短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:8/13(木)◆この農薬のために、水田に、ミミズやカエル、それに水鳥(みずとり)たちがいなくなるのはイヤだなあ。もちろんミツバチも……

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

     ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

     ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2020年08月13日(木)号

            No.3801

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2配信スタンドから合計
約5200部を発行(日曜は休刊です)。創刊日は2004/10/5。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。




         ★再度のお知らせ★

   ~「まぐまぐ!」から、本誌の「独自配信」に
        移動して来られたかたへ~


     本誌「独自配信」へのご移動、なんともお
     疲れさまでした(笑)。

     まあ、世の中、いろいろなことが起こりま
     す。

     なぜひと言も連絡なしに、突然本誌を「休
     刊扱い」にしたのかの問い合わせを、「まぐ
     まぐ!」にしておりますが、今日現在、何
     も返事がありません。

     そのため、今後は、こちらからの「独自配
     信」だけで発行して行こうと思っています。

     こちらへ移動されたかたには、すでに本誌
     がいままでどおり届いていると思います。

     また、いままでご覧になれなかった既刊の
     「短縮版」については、本誌専用ブログを
     ご覧下さい。

     このブログには、ぼくの時間ができたとき
     だけ、ナントカ載せております。

     そのため、載せていないものもたまにはあ
     るようですが、既刊号を、ぜひご覧下さい。

     ★メルマガ専用ブログ(既刊案内)
      → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

     猛暑にめげず、今後とも、メルマガを、ど
     うぞお楽しみ下さい。

     なお、昨日(8/12。午前9:00)には、「新型
     コロナウイルス」についての「特別号外」
     も発信しています。これは役立ちますぞ。
     しかと……ご覧下さい(笑)。





 〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~
     お役立て下さい。





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。





   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi
(内容に即した写真も掲載しています!ぜひご覧下さい)





            ▼目次▼


【1】月曜日の「完全版・メルマガ暮しの赤信号」で述べ
   た、山田の電子本「社会の裏側!」未公開原稿のワ
   ンショット:

   それと、ぼくの「もぞもぞ独り言」が面白い!


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士
   品集(毎週、火水木に掲載! ぜひどうぞ):

   ■予防接種、この種類だけは接種してはいけない!
(即実践・第25話)

    ~子どもだけじゃなく、65歳以上に公費助成さ
     れた「肺炎球菌ワクチン」。その添付文書にあ
     る凄まじい副作用の内容をご存じか~








___________________________

【1】

  ★下記の文章は、先日の月曜日の「完全版・メルマガ
   暮しの赤信号」で述べた、山田の電子本「社会の裏
   側!」未公開原稿の「一部分」です。

___________________________


        8/10(月)号のタイトル

             ★★★ 
 
 ドローンによる「農薬空中散布」が、届け出不要と
     なり、簡単に扱えるようになりました!

 ~そのため、散布業界は、今後、無人ヘリからドローン
  に切り替え、大量散布機種の開発を進める意向です。
  農薬まみれの米や野菜が広がる懸念が強まりました~


 (下記は、上記「完全版」原稿の、ホンの一部分です)


……

でも、じつは……こうした「ネオニコチノイド系」農薬など
を使わなくても、この斑点米を除去する方法があるんです。

つまり、「ネオニコチノイド系」農薬など使わないでも、も
し斑点米などが米に混ざっていたとしても、いい方法がある
というわけですね。

どういことかと言いますと、その答えは……。

そう、つまり、こうした「ネオニコチノイド系」農薬など使
わないでも、もし斑点米などが米に混ざっていても、精米工
場で除去しているからなんです。

精米工場では、「色彩識別機(しきさいしきべつき)」という
ものを使います。

そして、この斑点米だけじゃなく、そのほかのもろもろの異
物を取り除いているわけですね。

まあ、考えてみれば、そんなこと、当然ですよね。

汚れたものとか、ゴミが入っているものなどは、当然除去し
ます。

だって、商品なんですから。

これは米だけじゃなくても、みな同様です。
お金をいただく「商品」なのですから、みんな真剣に異物は
取り除くのじゃありませんか。

……


            (後略)


((((下記は、山田の「もぞもぞ独り言」))))


