短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:3/12(木)◆はい、納豆をどうぞ(笑)。腸は、体の免疫力の約7割を司っているんですね。だからいまこそ……

 


〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

     ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

     ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2020年03月12日(木)号

            No.3669

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2配信スタンドから合計
約5200部を発行(日曜は休刊です)。創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。

 

 

  〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~
      お役立て下さい。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 

   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi
(内容に即した写真も掲載しています!ぜひご覧下さい)

 

 

            ▼目次▼


【1】月曜日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べ
   た、山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワ
   ンショット:

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」が面白い!


【2】ご希望が多いため、外国からもアクセスの多い「社会
   の裏側!」の既巻を、なんと50%OFFで順番に提
   供します。
   全巻を揃えるには、いい機会です。
   すべてPDF版に制作し直して、提供します!

    → 今回は、【第6回目】第71巻~第80巻

      最初の巻のタイトルは、下記のとおり。

      「社会の裏側!」71
     『マーガリンが、あなたの体を溶かしている!』

 

 

 


___________________________

【1】

  ★下記の文章は、先日の月曜日の「完全版・メルマガ
   暮しの赤信号」で述べた、山田の電子本「社会の裏
   側!」未公開原稿の「一部分」です。

 本文は、「短縮版」読者のかたは初めての文章になります。

   それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」が……面白い。
 
___________________________


      先日の……3/9(月)号のタイトル

             ★★★ 
 
  「新型コロナウイルス」について、いまの時点で
      分かっていること、分からないこと!

 ~罪の無い「野生動物に罪を着せた」中国の犯罪を、ぼ
  くは一生忘れません。武漢にある2つの研究所の罪と
  は。今回、免疫アップの食べものを列挙しました~


   (下記は、上記「完全版」のワンカットです)

……

さて、上記のことをふまえたうえで、どんな飲食物がいいの
か。


1.まず納豆。

先述したように、腸内の環境を良くしてくれるんですね。
この腸内で、善玉菌として働く納豆菌は、大きな味方です。

それに納豆は、食物繊維(しょくもつせんい)も豊富ですの
で、その意味でも、ふだん食べてほしい。

また、納豆に含まれる多糖の一種「レバン」と、あのネバネ
バの成分である「ポリグルタミン酸」も、免疫機能を調整し
てくれますしね。

この「ポリグルタミン酸」には、カルシウムを始めとしたミ
ネラルの吸収促進効果もあるようですよ(最近、ある企業が
発見したようですね)。

タレを入れる前にしっかり練って、この「ポリグルタミン酸
を増やすといいですね。

いつもぼくは鼻唄混じりで混ぜております、はい。

……


            (後略)


((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


昔から、ぼくは、食卓には納豆(なっとう)を欠かしたこと
がありません。

と言っても、これは東京に出てきてからのこと。

高校時代まで、故郷の小浜(おばま)にいましたが、そのと
きは納豆なんて、見たことも聞いたことも触(さわ)ったこ
とも、もちろん、食べたこともなかった。

母も、きっと、食べたことも無かったに違いありません。

だって関西地方では、この「納豆」という言葉自体、あまり
ポピュラーではないんですから。

そのため、よくマンガなどにこの言葉が出てくると、はて、
こりゃ何のこと?なんて、ぼくは思っていました。

ある笑い話があります。

東京地方に住むご家族が、関西の民宿で一泊したとのこと。

その宿の女将(おかみ)さんから「明日の朝食はどういうも
のをご用意しましょうか」……と尋(たず)ねられたらしい
んですね。

まあこの宿は親切なこと。

             ★★★

そう思ったこの人は、「それじゃ、すみません、私たち納豆
が大好きなんです。その納豆をお願いできますか」……と答
えたと言います。

そして翌朝。

朝食の食卓の上には、「甘納豆」がずらりと並んでいた(笑)。

朝から、こんな甘いもの、山ほど食べられますか。

きっと、その女将さんのほうは、「へえ、朝からこんな甘納
豆を食べるかたもいるんだ」と驚きながらも、前の夜の間に、
甘納豆を買いに東奔西走(とうほんせいそう)されたのでし
ょうね。

いやあ、ご苦労さんでした。

その光景を想像するだけで頬(ほほ)が緩(ゆる)んでしま
いますが、ことほど左様(さよう)に、この納豆を知らない
人は知りません。

             ★★★

でもこの食べものは、不思議なほど、人間の体に素晴らしい
影響を与えます。

こんな小さなツブツブが、どうして?

