短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:3/25(水)◆そうそう、ぼくの実家の地域はね、ゴミ袋を買い求め、外側の所定欄に名前を書く必要があるんです……  

 

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

     ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2020年03月25日(水)号

            No.3680

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2配信スタンドから合計
約5200部を発行(日曜は休刊です)。創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。

 

 

  〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~
      お役立て下さい。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 

   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi
(内容に即した写真も掲載しています!ぜひご覧下さい)

 

 

            ▼目次▼


【1】月曜日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べ
   た、山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワ
   ンショット:

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」が面白い!


【2】ご希望が多いため、外国からもアクセスの多い「社会
   の裏側!」の既巻を、なんと50%OFFで順番に提
   供します。
   全巻を揃えるには、いい機会です。
   すべてPDF版に制作し直して、提供します!

    → 今回は、【第11回目】第21巻~第30巻

   第21巻のタイトルは、
   『子どもの貧困は、「日本の未来」を左右する!』
   ~社会へ巣立つ子どもに「数百万円もの借金」を背
    負わせたいのか~……です。

 

 

 


___________________________

【1】

  ★下記の文章は、先日の月曜日の「完全版・メルマガ
   暮しの赤信号」で述べた、山田の電子本「社会の裏
   側!」未公開原稿の「一部分」です。

 本文は、「短縮版」読者のかたは初めての文章になります。

   それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」が……面白い。
 
___________________________


      先日の……3/23(月)号のタイトル

             ★★★ 
 
     「レジ袋」の有料化に、ひと言もの申す!

 ~「レジ袋」をたとえ1枚200円にしても、解決には
  ほど遠いでしょう。有料や無料などとは別次元の問題
  じゃありませんか。人類の歩みかたの改善が必要です~


 (下記は、上記「完全版」原稿の、ホンの一部分です)


……

だって、「レジ袋」とはちょっと話は異なりますが、「ゴミ
袋」を使って、自治体は一儲けをしようとしていますからね。

そうじゃありませんか。

自治体専用のゴミ袋を指定していませんか。
そして、それを使わせることによって、なにがしかの利権を
得ている。

その袋を製作する企業への便宜や、そこになんらかの利権を
生む。
そこが、彼ら役人たちの天下り先になるかもしれませんしね。

でもそれらのオカネはすべて、彼ら役人たちの懐(ふとこ
ろ)から出たものじゃなく、ぼくたち市民の懐から血と汗と
涙で出て行ったものですよね。

そうした自治体専用のゴミ袋を作るために、カルシウムを入
れて、意味のない色分けをしたりしています。

そして、「自治体指定だ」……なんて笑わせないでほしい。

いま、いったい、江戸時代なのですか。

……


            (後略)


((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


そう言えばねえ。

ぼくの実家の地域は、ゴミ袋をわざわざ買い求めて、しかも
ご丁寧にも、その外側の所定欄に、太いマジックペンで自分
の名前を書く必要があるんです。

もちろん、名前だけじゃなく、その地域の「区名」もいっし
ょに、ね。

ぼくの家は玉前という地区なので、「玉前、山田」……と、
そのつど書かなくてはなりません。

まあ、この煩(わずら)わしさ。

役人たちはきっと、このように、わざわざオカネを出し、手
間ヒマをかけることなど、市民たちなら、みんな喜んでする
に違いないわい、ヒヒヒ……とでも思っているのでしょう
ね(笑)。

市民とは、「役人たちのためには」何でもしてくれるものな
んでしょう。

いまも、まるで江戸時代です。

             ★★★

実家に戻ったぼくは、最初、この方式を聞いたとき、本当に
驚きました。

「えええっ! ゴミ袋に名前なんかを書けば、各家庭の個人
情報が、役所に筒抜けじゃないの!」

そうじゃありませんか。

家に届いた手紙やDMなどには、みな住所や名前が書かれて
います。

そして、読んだ便箋なども、みなそのゴミ袋に入っています。

「お、山田サンとこの奥さん、娘さんたちといっしょに、舞
鶴からクルーズ船に乗って日本海を10日間ほど旅行してき
たようだぞ。
きっとカネ回りがいいんだろうなあ。よし、税金をがっぽり
取らなくっちゃあ(これ、あくまで一例です、一例、一例)」

