短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開ページ(つれづれに掲載)

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:8/12(木)◆味噌が、放射性物質を除去するこの実験。世界の人に知らせたいものです。この微生物たちの働きには…  

 

 

 

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★


2021年8月12日(木)号
No.4096

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2つの
配信スタンドから合計約5200部を発行。
(日曜のみ休刊)

創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、無関係ですのでご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著
者で、食生態学者、そして日本危機管理
学会員でもある山田博士(ひろし)が配
信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラス
な文体が人気のようで……。

 

 


(本誌は、本文を省略した短縮版です)

 

 


やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。

地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる
涙をストップさせたい。

空をのんびり旅する雲たちを眺めながら、
ぼくはいつもその方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180
度変え、家族を変え、文明を変え、歴史
を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 


◆下記は、「フェイスブック」です。
よかったら「いいね!」をお願いします

あなたの小さな行動が、人類を大きく救
います。
いま足元にある大地は、世界中につなが
っています。

http://www.facebook.com/yamada.inochi
(内容に即した写真も載せています)

 

 


▼本日の目次▼


【1】

8/9(月)の「完全版・メルマガ暮しの
赤信号」で述べた、山田の電子本「社
会の裏側!」新作のワンショット:

それと、ぼくのもぞもぞ独り言が面白い

 

【2】

既刊の、山田の電子本「社会の裏側!」を
案内します:

◆「社会の裏側!」30……「味噌」が、放
射性物質を除去するこの実験。世界の人に
知らせたい!

 

 

 

 

==================

【1】

8/9(月)の「完全版・メルマガ暮しの
赤信号」で述べた、山田の電子本「社
会の裏側!」新作のワンショット

それと、ぼくのもぞもぞ独り言が面白い

「短縮版」のかたは、初めての部分です。

==================

 

★8/9(月)号のタイトル
__________________


北海道の深刻な「干ばつ」は、やがて到来
する日本の大飢饉時代を物語っています!

~ただ、よく言われるように「温暖化」は、
本当に悪なのでしょうか。気候変動の真の
原因を知り、日本農業を再生したい~

__________________

 

 

(下記は、「完全版」の一部分です)


……(前略)……


まあ、いずれにしても、先述しましたよう
に、この「温暖化」の真の原因は、ぼく
にもよく分かりません。

二酸化炭素」も少しは原因かもしれませ
んが、これだけじゃとても説明できない
のも事実。

ただ、ぼくは、ある意味、「天体の動き」
に関連しているのじゃないかなとも考えて
います。

たとえば、地球の「公転軌道」は、いつも
変化しています。

しかも、地軸さえも、微妙にズレが生じた
りしているんですね。

これらが、「温暖化」や「寒冷化」などと
も関係しているのじゃないか。


……(後略)……

 


*1


えっと……昨日の最後の部分からの続きで
す(笑)。

でも、ギリシアの「山火事」、大丈夫なの
かなあ。

慌(あわ)てて、船に乗り込んで避難され
ているかたの姿など見ますと、本当に心配
です。

どこの国であっても、ふだんの暮らしが守
られるのが一番ですからね。

どこかのヨーロッパの国のように、一人の
独裁者がいるために、せっかく来日して
くれたオリンピックの女性選手が、亡命
せざるを得ないような現実なんて、とても
信じられません。

