短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開ページ(つれづれに掲載)

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

★短縮版:11/4(木)◆ぼくの著書「外食の裏側!」で述べましたが、若い女性が「有機JAS認定」野菜を食べて呼吸困難に…

 


〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★


2021年11月4日(木)号
No.4168

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2つの
配信スタンドから合計約5200部を発行。
(日曜のみ休刊)

創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、無関係ですのでご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著
者で、食生態学者、そして日本危機管理
学会員でもある山田博士(ひろし)が配
信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラス
な文体が人気のようで……。

 

 


★本誌は、本文を省略した「短縮版」です。

~本日の「完全版」には、100%の原稿を
掲載していますので、ご了承下さい~

 

 


やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。
                              
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる
涙をストップさせたい。

空をのんびり旅する雲たちを眺めながら、
ぼくはいつもその方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180
度変え、家族を変え、文明を変え、歴史
を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 


◆下記は、「フェイスブック」です。
よかったら「いいね!」をお願いします

あなたの小さな行動が、人類を大きく救
います。
いま足元にある大地は、世界中につなが
っています。

http://www.facebook.com/yamada.inochi
(内容に即した写真も載せています) 

 

 


▼本日の目次▼


【1】

11/1(月)の「完全版・メルマガ暮しの
赤信号」で述べた、山田の電子本「社
会の裏側!」新作のワンショット:

それと、ぼくのもぞもぞ独り言が面白い

 

【2】

既刊の、山田の電子本「社会の裏側!」を、
案内します:

◆「社会の裏側!」101巻

子を捨てる親たちよ! なぜ君たちは「特
別養子縁組」の選択肢を持たないのだ!

 

 

 

 


==================

【1】

11/1(月)の「完全版・メルマガ暮しの
赤信号」で述べた、山田の電子本「社
会の裏側!」新作のワンショット

それと、ぼくのもぞもぞ独り言が面白い

「短縮版」のかたは、初めての部分です。

==================

 

★11/1(月)号のタイトル
__________________


市販の「有機・オーガニック野菜」は農
薬まみれ。「有機JAS認定」は利権まみ
れ。日本農業よ、いったい、どこへ行く!

~消滅寸前の農村を救い、日本農業を未
来へ託すには、どうすればいいのでしょ
うか。若者が飛びこんでくるために~

__________________

 

 

(下記は、「完全版」の一部分です)


……(前略)……


つまり、消費者たちは、農薬は使って
いないはず……と勝手に思い込んで、
購入しておりますが、「しっかりと」
農薬は使われているわけです。

それらの農薬には、たとえば、パラフィ
ンや、性フェロモン剤や、ワックス水和
剤などなど。

そのため、「有機野菜」などと標榜(ひ
ょうぼう)している農産物には、こうし
た合成農薬を使っているものが、非常に
多いんですね。

下記は、ぼくの著書「外食の裏側!」全
11指南……の中で述べたことです(出所
なども、その中で詳述)。

◆「外食の裏側!」
→  https://bit.ly/2ZDNJts

ある日、一人の若い女性が、この「有機
JAS認定」マークの野菜を食べて呼吸困
難になりました。


……(後略)……

                                      


*1


ぼくはね、女性が倒れるのを見るのはイヤ
なんです。

あ、男性ならどうでもいい、というわけじ
ゃ、けっしてありません(笑)。

ただ、ぼくは男ですから、やはり、女性は
大切にしたい。

だって、もし、この世に女性がいなくなれ
ば、こんな味気ない世界って、ありますか。

いのちを育(はぐく)み、周囲を明るくし
てくれる女性たち。

でも、上記の本文で述べたように、突然、
一人の若い女性が、この「有機JAS認定」
マークの野菜を食べて呼吸困難になりまし
た。

★★★

まあ、詳しいことは……(省略)。

 

 


★★★
★★★
★★★

(「短縮版」では、以下の部分を短縮して
います。でもお役に立てば嬉しいです)  

★★★
★★★
★★★

 

 


★★★

……ささ、また、お逢いしましょう。
今日は、これまで。
お元気で!

■□■□

★今回の月曜日の100%の内容を掲載し
た「完全版」は、近くnoteで公開する
予定です。

もしご関心のあるかたは、事務局まで
「何日号」かを記載して、お問い合わせ
下さい。

事務局→ http://goo.gl/t12Yx

 

 

 

 


==================
                                                      
【2】

既刊の、山田の電子本「社会の裏側!」を、
案内します:

==================


今回は下記の作品です。
↓ ↓ ↓

◆「社会の裏側!」101巻

子を捨てる親たちよ! なぜ君たちは「特
別養子縁組」の選択肢を持たないのだ!

