短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:2/22(月)◆欧州では、ニワトリのケージ飼いが禁止になりました。だけど日本では世界標準と逆方向に進んでいます

 


〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

(本誌は本文を省略した短縮版です)


2021年2月22日(月)号
No.3959

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2つの
配信スタンドから合計約5200部を発行。
(日曜のみ休刊)

創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、無関係ですのでご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著
者で、食生態学者、そして日本危機管理
学会員でもある山田博士(ひろし)が配
信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラス
な文体が人気のようで……。

 

 


(本誌は本文を省略した短縮版です)

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる
涙をストップさせたい。

空をのんびり旅する雲たちを眺めながら、
ぼくはいつもその方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180
度変え、家族を変え、文明を変え、歴史
を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 

◆よければ「いいね!」をお願いします。

下記は、「フェイスブック」です。
もしよろしければ、「シェア」や「いい
ね!」をポチッしていただけませんか。

あなたの小さな行動が、人類を大きく救
います。
いま足元にある大地は、世界中につなが
っています。

http://www.facebook.com/yamada.inochi
(内容に即した写真も載せています)

 

 


▼本日の目次▼


【1】

山田の電子本「社会の裏側!」の新作
の内容です。本邦初公開原稿ですが、
読者のかたに、まず、内容をお知らせ
します(後日電子本に作成する予定):

(毎週月曜日に、新作を掲載します)


欧州では、ニワトリのケージ飼いが禁止
になりました。だけど日本では、世界標
準とは「180度逆方向」に進んでいます!

 

【2】

~noteに、下記の作品案内を載せま
した。

ダイエットのために努力しているかた
や、いつも糖尿病を気になさっている
かた、参考にして下さい。


↓ 下記が今回のタイトル

広く使われている「人工甘味料」が、
実際には、糖尿病のリスクを逆に高めて
いた。 その衝撃的な事実とは!

 

 

 


==================

【1】

▼山田の電子本「社会の裏側!」本邦
初原稿

(毎週「月曜日の早朝5時」を楽しみに
していて下さい)

後日、概略などを付けて、電子本として
公開する予定。ただ、読者のかただけに
は、いち早く、こうして案内しています。

==================




【今回のタイトル】
↓ ↓ ↓

------------------

欧州では、ニワトリのケージ飼いが禁止
になりました。だけど日本では、世界標
準とは「180度逆方向」に進んでいます!

~BBFAW(評価機関)によれば、日本
の「タマゴ」は最低レベルです。それ
に、市販「タマゴ」の表示も問題が多い。
たとえば、森での平飼いでもないのに、
まるでそのような名前を付けている「タ
マゴ」もあります。なぜ、行政は、「業
界のほうばかり」向くのでしょうね~

------------------


★毎回、ただタイトルの内容だけじゃな
く、山田の思いを述べています。その部
分も含めてお役に立つことを……。

 

 

【目次】


★(第1章)

日本人は、一人当たり年間338個もの
「タマゴ」を食べる世界第2位の消費
国です。なのに、日本の「タマゴ」の現
状は、世界標準の「逆方向」へ向かって
いるんですね。なぜなのか……

★(第2章)

よくニュースで流れる、「鳥インフル
の殺処分」報道。その「殺処分数」が約
345万羽……だなんて、もうショックを
通り越して、ぼくは目が回りそうです。
世界の「タマゴ」事情と日本は、どのよ
うなところが異なっているのか……

★(第3章)

日本の「採卵鶏(さいらんけい)」の総
飼育数は、約1億3000万羽です。しか
し、そのほとんどが、「バタリーケージ
飼育」なんですね。だから、ぼくたちが
「タマゴ」を求めるとき、何に注意し、
どのように業界に接すればいいのか……




 

 

★(第1章)

日本人は、一人当たり年間338個もの
「タマゴ」を食べる世界第2位の消費
国です。なのに、日本の「タマゴ」の現
状は、世界標準の「逆方向」へ向かって
いるんですね。なぜなのか……

 


