短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開のページ

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

●暮しの赤信号:11/26(金)◆まあねえ。ももネクターに白砂糖の筒が13.5本、キャロットジュースに8.5本なんてねえ

 


〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★メルマガ「暮しの赤信号」★


2021年11月26日(金)号
No.4185

毎朝、早朝5時、全世界に向けて2つの
配信スタンドから合計約5200部を発行。
(日曜のみ休刊)
                                                     
創刊日は2004/10/5。

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、無関係ですのでご留意下さい。

〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著
者で、食生態学者、そして日本危機管理
学会員でもある山田博士(ひろし)が配
信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラス
な文体が人気のようで……。

 

 

★金曜日だけは、「完全版」と「短縮版」
の内容は同じです。お役立て下さい。

 

 

やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。
                              
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる
涙をストップさせたい。

空をのんびりと旅する雲たちを眺めなが
ら、ぼくはいつもその方法を考えてい
ます。

そのために、「食べもの」が人を180
度変え、家族を変え、文明を変え、歴史
を変えてきた重い事実を、知ってほしい。

 

 


◆下記は、「フェイスブック」です。
内容に即した写真も掲載しています。 
どうぞ、ご覧下さい。

あなたの小さな行動が、人類を大きく
救います。いま足元にある大地は、世界
中につながっております。

そのため、いいね、やシェアをして下
さると、素敵な仲間が増えるかも。
→ http://www.facebook.com/yamada.inochi

 

 


▼本日の目次▼


【1】

人生には少しのお金と歌と夢、それに
でっかい健康があれば、それでいい!

(連載:964回)


【2】

本日ご案内する山田の「電子書籍」は、
これっ!:

◆「社会の裏側!」117巻

20代~30代の「スマホ老眼」の急増
が、日本の未来を壊すこれだけの理由!

関連写真→ https://bit.ly/3COK0ra

 

 

 

 

=================

【1】

人生には少しのお金と歌と夢、それに
でっかい健康があれば、それでいい!

連載:964回

下記の文章は、ぼくの電子書籍『外食
の裏側!』全11指南……を元にして、
毎回、そのときどきに新しい事実を
述べて行きます。

すでにこの作品をお持ちのかたも、
どうぞ、お楽しみに!

=================

 

★★★


前回では、「湾岸戦争」が終わって帰国し
た米兵たちのお話をしました。

湾岸戦争なんて、聞いたこともないなあ、
という人もいるかもね。

前回でも述べましたが、1990年8月2日の
イラクによるクウェート侵攻をきっかけ
にして、国際連合多国籍軍(連合軍)の
派遣を決定したのでした。

このように、人類は、過去、どれだけの戦
争という行為をしてきたものやら。

これ、けっして「対岸の話」じゃないんで
すよ。

日本でも、つい「70数年前」、人口密集
地の東京の下町が、アメリカの爆撃機
空爆で、なんと一夜で10万人もの住民が
殺されていました(1945年3月10日の
東京大空襲の話)。

ぼくたちがうっかりしていると、戦争と
は、いつも身近にあるものなんです。

★★★

ま、それはともかく、湾岸戦争から帰国
した米兵たちに、いわゆる「湾岸戦争症候
群」なる症状が広がり、世間を騒がせたの
でしたね。

世界中が驚きました。

だって、こんなこと、初めてでしたから。

この原因として考えられたのが、「人工甘
味料」だったわけですね。

この湾岸戦争のとき、人工甘味料の「ア
スパルテーム」入りのソフトドリンクが
米兵たちに配られたのです。

そのときの戦場が「暑い気候の場所」で
したから、人工甘味料によるメタノール
中毒だったのかもしれないと、言われま
した。

なんと、5万人もの兵士たちが、この症
状で苦しんだと言われています。

人工甘味料、恐るべしですよね。

★★★

まあ、いま述べた米兵たちは、戦場で、強
制的にそのようなソフトドリンクを飲まさ
れたわけですが、いまは、皆さんが、自分
の意思で、そのような甘味を求め、しかも、
砂糖そのものへの依存度も、ますます高く
なっております。

下記ではその砂糖が、身近の商品にどれだ
け含まれているのか。

具体的な商品名を挙げておきましたが、き
っと皆さん、腰を抜かされるのじゃない
ですか(笑)。

シカッと、腰を押さえながら、ご覧下さい。

ここここ、これ、私、ささささ、先ほど……。
ここここ、これ、私、ささささ、先ほど……。

なんて、コッコちゃんのように、叫ばない
ように、お願いします(笑)。

ささささ、今回は、どのような展開になっ
ていますやら。

下記の本文を、どうぞご覧下さい。




【下記が本文です。前回からの続きです
ので、先週の「金曜日号」をご覧いただ
くと、より分かりやすいかも】

 

いったい、皆さんの愛用している飲食物
(?)には、この(砂糖の)筒が何本入っ
ていると思います?

