短縮版メルマガ「暮しの赤信号」公開ページ(つれづれに掲載)

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)などの著者で、食生態学者、元・大学名誉教授、そして日本危機管理学会員でもある山田博士(HIROSHI YAMADA)が配信。日本人としての生きかたを考えます。(全号掲載ではありません)

●読者への緊急号外!◆「2022年大カンパ」のお願いです。そのお礼に、マスコミも言えない消毒剤の危険性についての記事を贈呈

◆◆━━━━━━━━━━━━━━◆◆
ニッポン人の心と体を、「笑顔で」救う!

★メルマガ「暮しの赤信号」★

2022年11月27日(日)号
                                                     
号外です!
                                           
毎朝、早朝5時、全世界に向けて2つの
配信スタンドから合計約5200部を発行。
(日曜のみ休刊)

創刊日:2004/10/5

【注】まぐまぐ!から受信されると、
上部に[PR]と記載した広告が掲載され
ますが、当方とは無関係です。
◆◆━━━━━━━━━━━━━━◆◆

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や
『危険な食品』(宝島社新書)などの著
者で、食生態学者、そして日本危機管理
学会員でもある山田博士(ひろし)が配
信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラス
な文体が人気のようで……。

 

 

~今回は、全員の読者に向けての、「緊急
号外」です~

 


2022年の年末に向けて、「大カンパ」
のお願いをさせて下さい!

ご協力下さったかた全員に、 以前書いた、
いまの時期にピッタリの記事を、プレゼン
トします。

このメルマガを今後も「持続」させるため、
そして、こんな事態のいまこそ、読者全員
の皆さんからの熱いご支援を、心からお願
いします。

 

★★★

 

やあこんにちは。
山田博士です。

お元気でしょうか。

皆さんにとっても、この2022年という
年は、とくに記憶に残る1年となるでしょう
ね。

先日のカタールでのサッカーの試合を見て
いて、サポーターや選手のかたたちの、試
合後の行為が、なんとも素晴らしく、日本
人として本当に誇りに思いました。

とくに、こういう時期だからこそ、いまま
で以上に、その感が深かったのかと思います。

★★★

でも、現実に目を向けますと、「新型コロナ
ウイルス」なんていう奇妙な症状は、さら
に拡大を続けており、あの戦争と同様、い
つ収束するのか、まったく余談を許しません。

こういう世界の中で、さらに活動を広げて行
くためにも、今回も、皆さんに「2022
年大カンパ」をお願いしたいと思います。

皆さんも、経済的に大変だろうとは思います
が、さらに活動するため、ぜひ、ご協力を
いただければ、嬉しく思います。

そのお礼として、つい先ほど、noteで公開し
たばかりなのですが、以前、「完全版」で述
べました記事を、プレゼントさせていただき
ます。

「完全版」の読者のかたも、今回は写真も入
りPDFですので、保存するにも都合がいい
のかなと思います。

「短縮版」のかたは、もちろん初めての内容
になりますので、きっと驚かれると思いますよ。

いまの時期、ぜひ、お役に立てて下さい。

以上、ご多忙のところ恐縮ですが、どうぞ、
よろしくお願いします。

皆さんからのご支援を、心からお待ちして
おります。

 

 

___________________

▼「2022年大カンパ」のお願い▼
___________________

 

一口→ 3000円

えっと……もちろん「何口」であっても、
けっして拒否はいたしません……(笑)。

下記のフォームからお願いします。

自動返信がすぐに届きますので、そちら
からご送金をお願いします。

もし、その自動返信が届かない場合は、
ご連絡下さい。

最近は、迷惑メールフォルダに入ることも
ありますので、そちらもご確認下さい。
    
どうぞ、よろしくお願いします。


★「2022年大カンパ」のご協力フォーム

PC・スマホ共用→ https://ws.formzu.net/fgen/S81287344/

 
【プレゼント】→  いまどうしても知って
ほしい、下記の内容が詰まった記事です。

 

【タイトル】

「強制消毒社会」を、考える!

~体ごと消毒剤を噴霧されたり空間除菌な
ど、「新型コロナウイルス」で滑稽な現象
が続いています。陰で笑う洗剤企業や消毒
企業たち。安価な石鹸が一番ですぞ~

note→  https://note.com/222334/n/n32eda9d7a61d

(上記は、前半だけです。後半部分に核心
が書いてあります。今回は、100%の内容
を贈呈します)

 

【目次】


★(第1章)

あの「赤チン」が、2020年12月に、国
内での製造を終えることになったようで
す。ぼくの子どものころには100社ほど
で作られていたのですが、寂しいですよ
ね。でも、今回の「強制消毒社会」の広
がりとは、ちょっと意味が違って……

★(第2章)

あるかたが、美容院で買わされた「次亜
塩素酸水」スプレーなるものとは何か。
経産省は言います。現時点において、「次
亜塩素酸水」の新型コロナウイルスへの
有効性は確認されていない……

★(第3章)

まず知っておいてほしい。細菌とウイルス
とは、まったく別ものなんです。だから、
新型コロナウイルス」に対して除菌とか
殺菌とかいう言葉自体、矛盾しているんで
すね。そのため、消毒、あるいは不活化…
…なんていう言葉が一般化しているわけ。
じゃその「消毒」にはどうしたらいいのか……

★(第4章)

ぼくが、今回述べたかったことは、人生、
原点に戻ろうよ、ということでした。数十
年も前に、ぼくは合成洗剤を捨てて、石鹸
の暮らしをしよううよ……と叫んでいまし
た。でも、いままた、同じことを叫ばなく
てはならないようです……

 


後日、各人へ、お礼状と上記の作品をプレ
ゼントします。

少しお時間を下さい。
もちろん、必ずご連絡します。

でも、ほかのフォルダに届いている場合
もありますので、連絡があまり来ない場合
は、ぜひお問い合わせ下さい。

 


本日は、以上です。
ご覧いただき、ありがとうございました。

皆さんからのご協力とご支援、首を長くし
て、心からお待ちしています!

これから年末年始にかけて、とくに今年は
慌ただしい毎日になるでしょうが、どうぞ、
お体を健やかにして、お過ごし下さい。

今後とも、よろしくお付き合い下さい。

 

山田博士
__________________

★発行/山田博士いのち研究所★
105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館B1F

電子本「社会の裏側!」→ https://www.inochiyama234.net/
メインホームページ  → http://yamadainochi.com/
メルマガ専用ブログ  →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
フェイスブック    → http://www.facebook.com/yamada.inochi
事務局への連絡    →  https://bit.ly/2DjSStg
__________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋など
著作権法に触れます。皆さんには関係が
ないと思いますが、山田が今後も皆さんの
ために活動したいため、ぜひその点、よろ
しくお願いします。