……となりますよね。

でも、誰も、このゴミ袋に対して、反対しない。

いまや、電話も盗聴され、手紙などのゴミも、みな役所に分
かる社会なんですね。

             ★★★

こんな時代がまさかすぐにやってくるとは、ぼくも思ってい
ませんでした。

遠い遠い、昔の軍国社会。
あの「多喜二」が生きていたような暗い時代。

そのような時代など、21世紀にもなれば、そうそうはやっ
て来ないだろう。

みんな、心の中ではそう思っていたわけですね。

でも、何のことはない、今回のこの「新型コロナウイルス
と同じように、ある日突然、周囲では何も話すこともできな
くなり、仲間と会うこともできない。

そのような暗黒社会も、すぐにやってくるものなんです。

そして、いろいろな催し物さえみな中止になり、みんな口を
塞(ふさ)ぐ。

子どももそう。
明日への「希望の歌」を歌うこともできない。

今回のこの「新型コロナウイルス」とは、昔のような時代と
いうものは、ある日突然やってくるのものだということが、
よく身に染みる事件となりました。

             ★★★

きっと、ぼくの親の世代が若いときも、いまと同様の事態だ
ったのでしょうね。

大正デモクラシー」。

あの自由に浮かれていた親たちは、ある日突然、軍国主義
突入してしまいます。

そして、10代や20代の彼らは、学校に行くこともできず、
軍隊に引っ張られるわけですね。
女性たちは学校へ通うのじゃなく、みんな軍需工場へ通った
のです。

こうなると、もう、誰も叫ぶことができません。

いくら不都合な日常であったも、政府に反対することは、誰
にもできなくなるわけですね。

まあとにかく、ぼくがまったく知らない間に、いつの間にか、
このような方式が決まっていました。

             ★★★

そして、毎回、ゴミ袋をわざわざ買い求め、名前を書く欄に、
太いマジックで、丁寧に自分の名前を書いている。

ぼくにひと言の断りもなく、本当にけしからん(まあ、ふだ
ん故郷にいないぼくのほうも悪いのですが……)。

そのため、ぼくは実家に戻ったときはいつも、汚(きったな)
い文字でダダダダ……と、名前のような記号のような模様を
書いて、いまもゴミを出しております、はい(笑)。

しかも、手際(てぎわ)のいいことに、その地域のスーパーに
は、この大小いくつかの種類のゴミ袋が、「当然のような顔を
して」……棚に鎮座(ちんざ)しております(笑)。

役人たちは、自分たちの懐(ふところ)に入る利権は、けっし
てとりこぼすことはしません。

そうそう、それを作る業者との間には、本当に何もないのでし
ょうね、役人サン(笑)。

まあ、そのような事例を、ぼくは過去、いくつも知っていま
すので、今回のような「レジ袋」についても、「ちょっとば
かり」疑問を感じるわけです。

             ★★★

いずれにしても、「レジ袋」を「有料化」にするのか無料化
にするのか……という論議では、誰かが笑っているような気
がするわけですね。

ふふふ……また、お逢いしましょう
今日は、これまで。
お元気で!
                    (山田博士


★★「短縮版」読者のかたで、その日だけの「完全版」をご
  希望のかたは、下記からお申し込み下さい(1回分500
  円)。ただし、頻繁な場合は、人手の関係でお送りでき
  ないこともありますので、その点は、ご了承下さい。
      → https://ws.formzu.net/fgen/S75876861/

 

 

 


___________________________

【2】
    ★毎日、外国からもアクセスの多い電子書籍
     「社会の裏側!」全巻を、50%OFFで
         順番に提供いたします!

     (PDF版に作り替えて、送付します)

        全巻揃えるには、いい機会です。
 ぜひ、今回の案内をご活用下さい。そして保存して下さい。

___________________________


        今回は、【第11回目】

     下記の第21巻~第30巻の提供です。

        (合計10巻の全巻です)


21.社会の裏側!21……子どもの貧困は、「日本の未来」
  を左右する!