いやあ、春ですなあ。

日本列島は、すっかり「春うらら」で
す。

ぼくのような者でも、ついつい「春うら
ら」……となって、フラフラと彷徨(さ
まよ)ってしまいます。

まあ、でも、いつの季節でも、「夏うら
ら」「秋うらら」「冬うらら」のような
性格ですので、頭の中身は「1年中、
うららうらら……」ですが。

昨日、いつものように、キャスター付き
のカバンをゴロゴロと転(ころ)がし
て、出先までの途中にある小さな公園に
寄りました。

その中ほどに、いつもピンと突っ立って
いる樹木(じゅもく)クンがいます。

ぼくはいつも、彼のそばで、ストレッチ
をするのが好きなのです。

ここを通るときは、いつもそうしていま
す。

その樹木クンに「オッス、元気かあ」と、
挨拶(あいさつ)をして手で触(さわ)
ってから、おもむろに体を動かします。

周囲にご老人や若い親たちがいても、そ
んなもの、何ですか。

まったくの平気。

樹木と会話しているぼくを見て、みんな
最初だけ驚いてぼくを見ていますが、
なに、すぐに慣れてしまって、その場の
光景の一つに溶け込んでおります(笑)。

★★★

昨日は日曜日だったせいか、周囲には、
小さな子どもたちがキャアキャア、ギャ
アギャア……、まあ、小ザルたちのよう
にうるさいことったら。

あ、いや違った、……嬉しそうで、幸せ
そうで、可愛いことったら(笑)。

ブランコに「向かい合わせ」に二人で乗
ったり、細いブロックの上を、両手を広
げて落ちないように歩いたり、大人たち
にとっては「どうでもいいこと」を、彼
らは一所懸命になって「遊んで」います。

いいなあ。

ぼくもエイッとばかりに、彼らの世界に
新人サンとして飛び入りしたいのです
が、きっと彼らは、みんな驚いて逃げ
て行くだろうしなあ(笑)。

彼らを、たとえ1秒であっても脅(お
ど)かすのは、ぼくの趣味ではありま
せん。

ところで、ふと見ますと、その中に、小
学5年生ぐらいかなあ。

一人の男の子がいました。

★★★

ところが、彼の来ている白い色のTシャ
ツの背中に、何か、黒い文字で大きく描
(か)かれているんですね。

そこには、縦(たて)文字で、こう描か
れていました。

「時間はかかるが、やればできる」……

ぼくはそれを見て、プッと噴き出しま
した。

「時間はかかるが」……が、いいですね。

そうか、彼は、いつも勉強などには集中
せず、すぐに外へ飛び出してしまうんだ
ろうなあ。

昔のぼくみたい(ぼくもいつも、自転車
で飛び出していました)。

だけど、きっと、彼のお母さんかお父さ
んが、こんな子でも、彼の将来を温(あ
たた)かく見守っているのでしょうね。

そのために、そのように描かれた服を着
せたのでしょう。

あるいは、親自身で、そう描いたのかも。

いいなあ。

★★★

親というのは、いつになっても、嬉しい
存在です。

たとえ、「世の中の全員が自分の敵」に
なったとしても、親だけはいつも自分を
信じて迎(むか)え入れてくれる。

無償の愛。

そんな存在って、ほかにありますか。

そして、「時間はかかるが、やればでき
る」……。

う~むむむ、まさに親は「太陽」だ。

太陽と言えば、「平塚らいてう」さんの
言葉を、つい思い浮かべてしまいます。

「元始(げんし)、女性は実に太陽であっ
た。真正(しんせい)の人であった。今、
女性は月である。他に依(よ)って生
き、他の光によって輝く、病人のような
蒼白(あおじろ)い顔の月である……」

