短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:4/6(月)◆「5G通信用人工衛星」から発射される強力電磁波が、地上の全生物に、深刻な影響を与え始めています  

 

 

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

     ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2020年04月06日(月)号

            No.3690

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2配信スタンドから合計
約5200部を発行(日曜は休刊です)。創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。

 

 

      ~本誌は、「短縮版」の内容です~

【最近、「短縮版」が長くなってしまいました。そのため、
 今後は「短縮版」をもっと短くして、「完全版」と分ける
 ようにします。いずれにしても、お役に立てば嬉しい】

 

 

  ~先日、「YouTube放送」をスタートしました!~
(近々「第2弾」も公開しますのでお楽しみに)

     前回の第1弾を、まだ見ていらっしゃらな
     いかたは、まず下記をどうぞ。
     ま、お笑い下さい(イヤホンでどうぞ)。

   YouTube・第1弾→ https://youtu.be/EYTLXwrDc5s
(よかったらチャンネル登録なんかも……笑)

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。
空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 

   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi
  (原稿に関連した写真を載せていますので、どうぞ)

 

 

             ▼目次▼

【1】山田の電子本「社会の裏側!」の本邦初原稿です:

  (毎週「月曜日」を、どうぞお楽しみに! 読者のかた
   だけに、先に発表します。後日、概略などを付け、電
   子本として公開する予定です)


  「5G通信用人工衛星」から発射される強力電磁波が、
   地上のすべての生物に深刻な影響を与え始めている!


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集!ぜひどうぞ(先日の木曜日にご案内しました
   が、まだご覧になっていないかたのために、再度お
   載せします):

   ★『リニア新幹線計画に見る電磁波後進国ニッポン。
    暮らしの中でできる簡単な電磁波対策とは』
          (即実践・第17話)

    ~なぜ、ケータイ基地から200m以内の鳥の巣
     40%に、ヒナがいないのだろう!~

 

 

 


___________________________

【1】
    ▼山田の電子本「社会の裏側!」本邦初原稿▼

 (毎週「月曜日の早朝5時」を楽しみにしていて下さい)

後日、概略などを付けて、電子本として公開する予定ですが、
読者のかただけには、いち早く、こうしてご案内しています。
___________________________

 

【今回のタイトル】
           ↓ ↓ ↓

===========================

「5G通信用人工衛星」から発射される強力電磁波が、地上
   のすべての生物に深刻な影響を与え始めている!

 ~スイスのある州では、「5G電波基地」の許可を凍結
  しました。いま世界では、「5G」の危険性に気付
  き、多くの抗議運動が起こっています。日本では?~

===========================
 ★毎回、ただ単にタイトルの内容だけじゃなく、山田の
  思いを、各所で述べています。お役立に立つことを…。

 

           【目次】


★(第1章)

ただ、いまの世界で問題なのは、この「新型コロナウイルス
だけじゃないんです。それを、今回は、述べてみたいと思い
ました。こうした「実際のウイルス」だけじゃなく、目に見
えないほかの「ウイルス」。じつは、このほうが、もっともっ
と影響が深刻なんですね。それは……

★(第2章)

じつは、この「5G通信用人工衛星」が、「HAARP」と接続
して、「気象兵器」になるのだというわけですね。たとえば
「このスターリンク計画」というものは、「5G」ネットワ
ークの中にHAARPを接続し、そして気象をコントロールし、
監視と支配のための大きな陰謀の一部だとも……

★(第3章)

先述したように、この「5G通信用人工衛星」から発射され
る電磁波が、ぼくたちの棲むこの地球を取り巻いている「シ
ューマン波」というものを変化させるというわけですね。こ
れは、人間だけじゃなく、生きもの全体の脳波や生体リズム
に深く関係しているものだと考えられていますので……

★(第4章)

それは、先述しましたように、中国製「5G」が、いま主導
ですので、この通信インフラが完成しますと、中国の「全地
球支配」を達成することにつながるわけです。そう、いわば、
そうした「諜報インフラ」が、まさにこの「5G」の目的だ
ったというわけですね……