~2週間に1人の子どもが、親に殺されて
いる現実をぼくは悲しみます。「養子縁組
児童保護法」が成立はしましたが、欧米に
比べて、まだまだこれだけも課題が~

関連写真→  https://bit.ly/3jXMVan

 

★本書の概要


ぼくたちは、「自分の目で見えないこと
は、この世には存在しない」……と思いが
ちです。

まあ、それはある意味、仕方がないこと
かもしれない。

でも、自分で、「一所懸命になってそれら
を知る努力」をしなければ、自分の人生に
多大な影響を与えていることにも気づかず、
短い一生を終えてしまうのでしょうね。

今回、ここで述べていることは、ぼくも衝
撃でした。

この本文の最初を、どうぞ、注意深くご覧
下さい。

★★★

「父親とは9歳で死別し、母親は蒸発しま
した。

親戚に引き取られましたが、食事はカップ
めんばかり。

しかも叔父(おじ)からは身体的虐待をさ
れ、精神病院に入りました……」

「中学のころ、何度か自殺未遂をしました
が、食べて行くこともできず、キャバクラ
で働きました。

でも、お酒を飲むと体を壊(こわ)すので、
風俗で働かざるを得ませんでした……」

ある施設に身を寄せている20代の若い母
たちの言葉です。

★★★

この施設は、「望まない妊娠をした母親た
ち」を支援して、産まれた子どもたちを、
子どもがほしい「養親(ようしん)」と結
びつける働きをしているんですね。

民間人が、自分の母親所有の家を改造して、
運営しています。

税金など、どこからも降りてこない。

そこへ、経済的な理由などから着の身着の
まま辿(たど)り着いた全国各地の妊婦
たちを引き受けているわけなんですね。

現在、望まない妊娠や、虐待などで、「2
週間に一人の子ども」が親に殺されて
いる。

そう、「2週間に一人」……です。

いま、こうしているこの瞬間にも……。

★★★

そうした中で、これらの解決策としていま
望まれているのが、「特別養子縁組」……。

養子だなんていう言葉を聞くと、なんとも
古いヤツだとお思いでしょうが、いまの時
点では、これがじつは未来を明るくするも
のなんです。

とくに一番困っている母親にとって……。

欧米では当たりまえのこうした現実を、ぜ
ひお知り下さい。

目をつぶらないで下さい。

そして、もちろんぼくは、これだけが解決策
だなんて、とても思ってはいません。

あくまでも、これらは、「対症療法」です。

根本を解決しなければいけない。

でも、でも、でも……。

★★★

でも、実際に目の前で、こうして泣いている
母たちがいる。

そして、苦しんでいる子どもたちがいる。

今回の原稿は、書いている間も、何度も
ペンを置いて(いや、キィボードを打つ指
を止めて)、ため息をついたものです。

でも、何度、窓の外を眺めても、現実は
現実。

何も変化しないわけですね。

こうなれば、多くの人たちにこの現実を知
らせて、社会全体の動きを起こすしかない。

そう思いました。

★★★

今回の「特別養子縁組」は、日本の社会の
歪(ゆが)みが色濃く出ている「リトマス
試験紙」のようです。

ほら、透(す)かして見て下さい。

そこに、「日本の未来」がはっきりと映って
おります。

政府はいままで、赤ちゃんのいのちを守る
セーフティネット」というべき「特別養
子縁組」に、あまり熱心ではありませんで
した。

でも、まあ、いまさら過去についてはいい
でしょう。

いま気がついたら、直せばいい。
いま気がついたら、行動すればいい。

今後は、未来志向で……行きましょう(笑)。

さあ、どうぞ、頁をお繰(く)り下さい。

 

__________________

■本書のお求めは……
__________________

下記のアマゾンからお求め下さい。

(パソコンやスマホでも、アプリを使え
ば読むことが可能です。検索してお調べ
下さい。もしどうしても不明な場合は
事務局まで)


◆「社会の裏側!」101巻 (585円)
→ https://bit.ly/3tnXIO1
(目次もご覧になれます)

電子版→ 585円~695円

もし、PDF版を希望されるかたは、事務局
まで、その旨をご連絡下さい。
PDF版→ 885円~995円

だた、人手の関係で、できるだけアマゾン
で、お願いします。

事務局→  http://goo.gl/t12Yx

 

 

 

 


★★★
★★★
★★★

 

★山田のすべての電子本については、
下記をご覧下さい。

多数ありますので、ご自分の関心のある
「キィワード」を、頁の右側の検索窓に
入れてみて下さい。

きっと、ヒットすると思います。

(例)→ 「スマートメーター」「電磁波」
スマホ」など。

電子本「社会の裏側!」
→ https://www.inochiyama234.net/

 

★「短縮版」メルマガ「暮しの赤信号」の
登録は、下記からどうぞ。
毎日早朝の5時に、お送りします。
短縮版ですが、無料です。

→ https://bit.ly/2HCV8zf

 

★山田の作品群については、下記の「専用
ブログ」をご覧下さい。
右側に並んでおります。

メルマガ読者に対しては、時々、割引価格
での提供や、無料号外などを配信いたしま
す。どうぞお楽しみに!

→  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

 

★本誌の100%掲載の「完全版」をご希望
のかたは、下記からお申し込み下さい。

1週間読めば、もう離れなくなるという
声も、いただいています(笑)。

世にも面白くてためになる、完全版メル
マガ「暮しの赤信号」。

1.毎回、後半の大切な部分も含めて100
%の内容が読める(とくに月曜日号)!
2.山田の作品が何度でも、「割安」で
手に入る!
3.山田と親しくなれる……(笑)。

なお、「完全版」は、半年ごとの一斉課金
です。

入会月によって、金額が異なります。
1か月分は、わずか540円。

「完全版」申し込みフォーム
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
メルマガ専用ブログ  →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
事務局への連絡    →  https://bit.ly/2DjSStg
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋な
どは著作権法に触れます。皆さんには関
係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその
点、よろしくお願いします。

*1:下記は、山田の「もぞもぞ独り言」