これは、明治44年(1911年)に、雑誌
『●●』の創刊号に寄せられた、彼女の
言葉です(●●は、下記の設問をご覧下
さい)。

★★★

う~むむむ。

女性は本来、自分から光を投げる太陽で
あったはずなのに、当時の女性たちは月
になっていた……というわけですね。

う~むむむ(再び、うなります)。

つまり、いまは、ほかの光を反射して、
ただ輝いている存在に過ぎないのだと。

この言葉は、女性だけじゃなく、現在の
男たちにこそ、あてはまるように思いま
す。

そう思いませんか。

だって、自分の意思で行動している男
の、なんと少ないことか。

そして、企業や政府の行動に対して、批
判もせず、ただ、その言葉どおりを受け
止めている。

戦後からすっかり出来上がった、「汚
(きたな)い利権」にまみれながらね。

そのために、役人であっても、自分の言
いたいことを、何一つ言えない。

ぼくは当時の平塚さんがいまの世の中に
現れたら、なんと思いながら、いまの男
たちのことを嘆くのだろうかと、いつも
思っています。

★★★

先ほどの男の子の背中に描かれた文字で
はありませんが、「時間はかかるが、や
ればできる」……。

いや、男たちよ、「時間をかけずに、い
ますぐやれば、もっとできる」……と言
いたい(笑)。

じつは、今回、ここで述べているのは、
「タマゴ」のお話しです。

日本人は、一人当たり年間338個もの
「タマゴ」を食べる世界第2位の消費
国なんですね。

凄(すご)いものです。

つまり、それだけ、周囲への影響が大
きい。

それなのに、日本の「タマゴ」の現状
は、なぜか、世界標準の「逆方向」へ
向かっているんですね。

いま述べたように、男たちは、いまま
で、いったい何をしてきたのか。

「時間はかかるが、やればできる」
でも、何も、しなかった……。

あなた、「タマゴ」のそのような事情、
ご存じでした?

つまり……。

 

 

★(第2章)

よくニュースで流れる、「鳥インフル
の殺処分」報道。その「殺処分数」が約
345万羽……だなんて、もうショックを
通り越して、ぼくは目が回りそうです。
世界の「タマゴ」事情と日本は、どのよ
うなところが異なっているのか……

 


ぼくはね、時々、悲しくなることがある
んです。

え?
山田サンでも?

ンなこと、言わないで下さいな。
ぼくも、人間です。

よくニュースで流れる、「鳥インフル
の殺処分」報道。

たとえば……。

「(ニワトリの)殺処分数は約345万羽
で過去最大となっています。
このうち約半数は香川県三豊市が占め
ています。

これまでのシーズン最大殺処分数は約
183万羽でした……」(2020年12月23
日。jacom.)

こんな現実を、サラッと言うアナウン
サー。

そして、こういう現実を、何とも思わ
ない国民。

何かが間違っている……。

ぼくはそう思ってしまうんです。

そして、悲しくなります。

だって、「殺処分数」が約345万羽…
…だなんて、もうショックを通り越し
て、ぼくは目が回りそうです。

★★★

これ、もし「345万人を殺処分」……だ
なんていうことになれば、どう思います?

もちろん、大事件ですよね。
みんな、黙ってはいません。

そして、ジッとしておれません。

「345万羽」と、「345万人」……。

ニワトリたち1羽1羽から見れば、ぼく
たち1人1人と、みな同じじゃありませ
んか。

同じいのちです。

そのため、こういう事件が頻発(ひんぱ
つ)するたび、ぼくは心が痛むんです。

彼らの顔を思い浮かべるんですね。

一度、ニワトリ君たちと知り合いになっ
てみなさい。

「本当に」……ヤツらは可愛いですよ!

そう、あれは、もう数年前になりますか。

ぼくの自宅のすぐそばで、1匹のニワト
リ君が、どこかから遁走(とんそう)し
てきて、棲(す)み着いていたことがあ
ります。

そこは草ぼうぼうのちょっとした空き地
なのですが、呼ぶといつも顔を出すんで
すね。

ぼくは、「コッコ」と名付けて、親しく
していました。

いつもぼくが通ると、その足音で分かる
のか、それとも雰囲気を察するのか、駆
け寄ってきて金網(かなあみ)越しに挨
拶をしてくれるんです。

★★★

いやあ、もう、「赤い帽子をかぶった」人
間みたい。

彼も、ぼくのことを覚えてくれていたの
でしょう。

きっと、俺さまよりボケッとした無邪気
な仲間が、1匹、向こうから靴を履(は)
いて、歩いてきたなあ……とでも、思っ
ていたのじゃありませんか(笑)。

こんなに人間にとっても馴染みやすい
生きものを、「殺処分」だなんて。

ぼくには、信じられません。
そして、許せません。

しかも、数百万羽……!

