短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

●暮しの赤信号:1/8(金)◆和食でも、強い発ガン物質を生むこの「食べ合わせ」は避けなさい。妻を殺した大学教授の凶器とは  

 

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■


ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★メルマガ「暮しの赤信号」★

(毎週金曜日は、「完全版」と「短縮版」
は同じです)


2021年01月08日(金)号
No.3921

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2つの
配信スタンドから合計約5200部を発行。
(日曜のみ休刊)

創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、無関係ですのでご留意下さい。


〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著者
で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。
食べものだけでなく、人としての生きかた
を考えます。なんともユーモラスな文体が
人気のようで……。

 

 


〜金曜日は、「完全版」と「短縮版」の
内容は同じです。
どうぞ、お役立て下さい~

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙
をストップさせたい。

空をのんびりと旅する雲たちを眺めながら、
ぼくはいつもその方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度
変え、家族を変え、文明を変え、歴史を
変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 

◆よかったら、「いいね!」をお願いします

下記は、「フェイスブック」です。
もしよろしければ、「シェア」や「いい
ね!」をポチッしていただけませんか。

あなたの小さな行動が、人類を大きく救い
ます。
いま足元にある大地は、世界中につなが
っています。

→ http://www.facebook.com/yamada.inochi
(内容に即した写真も載せています)

 

 


▼本日の目次▼


【1】

人生には少しのお金と歌と夢、それに
でっかい健康があれば、それでいい!
……連載:920回:


【2】

本日ご案内する山田の「電子書籍」は、
これっ!:

■「社会の裏側!」第98巻

『2週に1度頻発している「介護殺人」
で、主役にならぬ方法!』

 

 

 


__________________


【1】

人生には少しのお金と歌と夢、それに
でっかい健康があれば、それでいい!

連載:920回


下記の文章は、ぼくの電子書籍『外食
の裏側!』全11指南……を元にして、
毎回、そのときどきに新しい事実を
述べて行きます。

すでにこの作品をお持ちのかたも、
どうぞ、お楽しみに!

__________________

この欄は、毎週「金曜」に連載します。
前回の続きですので、先週の「金曜日
号」も、ぜひご覧下さい。

 


★★★

いよいよ、「新しい年」も始まりまし
たなあ。

なぜか、昨日あたり、道を歩いていま
しても、いままでにないような特別に
「強い北風」が吹き付けてくるようで、
身も心も凍(こご)えてしまいました。

まるで、日本列島が、すっぽりと冷蔵庫
に入れられたよう。

でも、道端の桜の枝には、ぽっこりと
可愛い芽が膨(ふく)らんでいるの
です。

人間どもは、みんなうつむいているのに、
彼らたちは「全員が」元気なんですね。

「お、おぬしたち、やるのお……」

なんて言いながら、指先で彼女たちを
優しく(な)でてやりますと、「うふふ
のふ……」なんて笑ってくれました
(本当? 笑)。

でも、春はもうすぐ。

皆さん、どうか、世間は今日のような
「北風」が吹き荒れておりますが、負
けないで下さい。

必ず「春」は来ます。

冬ばかりが続くはずがありません(自分
に、そう言い聞かせている)。

★★★

さあ、いよいよ、新しい文章のスタート
です。

どうぞ、ごゆっくり噛(か)みしめて、
「お召し上がり」……下さい(笑)。

 



【下記が、本文です】

 