              ★
              ★
              ★


★(第1章)

ただ、いまの世界で問題なのは、この「新型コロナウイルス
だけじゃないんです。それを、今回は、述べてみたいと思い
ました。こうした「実際のウイルス」だけじゃなく、目に見
えないほかの「ウイルス」。じつは、このほうが、もっともっ
と影響が深刻なんですね。それは……

 

現在、「新型コロナウイルス」という妖怪(ようかい)が、
世界を大手を振って闊歩(かっぽ)しております。

その勢いは、まったく留(とど)まるところを知らず、どん
どんと、新たな国にまで拡散し続けています(2020/04/05現在)。

フランス政府は、2020年4月3日、この「新型コロナウイル
ス」肺炎のため、少なくとも1416人が「高齢者施設」で死亡
したと発表しました。

1000人以上のフランス人が死亡だなんて、もの凄(すご)い
衝撃的な数字です。

フランスの医療システムでは、公的高齢者施設は長い間、後
回しにされてきたそうですね。

まあ日本の状態もけっして褒(ほ)められたものではありま
せんが、欧州(アメリカも)でのこの「新型コロナウイルス
の広がりようは、とても尋常(じんじょう)ではありません。

先の大戦以来の、まさしく「第3次世界大戦」とでも言わな
くてはならないような様相なんですね。

まさしく、「世界戦争」。

そして、とうとうアフリカのエジプトにまで広がり、日本の
支援でちょうど建造中だった歴史に残るという博物館の工事
まで中止になったとか。

中国というたった一つの国が起こした、この重罪。

意図的かどうかは関係なく、研究所でわざわざ作らせた「人
工ウイルス」を全世界にばらまき、いまや本国より欧米や中
近東、アフリカなどの国々で、凄惨(せいさん)な影響を与
えているわけですね。

そして、とくに老人や小さな子どもという「弱者のいのち」
を奪い続けている。

全世界の多くの人たちの貴重ないのちを、どんどん奪い続け
るという、とんでもない行為をした中国。

それなのに、現在まで、この国の支配者からは、ただひと言
の詫(わ)びも謝罪もありません。
これは、いったいどういうことなのでしょうか。

逆に、その事実を発表した国内の学者を拘束し、この原因は、
外国の軍隊の仕業(しわざ)だなんて叫んでいる。

こんな恥ずかしい国がありますか。

どんな国も、どんな人も、誰だって、ミスは起こします。
人間なのですから、それは仕方ない。

その間違いに気付いたときに、どう対処するか。
そのときにこそ、その国やその人の価値が分かるわけですね。

なのに、この国の国民たちからも、反対運動さえ起こってい
ない。

まあ、もし起こっていたとしても、すぐに弾圧されているの
でしょうが、ネット社会のいまでさえ、ただの一つも、そう
いう話は世界に漏(も)れてきません。

そして、モノだけ製造して、世界に売っている。

それに、人類の健康を一番に守るべき●●は、いったい何を
しているのか(●●は、下記の設問をご覧下さい)。

このWHOは、なんと、そのときすぐに中国から大金を援助
してもらい、原因も何も言えず、世界をナントカなだめよう
と必死になって動き出す有り様。

本当に情けない。

一番真剣に動かなくてはならない国際機関が、このザマなん
ですね。
もう、何をか言わんやです。

多くのかたがいのちを絶たれているのに、ぼくは、涙が出ま
す。

でも、オカネで、世の中は何とでもなると考えている国があ
るとするなら、それはとんでもない話ですよね。

必ず、そのツケは自分に戻ってきます。
そう、必ず……。

もし、この「新型コロナウイルス」が少しでも落ち着いた日
が来るのなら、この中国という国を全世界で糾弾し、二度と
同じような事態が起こらないような強力な仕組みを構築すべ
きです。

いまは「中世」じゃありません。

人類がいままでにいろいろな知恵と体験で苦労して築いてき
た結果としての21世紀なのですから、今回のような悲しい
事態は、全世界の人たちで協力して、二度と起こすべきでは
ない。