★★★

これが、本当に21世紀の出来事なのかと
思ってしまいますよね……。

でも、日本のすぐ隣にも、そのような「国
々」が存在します。

遠い外国や遠い過去のこと……じゃない。

だから、いつであっても、国民が少しでも
油断していれば、社会はすぐにそうなって
しまうわけですね。

まさか山田さん。

……なんて思っているかたは、自分の人生
の「短さ」だけで歴史を見ているからなん
ですね。

自分の体験だけでモノを判断してはいけな
いんです。

★★★

下記のこと、いつかも言いましたよね。
これ、最近、何度も述べていますから、
もう耳タコ?(笑)。

「愚者(ぐしゃ)は経験に学び、賢者(け
んじゃ)は歴史に学ぶ」

そう、自分の経験や体験だけで物事を判断
すると、大きな過(あやま)ちを犯すこと
になります。

自分の人生なんて、短い時間でしかあり
ません。

そのため、いつも歴史に学びましょうよ。

そう言えば、身近にも歴史が「います」。

そう、自分の父母や祖父母たち。

ふだんはボケ~ッとしている彼らに、肩で
も優しくモミながら、何気(なにげ)ない
そぶりで聞いてみてご覧なさい。

少しは歴史を知ることができます。

季節は、ちょうど8月。

★★★

つい先日、「ヒロシマ」や「ナガサキ」の
日がありました。

子どものときに被曝したかたの悲しいお話
しは、涙無くして、とても聞くことができ
ません。

ナガサキのある女性のお話しでは、爆心地
の近くで、子どもたちが学校を休まされて
工場で働いていた……と言います。

ちょうどそのとき、真上で原爆が炸裂(さ
くれつ)した……。

自慢の息子を亡くしたその父親は、半狂乱
になり、酒に浸(ひた)る日々を送りま
す。

そして結局、その父も、若くして亡くなっ
てしまうわけですね。

多くのかたの人生を壊(こわ)した戦争。

これらの現実は、まさにこの日本で、つい
70数年前に……(省略)。

 

 


★★★
★★★
★★★

(「短縮版」では、このあとの後半部分を
短縮しています。毎回後半部分に、ぼくの
思いを入れておりますが、でも、少しでも
お役に立てば嬉しいです)  

★★★
★★★
★★★

 

 


……ささ、また、お逢いしましょう。
今日は、これまで。
お元気で!


★今回の月曜日の「完全版」を読みたい
かたは、近日中にnoteで公開します。

有料ですが、ご希望のかたは、そちらで
どうぞ。後半部分が、真髄です(笑)。

いつごろ公開されるかは、事務局にまで
お問い合わせ下さい(8/9号だというこ
とを、必ずお知らせ下さい)。
事務局→ https://bit.ly/2DjSStg

 

 

 

 

==================

【2】

既刊の、山田の電子本「社会の裏側!」を、
案内します:

==================


今回は下記の作品です。
↓ ↓ ↓

◆「社会の裏側!」30……「味噌」が、放
射性物質を除去するこの実験。世界の人に
知らせたい!

~今後、これらの「微生物」たちの働きに
注視すべきだろう~

◆「社会の裏側!」30 (585円)
→ https://bit.ly/3jNRT8L

 


★本書の概要

忘れもしない2011年3月11日。

ぼくたち日本人にとっては、悲しくも辛
(つら)い、絶対に忘れてはならない「重
い事件」が起こりました。

東日本大震災

そして、それに伴う、東京電力の「原発
大事件。

復興庁は、東日本大震災に伴う全国の避難
者が、2014年2月の段階で、26万7
419人になったと発表しております。

数年経っても、いまだにこれだけ膨大な
かたたちが、毎日、辛くて悲しい避難生活
を強(し)いられております。

★★★

日本列島に立ち並ぶ原発の廃棄を叫ぶの
は、もちろん必要です。

それは大前提です。

しかしそれ以上に、ぼくたちの体は生身
(なまみ)なんですね。

放射性物質の影響は、ぼくたちが何もしな
くても、今日も明日も、毎秒毎秒毎秒……
強烈に受け続けて行きます。

じつは、いまから「5年~10年後」に、
この放射性物質の影響は、大きなピークが
やってきます。

いや、もっと早く「3年後」ほどになる
かもしれません。

★★★

とても、現段階では、「終わった問題」
ではないのですね。

環境中に放出された「放射性セシウム13
7」などは、数十年の間に、さまざまな
集積と拡散を繰り返します。

そして、「しばらく経ってから」最高の
ピーク値がやって来るわけなんですね。

さて、最近分かった事実を述べてみまし
ょう。

じつは、土壌中に棲(す)む、ある種の
微生物が、いろいろな条件下ではあります
が、短期間に放射性物質を軽減する可能性
があることが分かっております。

★★★

それを、ぼくたちはどのように応用すれば
いいのか。

たとえば、国立環境研究所グループでは、
ある種の細菌が、放射性物質が出す能力
放射能)を引き下げるということを
発見していますので、フクシマでの浄化
方法として、いま注目されているわけ
ですね。

その点、日本人は凄(すご)い。

なにしろ、ぼくたちが食べているものの
多くは、微生物を使って成り立っている
ほどですから。

★★★

味噌、醤油、納豆、漬け物……。

まあ詳しい実験方法はここでは省略します
が、ほんの少しだけ(笑)。

マウス(ネズミ)を、4つのグループに
分けました。

そして、味噌を混ぜたエサを含む4つの
異なるエサを1週間ほど与えた……という
わけなんですね。

そうして、そのあと、彼らに放射線を照射
して、その影響の違いを試(こころ)み
た、というわけです。

その結果……。

いままでに発刊したほかの「社会の裏
側!」シリーズも、どうぞお楽しみ下さ
い。

楽しい文体が人気のようですよ。

お楽しみに!