★第1指南★

~和食でも、強力な発ガン物質を生む
この「食べ合わせ」だけは避けなさい~


●妻を殺した大学教授の「凶器」とは


ドイツで、ある殺人事件が起こりました。

化学を専攻していたある一人の大学教授
が、妻を毒殺したのです。

でも当初は完全犯罪として、迷宮入りの
様相だったそうなんですね。

しかしコトの真相は、意外や、妻の大
好物だったジャムに強力な発ガン物質が
混ぜられて、「少しずつ殺されていった」
というものでした。

う〜ん、考えましたね。

その物質こそ、何あろう、あの強毒な
ニトロソアミン。

こんなものを、毎日の食べものに少し
ずつ混ぜられていたのでは、「凶器」
など、なかなか分かりません。

亡くなっても、ただの病死として扱われ
たりしますからね。

★★★

もちろん結局は、この教授が犯人と分
かり、終身刑に処せられたと言います
(出所:「ガンになる危ない食べ合わせ
山根一眞著、青春出版社、1986年)。

洋の東西を問わず、どんなに完全に隠蔽
(いんぺい)したと思っても、悪いことは
すぐにばれるものなんです。

皆さんもくれぐれも……(笑)。

ま、それはともかく、こんなものすごい
物質を、驚かないで下さい、皆さんは
自分から喜んで体に入れていらっしゃる。

とくに和食のお好きなかたは、ぜひ
ふだんから気をつけて下さい。

ぼくも和食はもちろん大好きです。

ぼくたち日本人が和食を食べるのは
いわば当たり前ですよね。

しかし、ある食べ合わせによって、この
殺人事件と同じ結果が生まれたとしたら
どうしますか。

しかも自分で自分を殺している、という
わけです。

★★★

このニトロソアミンという発ガン物質は、
ある二つの食べ合わせで、胃酸の中で
作られます。

もしこの事実を皆さんがお知りになら
なければ、毎日毎日、すさまじい人体
実験をみずからしているということに
なるわけですね。

そしてある日、突然倒れる……。

その二つとは、いったい何なのか。

一つの具体例を挙げれば、ホウレンソウ
のお浸しと焼き魚。

この組み合わせで、ニトロソアミンが
胃の中で生成されます(!)。

驚きでしょ?

こんな食べ合わせなら、いつでも誰でも
していますよね。

詳しく述べますと、その食べ合わせ
一つは亜硝酸塩(あしょうさんえん)。

もう一つは第2級アミン。

いったいこれらはどういうものなので
しょうか。

名前は何か取っつきにくい印象ですが、
なに、別に怪しいものではありません
(いや十分怪しいか。笑)

つまり……。


(次回に続く)

 

 

 

 


__________________


【2】

★本日ご案内する、山田の「電子書籍」は、
これっ!

ご希望のかたは、案内頁にあるアマゾン
からお求め下さい。

各巻→ 585円〜695円

__________________

 

★「社会の裏側!」第98巻★


『2週に1度頻発している「介護殺人」
で、主役にならぬ方法!』

~改定された介護保険の4つの改悪点と、
それでも、あなたが今後生き延びるため
に、絶対に必要な2点とは~

第98巻の「案内頁」
http://bit.ly/38Zwd5L


山田博士・著

 


★本書の概要


あるテレビ番組がありました。

タイトルは、「NHKスペシャル“介護殺
人”当事者たちの告白」というものでし
たが、2016年の10月9日にも、再
放映されたようですね。

これは、日本中で介護を担(にな)う人の
数が557万人にも達して、「介護問題」
は、もうけっして他人事じゃなくなった
現状に鑑(かんが)みて、企画された
もののようでした。

そして、「介護殺人」という悲惨な体験を
した「加害者」たちの声を、鋭く聞いた
内容だったのです。

★★★

いやあ、この内容には、ぼくも驚きました。

でも、この取材は大変だったと思います
ね。

だって、多くの「加害者」は、そんな取材
にはとても答えられなかったはずでしょ
うし……。

そのときのNHK報道によりますと、20
10年から2016年までの間に、日本
全国で「介護殺人」と思われる事件は、
138件も起きております。

わずか……6年間に、です。

つまり、1年間で約23件。
1か月では約2件。

と言うことは、1週間おきに1件……と
いうことになりますか。

もの凄い頻度(ひんど)です。

★★★

まさに、いまぼくたちの国は、「介護
受難時代」に突入したと言っていいのかも
しれません。

政府は、「カネがない」といつも叫び
ながら、在宅介護を国民に押しつけて
きたわけですが、そのツケがいま、
各地で噴出しているわけですね。

けっして政府に「カネがない」わけじゃ
なく、自分たちのためにはもの凄い無駄
なカネを使っておきながら……国民一人
ひとりを、「介護受難時代」にする。

埼玉県の秩父ちちぶ)地方のある町で、
2016年の2月、警察に1本の電話が
入ったのです。

「妻を刺した……」

83歳の男性が77歳の妻を殺し、みず
からも傷だらけになっていたと言います。

★★★

しかし、彼は、一人部屋の留置場から
一歩も外に出ず、無言で押し通し、水以外
の食事は口にしないで、9日後に病院で
死亡しました。

一人、寂しく……。

なぜ、彼は、ここまで追い込まれたのか。

認知症の妻の介護に疲れ、無理心中を
図った」と、当初話していた彼なのですが、
取材で見えてきたのは、理想とも思える
ような第2の人生を送っていた夫婦の姿
だったのです。

