短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:3/16(月)◆「悪魔のビタミンC」と「天使のビタミンC」。皆さん単純に、ビタミンCの表示を見て喜んでいますが  

 

 

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

     ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2020年03月16日(月)号

            No.3672

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2配信スタンドから合計
約5200部を発行(日曜は休刊です)。創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。

 


          ★お知らせ★

~昨日、全員にお出しした「号外」、ご覧になりました?~

     3/15(日)の午前9:00、ぼくから
     皆さんに直接、「号外」を配信しました。

     その件名は、下記のとおり。

     ●山田博士です。号外です。緊急保存版!今
     後も次々と襲来する「新型コロナウイルス
     をはね飛ばす簡単な方法……をまとめました!

       表紙写真→ https://bit.ly/2IPvZzT

号外  → https://bit.ly/33jhehZ
(ご希望のかたは、締切日がありますが、
        こちらからどうぞ)

     保存しておいて、ご家族をお守り下さい。

     今日も1日、お元気で!
                   (山田)

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 

   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi
  (原稿に関連した写真を載せていますので、どうぞ)

 

 

             ▼目次▼

【1】山田の電子本「社会の裏側!」の本邦初原稿です。
   読者のかただけに、先に発表します。
   後日、概略などを付け、電子本として公開する予定:
   (毎週「月曜日」を、どうぞお楽しみに!)

    「悪魔のビタミンC」と「天使のビタミンC」


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集!ぜひどうぞ(先日の木曜日にご案内しました
   が、まだご覧になっていないかたのために、再度お
   載せします):

   「社会の裏側!」→ 今回は、【第6回目】
    第71巻~第80巻

    最初の巻のタイトルは、下記のとおり。

    「社会の裏側!」71
    『マーガリンが、あなたの体を溶かしている!』

 

 

 


___________________________

【1】
    ▼山田の電子本「社会の裏側!」本邦初原稿▼

 (毎週「月曜日の早朝5時」を楽しみにしていて下さい)

後日、概略などを付けて、電子本として公開する予定ですが、
読者のかただけには、いち早く、こうしてご案内しています。
___________________________

 

【今回のタイトル】
           ↓ ↓ ↓

===========================

   「悪魔のビタミンC」と「天使のビタミンC」

~皆さん単純に、表示にビタミンCとあれば喜んでいらっ
 しゃる。でも、その製造国名や内容とは。しかも合成ビ
 タミンCと天然との大きな違いとは。悪魔と天使です~

===========================
 ★毎回、ただ単にタイトルの内容だけじゃなく、山田の
  思いを、各所で述べています。お役立に立つことを…。

 

           【目次】


★(第1章)

明治時代に、美術運動の指導者であった岡倉天心は、この
「茶道」とは、姿を変えた道教であると喝破(かっぱ)しま
した。でもいま、そのお茶が、問題のある「合成ビタミンC」
入りだとはね……

★(第2章)

多くの哺乳(ほにゅう)動物では、体内でブドウ糖からビタ
ミンCを合成することができるんです。でも、なぜか人やモ
ルモットなどの一部の動物だけは、合成に必要な酵素がない
んですね。そのため、体内でビタミンCを合成することがで
きません。だから……

★(第3章)

現在の「合成ビタミンC」のほとんどは、中国製だというこ
と。しかもそのビタミンCが、「遺組み」(遺伝子組み換え)
の技術を使って生産されている恐れがあること。そしてその
製造過程では、かなりの不純物が混ざりやすいこと。その不
純物は、かなりの毒性があることなども分かっています……

★(第4章)

なぜなら、この「合成ビタミンC」は、体内で、悪名高い活
性酸素を生むとも言われていますが、逆に自然由来の「天然
ビタミンC」の場合は、活性酸素を消滅させる作用がありま
す。まさしく天地の差ですよね……


              ★
              ★
              ★


★(第1章)

明治時代に、美術運動の指導者であった岡倉天心は、この
「茶道」とは、姿を変えた道教であると喝破(かっぱ)しま
した。でもいま、そのお茶が、問題のある「合成ビタミンC」
入りだとはね……

 