なんて、つい思ってしまうほど、小粒でもピリリと効く(笑)。

なぜなら、上記の文章でも述べておりますが、ぼくたちの腸
内の環境を良くしてくれるんですね。

きれいにしてくれます。

腸内で善玉菌として働くこの納豆菌は、大きな味方なんです
ね。

じつは、この腸という部分は、ぼくたちの体の免疫力の約7
割を司(つかさど)っています。

ここは、最大の免疫器官……ということでしょうか。

だから、ぼくたちの腸の中の環境を、いかに良くするか。

これこそが、免疫力を上げることになるわけですね。

             ★★★

たとえ、自分の顔が隠れるほどの「大きなマスク」などして
も、自分の体の免疫が弱くなっていれば、そんなもの、何の
役にたちますか。

今回のこの「新型コロナウイルス」だけじゃなく、今後さま
ざまな形で、ウイルスたちはぼくたちを襲ってくることは、
必至です。

いつもファストフードばかりを腹一杯食べている人は、真っ
先に倒れて行くことでしょうね。
悲しいことですが……。

この腸内環境がいかに大切かは、かなり前にもこのメルマガ
で述べたことがあります。

もち、覚えていらっしゃいますよね(笑)。

そのときに述べたことを、いまもしっかり守っているかたは、
いまごろ、腸内で、「かなりの免疫」が出来ていることでし
ょう。

ふふふん……なんて、鼻で笑っていたかたは、いまごろ、大
きなマスクをして、青い顔になっていらっしゃることでしょ
う。

どんなことも一朝一夕(いっちょういっせき)でかなうもの
ではないんです。

そこで、はい、メルマガ「暮しの赤信号」……(笑)。

             ★★★

今回の「完全版」には、そうした「抗ウイルス」の食べもの
などについて、述べておきました。

でも、まあ、ちょうどいい機会じゃありませんか。

どんなことでも、「自分に良いように解釈」して、いままで
の暮らしを少しでも反省し、グンと良いほうへ向けて行きま
しょうよ。

あ、これは、「自分を騙(だま)して、自分に都合の良いよ
うに」……という意味では、まったくありませんので。

それは、いつものぼくの行動……かも……しれない(笑)。

ふふふ……また、お逢いしましょう
今日は、これまで。
お元気で!
                    (山田博士


★★「短縮版」読者のかたで、その日だけの「完全版」をご
  希望のかたは、下記からお申し込み下さい(1回分500
  円)。ただし、頻繁な場合は、人手の関係でお送りでき
  ないこともありますので、その点は、ご了承下さい。
      → https://ws.formzu.net/fgen/S75876861/

 

 

 


___________________________

【2】
    ★毎日、外国からもアクセスの多い電子書籍
     「社会の裏側!」全巻を、50%OFFで
         順番に提供いたします!

     (PDF版に作り替えて、送付します)

        全巻揃えるには、いい機会です。
 ぜひ、今回の案内をご活用下さい。そして保存して下さい。

___________________________


         今回は、【第6回目】

     下記の第71巻~第80巻の提供です。

          (合計10巻です)


71.社会の裏側!71……マーガリンが、あなたの体を溶か
  している!

  ~アメリカのFDAが、毎年数千件の心臓病発作を防ぐ
   として、トランス脂肪酸を全面的に禁止した。はて、
   日本では?~
         → https://bit.ly/2rp97hk


72.社会の裏側!72……女性たちよ。マニキュアの3大化
  学物質に注意しなさい。ネイルサロンの美容部員たちが
  倒れる理由はこれだった!

