短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:9/4(土)◆読者への返信:そうそう、リニア新幹線の静磁界は、表面で1T(テラス)もあり、車内だとその数字は…

 

 

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★


2021年9月4日(土)号
No.4116

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2つの
配信スタンドから合計約5200部を発行。
(日曜のみ休刊)

創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、無関係ですのでご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著
者で、食生態学者、そして日本危機管理
学会員でもある山田博士(ひろし)が配
信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラス
な文体が人気のようで……。

 

 


★お知らせ★

~本誌の1行の字数が短い理由とは~


以前は、ほとんどのかたが、パソコンで
読んでおられました。

そのため、かなり1行を長くしていました。

でも、現在は、通勤電車の中などで、ス
マホで本誌をご覧になっているかたが増え
たようです。

スマホだと、途中で文章が改行されて、
読みにくいので何とかしてほしい……と
いう声が届くようになりました。

そのため、スマホの画面でも崩れない
ように、1行を短くした次第です。

まだまだ改善余地はあるかもしれません
ので、何か良い方法がほかにあれば、
ぜひお教え下さい。

新しい読者のかたのために、以上、とり
あえず、お知らせします。

日本列島は、突然、肌寒くなりました。

どうぞ、皆さんお元気でお過ごし下さい。

(山田)

 

 


(本誌は、本文を省略した短縮版です)

 

 


やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。
                              
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる
涙をストップさせたい。

空をのんびりと旅する雲たちを眺めなが
ら、ぼくはいつもその方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度
変え、家族を変え、文明を変え、歴史を
変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 


◆よかったら、「いいね!」をお願いし
ます

下記は、「フェイスブック」です。
もしよろしければ、「シェア」や「いい
ね!」をポチッして下さい。

そのあなたの小さな行動が、人類を
大きく救います。
いまあなたの足元にあるその大地は、
世界中の人たちにつながっています。

→ http://www.facebook.com/yamada.inochi
(毎回、内容に即した写真も掲載中) 

 

 


▼本日の目次▼

【1】

読者への「おとぼけ返信!」:

読者からの声を「ダシ」にして、山田の
思いを、貴重な資料も含めて自由奔放に
お話ししています(土曜日掲載)。


■No.1723

行政は、リニア新幹線の誘致に必死です。
電磁波の害もきっとわかっていないでし
ょう。何も考えない政治家が恐ろしいで
す……

(k.k、奈良県、男性、74歳、自営業)

 

【2】

あなたやあなたの家族を命懸けで救う、
山田博士作品集!:

◆社会の裏側! 54……キレる子どもと
切っても切れない食生活!

~わずか10日間ほどで、攻撃的な性格
が収まってしまうこの現実をご存じか。
なぜ日本ではこれらの「添加物」が放置
されるのか~

 

 

 

 


==================

【1】

▼読者への「おとぼけ返信!」▼

毎週、この欄は「土曜日」に掲載して
います。
読者からの声をダシにして、山田の思い
を自由奔放にお話ししています。

毎回、どうぞお楽しみに!

==================

注:個人のお名前はイニシャルにし、
個人情報などは割愛しました。
文体はそのままですので、統一して
いません。読者の体温をそのまま
お楽しみ下さい。

年齢や職業などは、いただいたときの
ままです。

【なお、イニシャルは、姓と名の順】

(例)美空ひばり→M.H

 

__________________

■No.1723

行政は、リニア新幹線の誘致に必死です。
電磁波の害もきっとわかっていないでし
ょう。何も考えない政治家が恐ろしいで
す……

__________________

(k.k、奈良県、男性、74歳、自営業)

 

行政は、リニア新幹線の誘致に必死です。

電磁波の害もきっとわかっていないでしょ
う。

また、ほとんどトンネル走行でしょうか
ら、地震など災害が起こったときの危機
管理はどうするのでしょうか。

無人運転のようですし。

何も考えない、政治家が恐ろしいです。


■山田からのお返事■

 

