短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:12/26(土)◆読者への返信:コロナの年末です。歌「帰らんちゃよか」……でも聴きながら、故郷を思って下さい  

 


〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■


ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容
は同じです~
どうぞ、お役立て下さい。

2020年12月26日(土)号
No.3917

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2つの
配信スタンドから合計約5200部を発行。
(日曜のみ休刊)

創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、無関係ですのでご留意下さい。


〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著者
で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。
食べものだけでなく、人としての生きかた
を考えます。なんともユーモラスな文体が
人気のようで……。

 

 

★お知らせ★

「帰らんちゃよか」
歌: 島津亜矢

~今年は、年末年始に故郷に帰省できない
かたも多いことだと思います。

お忙しいでしょうが、この歌を、ちょっと
聴いてみて下さいな~


ある男性の話です。

彼の実家に招いた、アフリカ系アメリカ人
の男性留学生が号泣したのは、この歌を
聴いて、故郷を思い出したからでした。

どこの国の人も、親や故郷を思う心は、
いっしょなんですね。

故郷のあるかたもないかたも、親がいる
かたもいないかたも、ぜひ、ぼくといっ
しょに、お聴き下さい。

「帰らんちゃよか」
歌; 島津亜矢

https://www.youtube.com/watch?v=DWfHs12pkzY
(音が飛び出しますので、当初の音量に
ご留意下さい。)

 

 


〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容
は同じです~
どうぞ、お役立て下さい。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙
をストップさせたい。

空をのんびりと旅する雲たちを眺めながら、
ぼくはいつもその方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度
変え、家族を変え、文明を変え、歴史を
変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 

◆よかったら、「いいね!」をお願いします

下記は、「フェイスブック」です。
もしよろしければ、「シェア」や「いい
ね!」をポチッしていただけませんか。

あなたの小さな行動が、人類を大きく救い
ます。
いま足元にある大地は、世界中につなが
っています。

→ http://www.facebook.com/yamada.inochi
(内容に即した写真も載せています)

 

 


▼本日の目次▼


【1】

読者への「おとぼけ返信!」:

(この欄は、毎週、「土曜日」に掲載して
います。
読者からの声を「ダシ」にして、山田の思い
を自由奔放にお話ししています。

毎回、どうぞお楽しみに!)


■No.1690

大本営発表”だらけの中にあって、
ぶれない情報発信は貴重です……

(S.T、千葉県千葉市、男性、67歳、
派遣社員

 

【2】

あなたやあなたの家族を命懸けで救う、
山田博士作品集!ぜひどうぞ:

(先日の水曜日にご案内しましたが、まだ
ご覧になっていないかたのために、
再度お載せします)

★「毎朝10分、目を良くし、心も頭も
内臓も柔軟にする山田式ストレッチ
方法!」
(第12話)

 

 

 


__________________


【1】

▼読者への「おとぼけ返信」▼

毎週、この欄は「土曜日」に掲載して
います。
読者からの声をダシにして、山田の思いを
自由奔放にお話ししています(笑)。

毎回、どうぞお楽しみに!


__________________


注:個人のお名前はイニシャルにし、
個人情報などは割愛しました。

文体はそのままですので、統一して
いません。
読者の体温をそのままお楽しみ下さい。

年齢や職業などは、いただいたときのまま
です。

【なお、イニシャルは、姓と名の順】

(例)美空ひばり→M.H

 


------------------


■No.1690

大本営発表”だらけの中にあって、
ぶれない情報発信は貴重です……


------------------

(S.T、千葉県千葉市、男性、67歳、
派遣社員

 

大本営発表”だらけの中にあって、ぶれ
ない情報発信は貴重です。

 

■山田からのお返事■

 

Sさん、こんにちは。
山田博士です。

お元気でしょうか。

いつも、メルマガをご覧いただき、喜んで
おります。

大本営発表」……本当に、そうですよね。

ぼくは、戦前の軍国時代に為された、あの
「大本 営発表」だけじゃなく、戦後にも、
これと同じような性格の「大本営発表」が、
さまざまな部分で仕組まれていたんだなと、
いま、思っています。

マスコミや、ぼくたちが受けてきた教育の
分野で、それと同じようなことがされて
いれば、国民は、自分では知らない間に、
その「大本営発表」を信じてしまいます
よね。

