短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

●山田博士です。号外です。緊急保存版!今後も次々と襲来する「新型コロナウイルス」をはね飛ばす簡単な方法……をまとめました!

 

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

     ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

      ★メルマガ「暮しの赤信号」★

今回は、「短縮版」「完全版」読者全員への号外です!

       2020年03月15日(日)配信

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。

 

        今回は「号外」です!★

 

こんにちは。
山田博士です。

お元気でしょうか。

いつも、メルマガ「暮しの赤信号」をご覧いただき、本当に
喜んでおります。

アメリカのトランプ大統領が「国家非常事態宣言」を出し、
欧州全土は、いままさに戦争状態のようです。

今回のこの「新型コロナウイルス」は、いままで初めての体
験でもあり、日本の人たちも、右往左往しているのが現状で
す。

いつまで続くのか、また、今後も毎年、同様のような状態にな
るのか。

ぼくは、今後も続く事態になると思っていますが、急遽、い
まの事態を見て、新たに、原稿をまとめました。

少しでも多くのかたに、いまの状況の事実をお知らせし、そ
の対策に、即、乗り出してほしいから、です。

             ★★★

先日まとめた「完全版」にさらに付け加えた内容ですが、ぜ
ひ、このPDF版をご保存下さい。

そして、ご家族をお守り下さい。

もう、とてもマスクや手洗いなどでは、防げませんし、ちょ
うどこの機会を、良い方向に向けるようになさって下さい。

この作品は、しばらくしてからASPで公開するつもりです
が、その前に、読者の皆さんに、割り引いたうえで提供した
いと思いました。

ぜひ、ご活用下さい。

ぼくの親しい数名のかたからも、ぜひ読ませてほしい……と
いう声が届いていました。

そのため、急遽、さらに新しい内容を加えたという次第です。

下記で、その概要を、どうぞ、ご覧下さい。

 


===========================
           ★概要★
===========================
     (目次は、前回のメルマガと同じです)

 

アメリカの大統領が、「国家非常事態宣言」を発表しました。

今回の、この「新型コロナウイルス」に対して、国家として
取り組むということなんですね(2020/03/13)。

これにより、最大で500億ドル、日本円で5兆4000億円を
感染拡大防止のために活用できるようになるということのよ
うです。

そして、医療機関のベッド数の制限の撤廃や遠隔診療の実施
など、医療体制の強化が可能になりました。

この新たな法案では、健康保険に加入していなくてもウイル
スの検査を受けられるようにすることや、休職や解雇を余儀
なくされた人たちのための所得保障や失業保険の充実などが
盛り込まれています。

             ★★★

もちろん、これだけでは、とてもこの「新型コロナウイルス
対策にはなりません。

その元を根絶しなければならないのでしょうが、これは、か
つて人類が経験したことのない、初めての、大きな「闘い」
となるでしょうね。

一方、イタリアでは感染者が1万7000人、亡くなった人が
1200人を超えたとか(2020/03/14)。

またスペインでは、感染者が4200人を超え、サンチェス首
相は「国内の感染者は、来週には1万人以上になるだろう」
との見通しを示して、非常事態を宣言しました。

現時点では、欧州全土に、この「新型コロナウイルス」はど
んどん拡大しています。

今後、どういう結末になるのか。

ぼくも、それは分かりません。

             ★★★

じつは、この「新型コロナウイルス」は、ただ肺だけじゃな
く、心臓や肝臓、そして脳までにも影響が行くことが分かっ
た……と言います。

中国の「国家衛生健康委員会」が、2020年3月4日に、「新
コロナウイルス」の感染者には、肺のほか脾臓(ひぞう)
などのリンパ系器官、それに心臓や肝臓、腎臓、脳組織など
にも異常がみられた……とする病理診断の結果を公表してい
ました(出所:「産経新聞」2020/03/4、21:13配信)。

この発表では、たとえば肺では、肺胞内の気体が減少・消失
する現象がさまざまな程度で起こった、と言います。

そして、肺組織の出血や壊死(えし)も見られた、というわ
けですね。

なにしろ、いままでにない疫病(えきびょう)です。

いくつもの国が、「国家非常事態宣言」を出さなければなら
ないほどの疫病なんですね。

             ★★★

ただ、大事なことは、この原稿の一番最後でも述べています
が、今後、このように「新、新、新……新型コロナウイルス
が毎年のように起こったとしても、自分一人で「生き抜ける」
ような「柔軟な心と強い体」にすること。