以下は、山口県在住の歯科医であるSさん
というぼくの読者のかたから教えてもらっ
たものです。

たとえば、ももネクター(350cc)に
13.5本。

100%オレンジジュース(250cc)
に9.5本。

キャロットジュース(250cc)に
8.5本。

小さなヤクルトに3.5本。

飲むヨーグルト(92cc)に3本。

……というぐあいです。

★★★

また、1.5リットルのペットボトルの
場合には、はちみつレモンに60本。

ペプシコーラに59本。

フルーツ村に55本。

カルピスソーダに54本。

スプライトに50本。

コカコーラに50本。

ポッカコーヒーに50本。

ポカリスエットに31本。

……という驚くほどの白砂糖が隠れている
んですね。

★★★

ちなみに、外食店のメニュに華(はな)や
かな顔をして並んでいるショートケーキ
1個には10本、ホットケーキ1枚には
9本、プリン1個には5本……などと
なっています。

お菓子としても、練りようかん1切れ
(54g)には10本、チョコレート
50gには9本、アメ5個には4本……。

う〜ん、すごい量ですよね。

この白砂糖の筒を開いて手のひらにザザッ
と置き、皆さん、試しに舐めてご覧なさい。

どうです、1本全部舐められますか。

ぼくなど、想像しただけでオエ〜ッ(笑)。

……

(来週の「金曜日号」に続きます)

 

 

 

 


==================

【2】

★本日ご案内する、山田の「電子書籍」は、
これっ!

どの本も、いま、人気者です。
ぜひ、ご覧下さい。

==================

 

◆「社会の裏側!」117巻

20代~30代の「スマホ老眼」の急増
が、日本の未来を壊すこれだけの理由!

~パソコンよりスマホのほうが、目に与え
る影響はずっと深刻です。「スマホ老眼」
を防ぐ6つの処方箋をお教えしましょう~

関連写真→ https://bit.ly/3COK0ra

 


★本書の概要


近ごろ流行(はや)りしもの。

まあ、それにはいろいろありますが、若い
世代から年配者まで、いつも手に持ってい
るのが、あの「スマホ」。

満員電車の中や、食事をしながら、歩きな
がらのスマホの光景は、もう見飽きてしま
ったほど。

このスマホの普及率は、総務省の統計によ
りますと、2014年(平成26年)には、
全年代ですでに62.3%……となって
います(現在は、もっと増えていることで
しょう)。

その中でも、10代が78.6、そして2
0代が95.0%にも上っていると言うわ
けですね。

こうなると、20代では、もう「全員が
スマホを持っている」と言っていいのかも
しれません。

★★★

でも、それに伴って、「スマホ老眼」が、
とくに若い世代に急増しています。

これは大変な事態です。

文字や光景が見えにくくなる。

多くのかたは不思議でしょうが、パソコン
より、「スマホ」のほうが、その影響が大き
い理由も述べましたので、ぜひご覧下さい。

ぼくたちは社会から多くの情報を「目から」
得ています。

もちろん、耳や匂いや皮膚の感触にもよっ
ていますが、目から入る情報量の多さは半
端(はんぱ)じゃないんですね。

それらができにくくなる。

つまり、さまざまな「不都合なこと」が社
会で起こっても、それらに立ち向かうこと
ができなくなるわけです。

権力者のいいなりになるしかないわけです
ね。

まあ、そのような「家畜のような人生」で
もいいの……というかたは、それはそれで
いいのですが……(笑)。

★★★

でも、権力者の言いなりになるということ
は、まさしく、植民地と同じです。

何も言えないわけですからね。

本当の独立国として、自分の意見を自分で
考えて言うことの大切さは、歴史から多く
を学んできました。

でも、その根拠となるホンモノの情報を自
分の目で知ることができなくなれば、日本
の未来はどうなります?