いつもぼくは、このメルマガで述べて
おりますが、とくに最近のマスコミの行動
は、顕著です。

★★★

もうご存じのように、戦後を生きてきた
ぼくたちは、真実の情報から、なんとも
上手に目を逸(そ)らされ続けて
きました。

ぼくの若いころは、「進歩的」……という
言葉は、、そのままの意味だと大きな誤解
をしていたんです。

だって、美しい言葉じゃありませんか。

誰だって、「後ろ向き」より、「進歩的」なほ
うがいいに、決まっています。

とくに、若いときは、誰でもそう。

一歩でも「進歩する」ことこそ、ぼくたちの
義務であると、思っていますよね。

★★★

ところが、その「言葉の裏側」には、さま
ざまな思惑があったのです。

簡単に言えば、下記のとおり。

欧米以上の優れた文化、文明を持った日本、
そして日本人を、ナントカ「骨抜き」に
すること。

これが目的でした。

そして、彼らたちがしてきた植民地政策
や原爆投下などという戦争犯罪を隠す
ために、「日本だけが悪者だ」という思い
を、日本人たちに、どうしても染みこ
ませる必要があったのです。

そういうことを、アメリカや中国、朝鮮
たちは、仕組んだわけですね。

そう、学校教育やマスコミなどを通じて。

ぼくたちは、戦中の軍部があまりにも愚
(おろ)かな行為をしたため、それらを
否定しているつもりが、いつの間にか、
気が付けば、彼ら「戦勝国の側に立った
論理」を、平気で進めていたわけです。

それこそが「進歩的である」……という
ことで、ね。

★★★

でも、違っていた。

アメリカや中国たちの思惑が、その背後
には隠されていたわけです。

それらを、全国民に推進するためには、
当時の教育のチカラは絶大でした。

いままで鬼畜米英(きちくべいえい)だ
ったのが、一夜にして親米、親英になった
わけですから(笑)。

なにしろ、戦争に負けた当時の大人たちは、
それまでの教育方針を、一夜で変更した
わけなんですね。

想像してみて下さい。

同じ教師(同じ人物)が、昨日とはまったく
異なったことを教室で平気で話すわけです。

そういう教育を受けた子どもたちの身にも
なってみて下さい。

これでは、大人や社会も信じられなくなり
ます。

そして、当時、「与えられた情報」の中
だけで、ぼくたちは行動していたわけ
ですね。

進歩的だと信じて……。


★★★

そして、日本が持っていた、素晴らしい伝統
や文化、食べものまでも全否定し、「戦勝国
の言いなりになってしまったのです。

日本だけが悪い。
日本だけが悪い。
日本だけが悪い。

だけど、あの大戦中、もし日本が存在しな
ければ、いまだに、アジアの多くの国は、
欧米列強の植民地のままでしょう。

でも、自分たちの罪を何一つ認めずに、戦勝
国たちが犯した戦争犯罪を隠すため、一人、
日本だけに、戦争の罪を負わせたわけですね。

その上に、中国や朝鮮も乗っかって、日本の
国内に深く深く、彼らの思想を浸透させま
した。

★★★

そして、いまの日本社会では、まさに、
そうしたマスコミや政界の影響が色濃く
出た結果が、あちらこちらで、噴出(ふ
んしゅつ)しております。

いま、アメリカでまさに進んでいる「アメ
リカ大統領選挙」。

これも、じつは、そのような影響を、今度
は、アメリカの国民自身が受けているわけ
ですね。

戦勝国アメリカが、今度は外国からの影
響を受けている。

オカネのチカラはものすごいものです。
いかに政府の高官でも、グラリ……となり
ますからね(笑)。

外国からの圧力で、本当の民主主義が消滅
するのか。
あるいは、昔のような時代に戻るのか。

★★★

まさに、いまが、その闘いの真っ最中なん
ですね。

そして、アメリカのマスメディアも、いまの
日本とまったく同じです。

ある闇(やみ)の勢力のために、事実を
事実と報道できない。

今回のこの「アメリカ大統領選挙」の結果
は、どう転(ころ)ぶにしても、今後の
日本のありかたに、大きく影響を与える
ことでしょうね。

けっして、アメリカ国内だけの問題じゃ
ない。

その意味で、ぼくはいま、刻々と変化する、
それらの動きに毎日、注視しております。

いずれにしても、NHKを始めとした日本
のマスコミは、まったく真実を報道しなく
なりました。

まさに、「大本営発表」だけを、毎日垂
(た)れ流すだけの組織に変貌したわけ
です。

自分で、生(なま)の声を集めようと
しないわけですね。

外国からの通信をそのまま報じるだけ。

★★★

その意味でも、ぼくは、さまざまな身の回
りの問題を、ナントカ詳しく、楽しく、し
かも簡単に、読者の皆さんに提供して行き
たいなと思っています。

どうか、これらの内容を、皆さんのそばに
いらっしゃる親しいかたにお話しして、
ぜひ広げて下さい。

予言します。

今年の1年は、この「新型コロナウイルス
の事態で終わってしまいそうですが、来年
は、ますます真実が隠されて行くような
流れになります。

いままでとは異なった行動が、ぼくたちに
求められることになります。

いままでの既成の勢力は壊(こわ)れ、
新たな動きが、世界各国で起こってくる
ことでしょう。

その動きの一つが、この「アメリカ大統領
選挙」の行方(ゆくえ)です。

★★★

Sさん、こういう社会の中で、今後とも、
どうぞ、メルマガをお楽しみ下さい。

お元気でね。

 