そうでないと、毎年、より強い「新型コロナウイルス」が広
がり、人類みんなが「マスク姿」で動くことになってしまい
ます。

しかも、マスクごときで、この強力な「新型コロナウイルス
が防げるものではないんですね。

周囲の人たちを安心させるために、形だけマスクをしている
に過ぎないわけです。

しかも、これほど息苦しいマスクを鼻に付けていれば、逆に
体が不調になるかもしれませんし、外気の新鮮な酸素や、そ
れに紫外線も入りにくいですから、かえって、この「新型コ
ロナウイルス」に対する予防力が無くなるのではないか、と
も考えられます。

マスクを装着してみてご覧なさい。
この息苦しさは、何ですか。

カフェにいる女性店員さんの苦しんでいる顔など、ぼくは見
たくもありません(あ、もちろん男性店員さんも!)。

それに、子どもの大好きなぼくは、小さな子どもたちが小さ
なマスクをして不便そうに外を歩いている姿を見るほど、辛
(つら)いことはありません。

大人の一人として責任を感じ、ぼくのほうが、うつむいてし
まいます。

ただ、子どもの場合は、可愛い刺繍(ししゅう)などがして
あって楽しいのですが……。

「おや、坊や、それ可愛いね。おじさんにも貸して!」
……だなんて、いつものような呑気(のんき)な口調で言うこ
ともできませんし……(笑)。

ただ、いまの世界で問題なのは、この「新型コロナウイルス
だけじゃないんです。

それを、今回は、述べてみたいと思いました。

こうした「実際のウイルス」だけじゃなく、目に見えないほ
かの「ウイルス」。

じつは、このほうが、もっともっと影響が深刻なんですね。

そのあたりを、今回はぜひ、知ってほしいなと思いました。

それは何かと言いますと、以前にも述べたことがある「5G
(ファイブジー。第5世代移動通信システム)」のこと。

もちろん、これは、「実際のウイルス」ではありませんが、
これは、今回の「新型コロナウイルス」をしのぐ凄(すさ)
まじい影響を、地球上の生きものたちに与え続けることにな
ります。

そう、人類だけじゃなく、「地上に棲(す)む生きものすべ
て」に、です。

いま、全世界でこの「5G」に対する抗議活動が広がり始め
ました。

それなのに、誰への気兼ねなのか、自主規制なのか、日本の
マスコミたちは、なぜか口を固く閉じています。

読者の皆さんたちに、そのあたりを、前回に続いてさらにお
話ししておきたいなと思いました。

以前にも、この「5G」については述べたのですが、今回、
新たな問題として浮上したことは何かと言いますと……。

 

★(第2章)

じつは、この「5G通信用人工衛星」が、「HAARP」と接続
して、「気象兵器」になるのだというわけですね。たとえば
「このスターリンク計画」というものは、「5G」ネットワ
ークの中にHAARPを接続し、そして気象をコントロールし、
監視と支配のための大きな陰謀の一部だとも……

 