  ~社会へ巣立つ子どもに「数百万円もの借金」を背負わ
   せたいのか~
専用ブログ→ https://bit.ly/2rlm5fZ


22.社会の裏側!22……サプリメントのほとんどが、中国
  産になっていた! 

  ~「杜仲茶」には残留農薬、「ウコン」には発ガン物質、
   「イチョウの葉エキス」にはアレルギー……なんとも
   はや~
専用ブログ→ https://bit.ly/2JNtfBi


23.社会の裏側!23……食品の「製造所固有記号」の秘密。
  あなたにこの記号が読めるか!

  ~改めて問う。あの「冷凍食品農薬混入事件」への対応
   が遅れた理由。今後の大事件を防ぐために~
専用ブログ→ https://bit.ly/2JRRSwP


24.社会の裏側!24……ドライバーの「生活習慣病」と人
  身事故との関係! 

  ~突然の病気で運転できなくなった職業運転手の病名は、
   何だったか~
専用ブログ→ https://bit.ly/2FHlJWg


25.社会の裏側!25……武田薬品工業のニセ高血圧治療薬
  「ブロプレス」問題は、何を物語っているのか。その衝
  撃的背景!
  専用ブログ→ https://bit.ly/2rjcabU


26.社会の裏側!26……砂糖は「炭酸飲料1缶でアウト」
  というWHO指針の理由とは!

  ~ダイエット希望者のため、「脂肪の替わりに砂糖を使
   う」企業が増えている~
  専用ブログ→ https://bit.ly/2HRCjZt


27.社会の裏側!27……なんと「発達障害児」の急増に、
  「農薬」が関係していた!

  ~EUでは農薬の規制強化へ、日本ではトホホ……規制
   「緩和」へ~
  専用ブログ→ https://bit.ly/2JSkohX


28.社会の裏側!28……田中正造「真の文明は、山を荒ら
  さず、川を荒らさず、村を破らず、人を殺さざるべし!」

  ~明治政府にこう迫った彼。いま「真の大人」はどこへ
   消えたのか~
  専用ブログ→ https://bit.ly/2HPkjyU


29.社会の裏側!29……治験。ネットの求人欄で、「とく
  に日本人」を募集するアメリカでの実態! 

  ~日本人ばかりをかき集める「専門会社」が存在するとは。
   そしてそこに委託している製薬企業名とは~
  専用ブログ→ https://bit.ly/2HQzgk8


30.社会の裏側!30……「味噌」が、放射性物質を除去す
  るこの実験。世界の人に知らせたい!

  ~今後、これらの「微生物」たちの働きに注視すべきだ
   ろう~
  専用ブログ→ https://bit.ly/2HPj82m


(今回は、以上の合計10巻を、特別に「50%引き」で提
 供します。各ブログからではなく、下記の「お申し込みフ
 ォーム」からお願いします)

 

 

=========================

          ★特別価格★

   公開価格は@585円→ 今回は、@290円です

    全10巻ですので、2900円

=========================
 
       ★割引期間(5日間です!)★

     2020年3/25(水)~3/28(土)


 ★「社会の裏側!」第21~第30巻、特別お申し込みフォ
  ーム

 パソコン・スマホ用→ https://ws.formzu.net/fgen/S32881984/

 (折り返し、自動返信で、送金情報をお送りします。割引
  き期間を過ぎていれば、公開サイトをご利用下さい)

 

皆さんからのご連絡を、お待ちしています。
そして、ごいっしょにお歩き下さい。

お元気で。

 

 

 


             ★★★
             ★★★
             ★★★

 

★山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。

 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!