 

★目次

★(第1章)

日本列島に立ち並ぶ原発の廃棄を叫ぶの
は、もちろん必要です。それは大前提で
す。しかしそれ以上に、ぼくたちの体は
生身(なまみ)なんですね。原発が無く
なるまでに、放射性物質の影響は、ぼく
たちが何もしなくても、今日も明日も、
毎秒毎秒毎秒…強烈に受け続けて行く…

★(第2章)

お役所言葉の「除染」だなんて信じない
で下さい。あれは、汚染をただ「移す」
だけ。本当の言葉で言うと、「移染」なん
です。しかも今後は、その「移動された
もの」を保存しなくてはならない。そして
今後は、そこからも放射性物質が流れ出す
ことになります……

★(第3章)

最近分かった事実を述べてみましょう。
じつは、土壌中に棲(す)む、ある種の
微生物が、いろいろな条件下ではあります
が、短期間に放射性物質を軽減する可能性
があることが分かっております。それを、
ぼくたちはどのように応用すればいいのか…

★(第4章)

ところが、広島大学原爆放射能医学研究所
の最近の調査によりますと、ぼくたち日本
人には大いに馴染み深い「味噌」が、体内
放射性物質を追い出す効果があることが
示されております。それは……

★(第5章)

だから、ふだんファストフードなどばかり
を食べていて、味噌や醤油などの日本の伝
統食をないがしろにしていればダメ……(笑)

 


__________________

■本書のお求めは……
__________________

下記のアマゾンからお求め下さい。

◆「社会の裏側!」30 (585円)
→ https://bit.ly/3jNRT8L

どうしてもPDF版で読みたいかたは、
事務局までご連絡下さい。

電子版585円→ PDF版785円
電子版695円→ PDF版895円

できれば、当方の手不足のため、アマゾ
ンから「電子版」をお願いします。

事務局→ http://goo.gl/t12Yx

 

 

 


★★★
★★★
★★★

 

★山田のすべての電子本については、
下記をご覧下さい。

多数ありますので、ご自分の関心のある
「キィワード」を、頁の右側の検索窓に
入れてみて下さい。

きっと、ヒットすると思います。

(例)→ 「スマートメーター」「電磁波」
スマホ」など。

電子本「社会の裏側!」
→ https://www.inochiyama234.net/

 

★「短縮版」メルマガ「暮しの赤信号」の
登録は、下記からどうぞ。
毎日早朝の5時に、お送りします。
短縮版ですが、無料です。

→ https://bit.ly/2HCV8zf

 

★山田の作品群については、下記の「専用
ブログ」をご覧下さい。
右側に並んでおります。

メルマガ読者に対しては、時々、割引価格
での提供や、無料号外などを配信いたしま
す。どうぞお楽しみに!

https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

 

★本誌の100%掲載の「完全版」をご希望
のかたは、下記からお申し込み下さい。

1週間読めば、もう離れなくなるという
声も、いただいています(笑)。

世にも面白くてためになる、完全版メル
マガ「暮しの赤信号」。

1.毎回、後半の大切な部分も含めて100
%の内容が読める(とくに月曜日号)!
2.山田の作品が何度でも、「割安」で
手に入る!
3.山田と親しくなれる……(笑)。

なお、「完全版」は、半年ごとの一斉課金
です。

入会月によって、金額が異なります。
1か月分は、わずか540円。

「完全版」申し込みフォーム
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
メルマガ専用ブログ  → https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
事務局への連絡    → https://bit.ly/2DjSStg
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋な
どは著作権法に触れます。皆さんには関
係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその
点、よろしくお願いします。

*1:下記は、山田の「もぞもぞ独り言」