kさん、こんにちは。
山田博士です。

お元気でしょうか。

いつも、メルマガをご覧いただき、喜ん
でおります。

この「リニア新幹線計画」。

マスコミなどでは、……「夢の超特急リニ
ア新幹線」だなんて、いつも、もてはやし
ています。

う~むむむ、「夢」……ねえ。

夢には、「悪夢」もありますし……(笑)。

いずれにしても、子孫たちが悲しむような
ことは少しでも避けるのが、いまを生きる
ぼくたち現代人の大きな責任でしょうね。

七色(なないろ)に輝く夢を手渡したい。

★★★

だから、少しでも疑惑があるのならば、国
民全員で、論議しなくてはいけません。

そう考える政治家が、大勢いれば、こんな
リニア新幹線計画」など、とっくに破棄
されていたのかもしれません。

でも、そのような人がいなかった……。

そして、多くの疑惑を抱いたまま、この
リニア新幹線計画」は、それこそ超特
急のスピードで一人歩きしているわけ
ですね。

いや、もうとっくに「計画段階」は終わ
って、実際には工事がどんどん進み、
「実行段階」に入っています。

★★★

この「リニア新幹線」。

これは、最高設計速度が時速505kmとい
う高速走行が可能な、超電導磁気浮上式
の電車なんですね。

空を飛んでいる「旅客機」の巡航速度を
時速860kmとしますと、その速さが分か
りますよね。

同様に空を飛ぶセスナの巡航速度は、時
速が280kmほどですから、「リニア新幹
線」のほうが、セスナよりずっと速い。
 
★★★

そして、2027年に、東京と名古屋の
間を先行開業させ、東京の品川と名古屋
の間を、最速で40分で結ぶのだとか
(まあ、完成は、遅れるようですが)。

40分!

いやあ、凄(すご)いですねえ。

この「リニア新幹線計画」では、2045
年に開業予定の大阪まででも、わずか67
分だと言います。

これだと、座席に座って、ひと呼吸した
ら、もう周囲には関西弁が溢れていること
になります(走っているのに、なぜ? 笑)。

ただねえ。

品川駅や名古屋駅などで、改札を入って
深い地下の「リニア新幹線」ホームへ
たどり着くまでに、なんと約15分も
かかるというオマケが付きますが……。

二つの駅で乗り降りするだけで、すでに
合計30分も余計にかかりますので、実
際だと……えっと……(笑)。

★★★

もちろん、この「リニア新幹線」の速度
が、もし自然環境を壊さず、人間の体に
被害を与えず、しかも誰もが大きな経済
負担を追うこともないのなら、一考の余
地はあるのかもしれません。

人類は、過去、さまざまな苦難を乗り越
えて、一つずつ改善してきたために、い
まのような暮らしができるのでしょうか
らね。

だから、新しいものがすべてダメだと
いうわけじゃありません。

ぼくも新しい体験は好きです。

でも……(省略)。

 

 

★★★
★★★
★★★

(「短縮版」では、以下の部分を短縮し
ています。でもお役に立てば嬉しいです)  

★★★
★★★
★★★

 

 

リニア新幹線計画」はほとんどがトン
ネルなのですから、そこで掘られた大量
の土は、日本列島のどこかに移動(廃
棄)しなくてはなりません。

その土が、違法で各地でバラ撒(ま)か
れれば、またまた、同様の悲しい「土石
流事件」が起こるのじゃありませんか。

★★★

そのあたりも含めて、ぼくたちは、本当
にこの「リニア新幹線」なるものが必要
なのかどうか。

ジッと腕を組んで熟慮する必要があるの
じゃないですか。

まあ、熟慮などしている間に、工事は超
特急で……完成しているかもしれません
ので、もはや、ノンビリとはしておれない
のですが(笑)。

★★★

kさん、今後とも、どうぞ、メルマガを
お楽しみ下さい。

お元気でね。

 

 

 

 


==================

【2】

あなたやあなたの家族を命懸けで救う、
山田博士作品集!
ぜひどうぞ。

==================

 

◆社会の裏側! 54……キレる子どもと
切っても切れない食生活!