「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

___________________________

       ★発行/山田博士いのち研究所★
 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F

メルマガ案内    → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
「社会の裏側!」案内→ https://syakainouragawa234.blogspot.com/
メインHP     → http://yamadainochi.com/
事務局への連絡   → https://bit.ly/2DjSStg
___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。

★短縮版:3/25(水)◆そうそう、ぼくの実家の地域はね、ゴミ袋を買い求め、外側の所定欄に名前を書く必要があるんです……

 

 

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

     ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2020年03月25日(水)号

            No.3680

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2配信スタンドから合計
約5200部を発行(日曜は休刊です)。創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。

 

 

  〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~
      お役立て下さい。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 

   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi
(内容に即した写真も掲載しています!ぜひご覧下さい)

 

 

            ▼目次▼


【1】月曜日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べ
   た、山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワ
   ンショット:

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」が面白い!


【2】ご希望が多いため、外国からもアクセスの多い「社会
   の裏側!」の既巻を、なんと50%OFFで順番に提
   供します。
   全巻を揃えるには、いい機会です。
   すべてPDF版に制作し直して、提供します!

    → 今回は、【第11回目】第21巻~第30巻

   第21巻のタイトルは、
   『子どもの貧困は、「日本の未来」を左右する!』
   ~社会へ巣立つ子どもに「数百万円もの借金」を背
    負わせたいのか~……です。

 

 

 


___________________________

【1】

  ★下記の文章は、先日の月曜日の「完全版・メルマガ
   暮しの赤信号」で述べた、山田の電子本「社会の裏
   側!」未公開原稿の「一部分」です。

 本文は、「短縮版」読者のかたは初めての文章になります。

   それに、ぼくの「もぞもぞ独り言」が……面白い。
 
___________________________


      先日の……3/23(月)号のタイトル

             ★★★ 
 
     「レジ袋」の有料化に、ひと言もの申す!

 ~「レジ袋」をたとえ1枚200円にしても、解決には
  ほど遠いでしょう。有料や無料などとは別次元の問題
  じゃありませんか。人類の歩みかたの改善が必要です~


 (下記は、上記「完全版」原稿の、ホンの一部分です)


……

だって、「レジ袋」とはちょっと話は異なりますが、「ゴミ
袋」を使って、自治体は一儲けをしようとしていますからね。

そうじゃありませんか。

自治体専用のゴミ袋を指定していませんか。
そして、それを使わせることによって、なにがしかの利権を
得ている。

その袋を製作する企業への便宜や、そこになんらかの利権を
生む。
そこが、彼ら役人たちの天下り先になるかもしれませんしね。

でもそれらのオカネはすべて、彼ら役人たちの懐(ふとこ
ろ)から出たものじゃなく、ぼくたち市民の懐から血と汗と
涙で出て行ったものですよね。

そうした自治体専用のゴミ袋を作るために、カルシウムを入
れて、意味のない色分けをしたりしています。

そして、「自治体指定だ」……なんて笑わせないでほしい。

いま、いったい、江戸時代なのですか。

……


            (後略)


((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


そう言えばねえ。

ぼくの実家の地域は、ゴミ袋をわざわざ買い求めて、しかも
ご丁寧にも、その外側の所定欄に、太いマジックペンで自分
の名前を書く必要があるんです。

もちろん、名前だけじゃなく、その地域の「区名」もいっし
ょに、ね。

ぼくの家は玉前という地区なので、「玉前、山田」……と、
そのつど書かなくてはなりません。

まあ、この煩(わずら)わしさ。

役人たちはきっと、このように、わざわざオカネを出し、手
間ヒマをかけることなど、市民たちなら、みんな喜んでする
に違いないわい、ヒヒヒ……とでも思っているのでしょう
ね(笑)。

市民とは、「役人たちのためには」何でもしてくれるものな
んでしょう。

いまも、まるで江戸時代です。

             ★★★

実家に戻ったぼくは、最初、この方式を聞いたとき、本当に
驚きました。

「えええっ! ゴミ袋に名前なんかを書けば、各家庭の個人
情報が、役所に筒抜けじゃないの!」

そうじゃありませんか。

家に届いた手紙やDMなどには、みな住所や名前が書かれて
います。

そして、読んだ便箋なども、みなそのゴミ袋に入っています。

「お、山田サンとこの奥さん、娘さんたちといっしょに、舞
鶴からクルーズ船に乗って日本海を10日間ほど旅行してき
たようだぞ。
きっとカネ回りがいいんだろうなあ。よし、税金をがっぽり
取らなくっちゃあ(これ、あくまで一例です、一例、一例)」