 

 


__________________


【2】

あなたやあなたの家族を命懸けで救う、
山田博士作品集!
ぜひどうぞ。

~先日の水曜日にご案内しましたが、まだ
ご覧になっていないかたのために、再度
お載せしました~

__________________

 


先日の「水曜日」に案内したのは、
下記の作品です。


===================


★「毎朝10分、目を良くし、心も頭も
内臓も柔軟にする山田式ストレッチ方法!」

(「いのち運転“即実践”マニュアル」
第12話です)

ぼくが数十年も続けている門外不出の簡単
ストレッチ。
この効果抜群の方法を会得すれば、あなた
の人生は輝くだろう

===================

これは、あなたが山田博士(ひろし)に
なる方法……かも(笑)。


第12話の「専用頁」→ https://goo.gl/PAF7kH

 

★★★


皆さん、「2025年問題」って、ご存じ
ですよね。
先日も、お話ししました……。

まもなく、ぼくたちの目の前に、「2025年
問題」が迫って来ております。

これ、先日もお話ししましたが、再度、
述べます。

なぜなら、そのころ、今回述べているような
「問題」が、日本各地で大騒ぎになっている
はずだからです。
間違いありません。

なぜなら……。

ぼくは、その悲惨で壮絶な光景が「まるで
目の前でいま起こっているかのように」
目に浮かびます。

国民全員の問題ですので、ぜひ下記を
ご覧下さい。

★★★

いま、全国各地で、「心優しい看護師さん」
たちがどんどん消えています。

看護師、准看護師保健師助産師たち
4種類の「看護職」たちの労働環境が、
本当にすさまじい。

社会的に燃えていたはずの彼女たちが、
実際に燃え尽きて、過労死や自殺が
凄い勢いで増えています。

その動きは止まるところを知りません。

これが何を意味するのか。

まままま、下記の「専用頁」をどうぞ……。

第12話の「専用頁」→ https://goo.gl/PAF7kH

 

◆ご希望のかたへ:

ご希望のかたは、できれば、専用頁の中の
ASPでお求め下さい。

もし、当事務局から直接欲しいということで
あれば、当事務局まで、ご連絡下さい。

その場合、メッセージ欄に「12/23号を
見ました。即実践の第12話を直接希望
します」……と記入して下されば、
送金情報をお送りします。

事務局→ http://goo.gl/t12Yx

またVIP会員のかたは価格が異なって
いますので、お手数ですが、当事務局まで
その旨を記入してご連絡下さい。

この作品が、あなたと、あなたのご家族を
よりハッピーにさせることになれば
幸いです。

お元気で。

 

 


★★★
★★★
★★★

 

★山田のすべての電子本については、
下記をご覧下さい。

多数ありますので、ご自分の関心のある
「キィワード」を、頁の検索欄に入れて
みて下さい。
ヒットすると思います。

(例)→ 「スマートメーター」「電磁波」
スマホ」など。

電子本「社会の裏側!」
→ https://www.inochiyama234.net/

 

★「短縮版」メルマガ「暮しの赤信号」の
登録は、下記からどうぞ。
毎日早朝の5時に、お送りします。
短縮版ですが、無料です。

→ https://bit.ly/2HCV8zf

 

★山田の作品群については、下記の「専用
ブログ」をご覧下さい。
右側に並んでおります。

メルマガ読者に対しては、時々、割引価格
での提供や、無料号外などを配信いたします。
どうぞお楽しみに!

「短縮版」のメルマガ専用ブログ
https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

 

★本誌の100%掲載の「完全版」をご希望の
かたは、下記からお申し込み下さい。

1週間読めば、もう離れなくなるという
声も、いただいています(笑)。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ
「暮しの赤信号」。

3大特典は、下記のとおり。


1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の
100%が読めます。
とくに大切な後半部分が面白い!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの
割安」で、何度でも手に入ります。
これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を
発行するたび、それを一足早くPDF版に
して「プレゼント」します。何度でも!

「完全版」は、半年ごとの一斉課金です。

ただ、途中入会の場合は、月割り価格で
請求します。1か月分は540円。
入会当月は、月末まで無料。

「完全版」申し込みフォーム
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メルマガ専用ブログ  → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
事務局への連絡    → https://bit.ly/2DjSStg
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋など
著作権法に触れます。皆さんには関係が
ないと思いますが、山田が今後も皆さんの
ために活動したいため、ぜひその点、
よろしくお願いします。

本日も、お読み下さり、ありがとうござい
ました。