~わずか10日間ほどで、攻撃的な性格
が収まってしまうこの現実をご存じか。
なぜ日本ではこれらの「添加物」が放置
されるのか~


第54巻の「案内頁」(585円)
→  https://bit.ly/38CzmXN
(目次も載せています)
山田博士・著

 


★本書の概要

日本列島では、日常の事件があまりにも
多いせいか、落ち着きのない子どもが周囲
で増えているなんてことは、最近はあまり
報道もされなくなりました。

でも、幼稚園の担当教諭などが投書など
をしているのを見ますと、なかなか子ども
たちへの指導は大変なようですね。

本当に悩んでいらっしゃる。

よく言われるように、この「注意欠陥多動
性障害」という言葉が国内で問題になって
久しいのですが、文科省による全国実態調
査でも、この「ADHD」と疑われる子ど
もの割合は2.5%とされています。

★★★

実際はこれ以上だと思えばいいでしょう
が、まあ35人学級に1人……ということ
でしょうか。

なんだ、少ないじゃないの……と思われる
でしょうが、あくまでもこれは数字です。

実際にこの「ADHD」近辺症状で悩んで
いる子どもや家族たちも、全国では非常に
多いのではないのでしょうか。

なお、成人後の頻度は、日本ではデータが
ほとんどなく不明です。

★★★

2010年に、アメリカのハーバード大学
の研究グループが、「ADHD有機リン
系殺虫剤の尿中代謝物」という論文を発表
しております。

まあ、この「有機リン系」だけが「ADH
D」と関係があるとは、さすがのぼくも
思いません。

でもこういう調査があるほど、この「AD
HD」の素因として、ぼくたちの周囲には
多くの疑惑物質が存在しているということ
でしょう。

★★★

とくに、ふだんの食べものに使われている
食品添加物」。

この固い名前の物質が、子どもや若者を
はっきりと壊(こわ)しております。

皆さん、ご想像はされているのでしょ
うが、実際は、放置して平気です(笑)。

それらも、ぜひ詳しくご覧ください。

また、ある「少年院での調査」も、本書
では載せました。

少年たちが日常の食べものから断絶され
た結果、どのような変化を生むのか。


わめて興味ある内容だと思いますよ。

本書が、少しでも、日本の子どもや若者
たちの未来を輝かせることになれば
いいなと、願っております。

 


■■お求め方法■■

第54巻の「案内頁」(585円)
→  https://bit.ly/38CzmXN
(目次も載せています)
山田博士・著

もし、PDF版を希望されるかたは、事務
局まで、その旨をご連絡下さい。
PDF版→ 885円~995円

ただ、人手の関係で、なるべく、上記の
アマゾンで「電子版」をお求め下さい。

事務局→  http://goo.gl/t12Yx

 

 

 


★★★
★★★
★★★

 

★山田のすべての電子本については、
下記をご覧下さい。

多数ありますので、ご自分の関心のある
「キィワード」を、頁の右側の検索窓に
入れてみて下さい。

きっと、ヒットすると思います。

(例)→ 「スマートメーター」「電磁波」
スマホ」など。

電子本「社会の裏側!」
→ https://www.inochiyama234.net/

 

★「短縮版」メルマガ「暮しの赤信号」の
登録は、下記からどうぞ。
毎日早朝の5時に、お送りします。
短縮版ですが、無料です。

→ https://bit.ly/2HCV8zf

 

★山田の作品群については、下記の「専用
ブログ」をご覧下さい。
右側に並んでおります。

メルマガ読者に対しては、時々、割引価格
での提供や、無料号外などを配信いたします。
どうぞお楽しみに!

「短縮版」のメルマガ専用ブログ(右の欄
に、作品がズラリと並んでいますので、
ご覧下さい)
→  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

 

★本誌の100%掲載の「完全版」をご希望
のかたは、下記からお申し込み下さい。

1週間読めば、もう離れなくなるという
声も、いただいています(笑)。

世にも面白くてためになる、完全版メル
マガ「暮しの赤信号」。

1.毎回、後半の大切な部分も含めて100
%の内容が読める(とくに月曜日号)!

2.山田の作品が何度でも、「割安」で
手に入る!

3.山田と親しくなれるかも。


なお、「完全版」は、半年ごとの一斉課金
です。

入会月によって、金額が異なります。
1か月分は、わずか540円。

「完全版」申し込みフォーム
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 


__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
メルマガ専用ブログ  →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
事務局への連絡    →  https://bit.ly/2DjSStg
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋など
著作権法に触れます。皆さんには関係が
ないと思いますが、山田が今後も皆さんの
ために活動したいため、ぜひその点、
よろしくお願いします。
本日も、お読み下さり、ありがとうござい
ました。