「5G(ファイブジー)通信用人工衛星」……というものが
あります。

そう、地球の周囲を回る人工衛星です。

この「5G通信用人工衛星」から発せられる強力な電磁波が、
地球に棲(す)むあらゆる生きものに対して、じつに深刻な
影響を与えていることが、このほど分かりました。

そう、人間だけじゃなく、「あらゆる生きもの」に対して、
なんですね。

こんな悲しいことって、ありですか。

自分のことしか考えない人間たちに、それでも優しく寄り添
っていっしょに暮らしてくれているほかの生きものたちが、
この「5G」のために……悲しい目にあう。

ぼくは、とても許せません。

このようなことを考えますと、今回のこの「新型コロナウイ
ルス」どころの騒ぎじゃなくなります。

だって、地上のあらゆる生きものたちに影響を与えますから
ね。

つまり、この「5G通信用人工衛星」から発射される電磁波
が、ぼくたちの棲むこの地球を取り巻いている「シューマン
波」というものを変化させるわけですね。

この「シューマン波」とは、人間だけじゃなく、生きもの全
体の脳波や生体リズムに深く関係しているものだと考えられて
いるんです。

まだまだ詳しいことは分かりませんが、でも、これが壊(こ
わ)れたら、いったいどうなるのか。

地球を出ることのできないぼくたちには、もう逃げる場所が
ありません。

だって、人工衛星から発射される「5G」専用の電磁波なん
て、どこに隠れても防ぎようがありませんから。

世界は、いつの間にか、このような事態にまでなってしまい
ました。

まさしく、神を冒涜(ぼうとく)するような行為を、人間は
一つずつ犯しているわけです。

これは、「遺組み」(遺伝子組み換え)もそうでしたし、「環ホ
ル」(環境ホルモン)についても、そうでした。

まさしく、神を冒涜する……。

自然は、よく人間の行為を見ています。
そして、必ず人間たちを懲(こ)らしめようとします。
少しでも、早く気付くようにと……。

ぼくたちが、自分だけの利益のために、そして、世界を制覇
(せいは)するんだとか、そういう狂気の野望のために、こ
うした技術を用いれば、それは必ず自分に戻ってくるのだと
いうこと。

そうした現実を、もう人類は知るべきなんです。

ぼくたちには、自然には勝つことができない。

このことが分かったため、いま全世界で、この「5G」に対
する抗議の波が広がることになりました。

こうした「5G通信用人工衛星」による影響が世間に知られ
るようになったコトの発端は、アメリカ人の研究者であるア
ーサー・ファーステンバーグさん。

彼がおっしゃるには、この「5G」の問題点は、まずは人間
を監視する技術であること。

そして次に、先述したように、地上に棲むすべての生きもの
の存在を壊すものだということ。

こうしたことのために、世界はいま大きな反対と抗議のうね
りが続いているのですが(日本は、なぜか静かです)、一つ
目に関して言いますと……。

じつは、この「5G」が、「HAARP」と接続して、「気象兵
器」になるのだというわけですね。

ちなみに、この「HAARP」とは、ハープ、つまり、高周波
活性オーロラ調査プログラム……のことなんです。

それだけ聞くと、なんじゃらほい……の世界ですよね。

じつは「5G」は、その「HAARP」と接続して、気象を
コントロールする「兵器」なんだ……ということなんです。

そして、世界中の人々を監視・支配する技術なんだというこ
となんですね(出所:イギリスの「Daily Star」2020年2月9
日)。

このような技術がまことしやかに、ぼくたちの知らない世界
で進んでいる。

そして、とくに注目されているのが、アメリカの「Space X」
社の「スターリンク計画」。

このために、地球を周回するスターリンク衛星が3~4万機
打ち上げられ、地球をすっぽり包むようなネットワークを展
開する予定だとか。

そのため、「現代の戦争やテロ」を扱っているカナダのオル
タナティブメディア「Global Research」のエディター、マキ
ア・フリーマンさんは、こうも言っています。

「このスターリンク計画は、5Gネットワークの中にHAARP
を接続し、そして気象をコントロールするだけでなく、監
視と支配のためのより大きな陰謀の一部である」……とね。

う~むむむ、陰謀ねえ。

なんとも凄まじい現実が進んでいるわけですね。

これでは、今後の気象でさえ、一部の人間たちに操作され、
人々は食糧生産などで悲惨な目にあうことは間違いないこと
でしょう。

もちろん……(省略)。

 


             ★★★
             ★★★
             ★★★

(「短縮版」のメルマガでは、このあたりを省略しています。
 でも少しでも皆さんにお役に立てば嬉しく思います)

             ★★★
             ★★★
             ★★★

 


社会とは、もろいものです。

自分がいかに「そんなことにはなるまい」と思っていても、
過去のぼくたちの親の世代のように、学校の教室から突然、
男は軍隊へ、女は工場へ……と引っ張られることになるわ
けですね。

勉強など、できません。

今回の「新型コロナウイルス」だって、昔の戦争だって、状
況は同じ。
政府や自治体がそう叫べば、みんなが右に従うわけです。

国民に有無(うむ)を言わせないんですね。
権力とは、そういうものです。

だから、少しでもそのような兆候があるときに、みんなで団
結して本当の社会を作るべく、動くべきものなんです。
少しの兆候でも……。

なに、難しいことではありません。

ぼくのように、心臓に少し(かなり?)毛が生えたようなた
くましい心と、強靱(きょうじん)な体、それに、いつも周
囲をクスリと笑わせるような素敵なユーモア精神があれば、
もう大丈夫(笑)。

さあ、皆さんも、ぼくといっしょに、お手を……。

え?