今日日(きょうび)の新入社員たち。

彼らの多くは、お茶の淹(い)れかたが分からないようです
なあ。

職場の小さな台所に突っ立って、一人で泣きべそをかいてい
る「新人さん」が……いらっしゃるとか(笑)。

ぼくなど、このことを聞くと、飛び上がらんばかりに驚くの
ですが(ちと大げさ?)、男の子も女の子も、お茶の淹れか
たが分からない。

えっと、日本人は、いったいどこへ忽然(こつぜん)と消え
てしまったのでしょうか(きょろきょろする仕草)。

だって、いまの若い人たちは、お茶の淹れかたさえ、誰から
も教わっていないわけですからね。

親たちは、もはや「日本人じゃない」のでしょうか(笑)。

自分の家には、いつもペットボトルのお茶が置いてあります
し、そのフタをくるっと回してドドッと茶碗に注げば、はい
できあがり。

いやいや、そのまま口移しに飲めば、茶碗を洗うこともない。

なにしろ、母親がいつもそうしているわけですから、なんと
もはや……。

きっと若い世代の彼らは、急須(きゅうす)なんていう言葉
など、聞いたこともないのでしょうね。

ぼくなど、昔は、土瓶(どびん)を使っていたこともありま
した。
皆さん、土瓶って、ご存じ?

え?

(まじまじとぼくの顔をみつめて)山田サンは、ひょっとし
て、石器時代の原始人の生まれ変わりなんですかあ……って?