  ~とくに除光液に含まれるアセトンは、すぐに蒸気とな
   って吸い込んでしまうが、これの発ガン性がアメリ
   の実験で分かっている~
         → https://bit.ly/2jUD8m6


73.社会の裏側!73……自殺者多発の東尋坊で、数年間に
  500人を救った「ちょっと待ておじさん」から学ぶ、
  日本人に大切なこととは!

  ~「おやじ、おふくろ、本当にゴメン」と書かれた便せ
   ん。でも誰も死にたくはない。その全員が、「一声か
   けてくれる」のを持っていると言います~
         → https://bit.ly/2L7SEal


74.社会の裏側!74……夏! 虫よけ対策、あなたならど
  うする?「ピレスロイド系」などにより、年間300件
  の重大事故が多発中!

  ~電気蚊取りや防虫スプレーなどを安易に使っておられ
   ますが、遺伝子発現や自発行動の抑制、妊娠初期での
   影響など、深刻ですぞ~
         → https://bit.ly/2wMNA8n


75.社会の裏側!75……抗生物質が効かない!

  ~マクドナルド、ケンタッキー、サブウエイで販売する
   肉類の抗生物質を減らさせるキャンペーンが米国で始
   まった。でも日本では…~
         → https://bit.ly/2wKpHyh


76.社会の裏側!76……ワン君やニャンコ嬢たちを殺して
  はいけない!動物を大切にしない国は、人間をも大切に
  していないのです。彼らを救う3つの提案!

  ~いまも「年間8万匹の犬猫」を殺処分している現実に
   唖然としますが、ドイツの「ティアハイム」では、ほ
   とんどが新しい飼い主へ
         → https://bit.ly/2L4zjXI


77.社会の裏側!77……漁師や魚たちの涙が、君に見えるか!

  ~世界の漁獲高は好調なのに、日本から漁師たちが消え
   る日も近い。いま規制緩和で、大企業が「漁業権」を
   奪おうとしています~
         → https://bit.ly/2rPoxLZ


78.社会の裏側!78……あえて言う、大きな利権が蠢(う
  ごめ)く「盲導犬」は、本当に必要なのだろうか!

  ~日本の視覚障害者は38万人と言われていますが、じ
   つは虐待が増え、大きな利権が広がるいま、改めて、
   盲導犬の存在を考えてみたい~
         → https://bit.ly/2GqRza1


79.社会の裏側!79……大豆は、ボケを防ぐ「自然派総合
  ビタミン剤」です。なのに、「遺組み」表示義務がない
  食べものが、醤油などこれだけも溢れている!

  ~欧州では、人間が食べるのじゃなく、家畜が食べる大
   豆のために、人々は立ち上がりました。大豆の自給運
   動と、その理由~
         → https://bit.ly/2IoT0YE


80.社会の裏側!80……いまや「105歳人」が日本に7
  00名も。これら長寿者に共通する「老荘道教思想」
  とは何なのか。あなたにもぜひ真似してほしい!

  ~ある男性の言葉。「いまとなるともう競争相手がいな
   いので、いつも私は優勝ばかりですわ!ハハハ……」~
         → https://bit.ly/2Goqg0g


(今回は、以上の合計10巻を、特別に「50%引き」で提
供します)

 

=========================

        ★今回だけの特別価格★

  公開価格は@585円→ 今回は、@290円です
     全10巻ですので、2900円

=========================
 
           ★割引期間★

     2020年3/12(木)~3/16(月)


 ★「社会の裏側!」第71~第80巻、特別お申し込みフ
  ォーム

  パソコン・スマホ用→ https://ws.formzu.net/fgen/S8597419/
   (期間以外は、各巻の専用ブログからお求め下さい。
    折り返し、自動返信で、送金情報をお送りします)


皆さんからのご連絡を、お待ちしています。
そして、ごいっしょにお歩き下さい。

お元気で。

 

 

 


             ★★★
             ★★★
             ★★★

 

★山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。

 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!

「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

___________________________

       ★発行/山田博士いのち研究所★
 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F

「社会の裏側!」案内→ https://syakainouragawa234.blogspot.com/
 メルマガ案内   → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
 事務局への連絡  → https://bit.ly/2DjSStg
___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。