いはしません(笑)。

でも、そのような深ナベが、日本の調理に必要なのは、結局、
和食という料理が、「水料理」のせいなんですね。

水を使わなければ、深ナベなど不要ですから。

ぼくの台所に昔から深ナベがドンと置いてあったのは、そう
いうこと(笑)。

あなたの台所のナベは、いかがです?

欧米や中国などのように、平(ひら)ナベが普通なのは、熱
を加えて炒(いた)めたり焼いたりするせいでしょう。

彼らにとっては、深なべなど必要がないんですね。

でも日本では、「水」を使い、なるべく自然の素材を活かし
た調理が中心です。

刺身(さしみ)や寿司などのように、生(なま)を活かした
ものが多いですからね。

             ★★★

いかに日本の自然が素晴らしいものか。

和食を見るだけで、よく分かるじゃありませんか。

その水でさえ、欧米や中国などでは、一度、煮沸(しゃふ
つ)してからでないと、怖くて飲むことができません。

でも日本では、いかに水道水に問題があると言えども、それ
ほどの怖さはありません。

こうした日本の地形などの自然環境の恩恵を、ぼくたちはい
つも受けているわけです。

だから、そのような自然を、「せっせと壊しては」いけない(笑)。

あなたが、今日使ったそのペットボトルや、ラップや、ビニ
袋や、ファストフードなどの外食や中食(なかしょく)……
などで、自然を壊していないかどうか。

いつも心したいなと、思っています。

さてさて、あまりナベのことばかりお話しするのも、ナベ……
いや、ナンですので、このあたりで……。

ふふふ……また、お逢いしましょう
今日は、これまで。
お元気で!
                    (山田博士


★★「短縮版」読者のかたで、その日だけの「完全版」をご
  希望のかたは、下記からお申し込み下さい(1回分500
  円)。ただし、頻繁な場合は、人手の関係でお送りでき
  ないこともありますので、その点は、ご了承下さい。
      → https://ws.formzu.net/fgen/S75876861/

 

 

 


___________________________

【2】
    ★毎日、外国からもアクセスの多い電子書籍
     「社会の裏側!」全巻を、50%OFFで
         順番に提供いたします!

     (PDF版に作り替えて、送付します)

        全巻揃えるには、いい機会です。
 ぜひ、今回の案内をご活用下さい。そして保存して下さい。

___________________________


         今回は、【第2回目】

     下記の第111巻~第120巻の提供です。

          (合計10巻です)


111.社会の裏側!111……高齢者の運転ミスが、もし
  「認知症治療薬」の副作用だったとしたら!

  ~じつは、フランスでは4種類の治療薬の保険適用を、
   ストップしました。効果も無く、脱力などの副作用の
   酷さのため。でも日本では、服用した高齢者が今日も
   ハンドルを……~
         → https://bit.ly/2MRDrwZ


112.社会の裏側!112……山岡鉄舟、再び、日本と世界を
  救う!

  ~戦争や災害が絶えない地球を救う方法が、一つありま
   す。イデオロギーじゃなく、「和の精神」「共生の思
   想」が、なぜいま必要なのか。鉄舟の思想を振り返り、
   未来へつなげたいなと思っています~
         → https://bit.ly/32SMxPD


113.社会の裏側!113……ある一官僚が走らせた、食文化破
  壊の「キッチンカー」なる存在を、ご存じでしたか?

  ~彼こそが、日本人から米文化を離れさせ、パン食に転
   じさせた張本人でしたが、その背景と、パン食の怖さ
   とは~
         → https://bit.ly/2MTujYU


114.社会の裏側!114……国産米を安全に食べたい! あ
  なた、お米1000粒の中に、「わずか2粒」の斑点米
  があると嫌ですか?

  ~ある農産物規格のためだけに、「ネオニコチノイド系」
   農薬が、農産物の中では水田に一番多く撒かれていま
   す。じつは、斑点米を物理的に「除去する方法」があ
   ります。じゃ農薬は何のために?(笑)~
         → https://bit.ly/2PnJY4o


115.社会の裏側!115……老けたくない人の「パン」選び!
  (本当は、ご飯が一番)

  ~年配者にも「パン中毒」が急増中のため、ぜひお伝え
   したいと思います。もし市販パンを求めるにしても、
   この「2種」だけはお避け下さい。本当は、朝食もな
   るべくおにぎりなどにしてほしい~
         → https://bit.ly/2PmuL3z


116.社会の裏側!116……居間を「LED」照明にするのは、
  絶対におよしなさい!

  ~問題は、「青色」だけじゃありません!じつは、あの
   LEDは高速で点滅しています。そしてその弊害は、
   「ポケモンショック」どころではなかったんですね。
   つまり……~
         → https://bit.ly/2pZZBnO


117.社会の裏側!117……20代~30代の「スマホ老眼」
  の急増が、日本の未来を壊すこれだけの理由!

  ~パソコンよりスマホのほうが、目に与える影響はずっ
   と深刻です。「スマホ老眼」を防ぐ6つの処方箋をお
   教えしましょう~
         → https://bit.ly/2qLNvPC


118.「社会の裏側!」118……「香り殺人」が、世界中で、
  じわり広がっています。あなた、息をするのを止めら
  れますか?

  ~オーストラリアでの調査では、健康被害の3分の1が、
   なんと日常品の「香料」が原因と分かりました。「フ
   レグランスフリー」という言葉が広がるほど人生が変
   わった人も……~
         → https://bit.ly/3ckVc2J


119.「社会の裏側!」119……大人や子どもに急増する「発
  達障害」は、家庭の「ネオニコチノイド系農薬」関連商
  品が原因だった。その商品名とは!

  ~しかも、この農薬のホウレンソウへの残留基準を、な
   んと3倍に増やしたり、いまの政策は「発達障害」を
   さらに増やそうとしか考えられません。わが身と家族
   は、こうして守ってほしい~
         → https://bit.ly/2TqZb4U


120.「社会の裏側!」120……「麻薬漬け・市販薬」の怪!

  ~製薬企業たちよ、「麻薬成分」を含んだ市販薬は、即
   刻、店から引き上げなさい!この4つの成分が含まれ
   ていれば、若者たちが「離脱」できなくなって倒れる
   のは当然じゃありませんか。商品名入り~
         → https://bit.ly/32RPcu0


(今回は、以上の合計10巻を、特別に「50%引き」で提
供します)

 

=========================

        ★今回だけの特別価格★

     公開価格は、1冊が@585~695円

 → しかし今回は、各巻を@290円の計算としました!

  今回は、全10巻ですので、2900円となります。

=========================
 
         ★割引期間(4日間)★

        3/4(水)~3/7(土)

 ★「社会の裏側!」第111~第120巻、特別お申し込みフ
  ォーム
      → https://ws.formzu.net/fgen/S32845971/

  (折り返し、自動返信で、送金情報をお送りします)

 

皆さんからのご連絡を、お待ちしています。
そして、ごいっしょにお歩き下さい。

お元気で。

 

 

 


             ★★★
             ★★★
             ★★★

 

★山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。

 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!

「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

___________________________

       ★発行/山田博士いのち研究所★
 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F

「社会の裏側!」案内→ https://syakainouragawa234.blogspot.com/
 メルマガ案内   →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
 メインホームページ→ http://yamadainochi.com/
 事務局への連絡  → https://bit.ly/2DjSStg
___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。