……となりますよね。

でも、誰も、このゴミ袋に対して、反対しない。

いまや、電話も盗聴され、手紙などのゴミも、みな役所に分
かる社会なんですね。

             ★★★

こんな時代がまさかすぐにやってくるとは、ぼくも思ってい
ませんでした。

遠い遠い、昔の軍国社会。
あの「多喜二」が生きていたような暗い時代。

そのような時代など、21世紀にもなれば、そうそうはやっ
て来ないだろう。

みんな、心の中ではそう思っていたわけですね。

でも、何のことはない、今回のこの「新型コロナウイルス
と同じように、ある日突然、周囲では何も話すこともできな
くなり、仲間と会うこともできない。

そのような暗黒社会も、すぐにやってくるものなんです。

そして、いろいろな催し物さえみな中止になり、みんな口を
塞(ふさ)ぐ。

子どももそう。
明日への「希望の歌」を歌うこともできない。

今回のこの「新型コロナウイルス」とは、昔のような時代と
いうものは、ある日突然やってくるのものだということが、
よく身に染みる事件となりました。

             ★★★

きっと、ぼくの親の世代が若いときも、いまと同様の事態だ
ったのでしょうね。

大正デモクラシー」。

あの自由に浮かれていた親たちは、ある日突然、軍国主義
突入してしまいます。

そして、10代や20代の彼らは、学校に行くこともできず、
軍隊に引っ張られるわけですね。
女性たちは学校へ通うのじゃなく、みんな軍需工場へ通った
のです。

こうなると、もう、誰も叫ぶことができません。

いくら不都合な日常であったも、政府に反対することは、誰
にもできなくなるわけですね。

まあとにかく、ぼくがまったく知らない間に、いつの間にか、
このような方式が決まっていました。

             ★★★

そして、毎回、ゴミ袋をわざわざ買い求め、名前を書く欄に、
太いマジックで、丁寧に自分の名前を書いている。

ぼくにひと言の断りもなく、本当にけしからん(まあ、ふだ
ん故郷にいないぼくのほうも悪いのですが……)。

そのため、ぼくは実家に戻ったときはいつも、汚(きったな)
い文字でダダダダ……と、名前のような記号のような模様を
書いて、いまもゴミを出しております、はい(笑)。

しかも、手際(てぎわ)のいいことに、その地域のスーパーに
は、この大小いくつかの種類のゴミ袋が、「当然のような顔を
して」……棚に鎮座(ちんざ)しております(笑)。

役人たちは、自分たちの懐(ふところ)に入る利権は、けっし
てとりこぼすことはしません。

そうそう、それを作る業者との間には、本当に何もないのでし
ょうね、役人サン(笑)。

まあ、そのような事例を、ぼくは過去、いくつも知っていま
すので、今回のような「レジ袋」についても、「ちょっとば
かり」疑問を感じるわけです。

             ★★★

いずれにしても、「レジ袋」を「有料化」にするのか無料化
にするのか……という論議では、誰かが笑っているような気
がするわけですね。

ふふふ……また、お逢いしましょう
今日は、これまで。
お元気で!
                    (山田博士


★★「短縮版」読者のかたで、その日だけの「完全版」をご
  希望のかたは、下記からお申し込み下さい(1回分500
  円)。ただし、頻繁な場合は、人手の関係でお送りでき
  ないこともありますので、その点は、ご了承下さい。
      → https://ws.formzu.net/fgen/S75876861/

 

 

 


___________________________

【2】
    ★毎日、外国からもアクセスの多い電子書籍
     「社会の裏側!」全巻を、50%OFFで
         順番に提供いたします!

     (PDF版に作り替えて、送付します)

        全巻揃えるには、いい機会です。
 ぜひ、今回の案内をご活用下さい。そして保存して下さい。

___________________________


        今回は、【第11回目】

     下記の第21巻~第30巻の提供です。

        (合計10巻の全巻です)


21.社会の裏側!21……子どもの貧困は、「日本の未来」
  を左右する!