ま、まさか(でも、少し……近いかもしれん)。

茶筒(ちゃづつ)からお茶の葉をフタに少量取り、それを急
須に入れてからお湯を注ぐ。

そして、しばらくそのままに置いておけば、いい香りが部屋
中に充満し、素晴らしい日本茶のできあがりです。

そのあと、急須のフタを左手で押さえ、右手で取っ手を持ち、
数名の湯飲みに少しずつグルリと均等に注いで行けば、いい
わけですね。

そしてその湯飲みを、丸いお盆に載せ、しずしずとお客に差
し出す。

そこで、いつものように大またに歩いてはいけません。
男も女も、小またでゆっくりと……。

そのようにして持ってこられれば、それを飲む客のほうも、
突然心の中で「正座」をして、湯飲みをおずおずと両手で
持ち、ソッと口へ運ぶ。

そして、客も主人も、みんなが眼を細めて、ほっこり……。

みんなが幸せになれます。

いやあ、日本はいいですなあ(何を、先ほどから一人でご満
悦[まんえつ]しているのやら)。

だから、ペットボトルのお茶やコーラなどを、そのままグイ
ッと飲むなんて、そんなはしたないこと、「育ちのいいぼく」
には、とてもできません(え? 何か?)。

なにしろ、子どものころには、歩き食いや歩き飲みなどは、
みっともないから止めなさい……なんて、母から強く言われ
ていましたしね。

当時は、親だけでなく周囲の大人たちは、本当の意味で「日
本人ばかり」だった。

でもいま。

お茶なんかを、外で買う人がいます。
お茶なんかを、ペットボトルで飲む人がいます。

お茶なんかを、口を突き出して、醜(みにく)い姿で飲む人
がいます。

お茶なんかを、お茶なんかを、お茶なんかを……。

これ、けっしてお茶を馬鹿にしているわけじゃないんです。

いや逆に、ぼくはこのお茶こそが、日本人の原点であると思
っているんですね。

いつかもこのメルマガでも述べましたが、この「日本茶」が、
世界を救う!……とまで言い切りました。

凄(すっご)いでしょ(笑)。

それほど、ぼくは、このお茶、とくに「日本茶」を、もの凄
く重要視しております。

だからこそ、お茶の淹れかたも分からない、お茶の味も分か
らない日本人の出現を、心から憂(うれ)えているわけです
ね。

本当に、心から憂えております。

しかも、合成添加物入りの●●をホンモノだと信じて飲んで
いらっしゃる(●●は、下記の設問をご覧下さい)。

ぼくは、それが「我慢ならない」わけです。

いや、自分で、最初からニセ茶だと分かっているのなら、そ
れはそれでいい。
そのような人は、そのままにしておけば……いいわけですか
ら(笑)。

でも、本当のお茶はどういうものか。
そして、そのお茶がなぜ大切なのか。
そのお茶の文化は……。

そういうことを思っているからこそ、「たかがお茶を」……
なんてお馬鹿ですが、矛盾したような言葉を吐(は)いてい
るわけですね。

なにしろ、お茶を一番大切に思っているわけなんです。

ぼくは日本茶大好き人間ですから、1日何度飲むことか。

朝起きて、まあ1杯。
食事をして、さて1杯。
仕事をする前に、さあ1杯。
仕事が終われば、もう1杯。
シャワーのあとに、ねむっ1杯(笑)。

それほどお茶好きなのですが、このお茶こそ、ぼくは世界を
救う原動力になるものだと信じているのです。

だって、見てご覧なさい、いまの世界を。

この狭い世界を見渡せば、どこもかしこも争いばかりじゃ、
ごぜんせんか(ございませんか)。

シリアでの内戦は、収まる様子も見えません。
2020/03/15の現在、この内戦は、なんと15年目にもなって
います。

この国のアサド政権は、ロシアの後ろ盾(だて)で、いまま
で劣勢だったのを攻勢に転じ、全土の7割超を奪還(だっか
ん)したと言います。

そして、トルコの支援を得た反体制派最後の拠点をめぐって、
まさに堂々巡りの攻防がいまも続いているんですね。

在英のシリア人権監視団の推計によれば、この内戦の犠牲者
は「38万人を超えて」いると言います。

きっと、その真実は、その何倍かの数字でしょう。
戦場では、その本当の数字が分からないだけ。

そして、いまも女性や子ども、老人たちが泣いている。

人間の愚(おろ)かさ。
そして悲しさ。

今回の「新型コロナウイルス」どころじゃなく、相手の顔が
分かりながら、しかも「意図的に」……敵を殺す。

いったい、いつまで報復、報復、報復……を繰り返せばいい
のでしょう。

こんな悲しいことを「古代からずっと」続けていながら、人
類は21世紀に入ったいまも、何も学んでいない。

そのためにこそ、唐突(とうとつ)かもしれませんが、ぼく
は、日本の「茶道(さどう)の精神」を生かしたいと思って
いるのです。

そして、いまこそ、日本の出番なんですね。

いや、本気に、そう思っております。

明治時代に、美術運動の指導者であった岡倉天心は、この
「茶道」とは、姿を変えた道教(どうきょう)である……と
喝破(かっぱ)しました。

たとえば、茶室に入るとき、たとえ武士であっても、刀を外
(はず)します。

そして、その場では、武士も庶民も、その間に区別などない
わけですね。

日本では封建時代でさえ、そういうことが普通になされてい
ました。
ましてや、現代で……をや。

自分の立つ位置はしっかり確保しつつ、しかも相手の行動を
尊重し、譲(ゆず)る……という考え。

これで争いが生まれますか。

個人の争いや国家間の戦争は、「自分だけが正しい」「相手
こそ間違っている」……と思うから起こるわけでしょう。
とくに西洋や現在の中国での考えは、そうです。

みんなが、譲りあえば……いったい、どうなります?(笑)

まあ、このことは、以前のメルマガで述べましたので、今回
は省きますが、そのようなお茶一つを見ても、ぼくたちの生
きかたが映っているわけですね。

それなのに、先述しましたように、いまの日本社会でのお茶
のアリサマ。

これ、何ですか。

下記は、以前にもメルマガで述べたことですが、若い女性な
ど、わざと見えるようにこの「ペットボトル茶」を振り回し
て……あ、いや違った……抱えていらっしゃる。

そして、お茶を飲んで「健康美人」になりたいと。

はい、ご愁傷様(笑)。

健康美人……の反対は、……えっと……なんて言えばいいの
でしょうか。

分かっていても、そんな失礼なこと、男性のぼくには、口を
無理に開けられそうになっても、言えません。

だけど、そんなものをいつも飲んでいると、ひょっとすれば
そうなる日もくるかもしれませんぞ、そこの「健康美人願望」
お嬢さん(笑)。

確かに、この「ペットボトル茶」の原料表示。

いかにも健康っぽいですよね。

ちょっと商品名入りで、見てみましょうか。

たとえば……、


生茶 2L」(キリンビバレッジ):緑茶(国産)、生茶葉抽
出物(国産)、ビタミンC、香料

ヘルシア緑茶」(花王):茶抽出物(茶カテキン)、発芽玄米、
大麦、麦芽エキス、とうもろこし、はと麦、大豆、ルイボス、
環状オリゴ糖、ビタミンC、香料

「おーいお茶 280ml」(伊藤園):緑茶(日本)、ビタミンC

サントリー あったかい伊右衛門 香ばしい焙じ茶 345ml」
サントリーフーズ):緑茶(国産)、ビタミンC

トップバリュベストプライス 緑茶」(イオン):緑茶、酸
化防止剤(ビタミンC)★原産国名:中国

「アサヒ 匠屋 あじわい緑茶 2L」(アサヒ飲料):緑茶
(煎茶、玉露)(国産)、ビタミンC

玉露入りお茶 500ml」(ポッカサッポロフード&ビバレッ
ジ):煎茶(国産)、玉露(国産)、ビタミンC

セブンプレミアム 緑茶 500ml」(ニットービバレッジ)
:緑茶、ビタミンC

コカ・コーラ 綾鷹 300ml」(コカ・コーラカスタマーマー
ケティング):緑茶(国産)、ビタミンC

(上記はその後変化しているかもしれません。一応ご参考に)