新型コロナウイルス」が広まっているから、山田サンの手
に触(ふ)れるのは、イヤだって?

う~むむむ。

ハハハ……。それじゃまた次回ね。ご機嫌よう。(山田博士

 


           ▼設問です▼


設問→ 上記の文章を読み、下記の●●にあてはまるものを、
    選択語句から選んでみよ。ただし2文字とは限らな
    い。

 「それに、人類の健康を一番に守るべき●●は、いったい
  何をしているのか」

     【選択語句→ WTO世界貿易機関)、
            WHO(世界保健機関)、
WFP(世界食糧計画)】

 
            ■答え■

 下記のとおりです。でも、先に答えを見てはいけません。
 本文を再度ご覧になり、十分想像してから答えをご覧下さ
 い。その繰り返しが、あなたの明日を輝かせることになる
 と思っています。
        答え→ WHO(世界保健機関


★★「短縮版」読者のかたで、その日だけの「完全版」をご
  希望のかたは、下記からお申し込み下さい(1回分500
  円)。ただし、頻繁な場合は、人手の関係でお送りでき
  ないこともありますので、その点は、ご了承下さい。
      → https://ws.formzu.net/fgen/S75876861/

 

 

 


___________________________

【2】
   あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集! ぜひどうぞ。

 ~先日の木曜日にご案内しましたが、まだご覧になって
    いないかたのために、再度お載せしました~

___________________________

 

  先日の「木曜日」に案内したのは、下記の作品です。
          ↓  ↓  ↓
======================

    ★『リニア新幹線計画に見る電磁波後進国ニッポン。
      暮らしの中でできる簡単な電磁波対策とは』

  ~なぜ、ケータイ基地から200m以内の鳥の巣40%に、
          ヒナがいないのだろう!~
           (即実践・第17話)

詳しくは、公開専用ブログをご覧下さい→ https://goo.gl/2q9P1C

           公開価格→ 2917円

(ただし、下記の期間中は割り引いています。どうぞご利用下さい!)

  ======================


           ★お求め方法★

     割引期間内は、割引価格でOKです。どうぞ!

    ★『リニア新幹線計画に見る電磁波後進国ニッポン。
      暮らしの中でできる簡単な電磁波対策とは』
           (即実践・第17話)


★割引期間は、値引いております。

    「短縮版」読者割引価格→ 2317円
「完全版」読者割引価格→ 2217円

 ★割引期間→ 2020年4月6日(月)23:59まで
(本日までです。期間外は、「専用ブログ」からお願いします)

 ★割引期間でのお求め方法:

  当事務局まで、お問い合わせ下さい。追って、送金情報を
  お送りします。事務局→ https://bit.ly/2DjSStg

   メッセージ欄に……4/2号を見ました。即17話を希望
   します……とご記入下さい。「短縮版」読者か「完全版」
   読者かもお知らせ下さい。

   スマホの場合は、必ず、パソコンからのメール受信拒否を
   いますぐに解除しておいて下さい。でないと、メールが届
   きません。
   割引期間以外は、公開ブログから、お願いします。

  ご連絡、お待ちしています。

  お元気で。

 

 

 


             ★★★
             ★★★
             ★★★

 

★山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。

 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!

「メルマガ専用ブログ」
     → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

___________________________

       ★発行/山田博士いのち研究所★
 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F

メルマガ案内    → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
「社会の裏側!」案内→ https://syakainouragawa234.blogspot.com/
メインHP     → http://yamadainochi.com/
事務局への連絡   → https://bit.ly/2DjSStg
___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。