みんなが「スマホ老眼」になっている。

そのような事態が、いま全国で進行してい
ます。

そして、それは、老若男女(ろうにゃくな
んにょ)関係なしで広がっているわけで
すね。

この「スマホ」の異常と言えるほどの広
がり。

★★★

ふつう、老眼と聞けば、「俺たち若い世代
には関係ないぜえ」と思うかたも多いでし
ょうね。
                                   
ところがどっこい……。

普通は、45歳以上で60%ぐらいの人が
老眼になります。

と言うより、老眼の症状を自覚するのが、
この年齢あたりなんですね。

でも、その「スマホ老眼」の症状を聞いた
ら、それは、じつは、あなた自身のふだん
の状態のことじゃありませんか(笑)。

違いますか。

たとえば、「スマホ老眼」の症状として
は、いくつかあります(本文で述べていま
すが、まあ、いつもあなたが悩んでいる症
状ばかりが、そこに並んでおります、は
い。笑)。

そこで、今回は、「スマホ」の電磁波問題
や「LED」問題は触れずに、現段階の
症状を少しでも和らげるための方法、そ
して少しでも「スマホ老眼」にならない
方法などに特化して、述べてみることに
しました。

★★★

ほかの電磁波やLEDの青色問題などの
衝撃的な内容については、ぼくのほかの
巻を、ぜひご覧下さい。

それらの内容は、本書の中でも述べていま
す。

スマホ老眼」を防ぐ方法。
そして、「スマホ老眼」を少しでも無くす
方法。

それらについて、本書で述べました。

まあ簡単なことですし、すべて具体的
ですので、今日いまからすぐにできます。

一番いい方法は、「スマホ」を使わない
ことなのですが、それを言ってしまって
は身も蓋(ふた)もありません。

ふだんの食べものについても述べてい
ます。

たったこんなものを中心に食べるだけ
でも、かなり「スマホ老眼」には効果が
あるんですね。

これだと、いますぐ、台所の冷蔵庫に
頭を突っ込んで可能かも……(笑)。

ささささ、それじゃ、どうぞ、ごゆっ
くりと。

 

■■上記の本のお求め方法■■
                                                             
下記の案内頁から、アマゾンに飛びます
が、スマホやパソコンで読むことも可能
です。

検索すれば、無料アプリがダウンロード
できます。もしどうしても不明な場合は
事務局まで。

第117巻の「案内頁」(電子版585円)
→  https://bit.ly/2ZEHJhq

(目次も分かります)

もし、PDF版を希望されるかたは、事務
局まで、その旨をご連絡下さい。
PDF版→ 885円~995円

ただ、人手の関係で、なるべく、上記の
アマゾンでお求め下さい。

事務局→  http://goo.gl/t12Yx

 

 

 

 

★★★
★★★
★★★

 

★山田のすべての電子本については、
下記をご覧下さい。

多数ありますので、ご自分の関心のある
「キィワード」を、頁の右側の検索窓に
入れてみて下さい。

きっと、ヒットすると思います。

(例)→ 「スマートメーター」「電磁波」
スマホ」など。

電子本「社会の裏側!」
→ https://www.inochiyama234.net/

上記はアマゾンの頁ですが、スマホやパソ
コンから読むことも可能です。検索すれば、
無料アプリがダウンロードできます。もし
どうしても不明な場合は事務局まで。

 

★「短縮版」メルマガ「暮しの赤信号」の
登録は、下記からどうぞ。
毎日早朝の5時に、お送りします。
短縮版ですが、無料です。

→ https://bit.ly/2HCV8zf

 

★山田の作品群については、下記の「専用
ブログ」をご覧下さい。
右側に並んでおります。

メルマガ読者に対しては、時々、割引価格
での提供や、無料号外などを配信いたしま
す。どうぞお楽しみに!

「短縮版」のメルマガ専用ブログ(右の欄
に、作品がズラリと並んでいますので、
ご覧下さい)
→  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/

 

★本誌の100%掲載の「完全版」をご希望
のかたは、下記からお申し込み下さい。

1週間読めば、もう離れなくなるという
声も、いただいています(笑)。

世にも面白くてためになる、完全版メル
マガ「暮しの赤信号」。

1.毎回、後半の大切な部分も含めて100
%の内容が読める(とくに月曜日号)!

2.山田の作品が何度でも、「割安」で
手に入る!

3.山田と親しくなれるかも。


なお、「完全版」は、半年ごとの一斉課金
です。

入会月によって、金額が異なります。
1か月分は、わずか540円。

「完全版」申し込みフォーム
→ https://goo.gl/c6S6EQ

 

 

__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
メルマガ専用ブログ  →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
事務局への連絡    →  https://bit.ly/2DjSStg
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋など
著作権法に触れます。皆さんには関係が
ないと思いますが、山田が今後も皆さんの
ために活動したいため、ぜひその点、よろ
しくお願いします。
本日も、お読み下さり、ありがとうござい
ました。