これを見て、多くのかたは「へえ、ペットボトル茶には、嬉
しいビタミンCが入っているじゃないの。

いつもコンビニ食ばかりで栄養不足の私は、ぜひこれを飲ま
なくっちゃ」……となりますよね(笑)。


これらの表示を見て、多くのかたはイチコロです(笑)。

私たち消費者の健康を考えて、企業たちはわざわざ、ビタミ
ンCを入れて下さっているんだわ。嬉しいこと……と、消費
者が勝手に思っていらっしゃる。

まあ、皆さん、おめでたいですね、ここが……(こことは…
…えっと。笑)。

まあ、中には、「原産国が中国」……と、しっかり書かれて
いるものもありましたけどね。

でも、香料はいざ知らず、健康に良さそうなものばかりが表
示されている。

名前を聞いたこともないカタカナ名の化学物質名など、あま
り載っていそうもありませんしね。

でも、皆さんが喜んでいらっしゃる、このビタミンCとは、
いったい何者なのか……。

 

★(第2章)

多くの哺乳(ほにゅう)動物では、体内でブドウ糖からビタ
ミンCを合成することができるんです。でも、なぜか人やモ
ルモットなどの一部の動物だけは、合成に必要な酵素がない
んですね。そのため、体内でビタミンCを合成することがで
きません。だから……

 