この事態をおかしいと思わない人は、
「おかしい」……と思います。

この「鳥インフルエンザ」とは、厚労
省によりますと、トリに対して感染性
を示すA型インフルエンザウイルスの、
ヒトへの感染症のこと。

ヒトにおけるほとんどの感染者は、 感
染した「家禽(かきん)」やその排泄物
(はいせつぶつ)、死体、臓器などに濃
厚な接触がある……とのこと。

★★★

でも、何のことはない、こうした「鳥イ
ンフルエンザ」が起こるのも、人間の為
(な)した行為のせいじゃありませんか。

つまり、狭いところに「トリ君」たちを
無理やり押し込め、「密状態」にした結
果なんですね。

だから、1羽が病気になれば、すぐに全
員に拡散する。

そんなこと、子どもにだって、分かりま
すよね。

いま人間世界で蔓延(まんえん)してい
る、「新型コロナウイルス」。

これを防ぐためにだとか称して、「国民
の皆さん、密状態を避けて下さい」……
だなんて叫んでいるのは、いったい誰な
のです?

あの「トリ君」たちは、いつも密じゃあ
りませんか。

どうして政府たちは、「トリ君たちの密
状態はぜひ避けて下さい」……と、一番
先に叫ばないのです?

★★★

彼らを密状態にするから、「鳥インフル
エンザ」が発症するわけですよね。

だって、平飼(ひらが)いなら、瞬時に
「全員に移る」なんてことはありません。

「トリ君」たちの密状態を止(や)め
れば、こんな症状など、起こりえない
わけですね。

そして数百万羽もの「トリ君」たちを
殺すこともない。

すべて、人間サマの行為の結果なんです
ね。

そのために、「トリ君」たちは、「自分
は何も悪いことなどしていない」のに、
ある日、突然、全員が殺される。

彼らの気持ち。

こんな無常なことがあって、いいのです
か、ええ?(怒っている)。

厚労省の話では、「日本ではこれに発症
した人は確認されていません」……とあ
りますが、じつは、昨日(これを書いて
いる昨日です)、ロシア当局は、高病原
鳥インフルエンザウイルス(H5N8亜
型)のヒトへの感染を初めて確認して、
世界保健機関(WHO)に報告したと発
表しました(2021/02/21)。

まさに、昨日です。

ちなみに、この「高病原性鳥インフル
エンザウイルス」とは、よりたくさんの
「トリ君」たちを死亡させるような高い
病原性を示すA型インフルエンザウイル
ス……のこと。

★★★

まあ、いずれにしても、日本では、この
鳥インフルエンザ」が頻繁に起こって
おります。

そして、そのたびに、「殺処分」が続い
ています(ナントモ、イヤな言葉ですよ
ね。まるでモノ扱いみたいで)。

ところが、この日本の「タマゴ」の状況
は、ほかの先進諸国の進み方より、かな
り遅れているわけですね。

こうして「鳥インフルエンザ」や「新型
コロナウイルス」などが蔓延している
いまだからこそ、もう、決着を付けよう
じゃありませんか。

いや、別に「決闘をする」わけじゃあり
ませんって(笑)。

ほかの先進諸国では、みな、この「トリ
君」たちの環境を良い方向へと動かして
いるのに、なぜ、一人「日本だけが」突
出して逆方向へ向かうのです?