これが一番大切なことじゃありませんか。

確かに、「国家非常事態宣言」も大切ですし、必要でしょう。

でも、いつもぼくが述べているように、ふだんの自分の人生
の中で、他者や他国、それに人間以外の生きものたちの存在
を、どう考えながら生きているのか。

自分だけのいのちだけを考えて生きているのではないのか。

そのようなことを真剣に考えるキッカケにしてほしい。

いつも外食や中食(なかしょく)ばかりに頼り、包丁も握っ
たことのない人には、今後の世の中、生き残れません。

これは確実です。

つまり、自分の人生を「他人(企業たち)任せ」にしていて
はいけない……ということなんですね(ほかの生きものたち
は、みな「自分の力で」生きています)。

             ★★★

それらをふまえたうえで、こうした「新型コロナウイルス
を吹き飛ばすような「抗ウイルス」のある食べものには、
どういうものがあるのか。

今回は、メルマガの「完全版」で述べたことにさらに新しく
付け加えてみました。

こうした事態だけでなく、ぜひふだんからこうした暮らしを
自分で構築してほしいなと願っています。

そうでないと、いくら大きなマスクで顔を覆(おお)っても、
そんなもの、何の意味もないんですね(笑)。

ささささ、それでは、どうぞ、今回の作品を、楽しみながら
お読み下さい。

少しでも皆さんや皆さんのご家族のためにお役に立つことを
願っております。

 


===========================
           ★目次★
===========================
     目次は、前回のメルマガと同じです)


★目次


★(第1章)

ところで、今回のこの「新型コロナウイルス」については、
その発祥地が中国でした。しかも、武漢(ぶかん。湖北省
省都)……。この国は、過去のいきさつを見ても、本当の
情報を外国に提示することがありませんでした。いや、それ
どころか、WHOにまで圧力をかけているわけですね……

★(第2章)

もし今回、この「新型コロナウイルス」が運よく終息したと
しても、今後も、毎年のように同じような状態の「繰り返し」
になるかもしれません。そうなれば、どうなります?毎年毎
年、今回のような「新型コロナウイルス」で収入が途絶えて
しまえば、日本人たちは、いったいどうなることか……

★(第3章)

ところが、今回、この「新型コロナウイルス」の発生場所は、
けっして市場などではなく、中国の「政府研究機関」から流
れたものだという指摘が出てきたのです。でも、こうした勇
気ある発言をした研究者は、突然失踪(しっそう)してしまい
ました……

★(第4章)

じつは、この「新型コロナウイルス」は、ただ肺だけじゃな
く、心臓や肝臓、そして脳までにも影響が行くことが分かっ
た、と言います。つまり……

★(第5章)

そこで、「抗ウイルス」の飲食物を少し挙げておきます。こ
れは今回の「新型コロナウイルス」だけの問題じゃなく、ふ
だんから、いつも食卓に載せておいて下さい。4つの視点を
まず持って下さい。そして具体的には、まず納豆が挙げられ
ます。ちなみに、これらは、みなぼくがいつも食べているも
のばかり(笑)。なぜなら……

 


==============================
         ★特別価格と割引期間★
==============================


    (ASPで公開する価格→ 3227円)

 

    「短縮版」読者(一般のかたはこちらです)

              → 2727円

    「完全版」読者   → 2127円


         (上記の割引期間)

      3/15(日)~3/19(木)

 

 

 


==============================
      ★ご希望のかたは、下記からどうぞ★
==============================

 

     いのち運転“即実践”マニュアル・第27話

 緊急保存版! 今後も次々と襲来する「新型コロナウイルス」を、
 自分の力ではね飛ばす、簡単な方法!

~罪の無い「野生動物に罪を着せた」中国の犯罪を、ぼくは一生忘
 れません。武漢にある2つの研究所の罪とは。免疫アップの食べ
 ものを、さらに列挙しました~


         特別お申し込みフォーム

  パソコン・スマホ用→ https://ws.formzu.net/fgen/S36300941/

(折り返し、自動返信で、送金情報をお送りします。スマホの場
 合は、パソコンからの受信拒否設定を解除なさっておいて下さい)

 

なお、割引期間を過ぎている場合、上記のフォームは開きません。

価格や送金情報などについては、当事務局までお問い合わせ下さい。

必ず、「ブログを見ました。即実践第27話を希望します」と、

メッセージ欄に記入して下さい。

      事務局→ https://bit.ly/2DjSStg

 
皆さんからのご連絡を、お待ちしています。
そして、ごいっしょにお歩き下さい。

 

              ★★★


本日のご連絡は、以上です。

今日の1日が、皆さんにとって良き日でありますように。

失礼します。

お元気でね。


            (山田博士

______________________________

発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F

事務局への連絡は、どんなことでも下記のフォームからどうぞ。
          → http://goo.gl/t12Yx
______________________________
       ご覧下さり、ありがとうございました。