本来のビタミンCは……本当に優れものです。

これは、水溶性ビタミンの一つなんですね。

16世紀から18世紀にかけての大航海時代に、新鮮な野菜
や果物の摂取量が極端に少なかった船員たちの間で流行しま
した。

船に乗って何か月も経てば、必然的に栄養が不足してくるじ
ゃありませんか。

とくにこのビタミンCは、人間が「自分の体では造れない」
大切な栄養素。

多くの哺乳(ほにゅう)動物では、体内でブドウ糖からビタ
ミンCを合成することができるんです。

でも、なぜか人やモルモットなどの一部の動物だけは、合成
に必要な酵素がないんですね。

そのため、体内でビタミンCを合成することができません。

そのため、外部から食事として、このビタミンCを摂取しな
ければならない。

まあ、なんとも不便な体です。

でもきっと、神様(自然界)は、驕(おご)った(思い上が
った)人間どもをこらしめるために、そのようにしたのでし
ょうね。

人間どもに、戦争などばかりしていないで、自分のふだんの
食べものに、いつも気をつけるように、とね。

ただ、モルモットがなぜそうなったのかは……えっと……知
りません(でも、愚かな人間どもと同類では、かわいそう)。

でも、あの恐ろしい壊血病(かいけつびょう)を予防する成
分として、オレンジ果汁から発見されたのが、このビタミン
Cなんですね。

もち、あとで述べるような「合成ビタミンC」ではありませ
ん(笑)。

天然のビタミンC。

先述したように、大航海時代に、ヨーロッパからアフリカや
アジアなどの長距離を航海すると、多くの船員が、この壊血
病で亡くなりました。

大航海も、まさにいのちがけだったわけです。

そう、当時は、恐ろしい病気の一つだったわけですね。

ところが、その予防に柑橘(かんきつ)類が良いと分かり、
彼らは航海の途中でその港に寄港して、柑橘類を優先的に積
み込むようにしていたと言います。

まあ、武器で現地の人たちを脅(おど)してなのでしょうが
……。

でも、この壊血病は、現在の日本ではほとんど見られない……
と思っていましたら、トンデモナイところで、まだまだ存在
していたんですね。

と言いますのは、ある小児科の医師が言うには、どうしてそ
の子が壊血病になってしまったのか。

その原因は、母親の「厳格な食事コントロール」にあったと
言います。

この母親は、子どものことを考えて、野菜や果物などもすべ
て加熱して(煮て)与えていたそうなんですね。

でも、このビタミンCは、とくに熱に弱いビタミンなんです。

もしそのような期間が短時間だけであれば、そうそう体に影
響が出ることはないのでしょうが、もし長期間続けば、やは
り体は正直ですからね。

そのため、自分の子どもさんが壊血病になってしまった……
というわけです。

何ごとも、厳格なことはダメなのかもしれません。

少しずつ様子を見ながら進める。

まあ、ぼくのように、ある意味、「いい加減」な生きかたが
一番いいのかなあ……(でも、それも行き過ぎると、ちょっ
となあ。程度ものです。笑)。

とにかく、ぼくたち人間には、必要な酵素がなくて、このビ
タミンCが体内で合成できません。

そのため、ふだんの食事から摂取する必要があるわけですね。

成人では、1日の推奨量が100mg(2015年版食事摂取基準)
と設定されております。

ただ、通常の食事による過剰摂取の報告はありませんので、
その耐容「上限量」は定められていないようですね。

まあ、ふだんの食べものを山盛り食べるなんてことは、よほ
ど特別でない限り、あまりしませんからね。

でも、「合成ビタミンC」のほうは別。

サプリにでもしたら、どれだけの量でも体内に入れることが
できます。

そうですよね。

そのため、通常の食事以外に、こうしたサプリなどからは、
1日当たり1,000mg以上のビタミンCを摂取することは推奨
できない……と、されているようですね。

このビタミンCの化学名は、アスコルビン酸……と言います。

これは、骨や腱(けん。筋と骨とを結びつけている白い繊維
性の組織のことです)などの結合タンパク質であるコラーゲ
ンの生成に、必須の化合物なんです。

もしこのビタミンCが不足じますと、コラーゲンが合成され
ないために、血管がもろくなって出血を起こしたりするわけ
ですね。

これが壊血病……。

この壊血病になれば……(省略)。

 

 


             ★★★
             ★★★
             ★★★

(「短縮版」のメルマガでは、このあたりを省略しています。
 でも少しでも皆さんにお役に立てば嬉しく思います)

             ★★★
             ★★★
             ★★★

 

 


外見だけは「ダイコンおろし」に見えますが、実際は、栄
養の消滅した、ただの「ダイコンおろしカス」……と言って
いいのかもしれません(笑)。

だから、やはり自分のその手で、自分のいのちをまかなうこ
と。

それには、自分で包丁を握り、ダイコンおろしなどは、その
つど、自分の手で作る。

そのような手間を惜しんでいては、あなたの人生を、まるで
「ダイコンおろしのようにすり下ろしている」のと同じじゃ
ないかなあ……。

おっと、今回も長くなりそうなので、このあたりで。

ハハハ……。それじゃまた次回ね。ご機嫌よう。(山田博士

 


           ▼設問です▼


設問→ 上記の文章を読み、下記の●●にあてはまるものを、
    選択語句から選んでみよ。ただし2文字とは限らな
    い。

 「しかも、合成添加物入りの●●をホンモノだと信じて飲
  んでいらっしゃる」

  【選択語句→ 「ニセ酒」、「ニセ茶」、「ニセコーラ」】

 
            ■答え■

 下記のとおりです。でも、先に答えを見てはいけません。
 本文を再度ご覧になり、十分想像してから答えをご覧下さ
 い。その繰り返しが、あなたの明日を輝かせることになる
 と思っています。
           答え→ 「ニセ茶」


★★「短縮版」読者のかたで、その日だけの「完全版」をご
  希望のかたは、下記からお申し込み下さい(1回分500
  円)。ただし、頻繁な場合は、人手の関係でお送りでき
  ないこともありますので、その点は、ご了承下さい。
      → https://ws.formzu.net/fgen/S75876861/

 

 

 


___________________________

【2】
    ★毎日、外国からもアクセスの多い電子書籍
     「社会の裏側!」全巻を、50%OFFで
         順番に提供いたします!

     (PDF版に作り替えて、送付します)

        全巻揃えるには、いい機会です。
 ぜひ、今回の案内をご活用下さい。そして保存して下さい。

___________________________


 今回は、【第6回目】(先日の木曜日にお出ししたもの)

     下記の第71巻~第80巻の提供です。

          (合計10巻です)


71.社会の裏側!71……マーガリンが、あなたの体を溶か
  している!

  ~アメリカのFDAが、毎年数千件の心臓病発作を防ぐ
   として、トランス脂肪酸を全面的に禁止した。はて、
   日本では?~
         → https://bit.ly/2rp97hk


72.社会の裏側!72……女性たちよ。マニキュアの3大化
  学物質に注意しなさい。ネイルサロンの美容部員たちが
  倒れる理由はこれだった!