端(はた)からは、何も分からないもの
です。

彼は、東京のテレビ局を50代で早期
退職しました。

そして、妻との終(つい)の棲家(すみか)
の場として選んだのが、今回の土地だった
のです。

自然豊かな秩父地方だったわけですね。

★★★

ところが、事態は急変します。

まあ、そのあたりは本書でご覧いただくと
して、誰にでも起こりうるのが、この「介
護殺人事件」なんですね。

いかに幸せな日々が続いていたとしても、
ある日、突然、起こる。

京都府で起きた「認知症母殺人事件」と
いうのもありました。

認知症の母親(当時86歳)を介護していた
長男(当時54歳)が、京都市伏見区
桂川(かつらがわ)の遊歩道で、母親の
首を絞めて殺害した事件なんですね。

その直後に自らも命を絶とうとしたのです
が、そのときは未遂(みすい)に終わり
ました。

でも、逮捕されて有罪判決を受けたその
長男が、2014年8月、琵琶湖で遺体で
見つかったと……。

★★★

こういう事件は、けっして特別なものじゃ
ないんです。

多くのかたは、まさか自分が「主人公に
なる」とは思っていなかったわけですね。

このように、「介護する側の辛(つら)さ」
は、言葉には表せません。

それなのに、いまの行政には、「介護する
人」たちを支援する視点が、まったく
欠けております。

介護される人のほうばかり見ていますが、
在宅介護を進めながら、こうした「介護
する人」への救済策については、どこ
にもないわけですね。

だから「介護離職」をせざるを得ない。

★★★

そして、経済的に困窮する。

生活保護の申請をしても断られる。

その後の対策がどこにもない……わけ
ですね。

いったい、どうすればいいわけです?

じつは、2015年に行われた介護保険
「改定」は、最悪でした。

そうです。

ぼくに言わせれば、史上最悪……とでも
言えるような「改定」でした。

いやあ、ここまで政府は、高齢者とその
介護者をないがしろにするものなのか
なあ……と、口をアングリと大きく開けて
呆(あき)れかえったものです。

★★★

そのときの「改定」は、何が問題だった
のか、そのあたりも、本書では述べました。

驚くような「改悪内容」を、ぜひご覧
下さい。

ある介護福祉士がおっしゃるには、自分の
働いているグループホームの利用者の半数
以上が、「要介護2」だとか。

今回の「改定」では、つまり、人数の多い
「要介護2」の人たちを切り捨てて、
おカネを浮かそうという政府の魂胆(こん
たん)なわけですね。

このやりかた、きわめて卑怯(ひきょう)
じゃありませんか。

そして、2018年にも、「介護保険制度」
が変更しました。

★★★

今後も、こうした「改定」が続くこと
でしょう。

でも、ぼくたちは、いまの社会が良くなる
までジッと待つわけにはいきません。

その間に、どんどん人生は進んでしまい
ますからね。

それに、はたして社会が良くなる日が
本当に来るのかどうか。

人類の歴史を少し振り返りますと、悲しい
かな、国民みんなにとって素晴らしい国が
できた例は、過去に「1国でさえ」ない
わけですね。

人間とは、ひょっとして、こうして闘い
ながら生きて行くのかもしれません。

だから、まずぼくたちで可能なことを、
今日からぜひ実践したい。

そのために、ぼくたちに必要なことが
二つあります。

★★★

まずこれさえ可能であるなら、社会が
どうなっても、生きられます。

そして、家族を守ることが可能です。

その二つとは何か。

本書を、どうぞ、ご覧下さい。


第98巻の「案内頁」
http://bit.ly/38Zwd5L

 

 

 


★★★
★★★
★★★

 

★山田のすべての電子本については、
下記をご覧下さい。

多数ありますので、ご自分の関心のある
「キィワード」を、頁の検索欄に入れて
みて下さい。
ヒットすると思います。

(例)→ 「スマートメーター」「電磁波」
スマホ」など。

電子本「社会の裏側!」
→ https://www.inochiyama234.net/

 

★「短縮版」メルマガ「暮しの赤信号」の
登録は、下記からどうぞ。
毎日早朝の5時に、お送りします。
短縮版ですが、無料です。

→ https://bit.ly/2HCV8zf

 

★山田の作品群については、下記の「専用
ブログ」をご覧下さい。
右側に並んでおります。

メルマガ読者に対しては、時々、割引価格
での提供や、無料号外などを配信いたします。
どうぞお楽しみに!

「短縮版」のメルマガ専用ブログ
https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

 

★本誌の100%掲載の「完全版」をご希望の
かたは、下記からお申し込み下さい。

1週間読めば、もう離れなくなるという
声も、いただいています(笑)。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ
「暮しの赤信号」。

3大特典は、下記のとおり。


1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の
100%が読めます。
とくに大切な後半部分が面白い!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの
割安」で、何度でも手に入ります。
これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を
発行するたび、それを一足早くPDF版に
して「プレゼント」します。何度でも!

「完全版」は、半年ごとの一斉課金です。

ただ、途中入会の場合は、月割り価格で
請求します。1か月分は540円。
入会当月は、月末まで無料。

「完全版」申し込みフォーム
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メルマガ専用ブログ  → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
事務局への連絡    → https://bit.ly/2DjSStg
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋など
著作権法に触れます。皆さんには関係が
ないと思いますが、山田が今後も皆さんの
ために活動したいため、ぜひその点、
よろしくお願いします。
本日も、お読み下さり、ありがとうござい
ました。