上記で述べたことが分かりますと、「な、なんじゃこりゃ」
……という思いになりますよね。

なりませんか。

農薬など撒(ま)かなくても、斑点米(はんてんまい)を取
り除くことができる。

だけど、農水省は、ドローンをもっと使って、農薬が簡単に
撒(ま)けるようにと、わざわざ「ガイドライン」まで出し
ている。

そして、無人ヘリとドローンを区別させてしまいました。

つまり、ドローンを使うには「届けなどしなくていいよ、ど
うぞ、どうぞ」……と、したわけですね(笑)。

これでは、今後、無人ヘリなどより、このドローンを使った
「農薬空中散布」が全国に拡大するいっぽうじゃありません
か。

             ★★★

どうして同省は、これほど農薬メーカーに対して「親切」な
んですかね。

ぼくには、分かりません(いや、分かりますけど。笑)。

そして、この水稲(すいとう)に撒かれる農薬の多くが、い
ま世界でも問題になっている「ネオニコチノイド系」なんで
すね。

ぼくがいま一番心配しているものです。

この農薬のために、水田には、ミミズやカエル、それに水鳥
(みずとり)たちがいなくなります。

それにミツバチも……。

この「ネオニコチノイド系」農薬は、いままで多く使われて
いた有機リン系とは大きく異なっているんですね。

             ★★★

だって、いままで主に使われていた強毒性の「有機リン系
農薬と違い、この「ネオニコチノイド系」は、自然が元に戻
りません。

まあ、「有機リン系」もそのあたりの心配はありますが、そ
れよりもっと自然を壊すのが、この「ネオニコチノイド系」
なんです。

そしてミツバチたちがいなくなると、今度は、多くの野菜が
育たなくなります。

これは大変なこと。

しかも、この「ネオニコチノイド系」農薬が、子どもの脳の
発達に大きな影響があることも分かりました。

ほかでもない、日本人がそれを初めて突き止めたんですね。

2012年、黒田純子さん(その後退職されていますが、当
時は「東京都医学総合研究所」に在籍)でした。

             ★★★

なにしろ、ラット(ネズミ)の小脳の培養(ばいよう)細胞
に、この「ネオニコチノイド」を添加したわけです。

そうしましたら、神経細胞の興奮作用で、ニコチン性受容体
を通る「Ca++ イオン」の流入を増加させることが分かっ
たわけですね。

つまり、この「Ca++イオン」が入ってくることによって、
脳にあるシナプスを調節したりするわけですから、これが、
脳の発達に異常をきたす原因となるわけ。

納得ですよね。

つまり、最近増加している「発達障害」などへの影響が、世
界的にも大問題になってきたわけです。

これほど、この「ネオニコチノイド系」が、脳へ影響を与え
ていた……。

             ★★★

そして、この事実こそが、その後、ヨーロッパ各国での「ネ
オニコチノイド系」規制につながったわけですね。

でも、一人、日本では、その方向と逆に向かっているようで
す……。

悲しいことです。

さて、今回は、このあたりで……。

ネオニコチノイド系」についての詳しいことは、ぼくの電
子本「社会の裏側!」で、詳しくご覧下さい。

「社会の裏側!」の頁で、キィワードを入れて検索すれば、
すぐに見つかると思いますよ。
一度、試(ため)してみて下さい。

ふふふ……また、お逢いしましょう
今日は、これまで。
お元気で!
                    (山田博士


★★「短縮版」読者のかたで、その日だけの「完全版」をご
  希望のかたは、下記からお申し込み下さい(1回分500
  円)。ただし、頻繁な場合は、人手の関係でお送りでき
  ないこともありますので、その点は、ご了承下さい。
      → https://ws.formzu.net/fgen/S75876861/








___________________________

【2】
  あなたや、あなたの家族を、山田が命懸けで救います!
 
          ★山田博士作品集★
 
 より深く、より正確に、より楽しく、メルマガの内容を
 お知らせしたいため、ぼくの作品を、毎回この欄でご案内
 しています。
 
___________________________

 毎週「火水木」に、山田の作品をこの欄で掲載します。
 お楽しみに!
 