不思議だと思いませんか。
いったい、誰が、バックにいるのでしょ
う。

ところで、「BBFAW」という組織があり
ます(ちょっと長い名前ですが)……
(省略)。

 

 


★★★
★★★
★★★

(「短縮版」のメルマガでは、このあた
りを「完全版」の約1/2に短縮して
います。でもお役に立てば嬉しいです)  

★★★
★★★
★★★

 

 


いまはもう夜中ですが、この原稿を書き
終えて一眠りしたら、近くでも散歩して
きます。

そして、当時、あの「トリ君」に出会った
ときのことを、思い出すかもしれません。

もう、彼には久しく会っていないですが、
きっといまごろはもう天国に行っている
のかなあ。

本当にしばらくの間でしたが、彼と話し
た思い出は、いまも残っています。

「トリ君」たちにも、1羽1羽、みんな
ぼくたちと同じように、人格(トリ格?)
があるものなんですね。

ハハハ……。それじゃまた次回ね。

ご機嫌よう。

山田博士

 

 

▼▼設問です▼▼


設問→ 上記の文章を読み、下記の●●
にあてはまるものを、選択語句から選ん
でみよ。ただし2文字とは限らない。


「これは、明治44年(1911年)に、雑
誌『●●』の創刊号に寄せられた、彼女
の言葉です」


【選択語句→ 青鞜(せいとう)、明星、
世界】

 
■答え■

下記のとおりです。
でも、先に答えを見てはいけません。
本文を再度ご覧になり、十分想像してから
答えをご覧下さい。

その繰り返しが、あなたの明日を輝かせる
ことになると思っています。

答え→ 青鞜(せいとう)


★今回の月曜日の「完全版」を読みたい
かたは、近日中にnoteで公開します。
有料ですが、ご希望のかたは、そちらで
どうぞ。
いつごろ公開されるかは、事務局にまで
お問い合わせ下さい(2/22号の旨をご記
入下さい)。
事務局→ https://bit.ly/2DjSStg

 

 

 


==================

【2】

▼noteに、下記の作品案内を載せま
した。どうぞ、ご覧下さい。

==================




ダイエットのために努力しているかた
や、いつも糖尿病を気になさっている
かた、参考にして下さい。

↓ 下記が今回のタイトル

広く使われている「人工甘味料」が、
実際には、糖尿病のリスクを逆に高めて
いた。 その衝撃的な事実とは!

note→ https://note.com/222334/n/n6f5e3c26152a

 

 

 


★★★
★★★
★★★

 

★山田のすべての電子本については、
下記をご覧下さい。

多数ありますので、ご自分の関心のある
「キィワード」を、頁の右側の検索窓に
入れてみて下さい。

きっと、ヒットすると思います。

(例)→ 「スマートメーター」「電磁波」
スマホ」など。

電子本「社会の裏側!」
→ https://www.inochiyama234.net/

 

★「短縮版」メルマガ「暮しの赤信号」の
登録は、下記からどうぞ。
毎日早朝の5時に、お送りします。
短縮版ですが、無料です。

→ https://bit.ly/2HCV8zf

 

★山田の作品群については、下記の「専用
ブログ」をご覧下さい。
右側に並んでおります。

メルマガ読者に対しては、時々、割引価格
での提供や、無料号外などを配信いたします。
どうぞお楽しみに!

「短縮版」のメルマガ専用ブログ(右の欄
に、作品がズラリと並んでいますので、
ご覧下さい)
https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

 

★本誌の100%掲載の「完全版」をご希望
のかたは、下記からお申し込み下さい。

1週間読めば、もう離れなくなるという
声も、いただいています(笑)。

世にも面白くてためになる、完全版メル
マガ「暮しの赤信号」。

1.毎回、後半の大切な部分も含めて100
%の内容が読める(とくに月曜日号)!

2.山田の作品が何度でも、「割安」で
手に入る!

3.山田と親しくなれる……(笑)。


なお、「完全版」は、半年ごとの一斉課金
です。

入会月によって、金額が異なります。
1か月分は540円。

「完全版」申し込みフォーム
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
メルマガ専用ブログ  → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
事務局への連絡    → https://bit.ly/2DjSStg
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋など
著作権法に触れます。皆さんには関係が
ないと思いますが、山田が今後も皆さんの
ために活動したいため、ぜひその点、
よろしくお願いします。
本日も、お読み下さり、ありがとうござい
ました。