  ~社会へ巣立つ子どもに「数百万円もの借金」を背負わ
   せたいのか~
専用ブログ→ https://bit.ly/2rlm5fZ


22.社会の裏側!22……サプリメントのほとんどが、中国
  産になっていた! 

  ~「杜仲茶」には残留農薬、「ウコン」には発ガン物質、
   「イチョウの葉エキス」にはアレルギー……なんとも
   はや~
専用ブログ→ https://bit.ly/2JNtfBi


23.社会の裏側!23……食品の「製造所固有記号」の秘密。
  あなたにこの記号が読めるか!

  ~改めて問う。あの「冷凍食品農薬混入事件」への対応
   が遅れた理由。今後の大事件を防ぐために~
専用ブログ→ https://bit.ly/2JRRSwP


24.社会の裏側!24……ドライバーの「生活習慣病」と人
  身事故との関係! 

  ~突然の病気で運転できなくなった職業運転手の病名は、
   何だったか~
専用ブログ→ https://bit.ly/2FHlJWg


25.社会の裏側!25……武田薬品工業のニセ高血圧治療薬
  「ブロプレス」問題は、何を物語っているのか。その衝
  撃的背景!
  専用ブログ→ https://bit.ly/2rjcabU


26.社会の裏側!26……砂糖は「炭酸飲料1缶でアウト」
  というWHO指針の理由とは!

  ~ダイエット希望者のため、「脂肪の替わりに砂糖を使
   う」企業が増えている~
  専用ブログ→ https://bit.ly/2HRCjZt


27.社会の裏側!27……なんと「発達障害児」の急増に、
  「農薬」が関係していた!

  ~EUでは農薬の規制強化へ、日本ではトホホ……規制
   「緩和」へ~
  専用ブログ→ https://bit.ly/2JSkohX


28.社会の裏側!28……田中正造「真の文明は、山を荒ら
  さず、川を荒らさず、村を破らず、人を殺さざるべし!」

  ~明治政府にこう迫った彼。いま「真の大人」はどこへ
   消えたのか~
  専用ブログ→ https://bit.ly/2HPkjyU


29.社会の裏側!29……治験。ネットの求人欄で、「とく
  に日本人」を募集するアメリカでの実態! 

  ~日本人ばかりをかき集める「専門会社」が存在するとは。
   そしてそこに委託している製薬企業名とは~
  専用ブログ→ https://bit.ly/2HQzgk8


30.社会の裏側!30……「味噌」が、放射性物質を除去す
  るこの実験。世界の人に知らせたい!

  ~今後、これらの「微生物」たちの働きに注視すべきだ
   ろう~
  専用ブログ→ https://bit.ly/2HPj82m


(今回は、以上の合計10巻を、特別に「50%引き」で提
 供します。各ブログからではなく、下記の「お申し込みフ
 ォーム」からお願いします)

 

 

=========================

          ★特別価格★

   公開価格は@585円→ 今回は、@290円です

    全10巻ですので、2900円

=========================
 
       ★割引期間(5日間です!)★

     2020年3/25(水)~3/28(土)


 ★「社会の裏側!」第21~第30巻、特別お申し込みフォ
  ーム

 パソコン・スマホ用→ https://ws.formzu.net/fgen/S32881984/

 (折り返し、自動返信で、送金情報をお送りします。割引
  き期間を過ぎていれば、公開サイトをご利用下さい)

 

皆さんからのご連絡を、お待ちしています。
そして、ごいっしょにお歩き下さい。

お元気で。

 

 

 


             ★★★
             ★★★
             ★★★

 

★山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。

 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!

「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

___________________________

       ★発行/山田博士いのち研究所★
 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F

メルマガ案内    → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
「社会の裏側!」案内→ https://syakainouragawa234.blogspot.com/
メインHP     → http://yamadainochi.com/
事務局への連絡   → https://bit.ly/2DjSStg
___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。