  今回は、下記の作品です。
            ↓  ↓  ↓
 =======================

  ★予防接種、この種類だけは接種してはいけない!★

~子どもだけじゃなく、65歳以上に公費助成された「肺炎
 球菌ワクチン」。その添付文書にある凄まじい副作用の内容
 をご存じか~

  (「いのち運転“即実践”マニュアル」第25話)
=======================

     第25話、公開頁→ https://bit.ly/2AspaRc


(いま、世界中が、「新型コロナウイルス」で騒いでいますが、
 けっして近視眼(きんしがん)的にはとらえず、本当に人
 間にとって大切なことを、いつも考えるようになさって下
 さい。今回の下記の作品も同様です。そのつもりでお読み
 下さい。きっとあとでお役に立てます)



山田博士です。

いま65歳以上のかた、ちょっと手を挙げて下さいな。

おや、あなたも、こなたも、そなたも、そこのポチ君も片足
を……(笑)。

今回の作品は、そのようなかたには、とても気になる内容です。

もちろん、もっともっと「小さな子どもさんがいらっしゃる
ご家庭」も同様ですので、その親御さんたち、どうぞ、この際、
真実をご覧下さい。

下記が目次です。





___________________________

  ~目次~
___________________________



★はしがき

★(第1章)

はたして、65歳以上の「肺炎球菌ワクチン」は、本当に必
要なのでしょうか。役所から、その案内が全員に届いている
と思います。初めてこんなものを見て、驚いていらっしゃる
かたもいるのでは……

★(第2章)

「肺炎球菌ワクチン」の副作用は、いやあ、凄いものですね。
添付文書によりますと、30%~50%は発熱するとなって
います。2人や3人に1人とは……こうなれば、もはや発熱
させるためにこのワクチンを接種するようなもの。なぜこん
なものを、日本の政府は認めるのか……

★(第3章)

日本では、このところ、どんどん予防接種の種類が増えてい
ますが、なぜだと思います?公的医療保険が整備されていな
アメリカの真似をしているからなんですね。副作用を考え
れば、これの予防接種以外は、接種するのをお止め下さい。
その名前とは……

★(第4章)

つまり、インフルエンザ・ワクチンを受けないほうが健康的
だったという驚くべき研究報告もあります。この研究では、
子どもに定期的にワクチンを受けさせると、インフルエンザ
と闘う免疫システムの重要な部分が悪化していることが判明
した、と言うわけですね……

★(第5章)

それに、子どもは、ある程度、病気にさせたぐらいがいい…
…という考えも持つようにされるといいでしょうね。周囲を、
何でもかでも「抗菌グッズ」などで固めるより、自然の中で
大いに駆けめぐり、少しぐらいの細菌やウイルスなどに触れ
ているぐらいのほうが、かえって大きな病気を防ぐことにも
つながりますぞ……





___________________________

 ★お申し込みは★

~ご希望のかたは、下記からどうぞ!~
___________________________



   「いのち運転“即実践”マニュアル」第25話
   =====================

     「短縮版」読者価格→ 2425円

      「完全版」読者価格→ 1925円

   =====================
(専用ブログでの公開価格は、2925円となっています)

     第25話、公開頁→ https://bit.ly/2AspaRc


           割引提供期間
            ↓ ↓ ↓
===============
        8/13(木)~8/17(月)
===============


  ★第25話のお申し込みは、事務局までご連絡下さい。

       事務局→ https://bit.ly/2DjSStg

(メッセージ欄に、「8/13号を見ました。第25話を希望
 します」と、ご記入下さい。送金情報などをお送りします。
 スマホなどからの場合は、必ずパソコンからの受信拒否設
 定を解除なさっておいて下さい。そうでないと、こちらか
 らの連絡が届きません。お願いします)

    割引期間以外は、「公開頁」からお求め下さい。


この作品が、あなたと、あなたのご家族をよりハッピーにさ
せることになれば幸いです。

お元気で。







             ★★★
             ★★★
             ★★★

★山田の電子本については、下記をご覧下さい。

 多数ありますので、ご自分の関心のある「キィワード」を、
 頁の検索欄に入れてみて下さい。ヒットすると思います。
 (例)→ スマートメーター 電磁波 スマホ など。

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/


★山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下
 さい。右側に並んでおります。

 メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無
 料号外などを配信いたします。どうぞお楽しみに!

「短縮版」のメルマガ専用ブログ
           → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





___________________________

       ★発行/山田博士いのち研究所★
 105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メルマガ専用ブログ  → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
事務局への連絡    → https://bit.ly/2DjSStg
___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。