  ~とくに除光液に含まれるアセトンは、すぐに蒸気とな
   って吸い込んでしまうが、これの発ガン性がアメリ
   の実験で分かっている~
         → https://bit.ly/2jUD8m6


73.社会の裏側!73……自殺者多発の東尋坊で、数年間に
  500人を救った「ちょっと待ておじさん」から学ぶ、
  日本人に大切なこととは!

  ~「おやじ、おふくろ、本当にゴメン」と書かれた便せ
   ん。でも誰も死にたくはない。その全員が、「一声か
   けてくれる」のを持っていると言います~
         → https://bit.ly/2L7SEal


74.社会の裏側!74……夏! 虫よけ対策、あなたならど
  うする?「ピレスロイド系」などにより、年間300件
  の重大事故が多発中!

  ~電気蚊取りや防虫スプレーなどを安易に使っておられ
   ますが、遺伝子発現や自発行動の抑制、妊娠初期での
   影響など、深刻ですぞ~
         → https://bit.ly/2wMNA8n


75.社会の裏側!75……抗生物質が効かない!

  ~マクドナルド、ケンタッキー、サブウエイで販売する
   肉類の抗生物質を減らさせるキャンペーンが米国で始
   まった。でも日本では…~
         → https://bit.ly/2wKpHyh


76.社会の裏側!76……ワン君やニャンコ嬢たちを殺して
  はいけない!動物を大切にしない国は、人間をも大切に
  していないのです。彼らを救う3つの提案!

  ~いまも「年間8万匹の犬猫」を殺処分している現実に
   唖然としますが、ドイツの「ティアハイム」では、ほ
   とんどが新しい飼い主へ
         → https://bit.ly/2L4zjXI


77.社会の裏側!77……漁師や魚たちの涙が、君に見えるか!

  ~世界の漁獲高は好調なのに、日本から漁師たちが消え
   る日も近い。いま規制緩和で、大企業が「漁業権」を
   奪おうとしています~
         → https://bit.ly/2rPoxLZ


78.社会の裏側!78……あえて言う、大きな利権が蠢(う
  ごめ)く「盲導犬」は、本当に必要なのだろうか!

  ~日本の視覚障害者は38万人と言われていますが、じ
   つは虐待が増え、大きな利権が広がるいま、改めて、
   盲導犬の存在を考えてみたい~
         → https://bit.ly/2GqRza1


79.社会の裏側!79……大豆は、ボケを防ぐ「自然派総合
  ビタミン剤」です。なのに、「遺組み」表示義務がない
  食べものが、醤油などこれだけも溢れている!

  ~欧州では、人間が食べるのじゃなく、家畜が食べる大
   豆のために、人々は立ち上がりました。大豆の自給運
   動と、その理由~
         → https://bit.ly/2IoT0YE


80.社会の裏側!80……いまや「105歳人」が日本に7
  00名も。これら長寿者に共通する「老荘道教思想」
  とは何なのか。あなたにもぜひ真似してほしい!

  ~ある男性の言葉。「いまとなるともう競争相手がいな
   いので、いつも私は優勝ばかりですわ!ハハハ……」~
         → https://bit.ly/2Goqg0g


(今回は、以上の合計10巻を、特別に「50%引き」で提
供します)

 

=========================

        ★今回だけの特別価格★

  公開価格は@585円→ 今回は、@290円です
     全10巻ですので、2900円

=========================
 
           ★割引期間★

     2020年3/12(木)~3/16(月)
(本日までです。期間外は、「専用ブログ」からお願いします)

 ★「社会の裏側!」第71~第80巻、特別お申し込みフ
  ォーム

  パソコン・スマホ用→ https://ws.formzu.net/fgen/S8597419/
   (期間以外は、各巻の専用ブログからお求め下さい。
    折り返し、自動返信で、送金情報をお送りします)


皆さんからのご連絡を、お待ちしています。
そして、ごいっしょにお歩き下さい。

お元気で。

 

 

 


             ★★★
             ★★★
             ★★★

 

★山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。

 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!

「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

___________________________

       ★発行/山田博士いのち研究所★
 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F

 メルマガ案内   → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
「社会の裏側!」案内→ https://syakainouragawa234.blogspot.com/
 事務局への連絡  → https://bit.ly/2DjSStg
___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。